2007年10月

2007年10月31日

料理番 さらい

どうも間合いが悪い店というのがあるようで、七里ガ浜にあるこの「料理番 さらい」という店は、行くたびに休みのときが多かったところです。

秋になって、魚も旨くなってきたので再度挑戦してみることにしました。

写真は『さらい』のある七里ガ浜のレストラン街の入口にあるカレーの『珊瑚礁』です。
この季節になっても相変わらず賑わっていました。

オープンになった店内、スタッフのハワイアンな服装。
どうもここだけは夏のままです。

料理番さらい 珊瑚礁












『料理番 さらい』はその『珊瑚礁』の少し奥にあります。
店の外の電飾看板には「佐島港、小坪港、江ノ島 漁船直送」などという文字も見えました。

ちょうど前を行くカップルが、真っ直ぐに「さらい」の戸を開けて入って行ったので
その後に続きました。


店の入口にはメニューが出ています。

------------------------------------------

地あじ鮨(5ヶ付)  税込み1050円
江ノ島定置網、佐島定置網から直送の朝取れの
地あじです。
の直送朝取れの地あじでお造りいたします。

たこまぶし      税込み1260円
小坪港、葉山沖の地たこでお造りするてこね風
のちらし鮨です。

ばらちらし      税込み1575円

季節の魚介を贅沢に盛り込んだおすすめのちらしずしです。


おまかせ特上鮨    税込み1890円
おすすめのにぎり8カンと手作り玉子焼きです。
自家製つけ醤油をつけてお出しするさらい風です。
(季節、漁等により内容は変わる場合もあります。)
地あじづけ丼     税込み1260円

江ノ島定置網、長井港、松輪港などから
の直送朝取れの地あじでお造りいたします。

釜揚げしらす丼    税込み1260円
朝取れの生しらすを湯どうしした釜揚げしらす。
一手間かけた美味しさをどうぞ

江戸前 あなご丼   税込み1260円
柔らかく煮あげた江戸前のあなごを細かくてこね風に
ちらしてあります。

------------------------------------------

天候などによる不漁により江戸前穴子が品薄、高騰して
おります為、穴子丼はお休み致しております。
ご了承お願いいたします。
  
                  さらい

どうやら穴子丼は休みのようです。

料理番さらい 店











店内はモダンな和風のつくりで、テーブル席は格子でいくつかのブロックに仕切られていました。

写真は注文した「ばらちらし」です。

赤いお盆の上に、黒いお重が乗っています。
その横に、青い菜の椀。


蓋を取ると、それこそ宝石箱のような色合いです。
マグロ、カンパチ、イカが細かく刻まれて重箱の上を覆っています。
玉のようないくらがちりばめられ、その合間に緑の胡瓜と黒い海苔が覗いています。


熱い椀をすすりながら、重箱の中のご飯を少しずつ切り分けていきます。

口に入れると、ぷちっと潰れるいくらに赤身のマグロが交じり合い、少な目の酢飯とのバランスもなかなかでした。


さきほどのカップルが頼んだ「海鮮サラダ」が横を通り過ぎていきましたが、これは
野菜の上に「ばらちらし」の具が乗っているような感じで、こちらも美味しそうに見えました。


料理番さらい ばらちらし









+++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「料理番 さらい」 地魚料理
   鎌倉市七里ガ浜東3−1−11
   TEL  0467−31−0803
   定休日  水曜日
   営業時間 11:30〜14:00   
        17:00〜22:00

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館





chefcomi at 10:09|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 鎌倉 | 和食

2007年10月23日

レストラン ラ・テール

江ノ電長谷駅を降りて、長谷寺の方面へ進むと間もなく「収玄院」という小さなお寺があります。(写真左)

道を挟んでちょうど向かいあたりに、緑のテントの可愛らしいレストランがありました。

「レストラン ラ・テール」と言うのがその店の名前です。

レストラン ラ・テール 収玄院レストラン ラ・テール 店頭










店頭に、こんな看板が出ていました。

----------------------------------------

レディスコース

スープ 冷製野菜スープ
メイン メダイのソティー
    にんにくとアンチョビのクリームソース

    チキンのロースト
    

デザート チョコムース

パン・ドリンク付き

            1600円
----------------------------------------


メディアなどにも何度か取り上げられているようですが、この店は『レディスコース』が評判とのことです。

たしか男性も注文可能と聞いていましたが、初めてのことなのでちょっと心配です。

しかし、注文を取りに来たホールスタッフは、最初に『レディスコース』の説明をし始めました。


「今日の魚はメダイのソテーになります。ソースはにんにくとアンチョビのクリームソースです。あとお肉の方はチキンのロースト。これはデミグラソースです。」


思わず

「それって、レディースコースですか?」

と聞いてしまいました。



「はい。そうですが。」

「『レディスコース』を私が注文してもいいんですか?」

「ええ。」


あっけなくOKです。


写真右が、その『レディスコース』の前菜です。

レディスコースだけあって前菜も華やかです。

升目が入っている四角い白い皿に、カルパッチョやパプリカの炒めたもの、ポテトサラダや帆立など9種類が盛られていました。

奥のカップは、人参のスープです。

レストラン ラ・テール 看板レストラン ラ・テール 前菜










そして、メインのメダイのソテーが来ます。

こんがりと色づいたメダイの上に茶色のにんにくとアンチョビのソースがかかり、その上には人参などの野菜がこんもりと盛られています。


カリッっとした食感と白身魚のあっさりとした味わい。
三崎の地魚が売り物のフレンチは、いい仕上げをしています。


そして、写真右がデザート。
抹茶アイスの乗ったチョコレートムースです。


レストラン ラ・テール メダイのソティーレストラン ラ・テール デザート








+++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「レストラン ラ・テール」 フランス料理
   鎌倉市長谷 2−14−16
   TEL  0467−23−7781
   定休日  水曜日(休日の場合、翌木曜日)
   営業時間 11:30〜15:00(ランチ)  
        15:00〜17:30(ティー)
        17:30〜21:00(ディナー)
   http://r.gnavi.co.jp/b285400/

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館




chefcomi at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理

2007年10月16日

吉咲

写真左が小町通り聖ミカエル教会近くの十字路になります。
いつも人力車が待機している賑やかなところです。

その先を右に曲がったところにある「やなせビル」というビルがリニューアルされて、一階の奥に「棒すし 吉咲」という店が出来ました。

吉咲 十字路吉咲 店









遠くから見た感じでは、B級グルメにはちょっと敷居が高そうです。
とりあえず奥へ行くと、入口の手前にメニューが出ていました。

2500円、3500円、4500円の3種類のコースです。
向こうには坊主頭の板前さんも見えています。


「よし、2500円でいこう。」

覚悟を決めて中へ入りました。


中は看板の『棒すし』の販売コーナーのほかに、4つのカウンター席が用意されていました。

そのほかに2人掛けのテーブル席が4つあります。

2500円のコース「風」を注文すると、まず出てくるのが写真右の鎌倉野菜のサラダです。

サラダの端に置かれた胡椒を少しつけて食べると、食欲が湧いてきます。

吉咲 入口吉咲 鎌倉野菜サラダ









主人である板前さんが、目の前で調理を始めました。
店を出すのは初めてとのことですが、京都で日本料理、東京で鮨の修行をしたという若い主人は鮮やかな包丁裁きです。


「『棒すし』ってどこのものなんですか?」

「関西に押し寿司ってありますよね。」


「ああ、押し寿司なんですか。」

「押し寿司とはちょっと違って、ノシズシという種類になります。」

※「ノシズシ」と聞こえましたが、あるいは違うかもしれません。
半可通は、聞き取れなくてもああそうなんだと納得するフリをします。


次に出たお吸い物も『あら』を使っているにもかかわらず、魚くささが全くありませんでした。
聞けば魚の「あら」は、吸い物に入れる前に一度備長炭で炙っているとのことでした。


そして、メインのお寿司。
(写真の写りは良くありませんが・・・・。)

魚は全部地ものとのことで、今日は松輪、長井、三崎、金田の港からのものが使われていました。

鯵、鯖、蛸すべて下味がついた江戸風の本格派。
酢の〆め具合もよく、蛸もふっくらと煮あがっています。

看板の穴子の「棒すし」は柔らかくふんわりとして上品な味わいです。


最後は写真右のマンゴーのデザートで締めます。




営業時間は11時半から日没。


「夜はやっていないんですか?」

「はい。昼間だけなんです。」


その昼間も3時からは「棒すし」の販売だけとなります。



「お食事をしていただいて、棒すしを少しお出しします。気に入っていただいた方に買っていっていただけたらと思って・・・。」


営業時間に注意!!

吉咲 鮨吉咲 デザート








+++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「鎌倉 吉咲」 棒すし
   鎌倉市雪ノ下1−16−28 やなせBLD 1F
   TEL  0467−25−6000
   定休日  水曜日
   営業時間 11:30〜日没   
        15:00〜17:00(棒すし販売のみ営業)

+++++++++++++++++++++++++++++++++




にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館






chefcomi at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 寿司

2007年10月10日

アルカダッシュ

江ノ電長谷駅から海に向かって歩き突き当たったら、右に曲がります。
この道をずっと行けば、あじさいで有名な成就院や極楽寺に行くことができます。(写真左)

有名な洋食屋さんの「CARO」の二階に有るのが、トルコ料理の「アルカダッシュ」です。(写真右)

アルカダッシュ 道アルカダッシュ 店








階段の上り口に「窓から海が見えます」という看板がありました。
その看板の横を通って店に入ります。(写真左)
店内には、がっちりとした外国人のオーナーと女性スタッフがいました。
奥はカウンター、入口の横には大きな壁掛けのモニターがあってBS放送が映っていました。
スポーツカフェなので、サッカー中継のあるときはこのモニターで放映されるとのことです。

アルカダッシュ 看板アルカダッシュ 店内









オーナーのサリーさんは元トルコのサッカー選手。
円いドームのような天井にはサッカーボールやユニフォームが飾ってあります。
(写真左)
下の看板にあるように窓際の席からはビルの間に挟まれた鎌倉の海が見えます。
(写真右)
毎年8月に行われる「鎌倉花火大会」もここから見えるそうです。
ただし当日は7000円のコース料理のみとのこと。

アルカダッシュ 天井アルカダッシュ 海








今回のオーダーはトルコ料理の定番「ドネルケバブ」

メニュー表には

・ドネルケバブ ランチ  1500円
サラダ・スープ・バターライス,パン・チャイ付
屋台で有名な"ドネルケバブ" 牛肉のジューシーケバブです

とあります。


写真左の右下に写っているのはヨーグルトのスープ。
白いスープの上にはオリーブオイルがスポットのように置かれ、真ん中には緑色のハーブの粉のようなものが掛かっています。
程よい酸味は食欲増進になりました。

そして「ドネルケバブ」
脂身の少ないさっぱりとした牛肉とバターライスのシンプルな味です。
横にある辛味味噌のようなものを付けて食べます。


写真右はチャイ。
ご覧のように取っ手がありません。
ちょっと熱い!!


ちなみにスタッフの女性はオーナーの奥さんではありません。


アルカダッシュ ドネルケバブアルカダッシュチャイ



+++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「アルカダッシュ」 トルコ料理
   鎌倉市長谷2−16−15 サイトウビル2F
   TEL  0467−24−0008
   定休日  月曜日(祝日の場合は営業)
   営業時間 11:30〜15:00(ランチ)   
        17:00〜24:00(ディナー)
   http://sea.ap.teacup.com/arkadas/

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館




chefcomi at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | トルコ料理

2007年10月03日

HALIHALI 

二階堂、鎌倉宮の近くにあった「かまくら香茶庵」が茅ヶ崎に移ってしまったので、時々茅ヶ崎に行くことがあります。

あまり詳しくないので、どこで食事をしようかと思ってネットを見ていました。

よさそうな店を見つけたのは、湘南グルメの「湘南くいだおれー」さんのブログでした。
なんと100万アクセス達成という信じられない人気ブログなので、ご存知の方も多いと思います。

湘南くいだおれーさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/braniff1967/archives/50725900.html



場所は、十間坂の交差点(写真左)から間近のところです。
白いテラスのこじんまりとした店でした。


HALIHALI 十間坂交差点からHALIHALI 店











車が常時行き交う交差点ですが、ごらんのように中は落ち着いた雰囲気です。
木を多く使った室内は温かいアットホームな感じがします。

店は夫婦で切り盛りしているようで、ホールは若い奥さんがやっていました。
この人はあまりたくさんしゃべると言うわけではないのですが、実に柔らかな受け答えをしてくれます。


奥に階段が見えます。
二階はお座敷になっているとのことですが、ちょっと覗いてみたい気もします。

キッチンとホールとの間はカーテンで仕切られて、オーナーの姿は見えません。
ときおり奥さんと交わす言葉が聞こえました。


HALIHALI 店内HALIHALI 店内2











ランチはABCの3種類。

-----------------------------

A.ポークのソテーと若鶏のコンフィ

B.海老とフレッシュトマトのスパゲティ

C.チキンカレーの彩り野菜添え

サラダ、スープ、パン(ライス)付き


              各 900円


※プラス150円でデザート&コーヒー(紅茶)付き

-----------------------------


写真はAの『ポークのソテーと若鶏のコンフィ』です。


まずは野菜スープ。
たっぷりの野菜であっさりと飲みやすいスープでした。


次に野菜サラダ、そしてメインの「ポークのソテーと若鶏のコンフィ」へと続きます。


野菜サラダを食べて、メインにかかります。
程よく焦げ目のついたポークソティーと柔らかな鶏のコンフィ。

甘辛い味がついたソースも濃くなく薄くもなくほどよい味付けです。
パプリカ、ナス、トマト、カボチャ、そしてキノコ。
ここにもたくさんの野菜が入っています。


「メニューは月替わり、それとも週替わりですか?」

「はい。1週間で替わります。」


プラス150円で最後にデザートとコーヒーが付きます。


「プリンに、こちらがカラメルアイスクリームとオレンジピールの入ったアイスです。」



プリンを口に入れてちょっと驚きました。
カラメルと思った茶色のソースに爽やかな酸味を感じたからです。


「これは普通のカラメルですか?」

「はい、カラメルを作るときにですね。オレンジジュースを加えているんです。」


このときもにっこりと微笑みながら答えてくれました。



HALIHALI ランチ










++++++++++++++++++++++++++++++++

●茅ヶ崎「HALIHALI」 小食堂
   茅ヶ崎市十間坂3−1−24
   TEL  0467−86−0184
   定休日  火曜日・第3月曜日
   営業時間 11:30〜14:30(LUNCH)   
        18:00〜23:00

++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館







chefcomi at 10:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 茅ヶ崎 | 食堂

ことのは

八幡宮の裏にある静かな穴場、甘味処「ことのは」の冷やし白玉しるこです。
ここは、白玉もあずきもすべてオーナーの手作り。

甘さ控えものあずきにもちっという柔らかさと、さっぱりした味がたまりません。
真ん中の黄色が栗、口直しのお新香とゼリーが付いています。



ことのは冷やし白玉しるこ









●小町大路「ことのは」 甘味処
   鎌倉市雪ノ下2−5−13
   TEL 0467−24−8435
   定休日 火曜日
   営業時間 12:00〜18時頃


※だいたい上記のとおり営業していますが、時々不定休があるので、確実に行きたい方は電話してからの方がいいと思います。
これから秋のシーズンを迎える鎌倉ですが、「ことのは」の静かで落ち着いた雰囲気は、古都の休息にはとっておきの穴場と言えます。




にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館








chefcomi at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 甘味処
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい