2012年03月

2012年03月28日

Biscuit(ビスキュイ)

このところ、鎌倉は雨の日が多いです。
今日も小雨が降っていました。

写真左は小町通りですが、天気のせいか人通りはいつもより少なめでした。

小町通りでちょっと気になっていたのが、『Biscuit(ビスキュイ)』というカフェです。


同じ名前のカフェが横須賀線の線路を挟んだ反対側の今小路通りにあって、ちょうど去年の今頃に訪問したことがあります。


今小路の店は2階の隠れ家的な店でしたが、小町通りに出来た店は通りに面した1階にあります。

ちょっとお洒落な可愛らしい入口なので、オジサンが行くとちょっと浮いてしまいそうです。(写真右)


今日は雨で時間も早いので、思い切って入ってみることにしました。

(雨の小町通り)            (ビスキュイ 店頭)
ビスキュイ 雨の小町通りビスキュイ 店頭






小町通りから一歩離れると素敵な散歩道があります。
【送料無料】 古都鎌倉とっておきの散歩道 KAMAKURA SANPO GUIDE / レブン 【単行本】












ドアを開けるとすぐにレジがあり、その奥がキッチンになっています。
客室はその左側になりますが、意外に広いのに驚きました。


40席ほどあるでしょうか。
また、部屋の向かって右には個室のようなスペースも見えます。

若い女性スタッフの案内で、坪庭の見えるテーブルに座りました。


白い壁に古材を使った椅子とテーブル。
やはり、今小路の店と同じ感じがします。


<以前のビスキュイの記事です>
http://blog.livedoor.jp/chefcomi/archives/52132148.html

(路上のメニュー看板)         (店内の様子)
ビスキュイ 路上のメニュービスキュイ 店内






鶴岡八幡宮が描かれたあぶらとり紙です。
☆鎌倉限定☆鶴ヶ岡八幡宮 大判













持ってきてくれたメニューを見ます。

カフェメニューは多いのですが、ランチは次の3つでした。



−−−−−−−−−−−−−−−−−

Linch Time


1.プレートランチ
あっさりスペアリブ ラタトゥイユ
豆乳クリームの根菜のグラタン サラダ
十穀米 デザート ドリンク付 
               1500

2.ほうれん草とレンズ豆のカレー
サラダ・デザート・ドリンク付 
               1350


3.豆乳クリームの十穀米ドリア
サラダ・デザート・ドリンク付
               1350

−−−−−−−−−−−−−−−−−



写真左が今回注文した『レンズ豆とほうれん草のカレー』です。

前菜のサラダとドリンク(今回はホットのウーロン茶)が付いています。



白い皿の上には十穀米、その上にほうれん草と小さなレンズ豆のたくさん乗ったカレーがかかっています。



カレーはそれほど辛くはなく、スープに近いあっさりタイプ。

十穀米とレンズ豆も含め、とてもヘルシーな味がしました。



写真右がデザートとウーロン茶です。
プラス100円で通常のスイーツが頼めるようですが、これはランチに付くデザートです。

今日は胡麻のプリンでした。

芳ばしい胡麻の風味で甘味を抑えた味です。


トイレは建物の2階にあります。
清潔な印象で女性用と男女兼用の2つあるので、女性には使いやすいと思います。





「ここは今小路にあった店と同じ?」

「今小路って?ああ、裏駅の方にありましたが。」



やはり今小路の「Biscuit(ビスキュイ)」が小町に移ったようです。


小町通りに面しながら、奥行きのあるこの空間は貴重だと思いました。



(レンズ豆とほうれん草のカレー)  (デザートとウーロン茶)
ビスキュイ レンズ豆とほうれん草のカレービスキュイ 胡麻のプリンとウーロン茶






鎌倉カフェ案内に欠かせない一冊です。
【送料無料】横浜・鎌倉とってもすてきなカフェ






++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「Biscuit(ビスキュイ)」カフェ
   鎌倉市小町2−7−30
  TEL 0467−25−6312
   営業時間 11:00〜18:00
   土日祝  10:30〜18:30
   定休日  年中無休

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2012年03月21日

日満亭

写真左はJR逗子駅前のバス乗り場です。
写真の右奥あたりが『なぎさ通り』になります。

写真右はなぎさ通りに入ったところにある『スターバックス』です。

(逗子駅前の様子)          (なぎさ通り)
日満亭 逗子駅前日満亭 なぎさ通り






このCDを買ったことはありませんが、ずっと気になっています。
【ポイント10倍】【CD】逗子3兄弟逗子3兄弟 [ZLCP-2]【12Mar12P】












なぎさ通りは昔からの商店街ですが、さきほどのスターバックスやプリンのマーロウなどのお洒落な店が出来始めています。(写真左)

そんな中、今回はなぎさ通りでも老舗の『日満亭』に行ってみました。

『日満亭』という店名、店にかかる金色の重厚な文字などさすがに創業50年を誇る老舗を感じさせます。

この店は初めてなので、何が看板メニューなのかはわかりませんでしたが、入口の横に写真入りのメニューがありました。



-----------------------------------

とろ〜りとろみ横浜生まれ 

五目サンマーメン    800円

あっさりヘルシー

タンメン        600円

ボリューム満点  

チャーシューワンタンメン830円

あっつあつ
なべ焼きうどん     850円

-----------------------------------


そしてその右側に1つ


-----------------------------------

NEW MENU

出来たて 焼豚
チャーシュー定食    930円
限定10食。

-----------------------------------


お腹が空いていたので、これを目当てに中に入ります。

(マーロウ逗子駅前店)         (日満亭の建物)
日満亭 マーロウ日満亭 店舗






湘南逗子海岸にあった伝説の「なぎさホテル」 伊集院静の自伝的随想です。
【送料無料】 なぎさホテル / 伊集院静 イジュウインシズカ 【単行本】
湘南逗子海岸に建っていた伝説の「なぎさホテル」を舞台に作家・伊集院静が誕生していくまでの7年半余りを綴った自伝的随想15章。












店内は20席ほどのテーブル席。
奥に伸びた厨房の前にもカウンター席が15〜6席ほどありました。


店内は席の半分が埋まっています。

作業服のグループ、祖母と中学生くらいの孫。
タクシー運転手風の中年男性、スーツのサラリーマン、ジャンパー姿の年配客とさまざまですが、ほとんどが地元のお客さんのようでした。




『チャーシュー定食』は限定10食とありましたが、まだ終了になっていません。
写真右がチャーシュー定食です。

モヤシを中心とした野菜の上に厚いチャーシューが4枚乗っています。
そのほか定食にはスープ、シバ漬のお新香、大盛りのご飯が付きます。



チャーシューは甘辛の味付けです。
皿の端のカラシをつけて食べます。

甘さも辛さも味の濃さもちょうどよく、厚いところは1cm弱ほどあるでしょうか、ボリュームもあって満足でした。


次々と入れ替わるお客さんの注文を聞いていると、麺の注文が多いようです。
そして餃子や半チャーハンや半カレーを付ける人もいます。



まだ、この日はほかに『チャーシュー定食』を頼む人はいませんが、メニューにはチャーシュー丼のほか、麺にもチャーシューの入ったものが多くありました。


カウンターにはボウルに入ったチャーシューの大きい塊もあります。
やはりチャーシューもこの店の人気商品の1つのようです。




気軽な雰囲気と安心な価格、安定したおいしさはやはり老舗ならでは。
地元人気があるのも頷けます。



「ごちそうさま。」

「有難うございました。930円です。」



今度は餃子と炒飯が食べたくなりました。


(入口の暖簾)             (日満亭 チャーシュー定食)    
日満亭 入口の暖簾日満亭 チャーシュー定食






逗子から誕生した『キマグレン』がZUSHIを唄ったCDです。
【送料無料】ZUSHI





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●  逗子「日満亭」中華料理
   逗子市逗子 1−3−31
  TEL 046−871−2968
   営業時間 火〜土 11:00〜20:50
        日・祝 11:00〜19:50
   定休日  月曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 中華料理

2012年03月14日

海人市場(あまといちば)

逗子駅から京急バスに乗って、葉山に向かいます。
トンネルを抜けると、『向原』というバス停があります。

ここからさらに葉山大道の方へ向かうと、左手の山の上に葉山小学校が見えてきます。

このあたりにはプリンで有名なマーロウなどもあるのですが、今回はその手前にあるちょっと気になる店に行ってみました。

(京急向原バス停)          (葉山小学校付近)
海人市場 向原バス停海人市場 葉山小






葉山牛はほぼ体温と同じ37度で脂が溶けるといいます。
神奈川ブランドとろける葉山牛A5等級です。!葉山牛切り落し1000g











道路沿いに看板が見えます。
写真左の奥の方です。

小さくて見づらいのですが『海人市場』と書いてあります。
「あまといちば」と読みます。

写真右の左側、片流れの屋根の建物が店になります。

(海人市場 道路沿いの看板)     (海人市場 遠景)
海人市場 道路沿い看板海人市場 遠景






葉山と言えば「げんべい」のビーチサンダルですね。
CYP CORPORATION葉山げんべい×クローズ・WORST ビーチサンダル











建物の横に入口があります。

少し坂を下った建物の横にあるゲートが入口です。
鬱蒼とした木々が後ろに茂ってその付近は暗くなっています。


うまそうな感じですが、書きなぐりの文字が並ぶ少々怪しげな雰囲気は鎌倉常盤の中華『ちんや食堂』にも似ています。


メニューの値段を確認して、坂を下っていきます。

魚の名前が一杯に書かれた暖簾をくぐって、引戸を開けます。


「いらっしゃい。」

元気な声が聞こえました。

店の中は意外に広く、30席以上ありそうです。
厨房の周りのカウンターに座りました。


カウンターの半ばには魚のケースもあります。

漁師料理というだけあって、中の親父さんもニット帽のお兄さんも魚市場に居そうな雰囲気です。

(店の建物)               (店舗入口)
海人市場 建物海人市場 入口






行く前におみやげを調べていくと失敗がありません。
【送料無料】 湘南みやげとお取り寄せ 気になる湘南ブランド一挙紹介 エイムック 【ムック】











メニューがきます。
いろいろ書かれていて、選ぶのがなかなか難しいのですが、昼定食とあるランチのメニューは16種類でした。


-----------------------------------

昼定食の一部

刺身定食       1400円
日替わり定食      950円
特別刺身定食     1900円   
サメ唐定食       950円
中落ち定食      1400円
ブリ大定食       950円
ナメロ定食      1300円
竜田揚げ定食      950円
沖漬重        1200円
カマ焼き定食     1250円

etc

-----------------------------------



写真左は一番最初に載っていた『刺身定食』です。

親父さんに聞くと佐島港などから毎日仕入れているそうです。

佐島は東京湾と相模湾の真ん中にあって、風向きで豊漁と不漁が2つの湾で違うそうです。


今日の刺身はマグロの赤身、甘エビ、イカ、タコ。
あとは白身の魚が2種類です。


「この白身の魚は?」

「スズキにメジナですね。」


二つとも身がしまって新鮮です。


大きな椀は魚自体は入っていませんが、アラ汁でした。
磯の香りがして美味です。


ふらりと入ってきた中年の男性はいきなり『海鮮カレー』を注文しました。

メニューを見たのですが、『海鮮カレー』は見つかりませんでした。



写真右はメニューの最後のページです。

--------------------------------

『釣り魚持ち込みOK』

海人市場でご自分で釣った魚を召し上がれ!
刺身・焼き・煮・揚げ等いかようにも・・・

料金は500円より承ります。


--------------------------------



2階には宴会場が2つあって、仕切りをはずせば40人は入れるそうです。


1回行ったくらいではわからない、面白い使い方がありそうな店だと思いました。


(刺身定食)              (メニューの最後)
海人市場 刺身定食海人市場 釣り魚持ち込みOK






これからは海岸の風を受けてのサイクリングが気持ちいい!!
【送料無料】湘南鎌倉自転車散歩新版



++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 葉山「海人市場」漁師料理
   三浦郡葉山町堀内1815
  TEL 046−876−0066
   営業時間 11:30〜
   定休日  不定
   http://members3.jcom.home.ne.jp/amato/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 食堂

2012年03月07日

カフェヴィヴモンディモンシュ

雨の鎌倉です。

写真左は鎌倉駅前のロータリー。
天気のせいか車も人も少ないように感じます。

写真右は小町通りの入口、鳥居の下にはFUJIYAの店舗が見えます。

(雨の鎌倉駅前)            (小町通り入口)
ヴィモンディモンシュ 鎌倉駅前ヴィモンディモンシュ 小町通り入口






小町通りはとっておきの鎌倉の入口です。
【送料無料】とっておきの鎌倉100










こんな日は傘を差して遠くまで、行くのも面倒です。

思い浮かんだのは「カフェヴィヴモンディモンシュ」

オーナーの堀内隆志さんはブラジル音楽愛好家で、本を書いたりラジオなどのメディアにも出るなど、鎌倉ばかりでなく全国的に有名なカフェです。


店名の『ヴィヴモンディモンシュ』はトリュフォーの『日曜日が待ち遠しい』から来ているそうですが、それこそ日曜日などの休日は満席になっていることの多い人気店です。


雨の平日。
こんな日なら、空いているかもしれません。


写真右は若宮大路と小町通りを結ぶ路地です。
小町通りを1〜2分歩いて、この道とクロスするところを左に折れます。

まもなく『カフェヴィモンディモンシュ』が見えてきます。(写真右)

(小町通りを横切る路地)      (カフェヴィモンディモンシュ)
ヴィモンディモンシュ 路地ヴィモンディモンシュ 店頭






賑わう小町通り・・・昔はこんなでした。
【送料無料】鎌倉小町百六番地











この店のシンボル、ジョギングをしているおじさんの看板の横のドアを開けます。
店は半地下になっています。

階段を数段下りると、30席前後の意外に広いスペースがあります。
奥がキッチンで、その前には袋に入ったコーヒー豆が売られていました。


店内にはコーヒー以外にも、書籍やCDなども売られています。

この日のスタッフは、長身に髭のイケメン男性が2人と可愛らしい女性スタッフが1人。

最近のイケメンというよりは、長髪の具合が70年代を感じさせるような気もしました。



ぶれてボケてはいますが、写真右は壁に飾られた写真です。

伝説的なボサノヴァ歌手のナラ・レオン。
大きな目のこの人にずっと見つめられているような気がしました。

(入口の階段)             (店内の写真)
ヴィモンディモンシュ 店内写真2ヴィモンディモンシュ 店内写真






鎌倉にはほかにも素敵なカフェがいっぱいあります。
【送料無料】横浜・鎌倉とってもすてきなカフェ













注文したのは、看板メニューの1つ『オムレット・オ・リ』です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オムレット・オ・リ     800円
特製オムライス。ボリュームがあります。
ミニサラダ付。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

プラス200円でコーンスープが付くというので、これも頼みます。


春近しとは言え、雨の中歩いてくると温かいコーンスープがとても有難いと感じました。

『オムレット・オ・リ』は、いわゆるとろふわ系になりますが、意外にしっかりとした卵の部分もあります。


嬉しかったのが少し焦げ目の入った中のチキンライス。
昔のオムライスの味もして、懐かしい気持ちになりました。

ボリュームがあると書いてありますが、すんなりと胃に収まりました。



この日はカップルのほか、女性の1人客の人がほとんどでした。
本を読んだり、書き物をしたり、ゆったりと時を過ごしています。


店名は『日曜日が待ち遠しい』ですが、オフシーズンの平日の方が本来の良さが味わえると思います。



※8:00〜11:00は『朝ディモンシュ』というセルフ方式のサービスがあります。エスプレッソやカプチーノなどのコーヒーや軽食(ワッフルセット)もあるので、これを利用するのもいいと思います。

(スープとサラダ)           (オムレット・オ・リ)
ヴィモンディモンシュ 前菜ヴィモンディモンシュ オムレツ






ブック片手にカフェめぐりする人も増えてます。
【送料無料】 横浜・鎌倉カフェブック 2012 SEIBIDO MOOK 【ムック】


++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「カフェヴィヴモンディモンシュ」カフェ
   鎌倉市小町2−1−5 桜井ビル1F
  TEL 0467−23−9952
   営業時間 8:00〜20:00
   ※8:00〜11:00 セルフ方式
   定休日  木曜日
   http://dimanche.shop-pro.jp/?mode=f1

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2012年03月02日

Cafe Kina

写真左は逗子駅前のマクドナルド付近です。
最近は再開発なども行われ、洒落た感じの店も多くなってきましたが、逗子はまだまだ昔ながらの店も残っています。

写真右は逗子の繁華街逗子銀座の入口です。
狭い通りにたくさんの店が並び、狭い道路には車が溢れています。

(逗子駅前のマクドナルド)      (逗子銀座の入口)
カフェ キナ マクドナルドカフェ キナ 逗子銀座入口






逗子・葉山にはマックやスタバのほかにもおしゃれなカフェが。
【送料無料】湘南とってもすてきなカフェ














写真左は逗子銀座の路地になります。
逗子にはこのような路地がたくさんあります。


ちょうどこの路地の向かいあたりに、今回の『カフェ キナ』があります。
銀座通りに入って2〜3軒目になります。

何度も通っているので、店の前までくればああこの店なのかと思いますが、特に目立つ店構えでもありません。

(逗子銀座の路地)          (カフェ キナ 店頭)
カフェ キナ 逗子銀座の路地カフェ キナ 店頭






逗子と言えば『げんべい』のビーチサンダル!
コラボビーサンリビエラ逗子マリーナ×げんべいコラボビーチサンダル(オレンジ・デザインA)













入口近くに寄ってよく見るとこの看板が目に入ります。

青、赤、黄色の紙に英語や中国語、フランス語に韓国語などの語学、そしてウクレレやおり紙、俳句などの教室の手書きの案内が大きく出ています。


ドアを開けて中に入ると、意外に広いのに驚きました。

全部で20席以上あります。

(入口付近の案内)          (意外に広い店内)
カフェ キナ 入口の案内カフェ キナ 店内






逗子は三浦半島の付け根にあたり、鎌倉時代からの歴史も古く・・・。
【送料無料】 三浦半島の史跡みち 逗子・葉山・横須賀・三浦 / 鈴木かほる 【単行本】














メニューは手書きです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−

menu

手づくり  ハンバーグ     900円
ご飯  サラダ付 スープ付   

ビーフカレー  サラダ付    900円
 スモール           700円

梅しらすピラフ         800円
シーフードピラフ        800円
カレーピラフ          800円

なつかしい味 トマトいっぱい使用 サラダ付
スパゲティ ナポリタン     800円

コーヒー、紅茶はセット価格の200円です。
※お1人様に限らせていただきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−


写真左が今回注文した『シーフードピラフ』です。

人のよさそうなマスターが運んでくれました。


海老やイカ、ピーマン、玉葱、卵。
洒落た『ピラフ』というより昔の『焼き飯』のイメージに近いかもしれません。

サラダはピラフの端に小さな器に入っています。
これにスープが付きます。


懐かしい味でした。


昼近くになると、次々とお客さんが入ってきます。
ほとんどが常連さんのようで、1人で来る人が多いようです。


マスターと奥さんはにこやかにテーブルを廻り、お客さんと短い応対をしています。

店名の前に『Gallery・Salon・Cafe』とありますが、壁にはエアブラシの絵などが飾ってあり、ギャラリースペースになっていました。



写真右はランチコーヒーで、200円。
小さな『ハーシーチョコレート』が付いているのも、この店の雰囲気に合っています。


2005年のオープンといいますから、それほど古いわけではありませんが、懐かしい逗子の雰囲気を残している店の1つです。


常連が多いのですが、初めてでも入りやすい雰囲気なのはマスターや奥さんの人柄でしょうか?

(シーフードピラフ)          (ランチコーヒー)
カフェ キナ シーフードピラフカフェ キナ ランチコーヒー






「海の家を一緒にやらないか?」がキマグレン結成のきっかけとのことです。
《送料無料》キマグレン/ZUSHI(CD)





++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 逗子「Cafe Kina(カフェ キナ)」
Gallery・Salon・Cafe

   神奈川県逗子市逗子1−5−5
  TEL 046−872−0405
   営業時間 10:00〜19:00
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | カフェ
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい