2011年06月

2011年06月29日

風雅

小町通りは相変わらずの混雑ですが、店はだんだん郊外にも広がっています。
写真左はいつも賑わっている『ロミ・ユニ コンフィチュール 』の手前から今小路を撮ったものです。

※写真左側の建物が『ロミ・ユニ コンフィチュール 』です。


さらに進んで、写真右は鎌倉五山第3位の寿福寺周辺。

写真の左側が寿福寺ですが、ここを通行する車のほとんどが、右の方の電信柱のところで右折しています。


(今小路通り ロミウニ辺り)     (寿福寺付近)
風雅 今小路ロミウニ風雅 寿福寺付近






【送料無料】鎌倉









そして、その先にあるのがこの寿福寺踏切。
踏切の右側には『この先車両の通り抜けできません 鎌倉市』と書いてあります。

こっちの踏切の方が立派なのですが、先ほどの角を曲がれば鎌倉街道、鶴岡八幡宮の角に出ることが出来るのに対し、こちらは山に当たって行き止まりになってしまいます。

今回の『風雅』はこの踏切を渡ります。

案内の表示はないので、うっかりすると広い道を行きそうになってしまいますが、踏切をわたってすぐ右折して線路沿いの小路に入らなければいけません。


小川を右に見て進むと、すぐに写真右のような手入れされた庭と白い建物が見えてきます。

(寿福寺踏切)             (風雅 店頭)
風雅 寿福寺踏切風雅 店頭






【送料無料】横須賀線を訪ねる













芝生の間に敷かれた飛び石を渡ってドアを開けます。

木の床のゆったりとしたスペースにテーブルが4つ。
カウンター席が4つほどありました。


建物の横でアジサイの手入れしていたオーナーが入ってきます。


「お客様でしたか。すみません。(お客さんは)2時ごろまではいらっしゃらないことが多いので。」


オーナーはおおらかな感じの女性でした。



席からは日の差す芝生が見えます。
静かな雰囲気ですが、ときどきこの窓一杯に横須賀線の電車が通ります。


写真右は少しわかりづらいのですが、この店の裏側になります。
緑の後ろには山が迫っています。


低い山ですが地名は扇ガ谷。
だから車両は行き止まりです。


でも、人は『亀ケ谷坂切通し』を通って、北鎌倉方面に行くことができます。

最近はこの道を通る観光客も少しずつ増えてきました。

(室内から庭を望む)         (裏側 山に隣接)
風雅 室内風雅 裏






【送料無料】休日のカフェめぐり(湘南・鎌倉・三浦・横浜)














----------------------------------

〜MENU〜

コーヒー
普通のカップ 450円
大きなカップ 500円
おかわり   250円


★3種類の中からお選びください。


味わいブレンド 酸味とコクのバランスがとれたシティロースト
深煎りブレンド 程よい苦味のフレンチロースト
今月のストレートコーヒー

アイスコーヒー 500円


カフェオレ 500円
アイスカフェオレ 550円



焼き菓子プレート 400円
〜マドレーヌ・クッキー・本日のパウンドケーキを盛り合わせました。


※以下略


----------------------------------




ゆったりとした雰囲気の中で『焼き菓子プレート』とストレートコーヒーを注文しました。

焼き菓子はオーナーの手作りです。
今日のコーヒーはグアテマラでした。

豆は『珈琲工房HORIGUCHI』のものです。


焼き菓子は3種類です。
ラムレーズンのパウンドとブルーベリーのマドレーヌ、そしてクッキー。

400円でこんなにたっぷりと出してくれました。


セットはありませんが、飲み物とケーキを頼むと100円引きになります。

だから、今日の会計は750円です。



のんびりと鎌倉を楽しめる人向きのゆったりカフェです。

(キッチンとカウンター席)       (焼き菓子プレート)
風雅 カウンターとキッチン風雅 焼き菓子プレート2






【送料無料】鎌倉第3版





++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 扇ガ谷「cafe 風雅」カフェ
   鎌倉市材木座3−3−39
  TEL     0467−84−7828
   営業時間 昼  11:00〜18:00
   定休日     月・火・水曜日
   http://kamakurafuga.blog96.fc2.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++









< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2011年06月22日


<ショップカードから>
−−−−−−−−−−−−−−

鎌倉駅より徒歩13分、若宮大路を海に向かい鎌倉女学院を左に曲がります。
道なりに進んで5分ほどで左手に目印の赤い郵便ポストが在ります。

−−−−−−−−−−−−−−


道なりに進んでいくと、まずは滑川にかかる赤い橋があります。(写真左)
さらに行くと、ショップカードの案内のとおり赤いポストが見えてきました。


この道は、ほぼ若宮大路と並行して走っていて、バスも通る道です。

ただ、ご覧のとおり普通の道で観光客はほとんど通りません。

(滑川にかかる橋)           (『満』店前の道路)
満 滑川にかかる橋満 店前の道路






【送料無料】鎌倉・湘南花とグルメの散歩道










写真左が今回の『満』の店舗、元は八百屋さんだったそうです。

古い紅白(たぶん)の縞模様のテントの下にはオートバイと自転車が置かれています。

真ん中が入口になっていて、下に営業中と手書きの板がありました。

そして『営業中』の下には、



・エチオピア定食
・タイヌードル
・焼魚定食   アジ  サバ

                 900円


なんとも、不思議な組合せのメニューです。

開け放たれたドアからは焼き魚の匂いがしてきました。

(店頭の様子)            (営業中の表示)
満 店頭満 メニュー表示






【送料無料】古都鎌倉とっておきの散歩道












中は、コンクリートの打ちっぱなしの床。
アンティークな木のテーブルが4つ。


古い調度品ですが、きちんと整理されて花なども活けられています。

海が近いせいか、逗子とか葉山のあのゆる〜い雰囲気を感じました。


スタッフは若い男性と女性の2人。



さきほどの匂いは、先客のおばさんが注文した焼き魚の匂いでした。

つられてこちらも『焼き魚定食』を注文します。


地元のものではありませんが、肉厚の脂の乗ったサバです。
そのほかにモロヘイヤとなめこの乗った冷奴、梅干しとお新香、葱やサヤエンドーなどの野菜がたっぷり入ったみそ汁などが付きます。


ご飯は白米と雑穀ご飯が選べます。
(写真は雑穀ご飯です)


全体にヘルシーな内容のランチでした。


さて、やはり気になるのはエチオピアとタイと焼き魚の関係です。



「それにしてもエチオピアにタイに焼魚って、珍しい組み合わせだよね。」

「ええ、実は僕たちカナダに居たんです。」



「ああ、ご夫婦で。」

「いえ、まだ夫婦じゃないんですけど。」



「なるほど。でも、カナダに居て、なんでタイにエチオピア?」

「あの彼女がタイ料理店に勤めていて、エチオピアの方は近くにエチオピア料理の店があったんです。ここがとても美味しかったので。あと、やはり日本人なので焼魚にしたんです。」




若いオーナーは、地元ではなく北海道小樽の出身。
鎌倉に店を出したのはパートナーが戸塚の出身だからとのこと。


ふたりとも明るくて、気さくな人柄で好感がもてました。


分類が難しい店ですが、ショップカードには『定食と酒』とあります。


夜はまた違った雰囲気が楽しめそうです。

(室内の様子)             (焼き魚定食 サバ)
満 室内満 焼き魚定食






わずかな塩気と香ばしい磯の香りがほのかに感ずるナイーブな食べ物名産品【たたみいわし】









++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 材木座「満」定食と酒
   鎌倉市材木座3−3−39
  TEL     0467−222−555
   営業時間 昼  11:30頃〜14:00頃
        夜  18:00頃〜22:30頃    
   定休日     水曜日(臨時休業あり)

++++++++++++++++++++++++++++++++++






<鎌倉路地小路かくれ道>




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 食堂

2011年06月15日

cafe terrace nagisa

JR逗子駅の交番の横を曲がると『なぎさ通り』になります。
なぎさ通りの入口には「海岸近道(西浜)」との文字があります。

それほど海岸には近くはないと思いますが、文字だけ見るとちょっとリゾートの気分がしてきます。

このなぎさ通りを進むと池田通りと交差します。

(なぎさ通りの入口)         (池田通りとの交差点)
cafe terrace nagisa 海岸近道2cafe terrace nagisa 池田通り2






(神奈川県のご当地カレー)逗子・葉山名物逗子・葉山名物【ビーチカレー】(ご当地カレー)













なぎさ通りの真ん中には、『OKストア』というスーパーがあります。
さきほど、リゾートの気分と書きましたが、なぎさ通り自体は地元住民が行きかうごく普通の道です。


OKストアの近くに『焼き鳥処 なぎさ』というオレンジ色の看板がありました。
焼き鳥屋さんは、まだ昼のせいかシャッターが閉まっています。

(OKストア)              (カフェテラスナギサ)
cafe terrace nagisa OKストア2cafe terrace nagisa 店全景






コラボビーサンリビエラ逗子マリーナ×げんべいコラボビーチサンダル(オレンジ・デザインB)










その『焼き鳥処』の奥に真新しい木で出来たアーチがあります。
アーチに書かれた文字は『cafe terrace nagisa』


ちょうど『焼き鳥処』の上になるわけですが、雰囲気はまったく違います。

『なぎさ』と『nagisa』なのでおそらく経営は同じなのでしょうが、このギャップが面白い。

今日のランチはここに決めました。

上に続く階段を上っていきます。



階段の終わりには思ったより広いテラス席がありました。

パラソルなども立ててあって、人や車で混雑する通りとは隔絶されたような気になります。

テラスとの境のドアを開けて中に入りました。

(2階へ続く階段)           (2階のテラス)
cafe terrace nagisa 階段2cafe terrace nagisa テラス2





 京急 駅名キーホルダー(新逗子駅) 逗子線 キーホルダー京浜急行電鉄 【鉄道グッズ/鉄道雑貨】









店の中には2つのテーブルと4つのテラス席。
席数は少ないのですが、ゆったりとしたスペースが取られています。



ランチのメニューは3つです。

−−−−−−−−−−−−−−−−

ハンバーグプレート 900円

チキンカツプレート 900円

チキンカレー    850円

−−−−−−−−−−−−−−−−




写真右が今回注文した『チキンカツプレート』です。

ランチは出来あいでないようで、カツを揚げる音がキッチンから聞こえてきました。



出来あがったプレートは若い女性スタッフが運んでくれます。


「ここは、下の居酒屋さんがやってるんですか?」

「はい。焼き鳥の方は主に父が、こちらは母がやっています。」


女性はキッチンの方を見ます。
キッチンの中の女性が微笑んでいます。


母娘でやっている店らしく、花の配置や本の並べ方などにも女性らしい細やかな心配りが感じられます。

プレートの上にもいろいろな種類のおかずが乗っていました。


トマトやパプリカなど色鮮やかな野菜の酢漬け。
ジャガイモの上にかかっているのは肉みそでした。


野菜の量も種類もたっぷりです。
ご飯はヘルシーな五穀米ごはんでした。


カツが中心ですが、全体的にはさっぱりヘルシーなランチです。


900円と値段も手ごろです。


今年の2月にオープンとのことですが、まだまだ知られていない『なぎさ通り』のオアシス的なカフェでした。

(窓際の花)              (ランチプレート)
cafe terrace nagisa 花2cafe terrace nagisa ランチ2






【送料無料】湘南鎌倉自転車散歩新版



++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 逗子「cafe terrace nagisa」カフェ
   逗子市逗子1−11−13 2F
  TEL     046−872−1158
   営業時間    11:00〜日没まで
   FOOD LO 16:00    
   定休日     月曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++




神奈川ブランドとろける葉山牛(黒毛和牛)!葉山牛サーロインステーキ 200g





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2011年06月08日

穴子ちらし 小町

小町通りと若宮大路を結ぶ、小さな路地に『穴子ちらし 小町』という小さな店があります。

繁華街にあるにもかかわらず、カウンター5席という規模なのでシーズンや土日はすんなりとは入れません。

さらに、『HANAKO』などの雑誌が紹介するものですから、店の前に行列が出来ることも。


おいしいと評判の店ですが、そういうときに入った人の評判は良くないこともあるようです。

まして、主人は職人気質で無口なタイプなのでなおさらです。



写真左は小町通りからの路地入口、写真右が若宮大路からの路地の入口です。

(小町通りから)            (若宮大路から)
穴子ちらし小町 小町通り側から路地穴子ちらし小町 材木店






【送料無料】鎌倉路地小路かくれ道













赤い格子の入った引き戸と、紺の暖簾が目印です。

店頭にメニューがありますが、写真を見て確認すれば何にしようかと迷う必要はありません。


なぜなら・・・この店のメニューは『穴子ちらし』1100円の1種類だけだからです。


引き戸を少し開けてみます。
まだ開店時間をわずかに過ぎた時間ですが、中はもういっぱいのような雰囲気でした。



「大丈夫ですよ。」

親父さんの声がかかったので、中に入ります。


ちょうど入口の真ん中あたりがカウンターになっています。
地元のベテランOLの2人と、年配の婦人客の間の狭い隙間に入り込みます。

(穴子ちらし小町の店)         (店頭メニュー)
穴子ちらし小町 店頭2穴子ちらし小町 店頭メニュー







【送料無料】とっておきの鎌倉100











親父さんは先客の料理を黙々と作ります。
こちらも注文しようと思いますが、なかなかタイミングがつかめません。


「お待たせしました。」

先客に『穴子ちらし』を出した後も親父さんは仕事をしています。




大きな湯のみが前に置かれました。


「今、作ります。」

注文はしませんが、親父さんはひとこと言って、作り始めました。

写真左がその『穴子ちらし』です。


酢飯の上に乗った柔らかい穴子とわずかに甘いタレ。
錦糸卵としゃきっとしたきゅうり。

上品な味の『穴子ちらし』です。


実はこの場所には、「登茂ゑ寿司分店」という寿司店があり、2004年にこのブログでも取り上げています。

写真右がそのときの『絶品穴子丼』です。


穴子丼のタイプは少し違うものの、寡黙な職人気質はあのときの主人と同じような気がしますが・・・・今回は確かめることは出来ませんでした。


現在は『昼の部』がこの親父さん、『夜の部』の地魚料理は息子さんがやっているとのことです。

(穴子ちらし)              (絶品穴子丼)
穴子ちらし小町 穴子ちらし穴子ちらし小町 ??







ないしょにしておきたい鎌倉




++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「穴子ちらし 小町」穴子ちらし
   鎌倉市小町2−11−11
  TEL     0467−25−0575
   営業時間
   昼の部     11:00〜20:30
   夜の部     20:00〜22:00
   定休日     月曜日(祝日の場合は翌日)

++++++++++++++++++++++++++++++++++






豆腐屋さんの「おから」由来の食物繊維入り!これでお腹もスッキリ!?【お豆腐屋さんのシュウ...


楽天ランキング1位★全国納豆鑑評会受賞店国産原材料にこだわった鎌倉大粒40g×2パック 【納豆...






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 寿司

2011年06月01日

ランティミテ

鎌倉駅西口にあった老舗の料亭跡が整地され、いくつかの区画に分けられました。
その1つに建物が建って、1階にサロン&カフェが出来ていましたが2階にも店が出来たようです。


写真左は、鎌倉駅西口付近の様子です。
左側には人力車が止まっていて、真ん中には横浜銀行の青い看板が見えます。


横浜銀行のATMの横を入ると、写真右のような道に出ます。

プラットホームと並行する道ですが、観光客はほとんど通らない道です。

(鎌倉駅西口付近)           (ホーム沿いの道)
ランティミテ 鎌倉駅西口ランティミテ ホーム沿いの道






鎌倉彫木製 鎌倉彫10.0茶盆












この道の左側にポツンと1軒の建物が見えます。(写真左)
ホーム沿いの道からは少し入った位置になるのですが、先日道の横にレストランの看板が置かれて、パンフレットが添えられていました。



−−−−−−−−−−−−−−−−

l’intimite

2011年5月OPEN!

この度、夫婦ふたりで鎌倉に念願のお店をオープンすることになりま
した。

−−−−−−−−−−−−−−−−







そのときは昼時ではなかったので、そのままになっていましたがちょっと気になる店です。



外階段を上って、店に入ります。

こじんまりとした店内にはテーブル席が4つ、キッチンの前にカウンター席が5つありました。


スタッフは2人。
若いご夫婦です。


テーブル席の横にソファが置かれていたのですが、食事をする場所ではないようです。

「家をイメージして置いているんです。知り合いの家みたいに、ゆったりとくつろいでいただきたくて。」


本棚などもありたしかに店というより、知り合いの人の部屋という雰囲気があります。

(この2階がランティミテ)        (ソファのある室内)
ランティミテ 店ランティミテ 室内






楽天ランキング1位★全国納豆鑑評会受賞店極上の丹波篠山黒大豆で作った和菓子鎌倉甘納豆80g【...

















ランチは2種類。

-----------------------------------------------

本日のワンプレートランチ  コーヒーor紅茶付き   1500 円
                        (デザート+300)

・新玉ねぎとベーコン、セミドライトマトのキッシュ


前菜+メイン コーヒーor紅茶付き          2200 円


<前菜>牛タンのラビットゴットソースサラダ
     小田原産アジのフィユタージュ(パイ)

<メイン>佐多岬 天然ブリのポワレ
      鎌倉しらすのこがしバター醤油

ポークソテー
    鎌倉野菜のセミドライトマトとアンチョビシテー


-----------------------------------------------




今日は軽くと思って『プレートランチ』を注文します。


まず、出てきたのはパン。
パンは普通ですが、付いてきたレバーペーストが尋常ではありません。

豚のレバーと鶏の白レバーの2種類がそれぞれ普通の2人前くらい入っています。


「ずいぶん量が多いけど。」

「たっぷり食べていただきたいので適当に盛ってます。夫婦二人なので人件費がかかりませんから、その分を材料に。」(笑)



5月の15日がオープンのフランス料理の店ですが、がっつり系のビストロだそうです。




また、気さくな夫婦の経歴も変わっています。


「知り合ったフランス人とドイツ人の経営する店なんですが、モロッコでしばらくやっていました。」


シェフは向こうで料理を教えたりもしていたそうです。

写真を見せてもらったのですが、それにはお寿司の写真が写っていました。


「お寿司もやるんですか?」

「ええ、今はフレンチですが、寿司、和食、鉄板焼き、イタリアン、モロッコ料理などなんでも。」(笑)




プレートランチは、『新玉ねぎとベーコン、セミドライトマトのキッシュ』、『牛タンのサラダ』に『セロリのピュレ』



サラダの中にたっぷり煮込まれたとろけるような牛タンがありました。


「牛タン、柔らかいね。」

「4、5時間煮込んでいます。ただ、煮込むだけですから簡単です。」(笑)


分厚いキッシュは柔らかいタイプ。
新玉ねぎの甘さとセミドライトマトの甘みと酸味。


ピュレも食べた後にほのかにセロリの香りがします。


プレートを食べ終わってもまだレバーペーストが半分くらい残っていました。


「パンをお持ちしましょうか?」

「ええ。」


かなり満腹でしたが、濃厚なレバーペーストを付けるものが必要です。

(パンとレバーペースト)        (プレートランチ)
ランティミテ パンとレバーペーストランティミテ プレートランチ






【送料無料】鎌倉しふぉんのシフォンケ-キ













「もし・・・ですが、まだお腹にゆとりがあるんだったらこんなのもありますが・・。」

シェフが少し笑いながら言いました。



「けっこうお腹は一杯だけど、何?」

「デザートです。」


「重いのはダメだけど。」

「そんなに、重くはありません。イチゴのシロップがこのくらい入って、その上にアイスクリームが・・・。」


シェフはグラスを片手に説明してくれます。


写真左がそのデザートです。


それほど軽くはありませんが、甘酸っぱいイチゴとレーズンの入ったアイスのデザートも美味しい味でした。


「これも、ここで作ってるの?」

「はい。デザートのレパートリーはそれほど多くはありませんけど。」(笑)


写真右は、奥さんがカウンターの端で作っていたパンフレットとショップカードです。
ショップカードにはキャラクターが描かれています。



「これはシェフ?」

ちょっと日本人離れした顔は、シェフにはあまり似ていませんが一応聞いてみました。


「知り合いのフランス人が描いてくれたんですが、どうもモロッコ人の顔も入っているみたいです。」(笑)


ドリンクのカモミールティーのポットがなくなると奥さんがまたカップに足してくれます。



「ときどきモロッコの料理も出せばいいのに。」

「実はこれがモロッコの料理なんです。」


シェフが目の前でかき回しているのは小さな寸胴です。

シェフはモロッコ料理によく使われているというレモンの塩漬けを持ってきてくれました。


「ここにも入っていますが、ちょっと食べてみます?」


よく出汁の出たおいしいスープです。


「豚を使ってるんで、本当の意味ではモロッコ料理ではないんですが・・・・。」


もう、この店に来て2時間が経っていました。
なんだかすっかりくつろいでしまったランチです。

(プラス300円でデザート)     (キャラクターとショップカード)
ランティミテ デザートランティミテ キャラクターとショップカード







++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 御成町「ランティミテ」ビストロ
   鎌倉市御成町13−36−5 2F
  TEL     0467−22−2252
   営業時間    
   ランチ     11:00〜14:00
   ディナー    18:00〜22:00
   定休日      月曜日
   http://www.lintimite.com/
※定休日はショップカード等には記載されていませんが現在月曜がお休みとなっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++




百年以上の伝統の味が光る当時の製法「鎌倉ハム」喜ぶ顔が見える満足の贈り物【楽ギフ_のし宛書...



バラのつぼみがキラキラ光るパッケージきらめき香りローズ「特厚:絹すきローズ」短冊サイズ、...

< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい