2010年03月

2010年03月31日

kuriyum(クリヤム)

トルコ料理の「アルカダッシュ」があった場所にタイ料理の店が出来ました。
場所は長谷の海岸側。
大仏や観音のある賑やかな通りとは反対側になるので、シーズン以外は比較的静かです。
写真左は海岸線に並行して走る道で、店は手前の方にあります。
このまま進むと、鎌倉十井の一つ『星の井』、さらに行けばあじさいの『成就院』に至ります。

右の写真は、今回の店『kuriyum』のあるサイトウビルです。
店は2階ですが、1階は人気の老舗洋食店『CARO』が入っています。

(星の井への道)           (サイトウビル全景)
kuriyum 星の井への道kuriyum ビル













下にメニュー看板が出ています。
そして階段の上り口には、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鎌倉の新鮮で豊富な食材と、タイのハーブを
ふんだんに使ったタイ料理をクリヤムでお楽しみ
下さい。

お一人様でもお気軽に
どうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

黄色の地に青で書かれた「kuriyum」の看板もけっこう目立ちます。

階段を上がってドアを開けます。

アジアンの多くは、それらしい飾り付けをしていることが多いのですが、この店はいたってシンプルです。

白い壁と木の床。
海岸を望む窓側に木製のテーブルが並んで、その奥にやはり木でできたカウンター席、さらに奥がオープンのキッチンになります。

清潔そうなシェフがオーナーで笑顔の奥さんがホールを担当しています。

(2階への階段)             (窓からの景色)
kuriyum 2階へkuriyum 窓から














<ランチメニュー>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

lunch 11:30〜15:00

ガイパットバイガパオ
(鶏肉のバジル炒め目玉焼きのせごはん)
ゲーンキョワーン
(鶏肉と鎌倉野菜のグリーンカレー)
パッタイ
(タイ風焼きビーフン)

日替わり
※全てのプレートに前菜2種盛合わせがつきます。

all 1300円

※テイクアウトも出来ます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この日の日替わりは「ヤムムータクライ」
(豚ひき肉とレモングラスの温かいサラダ)

日替わり、はカウンターの小さな黒板に書かれています。

写真左は前菜の2種。
どの料理にも付いています。

サラダは小松菜と金美人参(キンビニンジン)、赤長ダイコンなどが入っています。
黄色いキンビニンジンはほのかに甘く、赤長大根のサクッとした食感も爽やかです。
程よい酸味のドレッシングもよかったです。

前菜のもう1つは生春巻きです。
生春巻きはベトナムだけかと思っていましたが、タイにもあるそうで多少内容が違うとのことでした。
鮮やかなピンクの海老にたっぷりの野菜。
タレに付けて食べるのですが、タレもそれほど辛くなくて美味しかったです。

さて、写真右がメインの「ガイパットバイガパオ」です。

辛さを聞いたら、それほど辛くはありませんとのこと。
そして辛さの調節も可能とのことだったので「普通のカレーより少しだけ辛くしてください。」と頼みました。

ややこしい依頼にもにこやかに対応してくれます。

粗めの鶏肉そぼろにバジルの風味が利いています。
目玉焼きを崩して黄身を混ぜると、ちょっとマイルドに。

ご飯は細長いタイ米のジャスミンライスです。

日本のお米のように、ご飯そのものを味わうわけではなく、汁っぽいものが多いタイ料理にはタイ米の方が合うとのことです。


いままで食べたアジアンと違って、全体的に繊細な味に感じたので


「日本人に合うように作っているんですか?」


とオーナーに聞くと、そんなことはありませんとの答えでした。


でも、やはりこの繊細な感じは日本料理に通じるような気がしてしまいます。



帰りにショップカードをもらいました。


「クリヤムってタイ語なんですか?」

「ヤムは混ぜるというタイの言葉です。」

クリの方は詳しくは教えてくれませんでしたが、名前などこのお店に関連した文字だとのことです。




この店のレポートはこちらにもあります。

<こるぶろぐ>さん
http://corleone.exblog.jp/12989835/<湘 南 く い だ お れ ー>さん
http://sugaree.blogo.jp/archives/51617146.html

(前菜2種の皿)            (ガイパットバイガパオ)
kuriyum 前菜kuriyum ランチ






+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 長谷「kuriyum(クリヤム)」Thaicafe
   鎌倉市長谷2−16−15 サイトウビル2F
   TEL 0467−25−1525
   定休日 水曜日
   営業時間 lunch 11:30〜15:00
        cafe  15:00〜17:00
        dinner17:00〜21:00
        close 22:00
   http://kuriyum.petit.cc/
     
+++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | アジアン料理

2010年03月24日

4ha(ヨツハ)

鎌倉のお寺で境内に飲食の店があるところはけっこう多いようです。
長谷寺、円覚寺、報国寺、東慶寺、そして一番本格的なのは石窯ガーデンテラスのある浄妙寺でしょうか。

ただ、上に挙げたところは観光客も多い比較的にぎやかなお寺です。

鎌倉中心部からそれほど離れてはいませんが、静かなお寺として知られる妙本寺にカフェができたのを知ったのは今年になってからです。


鎌倉郵便局の横を小町大路に向かって進み、本覚寺の境内を横切ります。

門を出たところの風景が左の写真です。
橋の向こうに小さく見えるのが、妙本寺になります。

右側の写真がその妙本寺の山門です。

(本覚寺から妙本寺を望む)    (妙本寺の山門)
4ha 妙本寺 遠景4ha 妙本寺山門













山門をくぐって境内に入ります。
このあたりは比企が谷と言って北条氏に滅ぼされた比企一族の邸が有った場所です。

店はその名のついた「比企谷幼稚園」(写真左)の向かいあたりになります。

右がそのカフェ「4ha(ヨツハ)」のある建物です。

ここにはカフェのほか、ギャラリーなどもあります。

(比企谷幼稚園)        (4haの建物)
4ha 比企谷幼稚園4ha 店頭















参道の左側にサンドイッチ看板が出ていました。

−−−−−−−−−−−−−−−−
←4ha
本日のランチ  1000円

※キッシュのプレート
(キッシュ・サラダ・パン・スープ)
※ごはんのプレート
鶏のからあげ(カレー風味)
にんじんのたらこ炒め・ひじきと水菜のサラダ
きゃべつとベーコンのおひたし
(柚子こしょう風味)

Sweets

焼き菓子(単品80円〜 セット650円)
オレンジババロア(290円)
さつまいもとマーマレードのパンプディング(380円)
(週末限定)


Drink

紅茶400円〜コーヒー(400円)
(数種)
ジュース ワイン ビール
−−−−−−−−−−−−−−−−


看板の横を通って、数段の階段を上がったデッキの向こうが入口です。

テイクアウトなどを販売するオープンのキッチンの横を進むと、部屋があります。

床、壁、天井などが白い明るい空間に、木製のテーブルが並んでいます。
全部で12席。
かわいらしいコンパクトな空間です。

(4haメニュー看板)      (店内の様子)
4ha メニュー看板4ha 店内1












テーブルに着くとキッチンに居た若い女性が水とメニューを持ってきてくれました。

お寺の店にしてはちょっとモダンな雰囲気なので聞いてみます。


「あの、ここはお寺でやってるんですか?」

「お寺の境内ですが、店は私が借りてやっています。」


やはり、1人で切り盛りしているこの人がオーナーでした。


ランチはキッシュとごはんの2種類。

今回注文したのが、写真右の『ごはんのプレート』です。

プレートのほかに大根とジャガイモの味噌汁とご飯がついています。


にんじんのたらこ炒めは初めて食べました。

水菜にひじきが入っているところや、きゃべつとベーコンをおひたしにするところなど、シンプルですが健康に気を使った感じで好感が持てます。

味付けは、どれもちょうどよい薄味です。


メインは、先ほどキッチンからジュージューと音を立てていた唐揚げです。
これは、マヨネーズベースのソースをつけて食べました。



最後にちょっとコーヒーが飲みたくなりました。

部屋とキッチンはドアが閉まっているので、立って通路側へ向かいます。


「あの、コーヒーもらえますか?」

「はい。」


オーナーが顔を上げて微笑みます。


部屋の中は、後から来たアーティスト風の男性客が2人。



ゆっくりとコーヒーを飲んで会計に向かいました。


店は去年の7月からとのこと。
静かなお寺にアットホームなカフェと言う組合わせも悪くない。

(ごはんのプレート)          (コーヒー)
4ha ランチ4ha コーヒー





+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 大町「4ha(ヨツハ)」カフェ
   鎌倉市大町1−16−19
   TEL 0467−25−7729
   定休日 月・火曜日
   営業時間 LUNCH 11:30〜18:00
   http://cfyotsuha.exblog.jp/
     
+++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2010年03月17日

moromori(モリモリ)

今年は江ノ電が全線開通して100周年ということで、横断幕やポスターが江ノ電のメインの駅にはたくさん飾られています。

写真左は鎌倉駅改札のところにある横断幕です。

鎌倉を出発して着いたのは江ノ電七里ガ浜駅(写真 右)
さて、今回はちょっと別の店に行思ったのですが、あいにくその店は予約で一杯でした。

どうしようかと、周りを見渡すと『バール ダ アンセルモ』があった場所にスペイン居酒屋「morimori」という店がありました。

七里ガ浜駅から3秒の立地です。

(江ノ電全線開通100周年)      (七里ガ浜駅改札口)
モリモリ 江ノ電100周年モリモリ 七里ヶ浜駅改札














写真左は、店のある建物の側面に書かれた看板です。
これは江ノ電の車中からもよく見えます。

店頭にはメニュー看板や写真がたくさん出ています。


店内に入ります。
手前にテーブル席、奥にカウンターのカジュアルなつくりなので、気軽に入れそうなスペイン料理店です。

(建物に書かれた看板)         (店頭)
モリモリ 看板モリモリ 店














写真左は、一番奥のテーブルからカウンターを見たところです。
カウンターに生ハムの塊、そして画面左に大きな画面のテレビがあります。

テレビの画面は途中から「NHKのスペイン語講座」に切り替わりました。

でも、3人のスタッフで画面を見ている人はいません。


たった1人のお客へのサービスなら無視するのも申し訳がないので、とりあえず画面を見ていました。


さて、写真右がパエリアランチです。

アツアツの鍋のパエリアに、サラダとパンが付きます。


これで800円と手軽な価格なのですが、ちゃんと真ん中にエビが乗っています。
そして、ムール貝とアサリも散りばめられています。


パンにはたっぷりのオリーブオイルを塗って食べました。

ランチにはこのほかコーヒーも付いています。


最近はスペイン料理の店も少しずつ増えていますが、駅から3秒のここが一番カジュアルな店かもしれません。

(店内の様子)         (パエリアランチ)
モリモリ 店内モリモリ パエリア






+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 七里ガ浜「morimori」スペイン居酒屋
   鎌倉市七里ガ浜1−2−27
   TEL 0467−39−3130
   定休日 
   営業時間 LUNCH 11:30〜15:00
        DINNER17:00〜23:00
        FOOD  22:00(LO)日・祝 21:30(LO)
        DRINK 22:30(LO)日・祝 22:00(LO)

+++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | スペイン料理

2010年03月10日

オステリア コマチーナ

小町通りを八幡宮方面に進みます。
聖ミカエル教会の手前に秋山ビルという雑居ビルがあるのですが、左の写真がそのあたりになります。

昼時になると、近所の飲食店のスタッフが呼び込みをしていて賑やかな場所です。

右が秋山ビルのテナントの看板です。


この中に新しい看板が1つあるのですが、派手な雰囲気の中でシンプルなこの看板はそれほど目立ってはいません。


-----------------------
「Osteria Comacina」
オステリア コマチーナ 2F
-----------------------

前回の『オステリアジョイア』のオーナーから小町通りに新しいイタリアンが出来ると聞いていたので、ここがそうだと気が付きました。

(小町通りの人出)          (秋山ビルの看板)
コマチーナ 小町通りコマチーナ 秋山ビルの看板













オープンは2月22日。

まだ、出来たばかりです。
左の写真が小町通りから2階の「コマチーナ」を見たところです。

狭い階段を上がっていきます。

右が店の入り口です。
まだ、開店祝いの花が置いてありました。

(2階のコマチーナ)          (店の入り口)
コマチーナ 2階コマチーナ 店入口












開店時間早々でしたが、店には2人の女性客が入っていました。
外は曇っています。
でも、店内は小町通りからの光でけっこう明るいのがわかります。


カウンターも含めて16席の、こじんまりとした店です。
キッチンの横のテーブルに座ると、通りの様子がよく見えます。
呼び込みはまだ続いているようです。


店内には男性スタッフが2人。
キッチンの中のオーナーシェフとホールスタッフです。


メニューは若いホールスタッフが小さな黒板を見せてくれました。




----------------------------------

Pranzo  1500円


自家製フォカッチャ

    +
前菜 盛合わせ

    +
パスタ(4種からお選び下さい)

・生ハムとチコリのタヤリン
・アーモンドとルッコラのオレキエッタ
・リングイネ トマトとペコリーノ
・魚介のラグーのスパゲッティ

    +

カフェ

・紅茶
・エスプレッソ
・カプチーノ
・コーヒー

----------------------------------


ほかにも、単品のパスタやリゾットもありますが、今日はランチコースを注文します。


「パスタをお選びください。」


相変わらず料理の名前がわからないので、また説明してもらいます。

「はい。『タヤリン』は細めの麺です。『オレキエッタ』とはイタリア語で『耳たぶ』と言う意味でそのような形のパスタになります。『リングイネ』は・・・・・・・・。」


たぶん食べたことのない『オレキエッタ』を選んでみました。
食後の飲み物は『カプチーノ』を頼みます。

(コマチーナの店内)        (2階から小町通りを見る)
コマチーナ 店内コマチーナ 2階から小町通り












まずは前菜です。
白い皿の上には、透き通った平目のカルパッチョ、自家製のハム、シコイワシの酢漬け、緑のホウレンソウがきれいに盛られています。


一度揚げられて、骨まで軟らかい鰯を上に乗ったニンジンやパプリカと一緒に食べてみます。

ほどよい酸味が食欲を刺激します。

さっぱりとした平目のカルパッチョ、コクのある自家製のハムもなかなかいけます。



そして、写真右が『オレキエッタ』

耳たぶ型の小さなパスタが皿にいっぱい盛られています。
緑のルッコラと耳たぶの上に、細かく砕かれたアーモンドがきれいにかかっています。


シコッというかモチッというか、歯触りの感触が楽しいパスタです。
ニンニクの香りのスープと、ルッコラの味がパスタを盛り上げてくれます。

最後にカプチーノを飲んでランチを終わります。


ちょっと聞いてみると、やはり「オステリアジョイア」のオーナーの言う通り、シェフは『アンミラーレ・フィレンツェ』に居た人のようです。


鎌倉に新しく出来たイタリアンは、「オステリア ジョイア」も「オステリア コマチーナ」も名前に「オステリア」が付いています。

そして、どちらもワインが充実しているということですが、こちらは「ワイン食堂」という名前が表すように気軽に入れそうなところが特長でしょうか。
 
出来ればずっと目立たない形でやってほしいと思います。

(ランチ 前菜)          (アーモンドとルッコラのオレキエッタ)
コマチーナ 前菜コマチーナ パスタ






++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「オステリア コマチーナ」ワイン食堂
   鎌倉市小町2−8−9 秋山ビル2F−4
   TEL  0467−23−2312
   定休日  火曜日
   営業時間 12:00〜15:00
        18:00〜23:00
   http://osteriacomacina.seesaa.net/
    
++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2010年03月03日

オステリア ジョイア

左の写真は、鎌倉女学院という女子高の近くの歩道橋から撮ったものですが、撮り終わって歩道橋の看板を見ると「ここから撮影している不審な人物がいたら警察に通報してください。」と書いてありました。

幸い誰も通報しなかったようなので助かりました。(笑)

ちょっとびっくりしますよね。

さて、このレンガの建物の2階は記憶する限り3回、店名が変わっています。
最初はビルの名前にある「シー クリスティ」次がスープカリーの「カフェ&ダイニングパラチ」でした。


今度の店名は『オステリア ジョイア』
向かいの『アンミラーレ フィレンツェ』と同じイタリアンです。 

(シークリスティのビルを見る)  (オステリア ジョイア 店頭)
オステリア ジョイア 歩道橋からオステリア ジョイア 店頭















道沿いにある階段にメニュー看板が出ています。

ランチはAとB。
Aは1800円、Bは2300円でした。


店に入ると、どこかで見かけたような元気のいい中年のスタッフが迎えてくれます。


「1時間ほどかかりますが、よろしいですか。」

「1時間って、料理が出るまで?」

「いえ、お客様が料理を食べ終わるまで1時間ということです。」


20席余りある席の中から、比較的入口寄りのところに案内されました。




メニューは黒板で見せてくれます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


A 前菜、パスタ、パン
  デザート・コーヒー    1800

B 上記にメイン料理をお付けして
               2300


前菜

畑の野菜サラダ
鶏肉のインボルティーニ
魚介のサラダ


パスタ

食べる野菜スープ
松の実とルーコラのペンネ
自家製ソーセージとキャベツのスパゲティ


メイン料理

平金目のポワレ
富士ドリのハーブ煮



自家製デザート各種


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




1月にオープンしたばかりというので聞いてみると、やはり、この元気のいいおじさんは、若宮大路のイタリアン『ア リッチョーネ』の名物店長だった飯田さんでした。



ショップカードと一緒にくれた名刺には


−−−−−−−−−−−−−

オステリア ジョイア 

オーナー ソムリエ
飯田 博之
−−−−−−−−−−−−−

とあります。


この店は飯田さんの個人店になるそうです。


写真右は、ランチAの3種類の前菜から選んだ『鶏肉のインボルティーニ』です。
インボルティーニとは巻くという意味だそうで、鶏肉でいろいろな具材を巻き込んであります。

さっぱりしていますがコクのある鶏肉と、少し癖のあるルッコラの組み合わせが爽やかでおいしかったです。

(店の入り口)            (鶏肉のインボルティーニ)
オステリア ジョイア 入口オステリア ジョイア インボルティーニ















さて、パスタの項目にパスタの入っていないメニューがありました。
写真左がその『食べる野菜スープ』です。
キャベツやニンジン、ブロッコリーやロマネスコのほかにもたくさんの野菜が入っています。


「いかがですか。特に味はつけていないんですよ。」

「塩だけなんですか。でも、甘く感じました。おいしいですね。」




そういえば『ア リッチョーネ』といえば畑を持っていて、その畑からの採りたて野菜が有名でした。


「はい。実はあの畑は私の畑なんですよ。」

「へえ、そうなんですか。ずいぶん広い畑ですよね。」

「2反。約600坪あります。店で出す野菜は全部この畑で収穫します。」


約40種類の野菜を作っているそうです。

※詳しい情報はお店のHPで
http://gioiakamakura.com/




そして、写真右がデザートの『セミフレッド』です。


「『セミフレッド』というと?」

「泡立てた卵黄に生クリームを混ぜたアイスクリームです。」


「セミフレッド」を直訳すれば、半分冷たい。


その名の通り、それほど冷たくない滑らかなアイスで、ナッツも入っています。
まったりとコクのある味と、その冷たさ加減がちょうどいいデザートです。





「お昼からワインを飲みましょう!」

黒板に書いてありました。


今回は飲めなかったのですが、ソムリエでもある飯田さんのワインもお勧めのようです。

(食べる野菜スープ)         (セミフレッド)
オステリア ジョイア 食べる野菜2オステリア ジョイア セミフレッド







+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 由比ヶ浜「オステリア ジョイア」イタリア料理
   鎌倉市由比ヶ浜2−3−4 C.Christiビル2F
   TEL 0467−24−6623
   定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)
   営業時間 12:00〜14:30(LO)
        17:30〜21:30(LO)
   http://gioiakamakura.com/
+++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい