2009年08月

2009年08月26日

鱗亭

江ノ電の線路が走る腰越の商店街は、龍口寺から小動崎へと続いています。

日蓮上人の龍口法難で知られる『龍口寺』も腰越状で有名な源義経、弁慶ゆかりの寺『満福寺』も鎌倉時代からの古いお寺です。

時代を置いて、この腰越は漁師町として栄えてきました。

(小動崎の信号)         (満福寺)
鱗亭 小動信号鱗亭 満福寺












鎌倉や江ノ島が観光都市として賑やかになっても、腰越は観光客は少なく、昭和の町並みがそのまま残っています。

しかし、最近この商店街の雰囲気が少しずつ変わってきています。

顕著なのは飲食店です。

しらすや腰越で獲れた新鮮な魚を食べされてくれる「しらすや」「かきや」などという昔からの有名店もありますが、ここ数年の間に新しい店が相次いで出来ています。

人気のイタリアン『ロアジ』、スープカレーの『Kenzo』、そして予約なしでは難しくなった『クラリタ ダ マリッティマ』などは昔の腰越からはちょっと想像が
出来なかったジャンルです。

その変遷が1軒の店でよくわかるのが今回のイタリアン「鱗亭」です。

(鱗亭 店頭)           (店内)
鱗亭 店頭鱗亭 店内













もちろん「鱗亭」自体はイタリアンです。

入口のメニューも通常のイタリアンの店と変わりません。

−−−−−−−−−−−−−−−−

ランチメニュー

Aコース(スープ付)
スープ
パスタ
1575円

Aコース(前菜付)
前菜
パスタ
2100円

Bコース
前菜
パスタorスープ
メインデッシュ
デザート・コーヒー
2700円


パスタ
シラスのペペロンチーノ
アサリのトマトパスタ
アブリサバと野菜のパスタ



Main Dish

森下丸直送
サバのグリル バジルソース

チキンの照焼き

−−−−−−−−−−−−−−−−


写真左はAコースのスープ付きに出てきたカボチャのスープです。
冷たくて甘いスープはガーリックトーストと一緒に食べていきます。

(カボチャのスープ)         (ガーリックトースト)
鱗亭 スープ鱗亭 ガーリックトースト












ただ、やはり違うのはここがしらすの本場ということ。
ペペロンチーノにはたっぷりのしらすが入っていました。

シンプルな塩味に唐辛子の刺激、そして柔らかなしらすがおいしいパスタです。

コーヒーを持ってきたスタッフに聞いてみます。

「ごちそうさま、シラスがおいしいですね。生シラスを使ってるんですか?」

「いえ、釜揚げのシラスです。うちではシラスはやっていないんですが、オーナーの親戚の『加藤丸』さんのものになります。」


エレベーターがあるので上の階のことを聞くとスタッフはパンフレットを3種類持って来てくれました。


カラーの印刷物が鱗亭と同じ経営の船宿秋田屋の案内。
もう1つはコピーで、宿泊料金とメニューが載っています。

近くの満福寺の法事などで使われることが多い2階の座敷席。
3階が釣り客などが泊まる船宿の秋田屋。

そして1階がイタリアンです。


満福寺の法事、船宿、イタリアン。

すべてが揃うこの店は腰越の変遷を凝縮しているようです。

(シラスのペペロンチーノ)       (パンフレット3種)
鱗亭 シラスのペペロンチーノ鱗亭 パンフレット






+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 腰越「鱗亭(RIN−TEI)イタリア料理(湘南地魚)
   鎌倉市腰越2−10−30
   TEL 0467−31−7825
   定休日 木曜日
   営業時間 11:30〜14:00
        18:00〜20:30      
   http://www.rintei.jp/contents/rintei.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++






< 日本の水に合った日本人のための紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2009年08月19日

corretto(コレット)

鎌倉駅西口から紀伊国屋の十字路を右に曲がって今小路を寿福寺の方へ進みます。
白い建物の前の赤い矢印のところで、銭洗弁天の方へ曲がるとすぐに「コレット」が見つかります。

この場所は以前喫茶店があったのですが、閉鎖して以来なんだかうら寂しいイメージがあったと記憶しています。

そして、写真左が新しく出来たイタリアン「「corretto」です。

放置された店が新しくなるだけで、周囲まで雰囲気が変わるようです。

今小路に、路地一本入った素敵な「隠れ家レストラン」が出来上ました。

(今小路の路地)          (コレット店頭)
コレット 今小路の路地コレット 店














店はガラス面を大きく取っているので中の様子がよくわかります。
植栽のあるウッドデッキの向こうの室内は、白い壁と白い椅子のある清潔感溢れる空間が広がっています。

オープン時間ちょうどなので、まだ室内にお客さんの姿はありませんでした。

中には、ホールスタッフの男性が見えます。


「こんにちは。」

「いらっしゃいませ。」


「もう大丈夫ですか?」

「はい。すぐに準備が終わりますので。」





ランチはAとBのコースがあります。


Aは1600円
Bが2400円になっています。




Aはスープとパン。そしてメインは肉と魚から選択する形です。

Bは、Aに『前菜の盛合わせ』が付きます。

そして、両方にドルチェとドリンク。


スープは毎回野菜がテーマとのことで、今日は『グリーンピースとアーモンド』
のスープです。(写真右)


(室内から)          (コーンスープ)
コレット 室内からコレット スープ













そして、スープに続いて出てくるのが3種類の自家製のパンです。

バジルを練り込んだプチパンに、クルミとサルタナレーズンのカンパーニュ、ローズマリーとトーヤというジャガイモのフォカッチャ。

トーヤは、実が黄色い種類のジャガイモでホッコりとした味です。

いずれも焼き立て、ホカホカです。



そしてメイン。

「蒸した鶏肉の中にエリンギを挟みこんでいます。ソースはシャンパンビネガーのソースになります。」


コクはありますがあっさりとした鶏肉に、焦がしバターの風味とシャンパンビネガー
の酸味のバランスがとてもGOODです。

付け合わせの鎌倉野菜は、茄子やトマトズッキーニにサツマイモなどの夏野菜。
火の通し加減がちょうどよく、野菜本来の味が出ていました。

(3種類の自家製パン)        (蒸し鶏)
コレット 自家製パンコレット 蒸し鶏













店内はだんだんお客さんが増えてきます。
いずれも30〜60代くらいの品のある女性ばかりです。


こちらにはデザートが運ばれてきました。

「かぼちゃのシフォンケーキ」と「チョコレートのムース」です。


そして右が大きな口径のカップのカモミールティーです。


「いかがですか量は足りていますでしょうか?」

スタッフが声をかけてくれます。


「ええ、正直1600円でこれだけのものが出てくると思っていませんでした。でも何で?」

「開店以来、あまり男性のお客様はいらっしゃらないので、ご満足いただける量かどうか心配でした。」


たしかに、この雰囲気でこの価格と味は鎌倉マダムが放っておく訳がありません。

(デザート)          (カモミールティー)
コレット デザートコレット カモミール



+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 御成町「corretto(コレット)イタリア料理
   鎌倉市御成町14−25
   TEL 0467−23−8959
   定休日 木曜日(水曜日はランチのみ)
   営業時間 11:30〜14:30(LO)
        18:00〜20:30(LO)      
   http://www.corretto.cc/index.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++



< 日本の水に合った日本人のための最高の紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2009年08月05日

ロコス

鎌倉駅大船寄りホームの踏切の今小路側のビルに、『食工房 わ』という店がありました。
安くておいしいと、開店前に並ぶ人がいた人気店でした。



その後に、坂の下にあった「Loco’s」が入っているとの話を「かまくら香茶庵」の大塚さんから聞きました。


ちょっと時間が早かったので、今小路を横切って古我邸まで行ってみます。
大きな門扉越しに覗くと、長いアプローチの向こうに夏の古我邸がありました。

※鎌倉別荘建築の代表的な建物の1つです。

店から数分の距離です。
(写真 右)

(踏み切りから建物を見る)       (古我邸)
ロコス 踏切から店ロコス 古我邸















ちょっと優雅な気分になって、踏切まで戻ります。
道沿いにビルテナントの名前がかかれたボードが見えます。

「Loco’s」の名前もありました。


その横には、写真付きのランチメニューが書かれたイーゼルもあります。

日替わりランチは840円と手頃です。

(山口ビル入口)            (ランチメニュー)
ロコス 山口ビル入口ロコス 入口のランチメニュー















まだ、オープンしたばかりの店にはお客さんはまだいません。

カウンターが6席、テーブルが24席。

レイアウトは、「食工房 わ」のときからからそう変わっていないような気がします。


ランチョンマットが敷かれたテーブルの1つに席を取ります。



「あっ、ランチは1種類だけなんですよ。今日は野菜のはさみ揚げになりますけど。」

メニューを探していると、小柄な女性が声をかけてきます。

※後からわかったのですが、この女性がロコスのマスターの奥さんでした。




「あの、ここは坂の下のロコスの・・・?」

「ええ。」


「マスターは今日は?」

「夜からになります、坂の下にいらっしゃていただいたんですね。」


2回ほど坂の下の『ロコス』には行きましたが、1度は香茶庵の大塚さんと一緒でした。
もちろん私は常連ではありません。


「いや、そんなに行ってはいないんですが、ちょっと知り合いが馴染みで。」



写真右がマスターの来る「夜のメニュー」です。


(ロコス 店内)             (夜の部の黒板メニュー)
ロコス 店内ロコス 夜の部














このビルは線路に面しているので、窓の向こうを横須賀線の電車が通り過ぎます。

電車をボーっと見ていると、ランチが運ばれました。


「お待たせしました。こちらが揚げものに付けるソースになります。」


別皿に味噌ベースのソースが置かれました。



目の前には2段の重箱があります。
さらに、味噌汁の椀と小鉢。



重箱の蓋を取ると、薄茶色いご飯とおかずに分かれています。


小鉢は刻んだ昆布を和えた大根おろし。
味噌汁はワカメと季節の茗荷でした。



おかずの種類もたくさんです。


「キスの梅しそ巻き」

これはフライになっています。


「キャベツと春菊のおひたし」

「大豆煮」

「カボチャのサラダ」

そのほかにきゅうりと黄色いズッキーニのような野菜。
コリっとして、ツルるっとした歯触りのいい食感です。


「この黄色い野菜は?」

「浅漬けになっています。コリキという名前なんですが。」



メインのはさみ揚げも2種類ありました。

1つがレンコン、もう1つはズッキーニと玉ねぎ。
それぞれにひき肉が入っています。


薄茶色いご飯は玄米でした。
健康的な内容のランチです。


(ランチ野全部)             (ランチの中身)
ロコス ランチ全部ロコス ランチの中身





+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 扇ガ谷「Loco’s(ロコス)」鎌倉野菜とこだわりのお酒
   鎌倉市扇ガ谷1−8−1山口ビル1F
   TEL 0467−25−5448
   定休日 月曜日
   営業時間 11:30〜14:00
        17:00〜 2:00      
   土日・祝 17:00〜 2:00

+++++++++++++++++++++++++++++++++











< 日本の水に合った日本人のための紅茶 >
楽天市場 本格派の高級紅茶専門店・桜庵




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 鎌倉 | レストラン&バー
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい