2010年12月

2010年12月19日

りゅう

12月も半ばを過ぎると、鎌倉もあわただしい歳末の気配が漂ってきます。
写真左は小町通りに作られた抽選所です。

抽選所のところで、小町通りとクロスする路地があります。
(写真右)
この道を少し若宮大路の方に進むと、いつも行列ができている蕎麦の『なかむら庵』が見えてきます。

今回は『なかむら庵』の隣にある天ぷらの『りゅう』に行ってきました。

(小町通りの抽選所)        (小町通りの路地)
りゅう 小町通り抽選所りゅう 小町通り











『りゅう』の店頭です。
写真奥が蕎麦の『なかむら庵』になります。


入口に『天婦羅』と書かれた木の一枚板の看板、引き戸には『天ぷら りゅう』の文字があります。
道沿いに笹竹の鉢。

昭和の時代ならどこにでもある店構えです。

新しく出来た店や、老舗もリニューアルしていく中ではちょっと地味な佇まいで、観光客でその存在に気づく人は少ないかもしれません。


引き戸を開けて中に入ります。
右側にテーブル席が3つと反対側に小上がりのテーブルが2つ。
小上がりの向こうが厨房になっています。

まだ、昼少し前だったので先客はいません。

店内にはおかみさんと、その息子さんくらいのご主人がいます。

(天ぷら『りゅう』の店頭)
りゅう 店頭














メニューはテーブルの上にあります。

-------------------------------

天重       1100円
         1300円
天ぷら定食    1600円
えび天ぷら定食  1700円
天ぷら盛合わせ  2100円
ビール       550円
御酒        450円
ジュース      200円
おしんこ      400円
いか塩辛      350円

-------------------------------


「あの、天重の1100円と1300円はどう違うんですか?」


「1100円のは海老が2本、1300円のはそれに大葉とわかさぎが付きます。」


下の写真が『天重』1100円のものです。

おかみさんの言うとおり、本当に海老が2本のシンプルな天丼です。

それにお新香と豆腐にネギのみそ汁が付きます。


甘辛いタレは適度にかかって、つゆだくの嫌いな私にはちょうど良い量でした。

使い込まれたテーブルや椅子、壁や天井を見ていると昭和の半ばへ戻っていくような気がします。

あのころは・・・・フレンチやイタリアンは身近にはありません。


外食や出前は蕎麦かお寿司、かつ丼そして天丼です。
たまに、もうなくなってしまった大船の『つるや』のうなぎのときもありました。


「もう、この店も長いですねぇ。」

「50年になります。」


あのころの鎌倉を残しているのは、当時は普通だったこのような店だとあらためて思います。

(天丼と味噌汁)
りゅう 天丼









+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「りゅう」天ぷら
   神奈川県鎌倉市小町1-7-7
  TEL   0467-22-8309
   営業時間  不明
   定休日   不明 

+++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

~ メルマガの登録は下記からおねがいします!! ~

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 天ぷら

2010年12月15日

多可邑

12月も半ばで、紅葉も終わりに近いのですが、竹の寺『報国寺』を訪れる人はまだけっこう多いようです。


竹林を見ていると、

「この竹は毎年伸びているんですか?」

と真面目に聞かれました。
北海道の人で、このような太い竹は見たことがないそうです。

右は『報国寺』近くにある『旧華頂の宮邸』です。
普段は建物の中には入れませんが、庭園に入ることは出来ます。


古い洋館と紅葉もなかなか素敵です。

(報国寺の門)             (華頂の宮邸)
多可邑 報国寺多可邑 華頂の宮邸













さて、浄明寺でよく雑誌などにも載っているのが、金沢街道沿いにある釜めしの『多可邑』

老舗なのですが、どうも店の休みと重なることが多く、訪れるのは今回が初めてです。
京急バス『浄明寺バス』のからすぐの場所にあります。

古い竹垣にある『多可邑』の看板もかなり年季の入っています。
店全体が静かな景色の中に溶け込んでいるようです。

(金沢街道と浄明寺バス停)      (多可邑の店)
多可邑 金沢街道多可邑 看板













メニューは看板の下にもありますが、これもなかなか味のあるものです。
よく見ると、薄くなった墨で『舌代』と書かれていました。

墨の字が読めなくなった後に、小さな木札が付けられています。
かなり字が小さいので、あまり目立ちません。

右は『多可邑』の入口です。

引き戸の上に貼り紙がありました。



お子様は
ご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
  (小学生 可)


        平成三年四月




日付は20年も前のものですが、意外にきれいです。

やはり、観光地の店らしい文面です。

(古い竹垣のメニュー)        (多可邑 入口)
多可邑 古い竹垣のメニュー多可邑 入口













左は店内の様子です。
入って左側に、椅子席のテーブルが2つ、その向かいの小上がりには3つのテーブル。
入って右側は厨房でそれを囲むようにL字に7席のカウンターがあります。

店内は禁煙です。
先に入った常連らしいおじいさんは、釜めしが出来上がるまで、外に出てたばこを吸っていました。

釜めしのメニューはカウンターテーブルの上にあります。


---------------

釜めし定食

多可邑(上)  2050
多可邑     1790
かに      1740
さけおや子   1470
さけ      1320
えび      1260
うなぎ     1250
とり      1210
山菜      1050

---------------


右は普通の(上でない)『多可邑』です。
五目釜めしということで、かに、貝柱、さけ、海老、鶏そぼろなどが入っていました。

『上』ではありませんが、具の量もたっぷり入っています。

それぞれの具材の質もよく、出汁が利いた薄味のご飯と混ぜていくと幸せの香りが鼻腔に入ってきます。

これに柚子の香りがするみそ汁とお新香、煮豆などが付きます。


昼を過ぎると、カウンター席を除いてほぼ満席に近い状態でした。

小さな茶碗に4~5杯のお替りでお釜は空になります。
最後のお焦げを食べて、満足の昼食を終ります。


『お会計はまとめてお願いします。』

これも観光地を表す貼り紙を見ながら、会計を終りました。


おかみさんに営業時間や休みを聞いてみると

「お休みは月曜日ですけど、明日からは休みになります。ときどき電話してくださいまし、お休みのこともありますんで。」


まとまった不定休などもあるようなので、行かれる方は電話してからにしてください。



(店内の様子)             (多可邑 五目釜めし) 
多可邑 店内多可邑 多可邑(五目釜めし)







+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 浄明寺「釜めし 多可邑」釜めし
   鎌倉市浄明寺3-6-36
  TEL   0467-25-3219
   営業時間  11:30~14:30
         (不定休あり)
   定休日   月曜日  

+++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

~ メルマガの登録は下記からおねがいします!! ~

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | 釜飯

2010年12月08日

鎌倉 Y字路

食事をする場合、ある程度店構えでメニューなどを想像出来るのですが、中にはここでこんなものが出るの?とちょっと驚くこともあります。


写真左は、鎌倉八幡宮から金沢(八景・文庫)へ向かう途中にある『岐れ路』(わかれみち)という信号の付近です。

左は鎌倉宮へ続く道、右は県道金沢・鎌倉線になります。
『岐れ路』ですから、道はY字路です。

右側の道を少し行くと、文字どおり『鎌倉Y字路』という店があります。

(Y字の岐れ路)           (鎌倉Y字路 店頭)
Y字路 Y字の岐れ路Y字路 店頭














とは言っても、店名はテントなどの目立つ場所にはありません。
店の前に控え目な黒板があり、そこに『鎌倉 Y字路』という文字とワイングラス、ティーポットの絵がかいてありました。

外観はどう見ても喫茶店にしか見えないのですが、メニューを見るとコース料理になっています。


障子のような引き戸を開けて中に入ります。

写真右は、中から金沢街道を写したものです。
室内は、4つのテーブルとカウンター席で構成されています。

テーブルにはそれぞれタイプの違う椅子が付いています。


「いらっしゃいませ。」

カウンターには店主の女性が1人いて、迎えてくれます。


「どこにでも、どうぞ。」

とりあえず、カウンター席に座りました。

(店名のある黒板)          (室内からの金沢街道)
Y字路 店名表示Y字路 室内
















「食事は出来ますか?」

と聞くと、店頭と同じメニューを持ってきてくれました。



-------------------------------------

本日のランチコース

・前菜の盛合わせ
有機白菜ニンニクグリル(焦し醤油味)
とんシャブと有機野菜の胡麻だれ和え
長崎産新じゃがいもとたっぷり野菜のグラタン
有機人参とフルーツのさっぱりサラダ
(有機野菜は青森で化学肥料や農薬を一切使用せず育てられた昨日到着の新鮮野菜を使用)


・本日のスープ
山形そば有機大根入り

・本日のメイン料理

若鳥もも肉のヒマラの天然岩塩とハーブのグリル
     OR
カジキと有機長いものデュラムセモリナ粉グリル フルーツソース


・雑穀ごはん

オリジナルハーブティーポット
(日本北アルプスの超軟水で淹れています。)
     OR
本日のスペシャリティーコーヒー
有機コーヒー グァテマラ


      1780円

-------------------------------------




これを注文すると、オーナーは白いカーテンの向こうのキッチンに入ります。
メインは『鶏』と『カジキ』でしたが、今日は鶏、『若鳥もも肉のヒマラの天然岩塩とハーブのグリル』を選びました。


しばらくすると、ニンニクやハーブの香りがこちらの方にも漂ってきます。



まずは、前菜です。

左の写真にあるとおり、これがけっこうすごい。

「有機の白菜をグリルしたものです。」

その後も『有機の…』が続きます。

白菜は甘辛醤油かと思うほど甘い味がします。
これがそのままの白菜の甘味。
昨日届いたばかりの青森産だそうです。

さっぱりとしたフルーツと有機人参、あったかくてコクのあるグラタン、豚肉と生野菜に胡麻の風味が利いたとんシャブ。

あとで、聞くと前菜はそれぞれ少しずつ違ったタイプのものを入れるようにしてあるとのこと。
なかなか繊細な感覚です。

スープとあるのですが、これにはお蕎麦が入っていました。
もちろん、入っている大根は有機です。

(4種類の前菜)            (本日のスープ)
Y字路 4種類の前菜Y字路 本日のスープ














メインの『若鳥もも肉のグリル』は、生の有機ほうれんそうに巻いて食べます。
肉厚のホウレンソウもえぐみがなくて、天然岩塩とハーブの味とよく合います。

そういえば、カウンターの周辺にはハーブの瓶が所狭しと並んでいます。


右の『雑穀ごはんも』あっさりとして自然な味です。


「ここは、何料理なんでしょう?」


と聞くと特に何料理でもないそうで、だから店のタイトルには『創作料理』となっています。

野菜は青森のものが多いので、オーナーは青森の出身かと思いましたが、生まれは長崎とのことです。



店構えからはカレーかパスタしか浮かばないので、こんなに丁寧な料理が出てくることにちょっと驚きます。

カウンターも含め10数席の店ですが、満席では対応できないのではと心配になります。
でも、オーナーは「まだ、そんなに混んだことはありません。」と笑っていました。



さて、長崎といえば『ちゃんぽん』に『皿うどん』です。


そんなメニューはないかと尋ねると、オーナーは下記のメニューを見せてくれました。



-------------------------------------

今晩のおすすめ料理

野菜と魚介のY字路風長崎皿うどん      900円
野菜たっぷり長崎ちゃんぽんY字路焼きそば 900円

-------------------------------------


麺は実家の長崎から送られてくるそうで、夜のメニューですが、麺があれば食べることは出来るようです。

ただし、通常の汁のあるちゃんぽんではなく、本場の麺を使った『焼きそば』とのことなので、ご承知ください。
昼間は裏メニューのような感じです。


11月にオープンしたばかり。
知っておくと、面白い店だと思いました。 

(若鳥もも肉のグリル)        (雑穀ご飯)
Y字路 鶏と有機ほうれんそうY字路 雑穀ご飯







++++++++++++++++++++++++++++++++

● 雪ノ下「鎌倉 Y字路」創作家庭料理
   鎌倉市雪ノ下4-3-20
  TEL   0467-39-5152
   営業時間  ランチT    12:00~15:00
         ダイニングT  17:30~23:00
   定休日   水曜日  

++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

~ メルマガの登録は下記からおねがいします!! ~

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | 無国籍

2010年12月01日

釜こしうどん HANARE

『穴場』とか『隠れ家』などのフレーズに弱いので、繁華街のメイン道路に沿った店は、よほど特長がないとパスしてしまう傾向があります。

写真左は『釜こしうどん』の小町通り沿いの店です。

こんなに大きな看板が、ほとんど目に入らなかったことになります。


この店のすぐ先にある路地に入ると、何やら新しく出来た店があります。

『釜こしうどん HANARE』

とあって、大きく『うどんすき』の写真が載っていました。

(釜こしうどん 小町通り)      (HANAREの路地)
釜こしうどん 小町2F釜こしうどん 路地













看板の先は、さらに細い路地になっています。
ちょっと高いかもしれないとは思いつつ、入口に向かいました。

中に入ると・・・なんと!

玄関には運動靴が山と積まれているではありませんか。
テーブルには、中学生か高校生のグループが賑やかに話しています。

『離れ』にはちょっと似合わないような気もします。

「どうぞ、こちらで。」

おばさんに勧められましたが、この状況ではかなり肩身の狭い食事になりそうです。

ふとみると、階段がありました。


「二階じゃだめ?」


階下の話し声は若干聞こえてくるものの、二階にはまだお客さんは来ておらず、一応ゆっくり出来そうです。

上がってきたおばさんに聞くと、ここはまだ11月にオープンしたばかりとのことでした。

ただ、内装は新しいのですが建物は、昭和の古民家です。
以前も飲食系の店があったそうですが、店名はわかりません。

(HANARE 入口)         (HANARE2階の座敷)
釜こしうどん HANARE釜こしうどん HANARE2F












テーブルの上のメニューを見ます。
写真が大きく出ているのは『鎌倉野菜の牛すじ肉うどん』『しらす天ぷらうどん』など。


鎌倉野菜の牛すじ肉うどん    並  1200円
                大  1300円
しらす天ぷらうどん       並   980円
                大  1100円


ちょっと気になったのはB級グルメと言う文字。

いか焼き      ソース    350円
          ねぎ     400円
やまと豚焼き    ソース    380円
          ねぎ     430円
しらす焼き     ソース    430円
          ねぎ     480円



これも『離れ』にはそぐわないような気もします。


頼んだのは『しらす天ぷらうどん』(並)です。

しばらくして、おばさんが持ってきてくれたうどんの大きさに驚きます。

直径40cm、高さも15cmくらいはあるかもしれません。


「こんなに?」

「どんぶりは大きいですが、うどんの量は普通です。」


ただ、食べるのが難しい。
胡坐をかいていたのですが、いかに座高が高くてもこのままでは無理そうです。

慣れない正座に切り替えて、中を覗くようにしながら箸でうどんを掬いあげます。

香ばしいしらすの天ぷらの下のうどんは、讃岐とのことです。


食事が終わって、少し急な階段を下りて行きます。

まだ、学生さんたちは残っていました。

会計のときに聞いてみました。


「ずいぶん大きなどんぶりだったけど、10人も来たらどうするの?」

「そうですね。下げるときでも3つが限度です。」


運動靴を踏まないようにして、向こうに脱いだ靴にたどりつきました。

小町通りに出て、大きな看板と釜こしうどんの店を発見します。

なるほど、この店の『HANARE』だったんだ!
修学旅行生が、路地の奥に来る意味がやっとわかりました。

そして、店先ではB級グルメのいか焼きなどが焼かれていました。


同じ店でも、路地にあるだけで反応してしまう自分の判断基準に苦笑です。

(テーブルのメニュー)        (しらす天ぷらうどん)
釜こしうどん メニュー釜こしうどん しらす天ぷらうどん





++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「釜こしうどん HANARE」うどん
   神奈川県鎌倉市小町1-5-7
  TEL   0467-84-7363
   営業時間  10:00~22:00
   http://www.newfieldfoods.com/
+++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

~ メルマガの登録は下記からおねがいします!! ~

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 蕎麦・うどん
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい