2012年06月

2012年06月27日

La bama(ラバーマ)

以前、『ザ・テーブル』というレストランがあった場所に『フュージョンバル』が出来たとのことです。

『フュージョンバル』と言われても即座に想像できませんが、何だか面白そうな感じはします。


場所は、江ノ電七里ガ浜駅から徒歩10秒という話です。



写真左が江ノ電七里ガ浜駅。
でも10秒というのはもう1つの出口、ホームの端の方からだと思います。



メインの改札の前の狭い道には、3軒のレストランが軒を連ねています。

改札を出て左から『スペイン居酒屋 バル デ エスパーニャ モリモリ』、海側のR134沿いから移転した『アマルフィイ ドルチェ』そして今回の『フュージョンバル ラバーマ』です。(写真右)


一番江の島寄りの店が今回の『フュージョンバル ラバーマ』になります。

(江ノ電七里ヶ浜駅)         (駅前の道)
ラバーマ 江ノ電七里ヶ浜駅ラバーマ 駅前の道






丘を下るその向こうに海!映画やCMによく使われる七里ガ浜踏切のTシャツです。
 【鉄道マニア×デザイナーコラボT】〜デッサン・ドローイング〜江ノ島 七里ガ浜踏切 Tシャツ(...













建築にもこだわりのあるという外観は、ちょっと葉山のイタリア料理『OTTIMO』に似た印象でした。


素人にはなかなか理解が難しい『フュージョンバル』ですが、この店は『イタリア料理』と『タイ料理』の融合とのことです。


テラス席を通って、中に入ります。


「いらっしゃいませっ。新規のお客様ご案内いたしますっ!」


元気なイケメンのスタッフが叫びます。
窓際からテーブル席、カウンター、キッチンと並んだ中で、2人用のテーブルに案内されました。

このスタッフのほかには同じように若い男性スタッフがもう1名。
キッチンには厳しい顔のシェフがちらっとだけ見えました。


5月1日にオープンしたこの七里ガ浜店のほかに、千葉とタイのバンコクにも店があるということですが、もしかするとキッチンのシェフは総料理長の野崎敏治氏かもしれません。

(ラバーマ 店頭)          (店内の様子)
ラバーマ 店頭ラバーマ 店内






鎌倉スイーツの人気店『レ・シュー』の焼き菓子、その名も『七里ガ浜』!
一つひとつ丁寧に焼き上げたレ・シュー自慢の焼き菓子詰め合わせ。鎌倉の散歩道 「七里ガ浜」













写真左はテーブルの上のメニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2012 SPRING〜SUMMER

LUNCH MENU

限定10食!フュージョン ランチプレート  1500円

tapas 3点盛り合わせ
・さつま海老のエスカペッシュ(カレー風味)
・ローストチキンの生春巻き
・生ハムマンゴー
プレート
・本日の日替わりデッシュ
 グリーンカレー、カオマンガイ、ガバオ、生パスタetc
ドリンク
・コーヒー、紅茶、オレンジ、グレープフルーツ



スクンビットバーミー            300円
海老と彩り野菜のレッドカレー        800円
ずわい蟹のカニみそトマトクリームパスタ  1200円
ジューシーチキンとカボチャのグリーンカレー 800円
温泉卵がのったシーザーサラダ        800円
本日の気まぐれランチ            900円


+Lunch Set(単品メニューをご注文のお客様限定)
ランチセット Food単品+300円


・サラダ
・スープ
・自家製ピクルス
・コーヒーor紅茶orオレンジorグレープフルーツ


Sweets 本日のシャーベット  +100円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




単品に300円を足すと、サラダやスープなどを付けてランチセットに出来るそうですが、限定10食というので『フュージョン ランチプレート』を注文しました。




この店に来る前に『マンゴー』がおいしいという話を聞いてます。


『フュージョン ランチプレート』にも『生ハムマンゴー』があるのですが、どうせならと『陽だまりマンゴータルト』も追加しました。



ほかにもマンゴーメニューがあるので下に載せておきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Premium Mango Sweets

そのままでもおいしい1/2個    600円
            1個   1000円
マンゴーグラタン          400円
陽だまりマンゴータルト       480円
セレブなマンゴー&タピオカ     380円
花のしずくマンゴープリン      380円
ナムドクマイ マンゴーグラニータ  480円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



さて、写真右は『tapas 3点盛り合わせ』です。

左が『さつま海老のエスカペッシュ』
カレー風味とありますが、基本は甘辛い味付けです。
これはタイ風の味。


真ん中が『生ハムマンゴー』
イタリアの生ハムととろけるような甘いマンゴーとの『フュージョン』です。


モチモチとした皮にローストチキンを包んだ『ローストチキンの生春巻き』はボリュームもあります。
これはやはりエスニックな味わいでした。

(ランチメニュー)         (前菜3種盛り)
ラバーマ ランチメニューラバーマ 前菜3種盛り






行列の出来る七里ガ浜のカレー店『珊瑚礁』のドライカレー。
生クリームと挽肉の豊かなコク■行きつけにしたいあの店の湘南ドライカレー 中辛【鎌倉 七里ガ...













写真左がプレートです。

四角いプレートは4つに分かれ、サラダ、パン、スープなどが乗っていました。
もう1つのスペースは揚げものになります。

皿の周囲にはタルタルソースとトマトソースがかかっていました。


中身はすり身にした海老と白身の魚です。

これは何だろう?



メニューを見ます。

・本日の日替わりデッシュ
 グリーンカレー、カオマンガイ、ガバオ、生パスタetc


『カオマンガイ』『ガバオ』というのが初めて聞く名前だったので、これがどちらかなのかと思いましたが、スタッフに聞くと、


「はい。『海老のすり身と穴子の挟み揚げ』になります。」

そのままのネーミングでした。



写真右がコーヒーと追加で注文『陽だまりマンゴータルト』です。


滑らかなマンゴーとタルト生地のサクサクとした食感。
マンゴーの甘い香りが南国の雰囲気を運んできます。


カウンターの案内には『世界一のマンゴー』とあり、タイランドの契約畑から空輸で取り寄せるタイマンゴーとも書いてありました。


コーヒーを飲みながらショップカードを見ます。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

LaBama 美味しさのひみつ

1.オバマシゲオ・ハマコが福島の清流で育てたお米
2.こだわりの生パスタ
3.世界一のマンゴー
4.温故知新

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ちなみに最後の『温故知新』は総料理長の野崎敏治氏の手がける斬新かつスタイリッシュな料理とあります。


今回はマンゴーでしたが、まだ2つの美味しさが残っています。
『フュージョン バル』は1回ではなかなか理解できません。



夏場の七里ヶ浜ですが、駅前とは言えR134から少し入っているだけに若干は穴場になるのではと思います。


※『ザ・テーブル』のときには2階も使えましたが、現在は『シェアハウス(ゲストハウス』になっているそうです。


(プレート)           (マンゴータルトとコーヒー)
ラバーマ プレートラバーマ マンゴータルトとコーヒー






鎌倉在住の詩人崎南海子さんと同じく写真家の中村冬夫さんの本です。
【送料無料】鎌倉、めぐりあいたい風景







++++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 七里ヶ浜「La Bama」フュージョンバル
   鎌倉市七里ヶ浜1−2−23
  TEL 0467−33−3536
   営業時間 11:00〜23:00(LO:22:00) 
   定休日  火曜日
   http://www.sviluppo.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | レストラン&バー

2012年06月20日

トラットリア フランチェスカ

江の島観光のルートからは少し外れるのですが、今、腰越はイタリア系を中心とするレストランの激戦地になっています。

最初は、日蓮法難で有名な龍口寺から江ノ電腰越駅にかけての『電車道』に出来始めたのですが、最近は江ノ電江の島駅方面にも次々と新店が出来始めました。


今回の『トラットリア フランチェスカ』もその1つです。

ただ、ここはその前も洋食系の店があったので、新店が出来たことがわかりませんでした。

(フランチェスカの建物)        (フランチェスカ 店頭)
フランチェスカ 建物フランチェスカ 店頭





すぐ近くの龍口寺で日蓮は法難に遭ったといわれています。
【送料無料】 竜の口法難の一日 ドキュメント日蓮 / 鏑矢光和 【単行本】















開店少し前だったのでのですが、店の前にはオートバイを降りたカップルが店の入口を見ています。

その後、すぐ近くの日本食の『ゆうがた』や欧風料理の『テイスト オブ リビングルーム 』のあるビルまで行ったのですが、ここでもビルの前には数人がオープンを待っていました。



戻って店に入ると、すでにさきほどのカップルはテーブルについています。

店内は意外に広く、テーブル席が30ほど、カウンター席も7つありました。


若い女性スタッフがメニューを持ってきてくれます。


ランチは3種類。
1200円の本日のランチセット、1600円のパスタパスタランチ、そして2400円のフランチェスカランチです。


すべてのランチに『前菜の盛合わせ』か『三浦野菜のバーニャカウダ』、『ドルチェ』、『エスプレッソ』が付きます。



ランチのパスタとメインは店内の大きな黒板にありました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日のランチセット(1200円)のパスタ
・地鶏と三浦産ズッキーニのスパゲティ 軽めのトマトソースで

パスタパスタランチ(1600円)
・地鶏と三浦産ズッキーニのスパゲティ 軽めのトマトソースで
・新ごぼうのポロネーゼソース クリーム仕立て タリアテッレ

フランチェスカランチ(2400円)
・パスタは上記より1品をお選びください


−メイン−

・メダイのグリル サルサプッタネスカ
または
・大和豚のグリル ハーブとワインビネガーのソース

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


真ん中の『パスタパスタランチ』を注文します。

前菜は『三浦野菜のバーニャカウダ』、コーヒーは50円を足してカプチーノを選択しました。


写真左が最初に来た『三浦野菜のバーニャカウダ』です。

紅芯大根、ミニ人参、2種類のオクラ、ラディッシュ、サヤエンドウ、ミニキュウリなどが入っています。

エンドウ以外はすべて生でした。


「ミニキュウリは花も食べられますよ。」


スタッフに言われて恐る恐るミニキュウリを取ります。

花ごとのキュウリは初めてです。

あまりにも可愛いキュウリなので特有の味はしません。
花は思ったよりパサパサしておらず新鮮な感覚でした。

そのほかの野菜も皆新鮮でおいしかったです。

メニューにも明記してありますが、ここは『鎌倉野菜』ではなく『三浦野菜』です。

メニュー黒板の横の野菜箱にある三浦野菜は毎日届くそうです。(写真右)

(三浦野菜のバーニャカウダ) (三浦野菜の箱)
フランチェスカ バーニャカウダフランチェスカ 三浦野菜





三浦野菜を食べて育つ贅沢な鶏の卵って?
朝採りの三浦野菜をたっぷり食べて育った健康鶏の有精卵。たまごかけご飯でぜひどうぞ。青木農...











『パスタパスタランチ』という名前のとおり、1600円のランチには2つのパスタが付いてきます。

2つだからミニサイズかと思いましたが、それぞれけっこうな量がありました。

写真左は『地鶏とズッキーニのスパゲティー』です。

ズッキーニは小さめに切られていました。

地鶏は挽肉大から大豆くらいまでさまざまの大きさのものが入っています。
食感に差があって心地いい刺激でした。
『軽めのトマトソース』も爽やかです。


写真右は「『新ごぼうのポロネーゼソース』です。
麺はきしめんのように平たい『タリアテッレ』、ほどよく縮れて、これもおいしい食感です。

麺に、ポロネーゼのコクがあってマイルドなソースがほどよく絡んできました。


パスタは自家製の生パスタです。

(地鶏とズッキーニのスパゲティー)  (新ごぼうのポロネーズソース)
フランチェスカ 地鶏とズッキーニのスパゲティーフランチェスカ 新ごぼうのポロネーズソース






鎌倉野菜、三浦野菜に地魚。とれたての食材を使うレストランが増えています。
地球の歩き方鎌倉・湘南とれたて食材レストラン60 おいしくて安心な地元の味【RCPsuper1206】













デザートの『ガトーショコラと海塩ジェラート』が運ばれます。

チョコチップの入った濃厚なガトーショコラとマイルドなアイスを口に運びました。


コーヒーは50円を足した『カプチーノ』
ミルクでハートが描かれています。






新鮮野菜のバーニャカウダにパスタが2つ。
そしてデザートにドリンク。


どれも丁寧に作られて、味もボリュームも満足でした。



カウンターの端にあるレジに向かいます。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。1650円になります。」


支払いの後、スタッフに聞いてみました。


「ここは前は別の店があったよね。」

「はい。オーナーは同じなんですが、シェフが変わりました。」



漁師街からグルメの街へ。
開店前から女性の集まる店が並ぶ腰越は目が離せません。

(ガトーショコラと海塩ジェラート)  (カプチーノ)
フランチェスカ デザートフランチェスカ カプチーノ






腰越は漁港です。地魚ももちろんおいしい!!
【送料無料】湘南の地野菜・地魚




++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 藤沢市「トラットリア フランチェスカ」イタリア料理
   神奈川県藤沢市片瀬3−14−33
  TEL 0466−25−7400
   営業時間 11:30〜15:00(LO:14:30) 
        17:00〜22:00(LO:21:00)  
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | イタリア料理

2012年06月13日

とんかつ しょうざん

逗子から湘南国際村へ向かう神奈川県道27号線です。(写真左)
葉山大道から、左折するこの道は葉山の『山』の風情が味わえます。

また、この沿道は人気のレストランが多いことでも知られています。

葉山の日常を感じる相鉄ローゼンは写真右の葉山郵便局信号のところにあります。

(神奈川県道27号線)         (葉山郵便局信号)
しょうざん 県道27号線しょうざん 葉山郵便局信号






体温で溶けると言う上質な脂の葉山牛。ちょっと高いですが旨い!
神奈川ブランドとろける葉山牛(黒毛和牛)!葉山牛サーロインステーキ 200g











写真左が相鉄ローゼン葉山店。
小さめの可愛らしい店舗が葉山らしいところです。

その先、27号線は坂になっていくのですが、右側にはスイーツの『サンルイ島』とパンの『ブレドール』が並んでいます。

両方とも人気店なので、平日でも駐車場は満車状態が続きます。

やっぱりお洒落な感じがしますよね。

(相鉄ローゼン葉山店)        (サンルイ島とブレドール)
しょうざん 相鉄ローゼンしょうざん サンルイ島とブレドール






逗子・葉山のセレブが通うサンルイ島の上質なチーズケーキ。
サンルイ島 葉山思い出チーズケーキ













さらに坂道を行った、今度は右側に今回の『とんかつ しょうざん』はありました。
沿道に看板があったのかもしれませんが気が付きませんでした。


事前に『とんかつ しょうざん』に行く時は、ペット用品のバッキーを目印にした方が分かりやすいという話を聞いていたので、見つけることが出来ましたが情報がなければ迷ったと思います。


写真左がしょうざんのある建物になります。

記憶する限り建物の外観にも、『しょうざん』という文字はなかったような気がします。


さきほどの『サンルイ島』や『ブレドール』に比べて、華やかさはありません。(笑)


※目印にしていたペット用品のバッキーが今年5月20日で閉店しました。
近い将来、看板がなくなるかもしれません。

その場合は反対側『ハックドラッグ 葉山店』を目印とするのがいいと思いますが・・・。



写真右がしょうざんの入口です。
こちらも目立ちません。
『営業中』とだけ書いてありました。

ドアを開けると急な階段があります。
この横の壁にはじめて『しょうざん』の文字を発見しました。

(しょうざんのある建物)         (しょうざん 入口)
しょうざん 建物しょうざん 入口






湘南にはレゲエが似合う。湘南乃風、“初”のBESTアルバム。
【送料無料】湘南乃風 〜Single Best〜 通常盤









ドアを開けて中に入ると、意外に広いスペースがあります。
階段横が厨房、その奥が30席ほどのテーブル席になっていました。


ホールの女性がメニューをもってきてくれます。

-----------------------------------------

特選海老フライ定食  1680円(1764円)
特選ヒレかつ定食   1680円(1764円)
特選ロースカツ定食  1400円(1470円)
海老フライ定食    1380円(1449円)
ミックスフライ定食  1380円(1449円)
ヒレかつ定食     1300円(1365円)
ロースかつ定食     980円(1029円)
ヒレ串かつ定食    1100円(1155円)
串かつ定食       980円(1029円)

-----------------------------------------


店内にはそのほかにも『ブリの照り焼き定食』や『サバの文化干定食』、ランチの『串かつ定食』などもありました。



「特選ロースと普通のロースはどこが違うんですか?」

「肉の量や質が違います。それから(特選には)・・奴(やっこ)が付きます。」



厨房からは肉をたたく音、そして油の跳ねる音が聞こえてきました。
しばらくして出てきたのが写真右の『特選ロースかつ定食』です。


たしかに大きな『かつ』です。
説明にあった奴、しらすおろし、お新香、そして味噌汁が付いています。



テーブルには特製ソースと醤油、辛子がセットされていました。
サクッと揚がったかつの半分にソース、半分にしょうゆをかけます。

どろっと濃いソースですが、味はフルーティな感じでしつこくありません。
でも、やはり醤油派なので、半分はしょうゆで食べてしまいました。



油ものなので、『しらすおろし』やたっぷりとネギや生姜などの薬味の乗った『冷奴』も有り難い箸休めになります。



お昼に近付くとどんどんお客さんが入店します。

2組の夫婦とセールス風の男の人を除いて、ほかはほとんど作業着のグループでした。


「すみません。ご飯のお替りください。」

髭面の男性がお櫃を差しだしています。


グループにはご飯はお櫃で出てきます。


こちらはお櫃ではありませんでしたが、もうお腹はいっぱいです。




「お待たせしました。『ロースかつ定食』です。

隣のテーブルに運ばれた『ロースかつ定食』をちらっと見ました。


肉の大きさは『特選ロースかつ定食』と目立った違いはないように思えましたが、たぶん中身の肉質での差があるのでしょう。


今度は、普通のロースかつ定食を試してみたいと思いました。


(店内)              (特選ロースかつ定食)
しょうざん 店内しょうざん 特選ロースかつ定食






葉山の人気店”げんべい”がリビエラ逗子マリーナとコラボしたビーサン。
コラボビーサンリビエラ逗子マリーナ×げんべいコラボビーチサンダル(オレンジ・デザインA)


++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 片瀬海岸「とんかつ しょうざん」とんかつ
   神奈川県三浦郡葉山町一色599
  TEL 0468−75−9677
   営業時間 11:30〜14:00 
        17:00〜21:00 
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 逗子・葉山 | とんかつ

2012年06月06日

ディエゴ・バイ・ザ・リバー

写真左は江ノ電の『江ノ島駅』です。
湘南モノレールの『湘南江の島駅』やこの江ノ電の『江ノ島駅』に降りた観光客が主に通るのは、『すばな通り』という昔からの道になります。(写真右)

この通りの両側には飲食店や土産物店などが並び、賑やかです。

(江ノ電江ノ島駅)           (すばな通り)
DIEGO 江ノ電江ノ島駅DIEGO すばな通り







お土産屋さんが並ぶすばな通り、もちろん名物『タコせんべい』もあります。
湘南ちがさき屋のベストセラー!60枚箱入り贈答品・贈り物にオススメ!【60枚:箱入り】【B】湘...













このすばな通りに並行して、江ノ島の海に注ぐ『境川』という川があります。
川の畔(ほとり)にも小さな道が走っていますが、すばな通りとは違って観光客はほとんど見かけません。


今回の『ディエゴ・バイ・ザ・リバー』はこの道沿いになります。

写真左は境川から江の島方面を見たものです。
川の両側にはプレジャーボートなどが係留されており、河口には片瀬橋越しに江ノ島も望めます。

まさしくバイ・ザ・リバー!



店のサイトにはこう書いてありました。

------------------------------------------------
浜辺の生活の中にとけ込んだ地元に愛され続ける海の食堂。
東京駒沢に「東京の食堂」バワリーキッチンがあるように、江ノ島には海の風を大いにはらんだDIEGO BY THE RIVER があります。

バワリーが東京のライフスタイルとシンクロしたように、ディエゴ・バイザリバーも新しいシーサイドスタイルを生み出す場所になることを願っています。
------------------------------------------------




写真右は『ディエゴ・バイ・ザ・リバー』の店です。
ウッディな店の上にはとってもアメリカンなロゴがありました。

店の2階からはウッドデッキも伸びています。

(境川から江の島方面)        (ディエゴ・バイ・ザ・リバー)
DIEGO 境川から江の島DIEGO 店






不思議な猫、オードリーが大活躍するご存じ江の島ワイキキ食堂!
【送料無料】江の島ワイキキ食堂(1)














写真左が店の1階です。
店の横にはサーフボードが並ぶ倉庫などもあります。(写真右)


1階にも客室スペースはありますが、やはりこの店の売りは2階になります。

入口を入って木で出来た狭い階段を上がっていきます。


2階はキッチンを挟んで2つのスペースがあります。
でもやはり『バイザリバー』の風景が見える方が・・・・。


すでに、角の特等席や窓際には先客がいたので、その少し後方のテーブルに席を取りました。

ここからも境川の景色が見えます。


ウッドデッキに続くテーブルには若い子供連れのお母さん8人の女子会、角の席のお母さんも赤ちゃん連れでした。


残念ながら今日は小雨が降ったりやんだり。
人気のウッドデッキは誰も利用していません。

(DIEGO 1階)            (サーフボード倉庫)
DIEGO 1階DIEGO サーフィン






以前BMにサーフボードを積んだ車を見たことがあります。
【BMW専門店Individual】レビューでプレゼントキャンペーン中【BMW純正】 BMW F30 3シリーズ...













真ん中のキッチンには若いスタッフが数人、その中の1人がメニューを持ってやってきます。


-------------------------

LUNCH
<Today’s Special>

タイグリーンカレー   1000
パストラミサンド     950
スモークサーモンときのこのクリームソース 1200

気まぐれランチプレート  1500
 (ライス or パン)

<RICE>
シーフードピラフ      950
オムライス        1000
片瀬しらす丼        500

<BREAD>
アボガドチーズバーガー  1150
チリホットドック      750

<MEAT>
100%ビーフハンバーグ       950
グリルチキングレービーガーリック  1000
ステーキ100%(リブロース)   1000

-------------------------



ハンバーガー、パスタ、などのライトメニューが多いようです。


少しお腹も減っていたので、ご飯もののシーフードピラフを頼みました。
これにはスープと飲み物がセットになっています。



まずはスープ。

『DIEGO BY THE RIVER』のロゴが入ったシンプルなペーパーナフキンの上にスプーンが乗っていました。



写真右がシーフードピラフです。

殻付のあさり、海老、マッシュルームなどが入って、バジルの香りが利いています。


このシュチエーションには、本当はビールなどが合うんだろうなと思いました。


パラソルの下、ウッドデッキにくつろいで・・・・。


通常のルートから離れた川のほとりから、いつもとはちょっと違った江の島を楽しむのも悪くありません。


(スープ)                (シーフードピラフ)
DIEGO スープDIEGO シーフードピラフ






本当はビールが飲みたかった!
江の島神社の祈願水を使用した爽やかなビールです。江の島ビール6本セット [江の島ケルシュ]...





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | カフェ&レストラン
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい