2009年06月

2009年06月24日

海月

「遊ぶ探偵0467鎌倉」さんのブログで見た『海月』に行ってきました。
以前、テレビなどで取り上げられていた「太平燕」(タイピーエン)があるとのことです。

「タイピーエン」という言葉の響きが耳に残って気になっていました。

「太平燕」とはいったい・・・?


<遊ぶ探偵0467鎌倉> 
http://blog.goo.ne.jp/kikilala1188/e/ef2d157f4180f5d07bb4206897e7cf1d



「遊ぶ探偵0467鎌倉』のるーさんによれば、ここは鎌倉では知らない人はいないと言われた居酒屋「長兵衛」の跡地に建てられた建物とのことです。

小町通りと若宮大路を結ぶ路地を、小町通り側から入ります。


店は『ギャラリー創陽』の二階にありました。
ここはたしかに「長兵衛」があったところです。

(路地)                   (店)
海月 路地海月 店頭

















細い路地にメニューを書いた看板があります。

太平燕AとBという文字も確かめました。
ほかにも「さくら丼」「かきあげ丼」などという限定10食のランチもあります。


看板を見ていると、カップルが私の横をすり抜けて、長い階段を上がっていきます。

(メニュー看板)             (長い階段)
海月 メニュー海月 階段




















店内には、バンダナで頭を巻いた若い男性とホールの女性スタッフがいました。


正面が厨房で、その前がカウンター席になっています。
厨房は客席の床より20〜30cm高いようで、竹で編まれたカウンター席の椅子も相当高くなっています。


厨房の横は、細長い木を渡したテーブル?席。
これもかなり高いところにあって、高い椅子が2つと棒状のベンチが付いていました。



ふと見ると、先に入ったカップルがいません。

どうやら店内につくられた『かまくら』の中に入ったようです。

(店内)                  (かまくら)
海月 店内海月 かまくら
















こちらは窓に面したテーブル席に着きます。
目当ての太平燕(タイピーエン)は3種類。


------------------------------------

お食事A              880円

熊本名物 太平燕(タイピーエン)


お食事B             1200円

熊本名物 太平燕と本日のごはん
     お漬物つき
     
 (例) めかぶごはん
     ジャコめし
     しらす丼
     五穀米    など


お食事C             1500円

熊本名物 太平燕と本日のごはん
     お漬物
     本日のお惣菜(2品)
  
  本日のご飯   
 (例) めかぶごはん
     ジャコめし
     しらす丼
     五穀米    など

  本日のお惣菜   
 (例) 茄子の煮浸し
     季節のキンピラ
     鶏の中華風ゴマあえ
     カボチャのサラダ
     里芋の含め煮    など


------------------------------------




笑顔の女性スタッフが、こちらを向いて付け足します。


「申し訳ありませんが、ただいまCはございません。」



写真は注文した「お食事B」。
左側が今日の「本日のごはん」の「しらす丼」です。



「お醤油をかけてお召し上がりください。」


壁を切り取って作られた調味料の置き場から、醤油を取ってどんぶりにかけます。
そして、しらすの上のショウガと三つ葉を混ぜて口に入れました。


薄塩の柔らかいしらすで、ほんのりと甘味も感じられます。

半分ほど食べたころ「太平燕」がきます。



「お待たせしました。太平燕です。ホワイトペッパーをかけてお召し上がりください。」

「はいどうも。あっ、あのこれは麺ですよね。」


「麺ではないのですが、春雨が入っています。」

「ということは、主食ですか?それともおかず?」


「まあ、主食ですね。」

「そうですか、ああ、ちょっとね。ご飯をどうしようかと思ったんで・・・。」


スタッフは馬鹿な質問にもにこやかに答えてくれます。


太平燕(タイピーエン)は、ちゃんぽん麺のようにも見えます。
白菜に玉ねぎ、木耳、絹さやエンドウ、短冊に切ったかまぼこ、そしてアサリ。
太平燕の名前の由来、燕の巣に見立てた揚げ卵もあります。


鶏がらベースにアサリの出汁の利いたスープは、コクがあってしかもあっさりしています。


麺でなく春雨なので、スープですがサラダ感覚もあります。


中身がなくなって、残ったスープを飲んでみてもすっきりと飲めました。


なるほど、これが熊本名物「太平燕」なのかと納得です。



※太平燕(タイピーエン)については
http://www.kamakura-umizuki.com/fooddrink/ichioshi_menu.htm


(しらす丼)                (太平燕)
海月 しらす丼海月 太平燕





+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「鎌倉ごはん 海月」ダイニングバー
   鎌倉市小町2−10−11
   TEL 0467−24−9335
   定休日 火曜日 
   営業時間 11:30〜14:30
        17:30〜26:00       
   http://www.kamakura-umizuki.com/

+++++++++++++++++++++++++++++++++





< 日本の水と日本人のための紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 鎌倉 | レストラン&バー

2009年06月17日

古典葉 

浄明寺宅間ケ谷、田楽辻子の道から釈迦堂切通しに向かう途中に、「古典派」という喫茶店がありました。

気のいい女性オーナーがのんびりとやっている気のおけない店で、この雰囲気を気に入っているファンも多かったようです。

その「古典派」の業態が変わったと聞きました。



写真左は釈迦堂へ向かう道の入口です。


笹の垣根と樹木の中に埋もれたような建物の様子はそれほど変わっていませんが、印象的だった木の枝にぶら下がった「古典派」という札はありません。

その代わりに入口に大きな樽が置いてあって、その上に写真入りのメニューがありました。

店の名前も『古典派』から『古典葉』に変わっています。

(古典葉 路地の入口)         (古典葉 店)
古典葉 路地入口古典葉 店頭












左がそのメニューです。

パスタ、カルパッチョなどのイタリアンとカフェ&ケーキ。
けっこう多彩です。


室内には先客が2人。
キッチン前の幅の広いカウンターの上には、たくさんのお皿が並んでいます。

どうやら、店の知り合いのようで話が弾んでいます。

(古典葉店頭のメニュー)        (室内)
古典葉 メニュー古典葉 室内















店には3人のスタッフがいました。
オーナーらしき女性と若い男性、そしてもう1人の女性スタッフ。





女性スタッフが水とメニューを持ってきてくれます。

「ランチはパスタとリゾットがあります。今日はパスタはサンマかスズキ、リゾットは真鯛かタチウオになります。あとはアラカルトもありますので。」



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

lunch time スペシャルメニュー 1890円

<パスタorリゾット>

・自家製ベーコンとトマトソースのパスタ
・古典葉ペペロンチーノ
・本日のパスタ 佐島のお魚と鎌倉野菜のパスタ
・本日のリゾット 佐島のお魚と鎌倉野菜のリゾット

以上の中から1品

サラダ&スープ&パン


ランチメニューをご注文の方に限り
+ 400円で

Coffee or Tea&ケーキが召し上がれます


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


そしてアラカルトの一部


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ネギとベーコンのスパゲッティ
クリームソースで。 1280円

ひじきと白身魚のスパゲッティ
お魚とにんにく&オリーブオイルのさっぱり塩味。1080円
 
フレッシュトマトとベーコンのスパゲッティ
桜のチップで燻した自家製ベーコン。1280円

ごぼうと白身魚のスパゲッティ
ごぼうのうまみで魚をひきたてて。1080円

タリアテレのボロネーゼ
大粗挽き赤身牛肉のミートソース。 1280円

イカのラグーのスパゲッティ
新鮮なイカの肝と墨を使って。 1280円

トマトソースのニョッキ
手作りニョッキを自家製トマトソースで。 1280円

本日の魚のリゾット
奥野さんの夢に出てくるリゾット。 1180円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



小さな店ですが、中のメニューもやはり充実しています。

なんだか「奥野さんの夢」も気になりましたが、今回はスペシャルメニューのパスタを選択。


最初に「鎌倉野菜のサラダ」が出てきます。(写真 左)

そして、「シイタケのスープ」と自家製のフォカッチャです。

スプーンで掬うと、刻まれたシイタケから良い香りがしてきます。
フォカッチャも温かくておいしい!!


新しいお客さんも入ってきてキッチンは忙しそうです。


(鎌倉野菜のサラダ)      (シイタケのスープとフォカッチャ)
古典葉 鎌倉野菜のサラダ古典葉 シイタケのスープ













キッチンで料理を作っていた男性のスタッフがこちらへやってきました。


「スズキのパスタです。お待たせしてしまったのでこれをお付けしました。」


パスタの横に、取っ手の付いた小さな器が添えられています。


「これは何でしょう?」

「イワシのマリネです。」


このイワシのマリネがなかなかの美味!!。
ちょっと得した気分になります。



メインのパスタは、スープがたっぷりの皿に入れられています。
スープはほんのりとしたオレンジ色。



パスタの上は、焼いた茄子やスナップエンドウ赤カブ、ニンジンなどで彩られています。




くるくるとフォークに巻いたパスタを口に運びました。

パスタは薄味ですが、しっかりと出汁の出たスープにからんでいます。
ほぐしてパスタに乗せられた白身のスズキは、初夏らしくさっぱりとして柔らかい。



窓からの緑を見ながら食事を終わります。


「ごちそうさま、美味しかった。ところで、このソースはトマトなんですか?」

「いえ、うちは化学調味料を一切使っていませんので、魚から出る出汁と塩味だけなんです。トマトは彩りにほんの少し使っていますが、トマトソースではありません。」


「なるほどね。スープだけ飲んでもおいしかった。」



スタッフからはデザートを勧められましたが、今日はちょっとこれから人と会うので断りました。


ここは、むろんお茶(カフェ)だけも楽しめます。
浄明寺の小道に迷いこんだような小さなダイニングは、なかなか利用価値が高そうです。



(スズキのパスタ)
古典葉 スズキのパスタ








+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 浄明寺「古典葉」ナチュラルダイニング(イタリア料理)
   鎌倉市浄明寺1−4−22
   TEL 0467−50−0252
   定休日 火曜日 
   営業時間 11:00〜21:00
       (18:00〜要予約)       
   http://www.koten-leaf.net/

+++++++++++++++++++++++++++++++++






< 日本の水と日本人のための最高の紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2009年06月10日

らい亭

最初におことわりしておきます。
らい亭の『らい』は木へんに『雷』と書くのですが、ブログでこの字は文字化けしてしまいます。

そんなわけで「らい亭」としてあります。

書けないわけでは決してありません。(笑)


さて、高級住宅地『鎌倉山』を進んで行くと、なにやらいわくありげな立派な門が見えてきます。

これが蕎麦処であり、また会席料理の老舗「らい亭」の門になります。

(らい亭への道)              (らい亭の門)
らい亭 道らい亭 門













門をくぐると、そこに小さな建物があって中に案内の人がいます。
ここで500円を出して『御食事券』を買うのがここのシステムです。


写真左が、『御食事券』の実物です。

------------------------------------------------------

〜らい亭 御食事券 500円 当日のみ有効 お会計の際にお出し下さい。飲食代より差し引かれます。〜

------------------------------------------------------



書いてあるとおり、この券はお蕎麦や弁当を食べたときに500円に充当できます。


コーヒーだけなら500円ですから、これで約5万平米の庭が鑑賞できることになります。


今日はすでに食事はすませているので、本館には寄らずに海に向かって傾斜した庭を下っていきます。


写真右はその途中にある八角堂です。

(御食事券)               (八角堂)
らい亭 御食事券らい亭 八角堂














たかだか、標高100mほどの山ですが、見渡すと周囲はすべて緑の中になります。

庭には茶室や仏像、燈篭などが各所に配されています。
季節の花々も咲いていますので、ゆっくり楽しむことも出来ます。


広い庭園の終わり近くにあるのが、甘味処『露庵』です。


今回の目的地はここになります。

まだ、昼時なのでお客さんのほとんどは本館で食事をしています。
だから、庭の端にある甘味処には誰も居ません。(写真 右)




戸を開けて入ると、ここを1人で管理しているおばさんが出てきます。

「いらっしゃいませ。今お茶をお入れします。」


(緑の山)                (甘味処 露庵)
らい亭 緑の山らい亭 露庵















メニューは、木の一枚板のテーブルの上にあります。



-------------------------------------

そばしるこ         700円
白玉だんご          〃
くずきり           〃
コーヒー          500円
ところてん          〃
ジュース           〃

酒・ビール         650円
白玉だんご、抹茶つき   1000円
そばだんご 季節限定    700円   
〃     抹茶つき   1000円

-------------------------------------





丸太に赤い座布団の乗った椅子に腰かけて、500円に200円だけプラスして「白玉だんご」を注文します。


小さな白玉に餡がかかった器が運ばれました。
シコっとした白玉の感触がいい感じです。



「これはここで作ってるんですか?」

「いいえ、上の厨房で作ってます。」


「たしかにたくさんお客さんが来ると、ここは1人で対応できないですよね。やはり季節がいいと忙しいんでしょう?」

「桜の時は大変でした。あとは新緑とあじさい、それから紅葉のときでしょうか?夏は比較的空いてますね。」



ゆるりとした時間の中、親切なおばさんと世間話などしていると、お昼を終えた人たちが甘味処にも入ってきます。



さて、こちらはそろそろ腰を上げることにしましょう。
御食事券を出して、差額の200円を足して支払います。


帰りは『露庵』の横から、竹林を通っていくことにしました。


(露庵 白玉だんご)         (竹林)
らい亭 白玉だんごらい亭 竹林






+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 鎌倉山「檑亭」そば・会席料理
   鎌倉市鎌倉山3−1−1
   TEL 0467−32−5656
   FAX 0467−32−5566
   休業日 1月1日〜3日 7月最終週の月〜木曜 
   営業時間 11:00〜20:30
       (オーダーストップ 19:00)    
   http://www.raitei.com/
+++++++++++++++++++++++++++++++++




< 日本の水と日本人のための最高の紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

トラットリア フォセッタ 2009初夏

なかなか予約が取れないといわれている西鎌倉「トラットリア フォセッタ」ですが、当日でも予約が取れる日もあります。

本日はラッキーでした。

でも、「午後はまだ2組です。」と言われていたのですが、行ってみると「満席」の表示でした。


さて、久しぶりのフォセッタです。

あらためて、メニューを見てみます。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1、
本日の前菜
パスタ
COFFE
1575円

2、
前菜5品盛合わせ
パスタ
COFFE
1785円

3、
前菜5品盛合わせ
小盛りパスタ
魚料理または肉料理
COFFE
(フォカッチャ付き)

2835円


デザート
お好みのもの
2品盛合わせ

420円


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





そして本日のパスタのラインナップです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日のパスタ


鎌倉産なすとズッキーニ、オリーブのアラビアータ

鎌倉産キャベツとアンチョビクリーム

鎌倉産そら豆とグリーンピース
        パルマ産生ハムのペペロンチーノ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


このほかにたくさんのアラカルトがあります。



今日は1785円の(2)のコースを注文します。
パスタは『鎌倉産なすとズッキーニ、オリーブのアラビアータ』を選択しました。




「お待たせしました。」


シェフの奥さんが前菜の皿を運んでくれます。


「こちらから、千葉で獲れましたカツオ、鎌倉トマトと井ノ口さんのチーズ、そしてこちらがズッキーニのフリッター・・・・・・。」


いつも、丁寧な説明をしてくれるのですが内容は、頭の上を通り過ぎていきます。
申し訳ありませんが、写真でご確認ください。(写真 左)


新鮮なカツオの味やまったりと味わい深いサーモン、さわやかな酸味のトマトなど、季節感を感じながら味の変化を楽しみます。


ズッキーニは熱いフリッターの中でとろけていました。





次はパスタです。


「鎌倉産なすとズッキーニ、オリーブのアラビアータ」



赤いトマトソースのスパゲティの中に、なすとオリーブの黒、ズッキーニの緑の皮の色。

ところどころに、トマトソースの保護色に隠れた唐辛子も見えます。



トマトベースの味の中に唐辛子のピリッとしたアクセントが利いています。
そして、アルデンテのパスタと、柔らかいなすやズッキーニの果肉の対比。


今日は旬のズッキーニを、フリッターとアラビアータの両方で味わうことができました。



(前菜5品盛合わせ)           (アラビアータ)
前菜5品盛りアラビアータ















鎌倉野菜で有名なフォセッタですが、「フォセッタ通」の間で定評のあるのが「ドルチェ」です。

ここのドルチェは美味しくて・・・しかも楽しい!!





栃原シェフが、椅子の上に小さな黒板を乗せてくれます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

DOLCE

・鎌倉産さつまいものプリン

・鎌倉産ルバーブのタルト

・ガトーショコラ

・パンナコッタ
   鎌倉市場和田さんのママレード添え

・鎌倉市場和田さんのお庭のニッキの
   アイスクリーム

・パッションフルーツソルべ

・とちおとめソルベ
   北海道白糠町井ノ口さんのリコッタチーズ
       伊産はちみつ2種と一緒に

          +150

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





フォセッタのドルチェは黒板から2品選べます。


「何かおすすめのものは?」

「そうですねぇ。鎌倉で採れた『ルバーブのタルト』なんてどうでしょう?」


「へえ、ルバーブですか。」

「蕗のような野菜で、向こうではよくコンポートなんかにします。うちではそれを砂糖とバターで煮てタルトにしてみました。」

「ルバーブって鎌倉で栽培されてるんですね。」




「ええ、それから和田さんっていう農家の方がいらっしゃるんですがそのお庭にあるニッキを使ったアイスクリームがあります。」

「庭でニッキが採れるんですか?」



「ええ、和田さんの庭にある(ニッキの)木の根っこを掘って。」

「へぇ、面白いですね。」




これが「鎌倉市場和田さんのお庭のニッキのアイスクリーム」という長い名前のドルチェです。



一緒に頼んだ「ハーブティー」と一緒に、半透明の涼しげなお皿に乗った2品がテーブルに置かれます。




キツネ色のタルトの真ん中に浅い緑色の餡が見えます。
バターのコクとルバーブの酸味が砂糖と混じって、甘酸っぱい味に深みを感じます。


さくっとしたタルト生地とも絶妙の組み合わせです。




そして、ニッキのアイス。
シナモンではなく、たしかに昔懐かしいニッキの香りがします。


「良い香りですねぇ。ニッキなんてこのあたりにあったんですね。」

「はい。でも、先日、鎌倉にずっとお住まいのお客様にお出ししたんですが、昔はニッキの林があったそうです。」


「そうなんですか。それは知らなかった。」

「ちょっとお待ちくださいね。」


そう言ってシェフは、小さな木の枝のようなものを持ってきてくれました。


「これが、ニッキの根っこです。」

「そうですか。う〜ん。でもアイスの方がよく匂いますねぇ。」


ニッキをミキサーで細かく砕いて香りを出すとのこと。



さて、次回はどんなドルチェがあるのでしょうか?



(ドルチェの黒板)         (ルバーブのタルトとニッキのアイス)
ドルチェの黒板ドルチェ2品                                                                                                                                                                                                                                                              















●西鎌倉 トラットリア フォセッタ(イタリア料理)
 オーナーシェフ 栃原 孝行氏
 鎌倉市西鎌倉1−2−1  TEL0467−32−4400
 11:30〜15:30(LO 14:00)
 17:30〜23:00(LO 21:00) 
 定休日 木曜および第3水曜
 http://fossetta.net/








< 日本の水と日本人のための最高の紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2009年06月03日

鎌倉山茶房

鎌倉の高級住宅地として知られる『鎌倉山』の中心が『鎌倉山ロータリー』です。
(写真 左)

鎌倉山はわずか100mほどの丘陵ですが、鎌倉の海を望む景色はゆったりと優雅な気分にさせてくれます。

(鎌倉山 ロータリー)       (鎌倉山からの景色)
鎌倉山茶房 ロータリー鎌倉山茶房 海を望む












鎌倉山にはスーパーもコンビニもありません。
ロータリー付近にある数軒の飲食店などが、この住宅地の中の数少ない商業施設になります。

その中の1つ。
ロータリーから徒歩1分のところにあるのが『鎌倉山茶房』です。


花の時期は賑わう桜道の横に電柱看板も見えます。



写真右はロータリーに面した人気スイーツの店『サンルイ島』です。
サクランボのクラフティなどの洋菓子が人気です。

鎌倉山の店は、景色に溶け込んだ控えめな店が多いのですがここもそのひとつで、上品な佇まいを見せています。

(鎌倉山茶房 電柱看板)       (サンルイ島 店頭)
鎌倉山茶房 看板鎌倉山茶房 サンルイ島












ロータリーから西鎌倉に下る道を少し行くと、クリーム色の可愛らしい建物があります。

これが『鎌倉山茶房』

季節の花々が植え込まれた階段を上がったところが入口になります。


(鎌倉山茶房 店)          (入口付近)
鎌倉山茶房 店鎌倉山茶房 階段
















明るくて落ち着いた店内には垢抜けたマダムがいます。


「いらっしゃいませ。」

「えーと、食事は出来ますか?」

「は〜い。もちろんです。」



はっきりとして、良く通る大きな声が印象的です。


「この店は、はじめてですか?」

「はい。」


するとマダムは、テーブルにショップカードを置いてくれます。


『鎌倉山茶房 Cafe』と大きく書いてあり、鎌倉山越しに見える江ノ島のイラストがありました。





ランチメニューはカレーとパスタが中心です。


---------------------------------------

<Curry>

●キーマカリー ・・・ 1000
 牛粗挽き肉のインド風カリー。数種のスパイスの中に肝臓にも
 よいターメリックを使って、ヘルシーに仕上げました。当店の
 人気No1メニューです。

●グリーンカリー ・・・ 1000
 海老と旬の野菜のオリエンタル風カリー。数種のスパイスの中
 に、アボガドとココナッツミルクを加え、ひと味違ったカリー
 に仕上げました。



<Pasta>

●ボンゴレロッソ菜園風 ・・・ 1000
 野菜の旨味をトマトソースに封じ込めたシチリア風パスタ。
●ハンガリアングラーシュ ・・・  1300
 ハンガリー風に和牛スネ肉をじっくり煮込んだドミグラスソー
 ス。
●トリフォラート ・・・ 1300
 帆立貝柱の旨みとサワークリーム ・ レモンのソース。
  お好みでトッピングに洋酒を ・ ・ ・ 。

---------------------------------------




噂に聞いた「キーマカレー」をオーダーしました。

左がそのキーマカレーです。


ここのキーマカレーには、カルダモンとコリアンダーの実が入っています。


「ええ、葉で使うところもありますがうちでは実を使ってます。ただあまり細かくするとエグミがでてきてしまうんで、大きめのまま入れています。」



カルダモンとコリアンダーの実の食感を楽しむと、次には何とも見事に爽やかな香りが口の中に広がります。


「ふわーっ!いい香りですね。」

「有難うございます。」



数あるカレー店の中でも、これだけスパイシーなカレーはあまりないと思います。



スパイスの他にも味の秘密がありました。



「どんこのシイタケが入っていませんでした?」

「ああ、マッシュルームかと思ってました。」

「マッシュルームも入っていますが、どんこのシイタケが入っていて、そこからも良いダシが出てきます。」


そして、食後のコーヒーです。
コーヒーの横に、小さな丸い菓子が付いています。


「『まころん』です。」

「マカロン?」

「仙台駄菓子の『まころん』で、今はやりのマカロンではないんです。」


カリッとしたまころんを噛むと中は空洞になっています。
駄菓子と言いますが、けっこう上品な味わいです。


「なかなか洒落た味がしますね。」

「落花生だけでバターとか使っていないんです。」




フロアは3つのテーブルと7つのカウンター。


「季節がいいときは混むでしょう?お1人で切り回してるんですか?」

「忙しいときは主人を呼ぶんです。」(笑)


アメリカのディズニーで描いてもらったという壁にかかった似顔絵。
マダムの横に人の良さそうな旦那さんの顔がありました。

(キーマカリー)           (コーヒー)
鎌倉山茶房 キーマカリー鎌倉山茶房 コーヒー




+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 鎌倉山「鎌倉山茶房」カフェ
   鎌倉市鎌倉山3−17−8
   TEL 0467−31−7840
   FAX 0467−31−9370
   定休日 月曜日 
   営業時間 10:00〜18:00         
   (ご予約の場合延長可)
   http://www1.kamakuranet.ne.jp/sabou/

+++++++++++++++++++++++++++++++++



< 日本の水と日本人のための高級紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい