2011年03月

2011年03月30日

オーシャンズキッチン

今回の店の住所は長谷となっていますが、江ノ電の由比ヶ浜駅から1〜2分の距離にあります。
海は見えませんが、写真左のように由比ヶ浜海岸まで400mと出ています。

(江ノ電由比ヶ浜駅)          (由比ヶ浜まで400m)
オーシャンズキッチン   由比ヶ浜駅オーシャンズキッチン 由比ヶ浜400m














駅前の鎌倉別荘建築の1つ『かいひん荘』へ向かう路地を曲がると、すぐ右側に店が見えてきます。

今まで相性が悪く、通りかかったときには閉まっていることが多かったのですが、今日は中にお客さんの姿がありました。


下は、店の前にあったメニュー看板です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

LUNCH

・Lady’s Lunch set  1800円

赤ワイン煮込みのビーフストロガノフのパイ包み
シーザーサラダ、本日の自家製パン
本日のデザート、食後のハーブティー


・Ocean’s Lunch set 1280円

サラダ 、ペシャワリグリルチキン
有機トマトとナスのチーズトースト
本日のデザート


・ビーフストロガノフのランチ  1100円


・チキンカツレツのデミグラスソースかけのランチ 1200円


・柔らか豚角煮のオーシャンズカレー 1200円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



店内はテーブル席と、キッチンの前のカウンター席。
そして、中二階に落ち着いたソファー席がありました。


ヤシの木のような鉢、ハワイのようなタペストリーなどがあって、なんとなく南国風の雰囲気です。


「ハワイ料理?」

「いえ、別にどこのということじゃないんですが、ちょっと海っぽいですね。」


キッチンの中のオーナーは気さくなお兄さんです。



あらためて、店内のメニューからビーフストロガノフを選びました。




途中で向こうのテーブルでの会話が聞こえてきます。


「ええ、ここで焼いているんです。」

「自家製なのね。」


パンの話でした。


「ねぇ、ここのパンは自家製なの?」

「はい。」

「じゃあ、パンにすればよかった。今からじゃダメだよね。」


お兄さんは笑顔を浮かべていますが、ちょっと無理のようです。

(かいひん荘への路地)        (オーシャンズキッチン店頭)
オーシャンズキッチン  路地オーシャンズキッチン  店頭













カウンター越しに聞いてみました。

「地震の影響はなかったの?」

「直接は大丈夫でしたけど、予約が入ってたんで。」


予約がキャンセルになってしまったとのことです。


「でも、その材料が後で役にたったんですけどね。」


さて、出来上がったビーフストロガノフと付け合わせのサラダが左の写真になります。

良く煮込まれた牛肉の入ったビーフストロガノフは、どちらかと言えば薄味で食べやすい感じでした。
付いてきた木のスプーンですくって食べていきます。


オーナーには地震の日はほかにも特別のことがあったようです。

「それから、あの日子供が生まれたんです。」

「えっ、地震の日に?」

「ええ、あの日の夜に。」

「予約のキャンセルと子供の誕生じゃ大変な日だったね。」


その後、シーズンの割には地震の影響もあって店の前の道も人通りも少ないようですが、ローソクの下でのディナーの雰囲気が気に入って通い詰めるお客さんもいるとのことでした。


「『ロイヤルミルクティーのアイス』です。」

デザートが出てきました。(写真右)


甘さを抑えた紅茶の香りが漂うデザートです。


「ごちそうさま。いくらだったっけ?」

「ちょっと待ってください。」


オーナーはドアを出てメニュー看板を見て戻ってきました。



「1100円ですね。」

「値段を見て来たの?」

「はい。毎日変わるんで。」

オーナーの飄々とした感じが、海っぽい店にぴったりです。

(ビーフストロガノフ)        (ロイヤルミルクティーのアイス)
オーシャンズキッチン  ビーフストロガノフオーシャンズキッチン ロイヤルミルクティーのアイス







++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 長谷「オーシャンズキッチン 」創作料理
   倉市長谷2−1−92-1-9
  TEL   0467−22−3517
   営業時間  11:00〜23:00
         (午後休憩時間あり)
   定休日   火曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 無国籍

2011年03月23日

寿司割烹 五條

七里ヶ浜の北側にはに昭和40年代に西武により開発された住宅地があります。
高台の斜面に広がっているので、坂道になる道路からは鎌倉の海がよく見えます。

当時この高級分譲地を購入したニューファミリーも60代70代になり、この坂道を上るのが大変だという話を聞いたことがあります。

車を利用する人が多いのですが、バスは江ノ電バスの七里ヶ浜循環という路線があります。

(七里ヶ浜循環バス)         (海の見える坂道)
五條 七里ヶ浜循環バス五條 海の見える坂道













左は七里ヶ浜循環バスのバス停。
その向こうに見えるのが『桜のプロムナード』です。

ここには住宅地の商業施設が集まっています。

(七里ガ浜循環のバス停)      (桜プロムナード)
五條 バス停五條 桜プロムナード













写真左は『七里ガ浜住民協定』の表示です。
環境を維持するため、土地の分割や用途などが定められていて、飲食店なども基本的にはこのプロムナード以外では出来ないようです。

今回の『寿司割烹 鎌倉五條』は、プロムナードの入口の東側にあります。


たぶん、このブログの右側のカラムに広告が出ていることも多いので、よろしければ後でクリックしてみてください。

※出ていないときはこちらで ↓
http://www.kamakura-gojo.com/

右側の写真が『寿司割烹 五條』の店頭です。

黒い格子が嵌った趣のある店ですが、敷居が高そうにも感じます。

(七里ガ浜住民協定)        (寿司割烹 五條の店)
五條 住民協定五條 店














ブログに広告も出してもらっいる縁?もあるので、勇気を出してドアを開けてみます。

1階は入って左側、低いカウンター席と、仕切られたテーブル席になります。


「どうぞ、カウンターの方へ。」


女性スタッフに案内されてカウンター席に座りました。

カウンターの向こうには、ちょっと気難しそうな顔をした年季の入った板前さんがいます。



<お昼のおすすめメニュー>


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ランチのお寿司セット(にぎり/ちらし)   1500円
お昼のおすすめ寿司セット(にぎり/ちらし) 1980円
お昼の地魚寿司セット(にぎり/ちらし)   2500円
お寿司とお料理大皿盛り 2980円
金目のかぶと煮お定食2000円
五條特製お弁当(椿)1980円
五條特製天丼セット1500円
まぐろヅケ丼セット1500円
釜揚げシラス丼セット1200円
お昼の鯛茶漬けセット1200円
寿司ご膳(白檀)3500円
寿司ご膳(五條)4800円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



1500円の『ランチのお寿司セット』もあるのですが、久しぶりにここまで来たので、『お昼のおすすめ寿司セット』を注文しました。


写真左がその『お昼のおすすめ寿司セット』です。

マグロにカニ、玉子にイクラ、ねぎとろ巻きもあります。


「この白身は何?」

「平目ですね。」


「平目もこのあたりで獲れるんですか?」

「ええ、このアオヤギは北海道だけどこっちのヤリイカもイワシも。この辺は量は少ないけど獲れる種類は多いんです。トラフグだって獲れる時がありますよ。」


メリハリの利いた声で板前さんが答えてくれます。

相模湾は魚種も多く、腰越や片瀬、松輪などから入ってくるとのこと。


相模湾のさっぱりした白身の平目、歯触りのいいイカの次にイワシをつまみます。

まったりと脂の乗ったおいしいイワシでした。


「脂が乗っておいしいですね。」

「もうそろそろ終わりですけどね。」


「そうなんですか。」

「子を持つと脂が落ちてしまいます。」

「ああ、そういえばもうすぐシラスが解禁でしたね」


※3月11日が湘南や鎌倉のシラスの解禁日ですが、この記事はその前のものになります。


お茶のお替りの後にデザートがきます。
カクテルグラスに入った上品な杏仁豆腐です。


寿司割烹のレパートリーは広く、天丼、魚の煮物やステーキなどもあるようです。



ちなみにこの場所は以前も『玉寿司』というお寿司屋さんがあったのですが、直接の関連はないそうです。


(お昼の寿司セット)       (デザート)
五條 寿司五條 デザート



++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 扇が谷「寿司割烹 鎌倉五條」寿司
   鎌倉市七里ヶ浜3−1−35
  TEL   0467−31−9440
   営業時間  11:30〜14:00
         17:30〜22:00
   定休日   年中無休
   http://www.kamakura-gojo.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 寿司

2011年03月16日

Biscuit(ビスキュイ)

寿福寺や英勝寺などの名所はあるものの、若宮大路や小町通りに比べると、人通りの少ない今小路ですが、最近は人気店などの出店で以前より活気が出てきたようです。

写真右はジャムではなく、コンフィチュールの店『ロミユニ・コンフィチュール』です。

若い女性などで、いつも店頭は賑わっています。

(今小路の道)            (ロミユニ・コンフィチュール)
aBiscuit 今小路aBiscuit ロミユニ














その今小路を歩いていると、歩道にメニュー看板を見つけました。
ただ、目の前の店はセレクトショップというのでしょうか、雑貨や婦人服などを扱う店舗です。

最初は、この店舗の奥にでもカフェコーナーがあるのだと思っていましたが、よく見るとカフェと1階のショップは分かれているようです。

1階の店の名は『4cups+desserts』、カフェの『Biscuit』
は2階になります。


1階の店はオジサンにはちょっと入りづらいのですが、カフェに行くためにはそこを
通らなければなりません。


「いらっしゃいませ。」


ドアを開けると、1階のレジにいた女性が声をかけます。

ちょっと、目礼して横の急な階段を上がります。

(Biscuit 入口)            (2階のBiscuit)
aBiscuit 入口aBiscuit 2階がBiscuit












2階のカフェは思っていたよりも広いスペースになっていました。
上がってすぐにカウンターのような席とキッチンスペース。
そしてクッキーなどの焼き菓子のウインドーがあります。


「いらっしゃいませ。」


2階で迎えてくれたのは、若い男性スタッフでした。


「こちらへどうぞ。」



案内された部屋が下の写真になります。

木の床に白い壁、アンティーク調の椅子やテーブルが並びます。
カウンターには先客がいましたが、この広い部屋には誰もいません。


BOSEのスピーカーの下の席に座ります。

外にはテラス席もあります。
まだ寒いので、テラスの周りはビニールで囲われていました。

(室内の様子1)            (室内の様子2)
aBiscuit 室内2aBiscuit 室内1











店頭にあったメニューです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・ナスとモッツァレラチーズのトマトソースパスタ
・シーフードのドリア
・トマト・レタス・チーズのハンバーガー
・ミネストローネ
・チキンカレー

ドリンク・サラダ付       1050円
+デザート           1200円




Cake
ベイクドチーズケーキ
アップルパイ
手作りの大きなプディング

Drink
ミックスベリーソーダ
テヅクリジンジャーエル
スパイスティー
&Coffee・Tea  etc

−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ここにはありませんが、店内のメニューにあった『イカとホウレンソウのパスタ』を注文します。

左が前菜のサラダ。
まもなく、さきほどのスタッフがパスタを運んでくれました。

シンプルな塩味のパスタで、弾力のあるイカのうまみ、ホウレンソウもえぐみのないさわやかな春の味です。


30代くらいの女性が3人テーブルに着いて、しばらくすると遅れていたメンバーが
やってきます。


「通り過ぎちゃった。この道はいつも通っているんだけど。」



しばらくは、地元にとっても隠れ家カフェになりそうです。


(前菜のサラダ)            (イカとホウレンソウのパスタ)
aBiscuit サラダaBiscuit パスタ





++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 扇が谷「Biscuit(ビスキュイ)」カフェ
   鎌倉市扇が谷1−9−14 2F
  TEL   0467−25−6312
   営業時間  11:00〜18:00
   定休日   水曜、木曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2011年03月09日

ピッツェリア ラ ソスタ

鶴岡八幡宮の流鏑馬道を東へ進むと左手に小学校が見えてきます。
これが横浜国大付属小学校です。

校庭に沿って歩き、左に曲がったところが左の写真になります。

このあたりの地名を『西御門』(にしみかど)と言います。



地名の由来が書かれている石碑が写真右です。

「大蔵幕府西門ノ前ニ当レルヲ以テ此名アリ」

鎌倉幕府は何度か移転していますが、ここは『大蔵幕府』があった場所。
その西門にあたるので『西御門』の名がついたということです。

(付属小前の道)         (西御門の石碑)
aピッツェリア ラ ソスタ 付属小前の道aピッツェリア ラ ソスタ 西御門の石碑

















石碑の前に『頼朝の墓』へ向かう路地の入口があります。

この角には、今は長谷に移ったレストラン『0467』がありました。
静かな住宅地です。



さて、今日の目的地は一軒家の薪窯ピザの店です。

店の案内看板を見つけました。(写真右)

道の方向と地図の向きが違うのでちょっとわかりにくいのですが、この路地を入って、元の『0467』の横の袋小路が店の所在地のようです。


(路地の入口)           (案内の看板)
aピッツェリア ラ ソスタ 路地の入口aピッツェリア ラ ソスタ 案内看板

















奥にある瀟洒な建物のレンガの壁に店の名前がありました。

『Pizzeria La Sosta』’(ピッツェリア ラ ソスタ)

ドアの横にはメニュー看板もあります。

個人の家なので、ちょっと入りづらいのですがドアを開けます。


入るとすぐに客室とキッチン。
すでに4人の女性客がいました。


一番奥にピッツアの窯があります。



「いらっしゃいませ。」


きびきびとした女性スタッフが案内してくれたのは、さらに奥の部屋でした。
10あまりの席がある落ち着いた部屋です。(写真右)

(ピッツェリア ラ ソスタの店)     (室内の様子)
aピッツェリア ラ ソスタ 店aピッツェリア ラ ソスタ 室内















メニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


PRANZO ランチコース



PRANZO COMPLETO ランチAコース 1450円

サラダ+ピッツァ+お飲み物


PRANZO COMPLETO ランチBコース 1900円


サラダ又は前菜の盛合わせ+ピッツァ+デザート+お飲み物


※Bコースのみ−マイナス200円で小さなサイズのピッツァに変更可能です。


*PIZZE ピッツァ


1.マリナーラ
(トマトソース、ニンニク、オレガノ)
2.マルゲリータ
(トマトソース、モッツァレラ、バジル)
3.アル クールド エ ルーコラ
(トマトソース、モッツァレラ、生ハム、ルッコラ)
4.クワトロフォルマッジ
(モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、リコッタ、パルミジャーノ)
5.ピッツァ デル ジョルノ
(本日のおすすめ)
6.マルゲリータ D.O.C  +300
(トマトソース、モッツァレラ、プチトマト、バジル)
7.鎌倉  +300
(トマトソース、水牛のモッツァレラ、海の幸、山の幸)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ランチは1450円と1900円の2つのコース。
ピッツアは7種類の中から選びます。


「最初ならやっぱりマルゲリータなどが。」



マルゲリータの1450円のコースを注文しました。



写真左はサラダとグリッシーニです。
ハーブが香る2種類のグリッシーニをポリポリと音を立てて食べます。


写真右が『マルゲリータ』です。


大きい!!

「主人がイタリアから帰って、この店を始めた時はもっと大きかったんですけど、このあたりは女性のお客様や年配の方も多いので、この大きさになりました。」


お皿の直径が28cm。
皿がかくれるほどの大きさです。


縁の焦げ目は、やはり薪窯ならではという自然な焦げ目です。

もっちりとした焼きあがりで、トマトソースの酸味の中にモッツアレラの風味。
そして縁の部分の香ばしさもたまりません。


オーナーが修行したのがイタリアのナポリ。
本場ナポリピッツァを堪能できる一軒家隠れ家ピッツェリアは、ちょっと内緒にしておきたい気がしました。



(サラダとグリッシーニ)      (マルゲリータ)
aピッツェリア ラ ソスタ サラダaピッツェリア ラ ソスタ マルゲリータ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 西御門「ピッツェリア ラ ソスタ」ピッツア
   鎌倉市西御門2−1−14
  TEL   0467−81−4629
   営業時間  11:30〜14:30(LO 21:00)
         17:30〜21:00
   定休日   水曜、第2・4火曜

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい