2007年09月

2007年09月26日

浄妙寺 喜泉庵

左は鎌倉五山第五位の浄妙寺の写真です。
鎌倉のお寺の中でも比較的静かで、境内もきちんと手入れがされていて落ち着ける場所です。

この本堂の左手にあるのが茶室の『喜泉庵』です。

最近は、これもまた境内にあるカフェテラス「石窯ガーデンテラス」がすっかり人気になっていて、お参りというよりカフェのエントランスと考えている人が多いように見受けます。


しかしながら、枯山水を眺めながら古都の静寂を味わうには、この『喜泉庵』の方が良いことは間違い有りません。

右は入口までの通路です。
どうです、なかなか趣があるでしょう。

喜泉庵 浄妙寺喜泉庵 エントランス







左の写真が『喜泉庵』の入口です。
入ると左手すぐに古びた籠が掛かっていました。

江戸時代にここの住職が使っていたものだそうですが、こんな乗り心地の悪そうな乗り物でよく長旅をしたものだと思います。

さて、少し進んで、用意してある小さな鐘を鳴らします。

奥から作務衣姿の女性が現われて、丁寧にお辞儀をします。
金500円也を納めると枯山水の見える座敷に案内されました。

畳には、庭に向かってコの字型に毛氈が敷かれています。
(写真右)

喜泉庵 入口喜泉庵 中








なかなか見事な庭園です。
ただ、今年は猛暑だったせいか庭石の周りに配した杉苔が茶色く変色してしまったとのことでした。
(この庭の向こうを時々人影が過ぎりますが、その先には『石窯ガーデンテラス』があります。)

先ほどの作務衣の女性が、抹茶を運んでくれました。
盆を掲げ、畳の縁に沿って小走りに進み、また丁寧にお辞儀をしていきます。

抹茶には落雁のようなお菓子が付いていました。


喜泉庵 庭喜泉庵 抹茶








蹲(つくばい)から竹の長い筒が出ているので聞いてみました。

「『水琴窟』です。竹筒に耳を当てていただくと、水の落ちる音が聞こえます。」

廊下を渡って、水琴窟に繋がる竹筒の先に耳を当てると「コン」とも「キン」とも聞こえる水の音が一秒おきくらいに聞こえてきます。
金属製の澄んだ音でした。


帰り際に、

「もし、お時間がありましたら小さな散歩道がありますので、そちらへもお出でください。衣張山が一望できます。」

と言われ道を登ってみました。
右写真が浄妙寺から見た衣張山です。


注)
衣張山
標高120mほどの小さな山。
昔、源頼朝がこの山に白い絹を張って、政子の真夏に雪景色が見たいと
いう願いをかなえたという故事がある。
衣張山ハイキングコースから登る事ができる。

喜泉庵 水琴窟喜泉庵 衣張山








+++++++++++++++++++++++++++++++++

●浄明寺「喜泉庵(浄妙寺)」 茶室
   鎌倉市浄明寺3−8−31
   TEL  0467−22−8638
   定休日  無休
   営業時間 10:00〜16:30   

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館






chefcomi at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 日本茶・抹茶

2007年09月19日

バール ダ アンセルモ

あの七里ガ浜の老舗イタリアン「アンセルモ」が江ノ電七里ガ浜駅の前にバールをオープンしてから1年以上経ちました。

地元グルメの方たちはとっくの昔に訪問しているようですが、バールの使い方がわからないD級グルメは前を通り過ぎるだけでした。

今回はちょうどお昼時、店の前にランチコースの案内が出てます。


---------------------------

特別ランチコース
CORSOA A
¥ 2300

前菜 二品
野菜サラダミックス
トマト味シチリアナスのスパゲティ

デザート

エスプレッソコーヒー

CORSOA B
¥ 1500

前菜 二品
野菜サラダミックス
ピッコロピッツア

デザート

エスプレッソコーヒー

---------------------------


バール・ダ・アンセルモ 店バール・ダ・アンセルモ 店内









上の写真のように、本店に比べてちょっとくだけた雰囲気の店作りになっています。
店内も明るく、海辺の雰囲気を漂わせています。


下が「CORSOA B」 1500円のコースです。
前菜はミニトマトと水菜のサラダそして野菜のトマト煮。

ピッツアはピッコロピッツアという名前のピッツアです。

ちょっと軽めの感じですが、これがバールのランチなのでしょう。


バール・ダ・アンセルモ ランチ











下の写真はティラミスです。「マスカルポーネチーズ」をベースに作られたアンセルモのドルチェ。
ふわっとした爽やかな口当たりです。

そして、その右がエスプレッソ。
さすがに本場の味です。(本場を知らないのが弱いところですが・・・。)
そこいらで飲むエスプレッソとは違うのが素人にもわかりました。


ここで1つ気になるメニューがあります。
ショーケースにある名物「りんごまるごとのアップルパイ」です。
1050円。かなり大きい!!

まだ、バールの雰囲気に馴染むまでには時間がかかりそうですが、次はこれを目指して頑張りたいと思います。



※エスプレッソのみは380円。
バールなのでカウンターで飲めば330円と50円安くなるようです。


バール・ダ・アンセルモ ティラミスバール・ダ・アンセルモ エスプレッソ









+++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「バール ダ アンセルモ」 バール
   鎌倉市七里ガ浜1−1−27
   TEL  0467−66−8419
   定休日  水曜日・第4火曜日
   営業時間   10:00〜20:00(LO 19:30)   
   ランチタイム 11:30〜14:30
   http://www.anselmo.ne.jp/bar/index.htm

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館





chefcomi at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2007年09月12日

鎌倉Sakura 

北鎌倉方面から鎌倉街道を進みます。
巨福呂坂にかかる少し手前に精進料理で有名な長寿寺、さらに進むと鎌倉五山第一位の建長寺などがある昔からの道です。

その長寿寺の道を挟んで反対側に、住宅展示場のモデルハウスのような建物が出来ていました。

この通りにも以前から店はありましたが、古い民家のような建物が多く、それだけに新しく出来た表にテラスのあるモダンなカフェは目立ちます。


写真左 建長寺      写真右 長寿寺

鎌倉SAKURA 建長寺鎌倉SAKURA 長寿寺









店の名前は「鎌倉SAKURA」

ちょっとオジサンには入りにくいシュチエーションなのですが、店の前には看板も出ていて、カフェメニューのほかに国産和牛ビーフカレーと海鮮(ホタテ・海老)カレーという文字も見えます。

カレーの横には『10時間煮込んだ』と書いてありました。

ちょっと気になるのでともかく中に。

写真左 「鎌倉SAKURA」店頭 写真右 メニュー看板

鎌倉SAKURA 店鎌倉SAKURA 看板











ドアを開けると室内の白に圧倒されます。

壁や天井、テーブルに椅子、窓枠やカーテンまでも白で統一されています。
そして、奥に置かれた真っ白なグランドピアノ。
まぶしいくらいの白です。


席数は16、4人用のテーブルが3つに2人のものが2つ。
テラスにはパラソルを立てたテーブルも用意されていました。



店内には清楚なお嬢さんと上品なマダム。
なにやら山の手のセレブの家へ迷い込んでしまったような気がします。


写真左が室内から鎌倉街道を見たところです。
ガラス戸の左に少し写っているのは、長寿寺の階段です。

そして写真右がビーフカレー。



「はい。私なりにいろいろ研究してできたカレーです。玉ねぎの形がなくなるまで煮込んであります。今回は少しだけ辛くしてありますがいかがでしょう?」

「ちょうどいい辛さ差ですよ。自然な甘さもあって、暫らくして辛さをだんだん感じてきます。」

「甘味は玉ねぎから出ているんです。」

「そうなんですか。」

「タイカレーとかキーマカレーとかもいいんでしょうけど、私はホテルカレーとでも言うんでしょうか欧風カレーが大好きなので、これしか出来ないんです。」



ルーとご飯のバランスを考えて食べたのだが少しご飯の残りがが多くなってしまいました。



「あら、すみません。いますぐルーをお持ちしますね。」


キッチンから戻ったマダムは笑みを浮かべて言いました。


「ごはんも少し追加しました。来年からは、舟形のお皿にしますからね。」


今のお皿は浅いので、ルーがたくさん入らないということでした。


ほかにカレーセットはサラダとドリンクが付きます。



「ご馳走さま。おいしかったです。」

「有難うございます。今度は是非、海鮮カレーも召し上がってください。お寿司屋さんが使うような大きなホタテと海老入っているんです。」


帰り際にマダムはニッコリと微笑んで付け加えてくれました。

鎌倉SAKURA 店内鎌倉SAKURA カレー



+++++++++++++++++++++++++++++++++

●山ノ内「鎌倉Sakura」 カフェ
   鎌倉市山ノ内137−7
   TEL  0467−40−6151
   定休日  月曜日・火曜日
   営業時間 10:30〜17:00   

+++++++++++++++++++++++++++++++++


chefcomi at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2007年09月05日

ノムリエル 

またまた葉山風早橋の写真です。
話題の店「ノムリエル」はこの道の左奥、葉山の人に親しまれている大判焼きの店
「和楽」の隣に出来ました。


「うん、風早橋の近く。大判焼きの隣だから、帰りに見てみればわかるよ。」

近くに住む写真家のSさんが、最近この界隈で話題になっている店の話をしました。

「何の店、イタリアン?」

「何だったっけ。小さな店なんだけど・・・。そう、フランスの国旗があるって言うからフレンチなんじゃない。」


面白そうなのですが、このときはランチを終わっていたので、後日出直すことにしました。


ノムリエル 風早橋から











これがその『ノムリエル』の店です。
青いテントは新しく、またSさんの言っていたフランス国旗が出ていました。

しかし、サッシの戸をガラガラと開けて入ると言うフレンチは私の経験では初めてです。

こんな店を見つけると何だかうれしくなります。

面白い店ハッケン!!という感じです。


ノムリエル 店














ガラガラと戸を開けると、居酒屋のようなカウンターと数人が座れる大テーブルが見えました。

カウンターの中は若い女性のオーナーが1人だけ。
開店早々でまだ誰も客はいません。

5つほどあるカウンターの奥の方に席を取ります。


「ランチは何が出来るの?」

「(メニュー表の)後は黒板に書いてあるものになります。」


入口横の壁に掛かっている黒板の本日の肉料理に「豚肉のビール煮」を見つけました。

1470円と840円の2つの価格が記されています。


「840円というとハーフサイズ?」

「はい。」


「セットにも出来るんですか?」

「ええ、サラダやパンなど、210円で2品、315円で3品がセット
に出来ます。」

「それじゃ、3品の方で。」


これだと、さらにスープが付きます。
写真がそのセットです。

さっぱりとおいしい野菜スープです。サラダは箸で食べます。

ビール煮は驚くほどに柔らです。
塩と香辛料のシンプルですが、これが基本の味だという気がしました。

「ビールで煮込んであるんだ。」

「ええ、コンソメも使っていますが。」


毎日でも食べられる飽きない料理です。

「フランス料理って言うと少し高級なイメージになるんだけど、ちょっと珍しいタイプの店だよね。」

「そうですね。フレンチと言うとコース料理ってイメージなんですけど、フランスでも一生コース料理を食べないで終わる人も多いですしね。」


なるほど納得です。


ここは、以前韓国の焼肉の店だったそうですが、内装にはほとんど手をつけていないとのことです。

そのあたりも、この飄々としたオーナーらしいところかも知れません。


オーナーがキッチンの奥へ向かいました。

オーブンから出されたのは、こんがりと焦げ目がついたキッシュ。

でも、残念ながら今日のランチは終了です。



まだまだ、食べてみたいものがたくさんありそうなレストランです。

だから、葉山は面白い!!




ノムリエル サラダとスープノムリエル 豚肉ビール煮





+++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山「ノムリエル」 フランス小料理
   三浦郡葉山町堀内725−7
   TEL  046−807−0241
   定休日  月曜日/第3日曜日
   営業時間 11:30〜14:00
        17:30〜21:30
  http://members2.jcom.home.ne.jp/nommeliere/

+++++++++++++++++++++++++++++++++

chefcomi at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | フランス料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい