2008年12月

2008年12月18日

Cafe 4U

鎌倉珈琲香房のマスターから、知り合いが建長寺の近くにカフェを出したと聞いたので、ちょっと寄ってみました。

建長寺は鎌倉五山第一位の寺、鎌倉からも北鎌倉からもちょっと距離はあるのですが、駐車場には観光バスも止まり訪れる観光客も絶えない名所です。

カフェ4Uは建長寺の鎌倉寄り、精進料理の『鉢の木』の鎌倉街道を挟んだ反対側にありました。

カフェなのですが、入口には赤い毛氈を敷いた台や、短い暖簾などが出ているので甘味処のような感じもします。


後から知ったことですが、この店は陶器・鎌倉彫・硝子などを扱う巨福呂堂さんの中のカフェということです。


(建長寺 山門)            (建長寺から4Uを望む)
4U 建長寺4U 建長寺から
















だから店内は和の雰囲気。
棚には陶器や雑貨なども並んでいます。

このときはまだ開店まもなくだったのですが、さらに展示の作品も増えるようです。

店内にはカフェのマスターと巨福呂堂さんの女性オーナーの二人がいました。



ここのマスターは長くカフェとシチューの店に居たとのことで、ランチメニューにシチューを探しましたが出ていません。


「珈琲香房さんに聞いてきたんですが、シチューはないんですね?」

「シチューはやってないんです。シチューの店にはいましたが。」


ランチは自家製パンを使った次の3つが出ていました。


-----------------------
※BLTチーズサンド

※フォカッチャサンド

※イングリッシュマフィンサンド
-----------------------


最初に出ていた『BLTチーズサンド』とブレンドコーヒーを頼みます。


「あの、『鎌倉珈琲香房』の豆もありますが。」

「ブレンドでいいよ。あっちはときどき行くから。」


豆を届けに鎌倉珈琲香房のマスターも顔を見せているようです。

(4Uの店頭)             (4U 店内)
4U 店頭4U 店内












串に刺した赤ピーマンとオリーブ、ポテトチップスなどが添えられたBLTサンドはパンにも美味しそうな焦げ目が付いています。

たっぷりのレタスとトマト、焼いたベーコンが溢れて小さな?口には収まりきりません。

紙ナプキンで拭きながら食べました。
パンの温かみが持った手に伝わってきます。


『彼は本当にまじめでね。豆を20gも使ってるって言うんだけど採算が合うのかどうか?』


珈琲香房のマスターが心配する通り、ブレンドから漂ってくる香りも本格的なものです。



さらにカウンターの向こうに金色に聳える塔のような器械もあります。


「あれは?」

「エスプレッソマシンなんです。」


「へー、高そうな器械だなあ。」

「カプチーノなどを淹れるのに。」



「ところで、4Uっていうのは?」

「Uが4つでフォーユーです。」


「あなたのためにっていう『フォーユー』?」

「それだと、ちょっとストレートなんで4つのUとしています。」




珈琲香房のマスターはこんなことも言っていました。


『彼が一番力を入れているのはやっぱりコーヒーでしょう。とても研究熱心ですよ。』


観光名所の前なのですが、うまいコーヒーを飲むことが出来る店です。



※ブレンドコーヒー 600円 BLTチーズサンド 800円


※その他のメニュー
コーヒー 紅茶 カフェオレ ココア チャイ 抹茶ラテ ロイヤルミルクティー
カフェモカ カプチーノ

シフォンケーキ ガトーショコラ アフォガード ミニプリンなど

(BLTチーズサンド)         (ブレンドコーヒー)
4U BLTサンド4U ブレンドコーヒー




+++++++++++++++++++++++++++++++++

●山ノ内「Cafe 4U」 Cafe
   鎌倉市山ノ内1541
   TEL 0467−61−2411
   定休日  不定休
   営業時間 11:00〜16:00?    
  ※営業時間は巨福呂堂のものを引用

+++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2008年12月17日

Trattoria il Passo

茅ヶ崎事情にはあまり詳しくないので、今回は湘南グルメの代表『湘南くいおれーさん』のブログを見て決めました。


茅ヶ崎は海の町です。
LUSPAの屋上から南を眺めると、彼方に青い海が広がっているのがわかります。


よく知られているのは海側の茅ヶ崎ですが、ジャスコやサティなどの商業施設は北口に集中していて、南口は昔からの町並みが残っています。

茅ヶ崎で人気のイタリアン『「Trattoria il Passo』もそんなさりげない路地に存在していました。

右はイルパッソのある路地の入口です。
ちょっと注意していないと、うっかり通り過ぎてしまいそうです。

(屋上から茅ヶ崎の海を見る)      (イルパッソのある路地)
イルパッソ 茅ヶ崎の海イルパッソ 路地入口












白い店の前にはトリコロールの旗が出ていますので、それが目印です。
店を入るとすぐにドルチェのショーケースがあります。

そのまま真っ直ぐには2階へ上る階段。
右側が一段高くなってそこが客席になっています。

女性のスタッフに案内されて2人用のテーブルに席を取りました。




「こちらのテーブルは段差がありますので気をつけてください。」


メガネを掛けたスタッフがにこやかに指すところを見ると、クロスの右側に縦の線が見えました。


「わかりました。でも何でだろう?」

「少し削ってみたんですが、まだ残ってしまって。」


いきさつは分かりませんが、段差のあるテーブルで食事をするのは初めてです。
でも、何だか楽しそうな店です。


さてメニューです。


------------------------------------------------



Pranzo A           1000円


鎌倉野菜のグリーンサラダ+1〜4のお好きなパスタ

1.シラスと緑の野菜のガーリックオイルのスパゲッティー
2.アサリときのこのトマトソースのスパゲッティー
3.アンチョビと冬野菜のクリームソースのスパゲッティー(+100円)
4.イルパッソ特製ミートソースのスパゲッティー



+300円でお好きなドルチェとドリンクをお付けできます



Pranzo B           1500円


本日の前菜盛り合わせ+1〜5のお好きなパスタ

1.シラスと緑の野菜のガーリックオイルのスパゲッティー
2.アサリときのこのトマトソースのスパゲッティー
3.アンチョビと冬野菜のクリームソースのスパゲッティー(+100円)
4.イルパッソ特製ミートソースのスパゲッティー
5.自家製手打ちニョッキのゴルゴンゾーラクリームソース またはミートソースで


+300円でお好きなドルチェとドリンクをお付けできます




Pranzo C           2500円


前菜の盛り合わせ+1〜5のお好きなパスタ+メインディッシュ+お好きなドルチェとドリンク

1.シラスと緑の野菜のガーリックオイルのスパゲッティー
2.アサリときのこのトマトソースのスパゲッティー
3.アンチョビと冬野菜のクリームソースのスパゲッティー(+100円)
4.イルパッソ特製ミートソースのスパゲッティー
5.自家製手打ちニョッキのゴルゴンゾーラクリームソース またはミートソースで


------------------------------------------------




『Pranzo B』を注文しました。 

 
「4種類の中からパスタをお選びください。」

「えーと、シラスと緑の野菜で。」


そして右の写真がその前菜です。
白く細長い皿に5種類の前菜が並んで、見た目もきれいです。


「左からエノキダケのマリネ、カツの甘酢あんかけ、野菜のフリッター・・・・。」


スタッフの女性が丁寧に説明してくれたましたが、個々の名前が思い出せません。

でも、酸味を利かせた前菜多く、どれもさわやかで食欲を刺激してくれました。

(イルパッソ店頭)           (前菜の皿)
イルパッソ 店頭イルパッソ 前菜










あとから店に入ってきた笑顔のおばさんが、あちこちのテーブルに挨拶をしています。

どうやらシェフのお母さんのようですが、確かなことはわかりません。



「シラスと緑の野菜のガーリックオイルです。」

白いコック服のシェフがパスタを運んできてくれました。


細い麺の上に鮮やかなブロッコリーのような野菜が乗って、その間にたくさんのシラスが点在しています。


腰のあるパスタに、シラスのだしが利いたガーリックオイルのソースが絡みます。
緑色のスティックセニョール(ブロッコリーの一種)はほどよい歯ごたえが残り、青野菜の風味が口に広がりました。



隣のテーブルから、おばさんと女性客の話し声が聞こえます。


「ほんとにおいしいわね。ここのティラミスは。」

「おいしいでしょ。私が言うのもなんですけど、美味しいんですよ。」(笑)


たしかに、向こうのテーブルに運ばれたティラミスはおいしそうでした。


料理がおいしい店はドルチェも旨い!!

そんなわけで追加注文したティラミスが右の写真になります。


ティラミスには、ふんわりとカカオパウダーがかかっています。

茶色と黄色の層を成すケーキにフォークを当てると、柔らかい生地はかんたんに切れました。


抑えた甘味とカカオのビターな味、そしてしっとりとした生地から酒の香りが漂ってくきます。


「おいしいですね。何かお酒の香りがするようだけど。」

「ホワイトラムとカルーアです。」


「ああ、あのちょっとビターな味はカルーアだったんだ。」

「それから、生地にエスプレッソを浸み込ませていますのでそれもあるかと思いますが。」



料理がおいしい店はドルチェも旨い!!
やはり勘があたったようです。


会計のときに初めてだと言うと、おばさんは毛糸で編んだトリコロールの丸いものをくれました。

「『エコたわし』使ってください。どこにでも使えますから。」



おばさんは、外に出てもまだ見送ってくれます。



茅ヶ崎でトップクラスの人気店は、とてもアットホームです。





『湘南くいおれーさん』のブログはこちらです。

第1回目
http://blog.livedoor.jp/braniff1967/archives/50475841.html
第2回目
http://blog.livedoor.jp/braniff1967/archives/50511287.html#more



(緑の野菜とシラスのパスタ)      (ティラミスとコーヒー)
イルパッソ 緑の野菜とシラスのパスタイルパッソ ティラミスとコーヒー







++++++++++++++++++++++++++++++++

●茅ヶ崎「Trattoria il Passo」 イタリア料理
   神奈川県茅ケ崎市幸町24-13
   TEL 0467−28−7737
   定休日  水曜日(第3木曜日)
   営業時間ランチ 11:30〜15:00(LO 14:30)
       ディナー17:30〜22:00(LO 21:00)
   http://www.il-passo.net/

++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 茅ヶ崎 | イタリア料理

2008年12月10日

OCEAN HARVEST COCOMO

今回は先に言い訳から入ります。
このブログのほとんどはランチなので、夜のレポートは慣れていないせいか写真がことごとくダメでした。

もう1つはいつものデジカメがこのとき行方不明だったこともあります。

とりあえず、ピンボケでも写っていたものと、後日の日中撮り直したものをを使いましたのでお見苦しいところはご容赦ください。


さて、娘が「牡蠣を食べたい。」とかねがね言っていたので、由比ガ浜の「COCOMO」へ向かいました。

ここは四季を通して「牡蠣」が食べられるオイスターバーとしても知られています。


R134に面した店の前は由比ガ浜の海が広がっています。


お酒を飲むので、今日は江ノ電長谷駅から歩いて行きます。
店は駅から5〜6分のところにあります。

(R134とCOCOM遠景)       (店の前の海)
COCOMO 遠景COCOMO 海













小雨の降る中で、COCOMOと書かれた袖看板が揺れています。
ぼんやりと灯るオレンジ色の明かりに照らされた古い建物がなかなかいい雰囲気をかもしだしていました。

細い階段を上がって開店間もない店に入ると、まだお客さんは誰もいません。
照明を落とした仄暗い室内にはジャズなどがかかっています。


「いらっしゃいませ。こちらでいかがでしょう?」


ろうそくを灯した窓際のシートに案内されます。
窓越しに海を臨む席はムード満点ですが、娘とではどうにもなりません。


「これをどうぞ。」


スタッフがひざ掛けを持って来てくれます。


「何だか暖かいと思ったら、これもあるんだ。」


足元に赤く小さなストーブの火が燃えています。

(昼のCOCOMO)        (夜のCOCOMO)
COCOMO 店頭COCOMO 夜の店












さて、最初はお目あての生牡蠣です。
盛り合わせは3種類の牡蠣が2つづつ入っています。


-----------------------

仙鳳趾(せんぽうし)  北海道

浜市(はまいち)    宮城

リアスキング      岩手

-----------------------

『浜市』と『リアスキング』があっさり系で『仙鳳趾』は濃厚と書かれていました。

飲み物は娘が柚子のシャンパン、私が白ワインです。


付け合せのレモンを絞って牡蠣にかけ、フォークで一気に口に運びます。

プリッとした牡蠣の身から海の香りが広がるのがわかりました。


「おいしいっ!!」

牡蠣はほんの一口でなくなってしまいましたが旨い余韻は残ります。


3種類食べ比べると、味の違いに驚きました。


私は『浜市』、娘はクリーミーな『仙鳳趾』が気に入りました。


次は生ハムと野菜のサラダです。

コクのある生ハムにパリッとした野菜。
バルサミコの酸味がからんで、舌はあらたな展開に入ります。

(生牡蠣盛り合わせ)         (生ハムサラダ)
COCOMO 生牡蠣COCOMO 生ハムサラダ















ピザが運ばれました。

「天日干しシラスとルッコラのピザです。シラスはすぐそこの三郎丸さんから直に仕入れています。」

髭のスタッフは海の方を指して言いました。

シラスの芳ばしい香りが、カリカリっとした薄いピザ生地から漂います。
青々したルッコラがピザに潤いを与えています。

「軽くっていいね。」

あっさりとした薄めの塩味のピザは、何枚でもいけそうな気になります。


実はこのあたりで終了にするつもりだったのですが、普段少食の娘の食欲が落ちません。


さらに『カキ、ドライトマト、オリーブ、ケッパーのパスタ 』、そしてピクルスと注文は続きました。


「次はワインにしよっと。」

こちらもそれに合わせ「バーボン」を追加します。





「最後はコーヒーにする?それとも・・・。」

「コーヒーなんてあったっけ。」


「ほら、ここに。」

「まあ、好きなようにしてください。」


「う〜ん。もう少し牡蠣も食べたいし。」

「いつも、お腹が一杯で動けないなんて言うじゃない。ホントに大丈夫だったらいいけど・・・。」

「じゃあ、今度は『牡蠣の香草焼き』」



満腹のおなかをさすりながら長谷の駅へ向かいました。

(シラスとルッコラのピザ)      (ピクルス)
COCOMO シラスとルッコラのピザCOCOMO ピクルス





+++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「OCEAN HARVEST COCOMO」 ダイニング&バー
   鎌倉市長谷2−8−8
  TEL  0467−60−6560
   定休日  無休
   営業時間 12:00〜 2:00
   http://www.tsuiteru.com/gr/cocomo/

+++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 10:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 鎌倉 | レストラン&バー

2008年12月03日

レストラン マキシミュー

深沢側から上った道を鎌倉山のロータリーで反対側に下りると、その向かい側あたりの小高い丘に広がる住宅地があります。

西鎌倉小学校付近から丘に向かって伸びる並木のある広い道はその中心で、沿道には洒落た飲食店などが周囲に溶け込むように目立たずに存在しています。


『レストラン マキシミュー』という名前のフレンチがこのあたりに出来たという話を聞いて坂道を上ります。

西鎌倉郵便局という小さな局を過ぎると、その先のバス停のあたりに店が見えてきました。


(西鎌倉の坂道)            (西鎌倉郵便局)
マキシミュー 坂2マキシミュー 西鎌倉郵便局












車では見過ごしてしまいそうなその店は、以前「セラヴィ」というフレンチがあった場所でした。

店の外観はほとんど変わっていないようです。

数段の階段を下って、半地下になった店に入ります。
入ってすぐ左側がキッチン。
右側が客席で、白い壁と太い梁が十字に交差する天井の下に20席ほどのテーブル。

テーブルの上には、水色とブルーのテーブルクロスが重ねて敷かれています。


ちょっとヨーロッパの田舎の家に入ったような気分です。


(マキシミュー全景)        (マキシミュー店頭)
マキシミュー 店全景2マキシミュー 店頭




















店内は、開店とともに入った10人の女性客で賑わっています。
こちらは窓際の丸いテーブルに席を取りました。

メガネをかけた若い女性スタッフが持って来てくれたメニューを見ます。



-----------------------------------

お昼のコース

menu A(アー)             1575円
menu maxi(マキシ)         2100円
menu mieux(ミュー)        2625円
menu maxi−mieux(マキシミュー)3675円

-----------------------------------

今日は2100円のマキシコースにしました。

コースを選んだ後は、黒板に書かれた内容から好きなものを選択します。


前菜とスープからは、

『カボチャのポタージュ』


メインは魚1種類、肉5種類がありますが、

『仏産鴨肉のロティ オレンジとカカオのソース』


そして、デザートは、

『バナナとチョコクッキーのポット入りグラタン』


を注文します。


注文を終わってからの手持ち無沙汰を、いつもは窓からの景色などを眺めるのですが、道に面した窓には残念ながら白い布が掛かっていました。



写真は、最初に出てきたカボチャのポタージュです。

白い壷のような容器の中の濃い黄色のスープが鮮やかです。


甘さ控えめの温かいスープが、お腹の中にジワーッと染み込んでいきました。


(布が掛かった窓際)        (カボチャのポタージュ)     
マキシミュー 窓際マキシミュー カボチャのポタージュ











スープを飲み終わり、容器を片付けに来たスタッフに聞いてみました。


「ねえ、ここは名前が違っていたよね。」

「はい。前のオーナーが千葉の方に移りましたので、8月からは一緒にやっていた者が・・・。」




いよいよこちらにもメインが来ました。

白い皿に赤みを帯びた鴨の肉と緑色の野菜。
濃い茶色のソースが綺麗にかかっています。


これがオレンジとカカオのソース。

カカオのチョコレート味が勝ちすぎるのではないかと思いましたが、オレンジの酸味との合わさってマイルドなソースとなり、鴨肉の野性味のある味を引き立てています。

鴨肉の外側に付いた焦げ目もいいアクセントとなっていました。


そして、仕上げの『バナナとチョコクッキーのポット入りグラタン』です。

スープと同じ深いポットの”グラタン”はとろりとかかったクリームに少し焦げ目がついていました。


中はバナナと粉状になったチョコクッキー。
濃厚な甘さと紅茶はちょうど良いバランスです。


さて気になっていた窓の布ですが、スタッフの話では道を通る人からの視線が気になるとの声があって掛けたそうです。


「でも、ちょっと、残念ですよね。」

と言うと

「はい。検討させてもらいます。」


とまじめな返事が返ってきました。


名前は変わっても、街に馴染んだフレンチの系譜は続いているようです。



マキシミュー 仏産鴨のロティマキシミュー グラタン




+++++++++++++++++++++++++++++++++

●西鎌倉「レストラン マキシミュー」 フランス料理
   鎌倉市西鎌倉1−3−11
   TEL 0467−32−3530
   定休日  火曜日(祝日の場合は翌日)
   営業時間ランチ 11:30〜15:00(LO 14:00)
       ディナー18:00〜22:00(LO 21:00)
   http://www.ne.jp/asahi/240/maxi-mieux/
   (全席禁煙) 

+++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1





フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館



このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい