2010年08月

2010年08月25日

Cafe du Bleu 蒼

駅前で、静かで落ち着ける場所。
そんな噂のカフェに行ってみることにしました。

写真左は、逗子の駅前の広場です。
バスターミナルの向こうに東京三菱UFJの赤い看板が見えます。

写真右が東京三菱UFJの横の路地になります。
ここを入って行くわけです。

以前、中華料理のMAOに行ったことがありますが、同じビルの1階が今回の『カフェデュブルー・ソウ』になります。

店に行く前に路地の近くの本屋さんで文庫本を買いました。
少し時間があったのでカフェで読書のつもりです。

(逗子駅前広場)            (路地の入口)
蒼 逗子駅前広場蒼 路地の入口














狭い道です。
左右は住宅が立て込んでいます。
それほど緑が多いとは感じませんが、夏の終わりの蝉しぐれがやけに大きく聞こえてきます。

 (路地の入口)            (路地入口の案内看板)
蒼 路地蒼 路地の看板















写真左の右側にある階段を上がると『MAO』です。
また、MAOの『マーボ豆腐』を食べてみたいと思いましたが今日は左側の入口に向かいます。


「いらっしゃいませ。」

奥さんが迎えてくれます。
店にはまだお客さんはいません。

客席は2人用のテーブルがキッチンまで5つ並んでいます。
反対側に3人席のテーブルが1つ。

カウンター席はL字の角に2つづつ、そのほか路地に隣接する簾の掛かったテラス席もありました。


奥さんが持ってきてくれたランチメニューには、日替わりのカレーセットとランチプレートがありました。

カレーが旨いとの情報もありましたが、今日はランチプレートを頼みます。
カレーは900円、ランチプレートは950円です。

(蒼の店頭)              (蒼の入口)
蒼 店頭蒼 メニュー看板





















四角いプレートには五穀ご飯、その横に緑の山が2つあります。
片方はキュウリなどを中心としたサラダの山、もう1つの山は水菜の下に大根やマッシュルーム、パプリカ、インゲン、ニンジンなど煮た野菜と豚肉のブロックがありました。

ヘルシーのてんこ盛りのようなプレートです。

豚肉は甘辛の味付け。
野菜との味のバランスも考えられています。

その後、中年の女性が1人入店しましたが、路地を通る人も少なく、店内は相変わらず静かです。


コーヒーが出て、これからデザートかなと思っていると、入口付近が騒がしくなりました。

7、8人が続いて入ってきます。
団体なのかなと思いましたが、1人、2人づつ別の席に座ります。

年配のおばさんの2人連れはテラスを選びました。

最後に入ろうとしたおじさんはあきらめて引き返します。

奥さんは次々と注文を聞きに回りますが、思ったより早くこちらもデザートが運ばれました。

デザートは、小さいながらパンナコッタ(?)を中心にチョコレートケーキやフルーツなどがきれいに盛られています。

950円ですからコストパフォーマンスはけっこういいかもしれません。


さて、これからゆっくり読書でもと文庫本を取り出してはいたのですが、席はほとんど満席です。
1番先に店に入った者としては、ちょっと落ち着きません。

10ページほど読んで、レジへ向かいました。

路地裏の静かなカフェがいっぺんに賑やかになったわけは、今もわかりません。

 (ランチプレート)           (デザート)
蒼 ランチプレート蒼 デザート






++++++++++++++++++++++++++++++++

● 逗子「Cafe du Bleu 蒼」カフェ

   神奈川県逗子市逗子2−6−5
   TEL   046−871−8831
   定休日   水曜日
   営業時間  10:30〜21:00(LO)
         
++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | カフェ

2010年08月18日

Antica Trattoria IL NONNO

今日も猛暑です。
あまり食欲もないし、歩きたくもありません。

こんなときは駅から近い店しかありません。
ちょっと前に、駅前に新しいイタリアンが出来たと聞きました。

駅から逗子銀座の方に一分ほど歩きます。

逗子銀座通りの手前にガラス張りの店が見えました。

(逗子銀座通り)            (駅前から見える店)
IL NONNO 逗子銀座通りIL NONNO 店













1階にメニュー看板が出ています。
実はこの写真は帰りに撮ったのですが、看板横にスタッフの人がいたので、行く時はちらっと横目で見ながら足早に通り過ぎてしまいました。

そのとき目に入ったのは『1200円』という価格です。

(階段横のメニュー看板)
IL NONNO 階段





















看板が置いてある階段を上れば店になります。
でも、けっこう長い。

涼しければ階段もまた楽しいのですが・・・・。


看板の一番下に1つのフレーズ。

『裏のエレベーターもご利用ください。』

階段を過ぎて、エレベーターに向かいます。



ドアを開けると元気のいい声が聞こえます。

「こんにちは!」

中は、思った以上に広いフロアです。
大きく3つに分かれていますが、先客は逗子セレブ風の年配の女性グループが2組、家族連れが1組。

いずれも、真ん中のフロアに集まっていました。


「こちらへどうぞ。」

やはり真ん中のフロアに案内されます。
(写真 右)

(1階から2階の店を見る)      (真ん中のフロアの様子)
IL NONNO 看板IL NONNO 室内















「こちらがランチのメニューになります。」

1200円という数字を探しましたがなかなか見つかりません。
(※たぶんどこかにあったのだとは思うのですが・・・)


女性スタッフは

「今日は『イワシとトマト』がおすすめです。」

と言い残して向こうへ行ってしまいました。



最初に2600円のコースが載っています。

ちょっと予算が・・・。

思っていると1800円のコースが2つありました。

『前菜コース』と『ドルチェコース』です。


ドルチェの方が得のような気がしてドルチェコースを選びました。
選べるパスタはおすすめではなく、暑さに刺激のペペロンチーノにしました。


周囲に次々と運ばれる『前菜』を横目でみながらじっと待っていると、ようやく『アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノ』がやってきました。


正統派のペペロンチーノは、にんにく・オリーブオイル・唐辛子のほかはあまり余計なものは入ってはいませんが、麺の固さ、辛さ、塩加減など間違いのない味です。



食べ終わって、食器を片づけたスタッフがしばらくするとあわてて飛んできました。


「あの、先ほど召し上がった中に『髪の毛』は入っていませんでしたでしょうか?」

「『髪の毛』ですか?」


「お食事中に、お口に入ったとかいうことは?」

「なかったと思います。もし残ってたとしたら自分のかも知れないし。」



スタッフは引き揚げましたが、なかなかの気遣いです。
通常、お客が何も言わなかったことはそのままにするのが普通です。


さて、入口に近いケースからワゴンに移されたドルチェが運ばれてきます。
10種類以上はあるでしょうか?

周囲が注目しているような気がしてちょっと気恥ずかしい気がします。

スタッフは、1つ1つ説明してくれますが、『パンナコッタ』と『ティラミス』のほかは名前はよくわかりません。

ただ今回頼んだ1つは『ズッパイングレーゼ』だったと・・・思います。
もう1つは、パイ生地に2種類のクリームが塗られその中にバナナとパインが入ったものでした。


スタッフに聞くと、ケーキの種類はいくつでもいいとのことなのですが、総重量は同じとのことです。


『ズッパイングレーゼ』のリキュールの刺激とシロップの甘さのバランス。
もう1つのケーキは、生とチョコのクリームの上品な甘さと、パイの食感。
バターの香りに交じってバナナとパインがときどき顔を出します。


ドルチェコースは正解だったかもしれないと思いました。


さて、隣のテーブルの空いた皿を見て気がつきました。
同じ皿に野菜とパスタが乗っていたようです。


最初に目に入った1200円と言うのはこれに間違いありません。
ワンプレートランチだったようです。


駅前ですし、テーブル数が多いので、ファミレス的なような店かと思いましたが、味もサービスもなかなかきめ細かいお店です。


7時30分の朝食から23時のバータイムまで、あらゆるシーンに応じて楽しめる『逗子イタリアン』(お店のフレーズです)が、どのように定着するか楽しみです。


(ペペロンチーノ)         (ドルチェ)
IL NONNO ペペロンチーノIL NONNO ドルチェ





++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「Antica Trattoria IL NONNO」逗子イタリアン

   逗子市逗子1−5−4 128ビル2F
   TEL   046−872−4688
   定休日   なし
   営業時間   7:30〜11:00(LO 10:30)
         11:30〜16:00(LO 15:00)     
         17:00〜23:00(LO 22:00) 

++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | イタリア料理

2010年08月04日

Prima

このところずっと鎌倉中心街のレポートになっています。
店以外は同じようなルートなので、ネタも同じです。

キーワードは『暑い』と『人がいない』になります。

下の写真はその集大成?


左が若宮大路『段葛』、右が小町通りと段葛を結ぶ路地です。

昼時にまったく人がいません。

もちろん、あえて人のいない時を待って撮っているのですが、普通ならこんな写真はいくら時間をかけてもなかなか撮れないはずです。

(真夏の段葛)            (人のいない路地)
Prima 段葛Prima 路地













今回、やってきたのはイタリアンの『Prima』
6月に閉鎖した『鶴岡会館』のチャペルの下にあった駐車場跡に出来た3軒の飲食店の1つです。

1階の店では最後にオープンした店です。

何回か通りかかったときは賑やかだった店ですが、さすがに今日は先客がいません。

(Prima 店頭)            (店頭のメニュー)
Prima 店頭Prima 店頭メニュー












店内に入ります。
大きなオープンキッチンの周りにL字型のカウンター席が12〜3席。

そして奥に向かって2人用のテーブルが3つと、4人テーブルが1つ。
あとで聞くと、キッチンの向こうにも5人のテーブルがあるとのことでした。


ほかの2つの店に比べて、奥の中庭は半分しか見えません。
そして低い天井はキッチンの奥に行くにしたがってさらに低くなっていきます。


カウンター中心のカジュアルな印象の店ですが、天井の高さのために妙に落ち着いた感じもします。

最初に案内をしてくれたスタッフはいつの間にかいなくなって、店にはキッチンの若いシェフと小柄で元気のいい女性スタッフの2人になりました。


(店内のカウンター)          (カウンター越しのキッチン)
Prima 店内カウンター席MARUMUGI 店内

























ランチコースは3つになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

A 前菜の盛合わせ      1600円
  選べるパスタ
B 前菜の盛合わせ      1900円
  選べるメイン
C 前菜の盛合わせ      2600円
  選べるパスタ
  選べるメイン

Glass Wine      550円〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



このところパスタが多かったので、Bコースのメインから『本日の鮮魚』を注文しました。
本日の魚は「イナダ」とのことです。


最初に出てきたのは『前菜の盛り合わせ』
白い4つの皿に4種類の前菜が乗ります。

説明された名前は覚えていないのですが、『オリーブの実とサラミソーセージ』『鶏の白レバーペースト』『トマトとモッツアレラチーズ』『イワシのマリネ』と言ったところです。


カジュアルなイメージですが、どれも丁寧な調理でなかなか美味しい料理でした。


そして写真右が、メインの『イナダのポワレ』です。

イナダの横にはホタテ貝柱、野菜もインゲン、ズッキーニ、オクラなど豊富です。
イナダはあっさりとした中にも、しっかりとうまみのある白身魚で、皿にある緑のソース以外はほとんど塩味だけなのですが、とてもよい味のバランスでした。

また、魚も野菜も良い具合に焦げ目が付いて、香ばしさも一緒に味わうことができました。

コースの最後に紅茶を飲んで、夏の鎌倉のゆっくりとしたランチを終えます。



レジのところでショップカードをもらいます。


『Prima』の横にもう1枚『LA PORTA』と書かれたカードがありました。


「これは?」

「ええ、社長のところのものです。」


※『LA PORTA』は覚園寺という静かなお寺の近くの人気店です。


2枚のカードをもらって、小町通りに戻りました。

今日は行列の出来ている店はなさそうです。

(前菜盛り合わせ)            (イナダのポワレ)
Prima 前菜盛り合わせPrima イナダのポワレ





++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「Prima」un piatto e vino

   鎌倉市小町2−8−23
   TEL   0467−81−5380
   定休日   水曜日
   営業時間  11:30〜23:00     

++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい