2007年11月

2007年11月28日

鑰や

写真左は鎌倉駅ホームの大船寄りの踏切を奥に望んでいます。
最近、この小町通りと今小路を結ぶラインは、グルメ度を増してきたように思います。

小町通り側には人気の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」や、最近ランチも行列が出来るイタリアンの「トラットリア リメッタ」。


踏切を挟んで今小路側には、和食の名店「谷崎」のほかにも、開店時にはいつも人が並んでいる「食工房 わ」、お洒落なダイニングバーの「マッチポイント」や和食の「膳次郎」などなど。

このラインにまた和食の店が出来たと聞きました。
その店は鎌倉ミセス御用達の「まじょえん」にあるとの話です。

写真右がその「まじょえん」に入る路地の入口になります。

鑰や 踏切鑰や 路地入口









写真左は路地に入ってから入口に向かって撮ったものです。
鎌倉で有名な刀鍛冶「正宗工芸美術製作所」の店が見えますよね。

さて、さらに進むと看板があります。
「鎌倉まじょえん」の横に「膳 鑰や」とありました。

「鑰」は難しい文字ですが、ローマ字で「KAGIYA」と読み方も出ています。

ごらんのとおり落ち着いた雰囲気の場所です。
ちょっと敷居が高い感じもしますが、不思議な雰囲気に少しワクワクしてきます。

鑰や 路地鑰や 看板











さて、店が見えてきました。
グレーの建物に「魔女」のマーク。

通路の塀は黒く塗られ、モノトーンの世界に入りました。


路地も長いのですが、店内のエントランスも長く、黒い玉石の上の黒い敷石の道を奥へと進んで行きます。


正面の古いピアノが終点で、その横が客室です。
まだ、席は充分あるように思えましたが、スタッフは空席を数えてしばらくしてから

「大丈夫ですね。どうぞこちらに。」

と言いました。

予約が多いようです。


店内も落ち着いたモノトーンで統一されていました。

窓の奥の向こうには横須賀線の線路も見えます。
踏切から少し離れた路地を入ったのですが、長い通路を通ってまた踏切の近くに戻ってきたようです。



鑰や 店鑰や 店内











テーブルに、和紙に墨で綴ったメニューが置かれます。
ランチメニューは3種類。

・葉山牛のたたき御膳 2300円
・鎌倉の地魚の御膳  2100円
・あつあつ和風おむれつの御膳 1700円


周りを見回すと、魚と葉山牛ばかりがテーブルに並んでいます。
ちょっと天邪鬼に「あつあつ和風おむれつの御膳」を注文しました。


メニューを閉じようとすると、スタッフの女性が微笑みながら

「最後に『能書き』もございますのでよろしければご覧ください。」

と付け加えました。

写真左がその「能書き」です。


------------------------------------

鑰やでは、味噌は京都の石野味噌、醤油は長崎のチョーコー醤油
酢は村山造酢の千鳥酢等、全ての素材、おだし、調味料を吟味しております。
中でも最も大切に考えましたのが日本の主食である”米”でございます。
この度、長野県木島平村の樽川水系で大切に育てられました森育水さんの
お米に出会うことが出来ました。是非、お召し上がり下さい。

------------------------------------

右が注文した玉子焼きです。

盆の上には、鮮やかな黄色のおむれつとマッシュドポテト。
香の物と酢の物、ひじきの煮たものと汁椀。

こだわりのご飯は、木の器に盛ってあります。



「”おむれつ”に乗っておりますのは白味噌でございます。」


まずはお椀。


中身はサトイモ、人参、こんにゃく、大根、しいたけなど。
これは、けんちん汁をさらに繊細に仕上げたような上品な味です。


メインの『おむれつ』は、とろけそうにふんわりとしていました。
これも出汁を生かした薄味で、玉子の中身は鳥の挽肉。
白味噌の味とよく調和していました。


自慢のご飯は、ふっくらと炊けています。
ちょこんと乗せられた蕗味噌を少し混ぜていただきます。


お客さんのほとんどは、上品な50代から70代くらいのミセスで、この日は夫婦で
来ていた人以外全て女性でした。


あとで聞いた話だと、料理は「谷崎」のものだそうです。

なるほど。


鑰や 能書き鑰や 玉子焼き














+++++++++++++++++++++++++++++++++

●扇ケ谷「鑰(かぎ)や」 和食
   鎌倉市扇ケ谷1−8−4
   TEL  0467−24−7638
   定休日  月・火曜日
   営業時間 11:30〜14:30
        14:30〜16:30
  
+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館





chefcomi at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

2007年11月21日

クマヤダイニング

茅ヶ崎にはグルメが多い!!
だから、有名店がひしめく海側の南口ばかりでなく、地元の人たちが多い北口にも面白い店がたくさんあるようです。

噂を聞いて来てみたのですが、すぐには見つかりませんでした。

ごらんのとおり、店のあるビル4階部分には大きな看板がでているのですが、写真右のドラックストア横の1階部分は雑然としているので、最初は通り過ぎてしまいました。


クマヤダイニング 建物クマヤダイニング 建物入口










よく見ると、熊のキャラクターの電飾看板がちゃんと出ています。
この奥が4階につながるエレベーターホールになっています。

緑の看板の向こうには、びっしりとランチメニューなどが書かれていました。


そのエレベーターを上がって行くと、すぐ目の前がクマヤダイニングの入口になります。写真右で言うと左側がそうです。

少し戸惑っていると、中から紺のポロシャツに黒いエプロン、あごに少し髭を蓄えたスタッフが、こちらに気づいてドアを開けてくれました。


クマヤダイニング エレベータークマヤダイニング 入口









思ったより明るい店内には、すでにたくさんのお客が入っています。
ほとんどが女性客です。

案内された席の上には、大きな円い皿が1枚用意されていました。

ランチメニューはABCDの4つですが、その中でいろいろな料理があります。



<ランチメニュー>

-----------------------------
Aランチ  1575円

お刺身ランチ
・天ぷら
・お魚ビーフシチュー
・鉄鍋煮込みハンバーグ
・高座豚のカツレツランチ
・海丼ランチ
・山丼ランチ

Bランチ 1260円
・地鶏のローストランチ
・本日のパスタランチ
・本日のリゾットランチ

Cランチ 1050円

今週のイチオシランチメニュー 1575円
・ぷりぷりのカキフライ
・戻りガツオのタタキ
・地鶏のおろしカツレツ
・松茸の極うま!ペペロンチーノ
・地鶏の野菜タイ風グリル


Dランチ
前菜1皿分
デザート1皿分
パンスープごはんドリンクバー

-----------------------------


さらに、前菜はバイキングになっていて、キッチンの前のカウンターからさきほどの皿に取って来るというシステムです。
(ただし、ごはん、パン、スープ、ドリンクはお替りできますがその他のおかずは1回のみ)

カウンターの上にも、たくさんのおかずが並んでいます。
大根の煮物 おひたし、きゅうりのつけもの、コールスロー、切干大根、鶏の煮物、ポテトサラダ・・・・エトセトラ、エトセトラ。

最後には、リンゴを煮たデザートまで用意されていました。


今回選んだのは、Cの「ぷりぷりのカキフライ」です。

これには、さらにデザートも付きます。


写真左が、控えめに取って来たカウンターの前菜です。
飲み物は、アセロラドリンク。これは2回ほどお替りしました。


写真右が、今が旬のカキフライ。
タルタル系とトマト系のソースを交互にかけて、さっぱりとした十一穀米のごはんをいただきます。

※前菜でおなかを一杯にしてしまうと、メインが入りません。

クマヤダイニング 前菜クマヤダイニング カキフライ









少しベルトを緩めていると、スタッフがデザートを運んできました。
『柿のキャラメリッテ?』です。

名前はよく覚えていませんが、季節の柿にキャラメルソースを絡め、アイスクリームを乗せてありました。
柿は思いのほかあっさりとしていて、アイスとのバランスはなかなかです。


これで1575円。

さすがに地元のグルメ女性はよくご存知でした。


クマヤダイニング デザート








++++++++++++++++++++++++++++++++

●茅ヶ崎「クマヤダイニング」 イタリア料理
   茅ヶ崎市新栄町13−45 鴨志田ビル 4F
   TEL  0467−86−9100
   定休日  月曜日
   営業時間 11:30〜15:00
        17:00〜23:00
   http://www.kumaya-g.com/dining.html

++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館




chefcomi at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 茅ヶ崎 | 無国籍

2007年11月14日

葉山港湾食堂

洒落た葉山もいいのですが、なつかしい昭和を感じる葉山も捨てがたい。
葉山鐙摺港に面して、そんなノスタルジックな食堂が並んでいます。

1つは、前にご紹介した「あぶずり食堂」
そして、もう1つがこの「葉山港湾食堂」です。

双方とも、眺めは抜群。
漁船の発着する港と、ヨットの係留されているヨットハーバーが一望の下です。
港に沿う道には「日本 ヨット発祥の地」という碑も見えました。(写真右)


葉山港湾食堂 港葉山港湾食堂 ヨットハーバー










左は葉山港湾食堂の案内看板です。
港の食堂ながら、さすが葉山ちょっと垢抜けているような気がしませんか?
その下の「葉山港への一方通行」という矢印に沿って進めば店に着きます。

木に隠れて見にくいのですが、「日曜朝市」と書かれているように、ここは日曜日に名物の朝市が開かれる場所でもあります。

さて、右が目当ての「葉山港湾食堂」です。
少し、アールのかかった大きなガラス窓を持つ建物も「港湾食堂」という名前よりは
やさしい感じですね。

客席のフロアが2階なので、眺めはさらによくなります。

葉山港湾食堂 案内看板葉山港湾食堂 店










ちょっと派手な「メニュー看板」を通り過ぎ、BOSSの自販機と大きなアイスクリームのオブジェの間を上っていけば、客席のある2階にたどり着きます。

中は、港からの光で明るい!!

さらに感動的なことは、各テーブルに双眼鏡が置いてあることです。
スタンドに備え付けてあるものもありました。
双眼鏡の種類がさまざまなのも、何だか昭和レトロを感じてうれしい気がします。

ここで知られているのは、「岩のりしらす丼」と「おかあさん」という看板メニュー
ですが、階段の上り口と2階の入口にあるった「10名様限り 海鮮丼」840円」という貼り紙につられてこの日は「海鮮丼」を注文しました。


海鮮丼の盆の上にはみそ汁、新香、かんぴょうの煮物、そして黄桃の缶詰をカットしたデザートまで乗っています。


海鮮丼の中身も賑やかです。
マグロの赤身、カンパチ、イカ、シメサバ、甘エビ、玉子焼き、イクラ、サーモン、シラスなどが所狭しと並んでいました。

醤油のビンも、Asahiのコップに入ったお冷やも期待通り。
店内に流れるオールドアメリカンポップスも・・・。


残念ながらこの日は富士山は見えませんでしたが、ヨットハーバー越しには江ノ島がくっきりと見えていました。


この景色に、このボリュームで840円。
港の食堂はなかなか良心的です。

レジのところにあったインクジェットで印刷されたショップカードを1枚取ってみました。


『夕日と富士山が真正面に見えます。』


夕暮れにここでビールなどを飲むのも良いかもしれません。

葉山港湾食堂 入口葉山港湾食堂 海鮮丼









+++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山「葉山港湾食堂」 定食・食堂
   三浦群葉山町堀内27−4
   TEL  046−876−2266
   定休日  無休
   営業時間 11:30〜21:30ム)

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館







chefcomi at 10:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 食堂

2007年11月07日

ジャルダン食堂

小坪にあった人気のフレンチ「ジャルダンベール」が忽然と姿を消してから、もうどのくらい経ったのでしょうか。

その「ジャルダンベール」のオーナーが、大町のカフェ杉山台工房の隣に「ジャルダン食堂」という名の新しいスタイルのフレンチをオープンさせたと聞きました。

左写真は、下馬の横須賀線高架のあたりですが、線路に沿って逗子方面に向かいます。
右写真は女性に人気の「スワニー」の横ですが、「ジャルダン食堂」はもうちょっとだけ先になります。

ジャルダン食堂 下馬ジャルダン食堂 スワニー













さて、ようやく店に着きました。
真新しい緑色のテントに「JARDIN SHOKUDO」と白抜きで書かれた小さな店です。

入口に今日のメニューが出ています。

-----------------------
Plat du jour

スズキのグリエ
バジリコバター添え
          980

鶏もものコンフィ
          980
 
etc

セットメニューはありません

-----------------------

そう、ここには『セットメニュー』がないのです。

ジャルダン食堂 店ジャルダン食堂 メニュー











店の中に入ると、客席とキッチンとの境の上に黒板が2つあります。
左手には飲物、右手には前菜とメインそしてデザートなどが書いてあるのですが、その中から自由に選択するシステムです。


「メインだけでもけっこうですし、前菜やデザートを合わせていただいてもかまいません。」


このあたりがカジュアルフレンチの食堂らしいところです。
スタッフのスタイルも白衣にコック帽というのではなく、2人ともラフな格好をしていました。

選んだのが「ミニサラダ」がと「スズキのグリエ」
ミニサラダは280円ですが、かなりボリュームがあります。

奥に見えるのは「PANYA COTTO」のパン。
こちらは選択しなくても付いてきます。


右がメインのスズキのグリエです。
白い皿にこんがりとおいしそうな焦げ目のついたスズキ。
そしてからりと揚がったポテトとバジリコ入りのバター。
あとはレモンが乗っているだけのシンプルなスタイル。


気軽なフレンチを目指しているとのことですが、なるほどとうなづけます。

飾り気がなく単純にうまいと言うのが感想です。
会計は1260円でした。


前回は小坪で起きた「ジャルダン旋風」が、大町でどう発展するのか楽しみです。





〜 帰りにもらった小さなパンフレットから 〜

ジャルダン食堂は気軽に食べられるフランス料理の食堂です。
お席の予約はできません。店内全席禁煙とさせていただきます。
混雑時は相席をお願いします。


携帯電話サイトで空席情報配信中

(ランチタイム)

数種類の定番料理とPlat du jour(本日の料理)を
日替わりでご用意します。
前菜・デセール・カフェなどをお好みでご注文ください。

(ディナー&バールタイム)

しっかりしたお食事を取ることもできますし、軽くお酒を一杯だ
けでも、ご利用いただけます。

ジャルダン食堂 前菜ジャルダン食堂 スズキのグリエ









+++++++++++++++++++++++++++++++++

●大町「ジャルダン食堂」 フランス料理
   鎌倉市大町1−2−19
   TEL  0467−22−2272
   定休日  木曜日
   営業時間 11:30〜15:00(ランチタイム)   
        18:00〜22:30(ディナー&バールタイム)

   http://www.jardin-shokudo.com/

+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館









chefcomi at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい