2008年08月

2008年08月27日

TuBaKuRa

小町通りを進み、かなり八幡宮寄りにレンガ造りの「コアンドル」というレストランがあります。(左の写真の右側です)

この『角』と言う名のレストランのところで、十字に交わる道があるのですが、この道にある飲食店に最近かなり変化がありました。(右側写真の鳥居のある通りです)


イタリアンのラ・トラナスと関連のうどん屋「赤とら」とスイーツの「小雪庵」が閉店。

フレンチの「レストラン アビチュエ」も移転のため店を閉め、後にはカフェが出来るとの予告がありました。

TUBAKURO 鳥居のある通りTUBAKURO 店前












さて、どんな店が出来たのでしょうか?

道に面したところと、2階へ上がる階段の壁にメニューがあります。
(写真 左)
ランチメニューもあって、値段も1050円から1350円とこちらの許容度の範囲内です。

ドアを開けると、中には黒い野球帽の若いオーナーと奥さんらしき女性の2人がいました。

中は4人がけのソファが1つと2人用のテーブルが5つ。
そして、窓際にも4つのカウンター席があります。(写真右は窓際から店奥を見たところです)

窓の外にはは、鶴岡会館(第二ビル)の蔵作りの建物の瓦屋根が一杯に広がっているのが見えます。

TUBAKURO 階段のメニューTUBAKURO 店内











さて、オーナーが持って来てくれたランチメニューを見ます。


----------------------------------------

夏野菜と生ハムのカッペリーニ  1350円 1050円(単品)

炭火焼角煮丼          1250円  950円(単品)
〜温泉玉子〜

米粉入りベーグルのサンドセット 1050円  850円(単品)
(スープ付き)

----------------------------------------


暑い日だったので冷たいメニューにしました。

『夏野菜と生ハムのカッペリーニ』です。(写真 右)
あまり食欲がなかったので最初は単品の注文でした。


白い皿に鎌倉野菜がたっぷり乗って、生ハムが間から覗いています。
粉チーズが振りかけられた表面を、フォークで分けていくと細麺のパスタが出てきました。

トマトの爽やかな酸味を感じる麺が、ほてった身体につるつると入っていきます。



ズッキーニに軽く火が通っているほかは、すべて生野菜。
その中に、鮮やかな黄色のカボチャが薄くスライスされているのがありました。



「この黄色いのはカボチャ?」

「はい。」


「生だよね。」

「『ポリンキー』というカボチャなんです。カキに似た味がします。」


若い奥さんが微笑みながら教えてくれます。

美味しかったのですが、食べ終わると何だかもの足りないような気がします。


「ねえ。後からで悪いんだけどコーヒーを付けられる。」

「はい。大丈夫です。」



単品からセットに変更です。
しばらくすると、オーナーから声が掛かかります。


「あのー、セットですとサラダが付くんですが、今からでもよろしいですか?」

「ああ、せっかくだからお願いします。」



順序が逆になりますが、後からコーヒーと一緒に写真左のサラダが来ました。


「(サラダが)お口直しになるかどうか、分からないんですが・・・・。」

遠慮がちに奥さんが言います。



開店は7月1日。
アットホームな雰囲気のカフェダイニングですが、店は11時から夜の10時まで。
時間ごとにカテゴリーが分かれています。

11時〜15時  ランチタイム

15時〜18時  ティータイム

17時〜22時  ナイトタイム




TUBAKURO セットのサラダTUBAKURO 生ハムと夏野菜のカッペリーニ








+++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「TuBaKuRa」 カフェ・ダイニング
   鎌倉市雪ノ下1−6−26 2F
   TEL  0467−22−0910
   定休日  不明
   営業時間 11:00〜22:00
 http://www10.ocn.ne.jp/~tubakura/

+++++++++++++++++++++++++++++++++





< ちょっと試してみました!! >


「シェフコミ」は湘南・鎌倉のニッチなブログですが長い間やっているといろんなお声いただくことがあります。

今回はブログスカウト事務局さんから「goo グルメ&料理」というポータルサイトの使い心地を試してくださいとの依頼をいただきました。



今までにこのようなサイトを利用したこともありますが、勝手な思い込みで掲載しているのは『大手チェーンの居酒屋』さんだけだと思っていました。


私のブログで紹介しているのは、主に個人経営の飲食店です。


「あんんまり共通点はないなぁ。」


と正直思いながらパラパラと見ていくと


オーナーの栃原シェフにはよくお世話になっている西鎌倉の「フォセッタ」さんが載っていました。

フォセッタさん
http://gourmet.goo.ne.jp/restaurant/14/?pcd=14&icd=08000&fr=14
鎌倉フレンチの草分け「丸山亭」さんなんかもあります。
http://gourmet.goo.ne.jp/restaurant/14/?pcd=14&icd=08000&fr=6さらに横須賀逗子のエリアには8月1日の号で掲載した「サラマンジェ」さんもありました。
http://gourmet.goo.ne.jp/restaurant/14/?pcd=14&icd=08100&fr=12

「知っていればクーポンも使えたのに・・・。」


まだ数は多くありませんが、けっこう個人のお店も載っているんだとあらためて気がつきました。

※是非、これからも個人店の数を増やしてもらえればと思います。


「goo グルメ&料理」
http://gourmet.goo.ne.jp/







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2008年08月20日

KIBIYA Terroir

パンの好きな人ならご存知かと思いますが、鎌倉に天然酵母パンのKIBIYAというベーカリーがあります。

この店は若宮大路と御成通りの2ケ所にあるのですが、御成通りの店はメインストリートから小さな路地に入ったところにあるので、その存在を知らないという方もあるかと思います。

写真左が御成通りの由比ガ浜通り寄りの付近です。
ちょっと拡大したのが右の写真。

この路地にあるベーカリーのKIBIYAさんに、ランチメニューの黒板が出ています。


えっ!?

KIBIYAでレストランなんてやってた?


店の名は「KIBIYA Terroir(テロワール)」と言うようです。

KIBIYAテロワール 御成通りKIBIYAテロワール 路地入口














自販機の横を抜けて、少し薄暗い道を進んでみます。
はじめての人は入りづらいところがあるかもしれませんが、奥にユーモラスな猫の看板があるところがKIBIYAベーカリーです。

この宮崎アニメに出てくるようなベーカリーに入ります。
おいしそうな天然酵母パンが並んでいますが、かまわずに進み、屋根裏部屋に行くような急な階段を上っていきます。

このシュチエーションにもちょっとドキドキしてしまします。


KIBIYAテロワール 路地裏KIBIYAテロワール 店頭












屋根裏?は思ったよりは広いようです。
昭和の古民家ですが、きれいに改装されていました。

小さな2人用のテーブルが3つ。
そしてその奥のキッチンと4席のカウンターがこの店の全てです。

カウンターの中にはシェフが1人。
調理からホールまで全てこなしていました。

この店の特長はもちろん天然酵母のパンを生かしたフレンチですが、シェフが惚れこんだ『鎌倉野菜』もその1つです。

写真左はカウンターの上に並んだ『鎌倉野菜』です。





さて、今日のメニューです。


------------------------

MENU A

鶏レバーと豚肉のテリーヌ
サラダ仕立て

    +

銚子産 方々のポワレ
夏野菜のソテー添え



MENU B

鎌倉野菜のスープ ド ポワソン

    +

岩手産 若鶏モモ肉のロースト
キノコのソテー添え



各メニューにパン+コーヒー 付きで 1800円

------------------------       


ランチは2種類。
今回はホウボウのポワレを注文しました。



そして写真右が前菜。

涼しげなガラスの器に入った『鶏レバーと豚肉のテリーヌサラダ仕立て』です。

天然酵母パンにぴったりのしっかりとした味付け。
メリハリが効いています。


ここのシェフは以前は麻布で店をやっていたとのこと。


「やっぱり鎌倉野菜っておいしいんですか?」

「はい。味が濃いんですね。向こうの店でも使ってたんです。」

KIBIYAテロワール 鎌倉野菜KIBIYAテロワール 前菜












左が先ほど鶏レバーと豚肉のテリーヌと食べたKIBIYAベーカリーの天然酵母パンです。
そして、メインのホウボウのポワレ。


ポワレは真っ白い皿に3〜4段に重なっています。


「これはズッキーニ?」

「はい。ズッキーニとナスです。」

ナイフを入れるとまだもう1種類の野菜がありました。


「もう時期は終わりなんですが、カブです。ヤマモリさんという人が作っています。」


ヤマモリさんは、鎌倉農協連即売所(レンバイ)に出店しているの生産者で、この人のカブがいいとの話です。


「ねえ、これただ焼いてあるだけ?」

「はい。」

「うん。野菜の味がする。確かにおいしい。」


ホウボウのポワレも芳ばしく、白身魚のあっさりした塩味が暑い夏にはうれしい美味しさです。

話を聞くと、シェフは以前に八百屋と魚屋でアルバイトをしていたとのことで、仕入れの事情にも通じています。


ラストのコーヒーがきました。


「夜もやってるの?」

「はい。夜はコースじゃなくて、アラカルトになりますが。」


シェフは夜のメニューをくれます。


「羊の料理が好きなんです。是非、夜にでも来てください。」

「夜は何時まで?」


「9時がラストオーダーになります。」

「夜は混んでない?」


「はい。まだ夜来られる方は少ないですね。」

「ランチは一杯でしょう。」

「ええ、でもこれだけの席なんで。それに冷凍庫がないんであまりストックできないから、お客さんが一巡すると終わりにしてます。」




「それから、テロワールってどういう意味?」

「ワインなんかでよく使うんですが『その土地の』とかいうことです。うちで言えば『鎌倉野菜』ですね。」




駅近くの隠れ家レストラン。
まだしばらくは、誰にも教えないでおいてください。


KIBIYAテロワール 天然酵母パンKIBIYAテロワール ホウボウのポワレ



+++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「KIBIYA テロワール」 フランス家庭料理
   鎌倉市御成町5−34 KIBIYAベーカリー2F
   TEL  070−5541−4981
   定休日  水・木曜日
   営業時間 11:30〜14:00
        17:30〜21:00
   
+++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1







フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』の附属ブログです。
ほかにないので、多分「日本一」だと思います。(笑)
よろしければこちらもお付き合いください。


〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>












































chefcomi at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理

2008年08月06日

喫茶 吉野

北鎌倉は、お寺の多い場所です。

すでに横須賀線自体が円覚寺の境内をよぎっているわけですし、線路沿いにそのまま行けば、あじさいの明月院につながります。

そして、縁切寺として有名な東慶寺は、鎌倉五山第4位浄智寺と並んで鎌倉街道に面しています。



花の寺としても親しまれているので、訪れる観光客も多いのですが、奥には高見順、田村俊子などの有名人のお墓もある落ち着いたところです。

左の写真は鎌倉街道から少し境内に入った場所になります。



そのままこの階段を上がって拝観料を払えば、本堂などのある場所に出ます。

今回は階段の前で左に折れて「喫茶 吉野」に行ってみましょう。
まずは黒い屋根瓦が目に入ります。

緑に囲まれた一軒家の喫茶店は、静かなお寺に溶け込んで、ひっそりと存在していました。

吉野 東慶寺階段吉野 店











左は道に出ている案内の看板です。
コーヒー、紅茶、ケーキとあるようにメニューの数は多くはありません。

しかし、ウッディな店内は意外に広く、数えはしませんが40席以上はあるようです。
さらに、奥にはサンルームのようなガラス張りの部屋がありました。


入ったときは、まだ3〜4組がいるだけで空いていましたので、奥の部屋に席を取りました。

ガラス越しに小さな庭が見えます。(写真 右)
その奥に垣根があって向こうは民家になっています。

年配の人が多いので、話し声も静かです。

吉野 看板吉野 庭













このとき店内には4人の女性スタッフがいましたが、その中の1人が注文を取りにやってきました。

 
---------------------------------------

ブレンド              580円
カフェ・オレ            640円
ウィンナコーヒー          650円
ポット入りダージリン        700円
パウンドケーキ           430円
セットメニュー(コーヒー、ケーキ) 950円

---------------------------------------


このほかフルーツケーキとクッキーもメニューに載っています。




「すみません。今日はフルーツケーキは切らしております。」


「じゃあ、パウンドケーキとブレンドコーヒーで。」


「はい。」



このセットで950円。
(下の写真)


パウンドケーキは、ここの雰囲気にぴったりと合ったオーソドックスな味。
正統派のブレンドコーヒーにも、鎌倉の静寂にふさわしい香りとコクが感じられます。




静かな店内も、午後のティータイムが近づくとにわかにざわめいてきます。
鳩サブレーの紙包みを持ったグループが大きな声で話しています。




やはり観光スポットの東慶寺です。
見渡すと席はほとんど埋まっていました。





※年中無休ですが、夏季などちょっと長い休業があるので注意してください。
※今回入ったガラス張りの部屋は、喫煙室になっています。ご注意ください。


吉野 コーヒーとパウンドケーキ








+++++++++++++++++++++++++++++++++

●山ノ内「喫茶 吉野」 カフェ
   鎌倉市山ノ内1379
   (東慶寺)
   TEL  0467−24−9245
   定休日  無休
   ※夏季および冬季のみ臨時休業あり
   営業時間 10:00〜17:00  
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

〜 「神奈川食べ歩き」は県別で東京・大阪に次いで3位です!! 〜

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』の附属ブログです。
ほかにないので、多分「日本一」だと思います。(笑)


〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい