2012年09月

2012年09月26日

京七里(きょうしちり)

今回は鎌倉を中心に、飲食店を展開するアマルフィイグループの会席店『京七里』です。

名前の通り、七里ガ浜のR134沿いにあります。

写真左は、江ノ電『七里ガ浜駅』
しかし、通常の改札口とは反対、江ノ島寄りの改札口を選びます。

江ノ電を使って『京七里』へ行くにはこちらの方が便利です。


改札から50mほどの所にある路地に入っていきます。(写真右)

(江ノ電七里ヶ浜駅)         (駅前の路地)
京七里 江ノ電七里ヶ浜駅京七里 駅前の路地







七里ガ浜の高台から海に向けて坂道を下るとこの踏切に出ます。
 【鉄道マニア×デザイナーコラボT】〜デッサン・ドローイング〜江ノ島 七里ガ浜踏切 Tシャツ(...












狭い路地を進むと、まもなく外付けの大きな階段が目立つ建物が見えてきます。
これが『アマルフィイ カフェ』です。(写真左)

『アマルフィイ カフェ』の駐車場の有った場所に今回の『京七里』が出来ました。(写真右)


鎌倉を中心とする『アマルフィイカフェ』グループですが、この七里ガ浜エリアには5つの店が集中しています。

(アマルフィイカフェ)         (京七里の建物)
京七里 アマルフィイカフェ京七里 建物







アマルフィイと並ぶ鎌倉スイーツの人気店『レ・シュー』の焼き菓子。
一つひとつ丁寧に焼き上げたレ・シュー自慢の焼き菓子詰め合わせ。鎌倉の散歩道 「七里ガ浜」














店の前がR134です。
車の後ろに江ノ島が見えます。

これからの季節は、その横に富士山が見えることも多くなってくると思います。


さて、店に向かいましょう。

会席の店と言うことでちょっと敷居が高いのですが、店の前のメニューにはどんぶりものもあって、1890円とリーズナブルな価格設定になっています。


中に入ると、下から着物姿の女性が上がってきました。

その後ろにはテーブル席とカウンター席が見えます。


「上にも有りますが、どちらに?」

「上の方が(海が)よく見えますよね。」


階段を上がると、ここにもやはり着物を着た若い女性スタッフがいました。


一番見晴らしのいい角の席はすでに埋まっています。
奥には畳の上のテーブル席もありますが、海に近いテーブルに席を取りました。


写真右が席からの景色です。

『珊瑚礁』の建物の横に江ノ島が見えます。




メニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昼会席

金木犀     2625円
秋桜      3465円

丼物 
京七里丼       1890円
金目鯛の卵とじ丼   1890円

サラダ
鎌倉地野菜を使った野菜サラダ  1260円
地魚を使った海鮮サラダ     1575円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


今回も一番安い『京七里丼』を注文しました。(笑)


(R134と江の島)        (テーブルからの景色)
京七里 R134と江の島京七里 テーブルからの景色







窓から見える江の島の隣の屋根が『珊瑚礁』の屋根です。
生クリームと挽肉の豊かなコク■行きつけにしたいあの店の湘南ドライカレー 中辛【鎌倉 七里ガ...














海岸の波の満ち引きやサーフィンなどを見ていると、『京七里丼』のお盆が運ばれます。

『どんぶり』とは言っても丸いものではなく、四角い陶器の器です。(写真左)


「今日のお魚はマグロにイカ、イナダに金目、地ダコになります。お汁は赤だしです。ワサビとお醤油はお好みでおかけください。」


もう1つの小さな器には『イサキのみぞれ和え』が入っていました。


『京七里丼』は三崎の魚と香味野菜のばらちらし風とも書かれています。
最初に香ってきたのはミョウガ、そのほかカイワレ、大葉、胡麻、海苔、そして錦糸卵なども入っています。


さまざまな魚の口当たりと香味野菜の香りを木のスプーンで掬います。



四角い器がきれいになると、2階専属のスタッフの女性がやってきました。
くる。



「お味の方はいかがでしたか?」

「香味が利いていて、美味しかったですよ。」

「有難うございます。」


「ところで、『京七里』だから京風なの?」

「いえ、京七里というのは、アマルフィイがこの七里ヶ浜で大変お世話になっていますので、七里ヶ浜に京(みやこ)を作ろうということでつけられたんです。」


若いスタッフは、その後もけっこう長い時間、オジサントークに嫌な顔もせず付き合ってくれました。



写真右はデザートの小豆のアイスクリームです。
上品な甘さです。

お茶も緑茶からほうじ茶に変わりました。


景色がいいと評判のアマルフィイデラセーラは平日でも混雑しているそうですが、4月に出来たばかりのこの店はそれほどの混み方はしないようです。



会計はテーブルで行います。

1階へ降りて、店を出ようとすると下からちょっと色っぽい女将も上がってきます。


「有難うございました。また、おいで下さい。」



酒も飲まないのに着物姿の女性2人に送られて、昼間からちょっと不思議な気分でした。


アマルフィイグループの会席の店ですが、小料理屋の雰囲気も味わえるなかなか面白い店です。



※実際のルートはメルマガにあるとおり行合橋からR134を通り、帰りに路地を使いました。今回は写真と文章の構成上、行きも路地を使ったようになっています。
ご容赦ください。

(京七里丼)           (デザート)
京七里 京七里丼京七里 デザート







アマルフィイの定番土産は『鎌倉七理サブレ』です。
湘南みやげとお取り寄せ 気になる湘南ブランド一挙紹介 エイムック 【ムック】




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「会席 京七里」会席 地野菜 三崎魚 金目鯛
   鎌倉市七里ガ浜1−3−8
  TEL 0467−31−0021
   営業時間 11:00〜22:00
   (15:30〜17:00 中間クローズ)
   定休日 月曜日(月曜が祝祭日の場合は営業)
   http://www.be-value.co.jp/index.files/Page1187.htm

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

2012年09月19日

ぷてぃぱ

JR逗子駅改札を出て、ロータリーに向かって右に『なぎさ通り』です。
入口付近に「海岸 近道(西浜)」という表示があります。

この道を進むと『池田通り』に当ります。
写真左は『池田通り』から交差点を見たところです。


その交差点付近にかなり広い更地があります。
ここは以前、地元の住宅メーカー『キリガヤ』があったところです。



フェンスの前に看板が見えました。



開発事業の名称 (仮称)オーケー逗子新店
区域面積     2842.12
用途       店舗
高さ       16.95屐蔽肋紕干.地下1階)


来年には駅寄りにある現在のOKストアがここに移ってくる予定です。

(池田通り)              (OKストア予定地)
ぷてぃぱ 池田通りぷてぃぱ OKストア予定地







逗子三兄弟の「純白の花嫁」は小森純の結婚のきっかけとなりました。
★送料無料・速達便・ポイント10倍よりお得なプレゼント付き★♪【送料無料・速達便・おまけ付...

















OKストア予定地の交差点を挟んで、反対側に『アビチェ』というレストランがありました。



『アビチェ』は閉店してしまいましたが、その後にもフレンチレストランが出来るという話を『鎌倉珈琲香房』のマスターに聞きました。



写真左が新しく出来た『Petit Pas(ぷてぃぱ)』の店頭です。
クリーム色の壁に白いテント、清潔そうな外観です。


マスターの話では8月5日のオープンということですから、開店からもう1月くらい経っています。


店に入ります。
以前とレイアウトはほとんど変わっていません。

縦に長い店内に奥に向かってテーブルが並んでいます。
全部で16席。


開店時間から5分ほどでしたが、すでに一番奥には先客がありました。

こちらは入口からすぐのテーブルに座ります。


フランス国旗が張られたドア越しに交差点の信号が見えました。(写真右)

(ぷてぃぱ 店頭)           (店内から信号)
ぷてぃぱ 店頭ぷてぃぱ 店内から








もう夏も終わり、げんべいのビーチサンダルも寂しげです。
コラボビーサンリビエラ逗子マリーナ×げんべいコラボビーチサンダル(ブルー・デザインA)













写真にはないのですが、実はこの日までというオープン記念のドリンクサービスがありました。

ワインでもソフトドリンクでもOKとのことです。

お昼なのでちょっと考えましたが、グラスワインは通常では500円。


「白ワインをお願いします!!」




メニューです。



-----------------------------------------------


    ぷてぃ


 (2000円 税込)


〜 地野菜のぷてぃサラダ、ぷてぃスープ 〜

 フレッシュトマトのゼリーと彩りサラダ

     本日のスープ


〜 メイン 〜

(一品お選びください)

・小坪漁港でとれた鮮魚のポワレ
              マリニエルスタイル

・鴨ムネ肉のロースト
              ちょっぴり甘いマデラソース

・三浦一黒(いっこく)シャモの軽い煮込み

・藤沢みやじ豚のソテー
              グロゼイユソース添え(+500)


〜 デザート盛合わせ 〜


自家製チーズケーキ
レモンシャーベットとフルーツ添え

〜 紅茶orコーヒーorエスプレッソ 〜





    せぞん

 (3000円 税込)


〜 ぷてぃオードブル3種盛り合わせサラダ、ぷてぃスープ 〜

  フォアグラのテリーヌ

    野菜のテリーヌ

 ぷてぃトマトのコンポート

    本日のスープ




〜 地野菜のぜいたくサラダ 〜


    鯛の炙り焼き
   
  地野菜のサラダ仕立て




〜 メイン 〜

(一品お選びください)

・小坪漁港でとれた鮮魚のポワレ
              マリニエルスタイル

・鴨ムネ肉のロースト
              ちょっぴり甘いマデラソース

・三浦一黒(いっこく)シャモの軽い煮込み


・藤沢みやじ豚のソテー
              グロゼイユソース添え(+500)


〜 デザート盛合わせ 〜


自家製チーズケーキ
レモンシャーベットとフルーツ添え

〜 紅茶orコーヒーorエスプレッソ 〜



-----------------------------------------------



2000円コースの『三浦一黒シャモの軽い煮込み』をオーダーします。




ワインで喉をうるおしているとスタッフがやってきました。


「えだ豆のスープです。」


枝豆の香りのする冷たくてコクのあるスープを3口ほどで飲みほします。




写真右は「『ぷてぃサラダ』


「トマトのジュレが入っていますのでスプーンを置いておきます。」


スタッフの女性がサラダの横にスプーンを置きました。


サラダを食べて、下のトマトのジュレを掬います。


ひんやりとした食感。
柑橘系のさわやかな香りとほんのりとした甘味を感じます。

サラダ全体にマイルドな旨みがでています。


「甘いジュレですね。トマトの甘味だけなんですか?」


女性スタッフに聞くと奥からわざわざシェフがやってきて、説明してくれました。


「トマトをミキサーにかけて塩を入れて漉すんです。」

「じゃ、やっぱりトマトの甘味なんですね。」

「でも、トマトだけだと青臭さが残るんで、オレンジなどの柑橘系を少し加えてあります。」


(えだまめの冷製スープ)      (野菜サラダ)
ぷてぃぱ えだまめの冷製スープぷてぃぱ サラダ








9月の海を見ながらのランチも素敵です。
【送料無料】鎌倉・湘南とっても上等なランチ [ オフィス・クリオ ]















写真左はメインの『一黒シャモの軽い煮込み』です。
三浦一黒シャモは県内唯一の地鶏だそうです。


柔らかくてコクのあるシャモ肉にはクリームベースのソースがかかっていました。
中に混じるレバーの独特の旨味がアクセントにもなっていてデリシャス!!


最後はデザートです。(写真右)

爽やかな酸味のレモンシャーベットと自家製のチーズケーキ。

コーヒーとともにいただきます。



「ところで、『ぷてぃぱ』ってどういう意味なんですか?」

「はい。『小さな一歩』という意味になります。」



なぎざ通りの奥の小さなフレンチ。
小さな一歩は順調のようです。

(一黒シャモの煮込み)       (デザート)
ぷてぃぱ 一黒シャモの煮込みぷてぃぱ デザート







逗子のメジャーはやっぱり『キマグレン』ですか。
【送料無料】ZUSHI [ キマグレン ]





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●逗子「Petit Pas(ぷてぃぱ)」フレンチレストラン
   神奈川県逗子市逗子7−6−29 さくらビル1F
  TEL 046−871−1570
   営業時間 11:30〜14:00(LO)
        17:30〜20:30(LO)
   定休日  木曜日
   http://www.facebook.com/frenchPetitPas

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | フランス料理

2012年09月12日

想逢(そわん)

いつもは8月も末になると、少し秋の気配も漂うのですが今年の夏は暑さが続いています。

写真左は若宮大路の真ん中を走る『段葛』です。
さすがに人通りはほとんどありません。

写真右は今回のフレンチ『想逢(そわん)』のある小池ビルです。

(真夏の段葛)             (小池ビルの全貌)
そわん 真夏の段葛そわん 小池ビル






あぶらとり紙の専門店『鎌倉四葩』から夏限定のセット。
離島もOK!全国送料無料!メール便ですぐ発送!夏限定【送料無料】ひまわり花火朝顔セット*鎌...















『小池ビル』の横に路地があります。

やはり名前も『小池小路』です。
『小池ビル』に『小池小路』、特に変わった名前ではないのですが、実は鎌倉時代から続く由緒ある名前なんです。

このあたりに鎌倉神楽の職掌として源頼朝に招 かれた『小池久時』の屋敷があり、現在の小池ビルのオーナーはその末裔になるとのことです。


路地は小町通りまで続いているので、時間がある方は是非。
ちなみに、こちら側にも向こう側にも落ち着いたカフェがあります。


閑話休題。

小池ビルに入りましょう。

2階の奥にこんな看板があります。(写真右)

看板と言うよりアートのようですが、この奥が『想逢』です。

(小町通りまで続く小池小路)    (『想逢』の看板)
そわん 小池小路そわん 看板






このあたりには鎌倉御家人の屋敷がたくさんありました。
【送料無料】 鎌倉源氏三代記 一門・重臣と源家将軍 歴史文化ライブラリー / 永井晋 【全集・双...













先ほどの看板もそうですが、この店の基本カラーは紫。
打ちっぱなしのコンクリートの床と白く塗装した壁に、紫の椅子と紫のカーテンが映えます。

カジュアルな店内には12席のテーブル。
こじんまりとした落ち着いた雰囲気です。



きさくな女性スタッフが水とメニューを持ってきてくれました。


---------------------------------------


2400円コース (+500円でデザート付)
オードブル2品
パン・コーヒー又は紅茶



2400円コース (+500円でデザート付)
スープ
メイン
パン・コーヒー又は紅茶



3150円コース
オードブル
スープ
メイン
デザート
パン・コーヒー又は紅茶



5000円コース
シェフのお任せフルコース



ア・ラ・カルト 400円〜

---------------------------------------



このほかにも夏季限定のメニューがありました。



---------------------------------------

夏季限定

・トマトとバルサミコ冷製パスタ  1050円
・ワンプレートランチ(パン付)  1200円

---------------------------------------




2月のオープンですが、最初はランチが3000円くらいだったような気がします。
かなり行きやすい価格設定になっています。


今回は2400円のコースを選びました。

このコースはさらにAとBがあります。
Aはオードブル、Bはメインが選択できます。



----------------------------------------

〜 オードブル 〜

・スモークサーモンとフルーツトマトのパフェ、ルッコラのシャーベット添え
                季節の鎌倉野菜のテリーヌと共に
・ホタテのポワレ、ラタトゥイユを添えて、トリュフの香るヴィネグレットで
・鴨の燻製とトウモロコシのマリアージュ、フォアグラのラメルを散らして・・・

・セーケン豚のパテ(全て手作りです!)
             フルーツと数種のサラダ添え


〜 スープ 〜

・カボチャの冷製スープ
・カブの冷製スープ



〜 メイン 〜


・白身魚のポワレ、根セロリのピュレとキノコのソテー、バルサミコソース
・仔鴨のロースト、赤ワインソース。フォアグラノクレーム・ブリュレ添え

・牛サーロインのグリエ、マデラソース
・ホロホロ鶏の胸肉と夏野菜のグリエ、粒マスタードのソース

----------------------------------------



魚の方がさっぱりとしていると思ったので、メインの中からは『白身魚のポワレ』を選びました。


まずはパンの籠がきます。


「カンパーニュとミルクパンの2種類です。自家製で焼き上がったばかりです。熱いので気をつけてください。」


アツアツをちぎってバターを付け、出来たての香りととも食べました。

(想逢の店内)             (カンパーニュとミルクパン)
そわん 店内そわん カンパーニュとミルクパン






鎌倉のフレンチ、少ないようですが30軒以上の店があります。
【送料無料】鎌倉・湘南とっても上等なランチ [ オフィス・クリオ ]












スープです。(写真左)

丸いグラスは少し斜めにカットされているので、ちょっと傾いているように見えます。
口当たりのいい、甘くて冷たいカボチャのスープでした。




そしてメイン。(写真右)


「ヒラメのポワレです。こちらがセロリのピュレ、そしてこちら黒オリーブのソースです。」

ヒラメに2種類のソースがかかっています。


ちょっとじゃがいもにも似てほっこりした白いピュレと、甘酸っぱい黒いソースを同時に楽しみます。



こんがりと焦げた皮が芳ばしい、さっぱりした白身魚のヒラメのポワレ。
夏のランチにはうれしいメニューでした。


付け合わせの野菜は。ブロッコリー、茄子、インゲン、シシトウなど。
これも、2つのソースで食べました。







「わー、まるで宝石箱みたいやね。」

「ほんとにおいしそう!」


どこかで聞いたようなフレーズですが、向こうのテーブルで歓声が上がっています。

どうやらオードブルを頼んだようです。



『ホタテのポワレ、ラタトゥイユを添えて、』とスープの『トマトのガスパッチョ』
ではないかと思います。


オードブルもおいしそうです。



最後にドリンク。
フルーツのアイスティーをいただきました。



会計の時にショップカードを取るとスタッフの女性が言いました。


「こっちも持っていってください。」


小さなチラシには店で食べるメニューのほか、惣菜のメニューが載っています。


-------------------------------

店頭にて、パテ販売中!
当店自慢のパテはすべて手切りの田舎風です。

-------------------------------

そのほか、自家製パン、鴨の燻製、ガトーショコラ、鴨のコンフィなどもあります。




「こんなのもやってるですか?」

「はい。もしよかったらまたお試しください。」




いつの間にかキッチンからシェフも出て見送ってくれます。

鎌倉ゆかりのビルの奥、アットホームでカジュアルフレンチです。


(南瓜の冷製スープ)         (ヒラメのポワレ)
そわん 南瓜の冷製スープそわん 平目のポワレ







汗を拭きながら地図を確かめて鎌倉巡り?
染の安坊 本染め手ぬぐい手ぬぐい「鎌倉地図」かまくら/旅行/お土産



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「想逢(そわん)」フレンチレストラン
   神奈川県鎌倉市雪ノ下1−9−24
  TEL 0467−22−1051
   営業時間 10:30〜15:00
        17:30〜22:00
   定休日  水曜日(木曜はディナーのみ営業)
   ※ご予約優先

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理

2012年09月05日

緑青

全長10kmほどの江ノ電で唯一のトンネル『極楽寺洞門』を抜けて、極楽寺駅に着きます。(写真左)

静かなところですが、1976年の『俺たちの朝』に始まり、最近では『最後から
二番目の恋』の舞台になるなど映画やドラマのロケ地としても有名です。

日本の駅100選にも選ばれた、素朴な佇まいの小さな駅を下りて長谷の方面に進みました。

江ノ電の上に掛っているのが通称『赤い橋』と呼ばれている『桜橋』です。
渡らずに坂を下れば成就院を通って長谷に出ます。

(江ノ電極楽寺駅)          (赤い橋)
緑青 極楽寺駅緑青 赤い橋から緑青の道






江ノ電沿線の景色はわずか10kmの中で楽しく変化します。
江ノ電の魅力を走行シーンを中心に沿線の名所を交え紹介するDVD(のりもの)です。江ノ電の四季 ...












橋を渡ってすぐ左を線路沿いに行けば、極楽寺の門が見えます。(写真左)
今回は橋を渡ってそのまま道なりに歩いて行きます。

この先に観光スポットはないので、観光客はほとんど通りません。

まもなく左側に見つけたのが最近出来たというカフェです。


古い木造の建物で、道に沿ったところは全部ガラス戸になっています。
ガラス戸の上、古い木の板に『緑青』と書かれた看板があるのですが、目立つつくりではありません。(写真右)


真ん中の戸を開けて中に入ります。
          
(極楽寺の門)              (緑青の店舗)
緑青 極楽寺緑青 店全景






鎌倉在住の詩人、崎南海子さんの本。表紙は成就院ですね。
【送料無料】鎌倉、めぐりあいたい風景 [ 崎南海子 ]













店の中は、タイプの違うアンティーク風の古いテーブルと椅子が並んでいます。
それぞれ、6席、4席、3席そして樽が椅子になった2席。

一段高くなった奥の部屋から若い女性スタッフが出てきます。


テーブルの上にメニューと水が置かれました。


カフェなので、食事のメニューはあまりありません。


「軽食だとおそばだけ?」

「そうですね。」


『もりそば』と『かわりそば』はどちらも600円とあります。

『かわりそば』は青じそが練り込まれているというので、まずはそちらを注文しました。



おそばだけでは少し少ない気がしたので、さらにメニューを探します。


きまぐれメニューと書かれた中にパンケーキがありましたが、かなり大きいとのこと。
これではちょっと多すぎます。



「甘いものがよろしければ、これなどはどうでしょう?」


スタッフが勧めたのが『バナナブレッド』でした。


飲み物は自家製と書かれた『ジンジャーエール』にしました。


料理はキッチンの少し年上の女性が担当しています。


床の上には黒い小さな犬が一匹。
ゆっくりとした動きです。

スタッフの女性によれば、この店の前身はギャラリー。
オーナーは変わらず、店名もそのときのものをそのまま使っているそうです。

たしかに、カフェの名前にしては『緑青(ろくしょう)』は渋すぎまよね。



そして、このワンちゃん(ロングヘアダックスだそうです)もオーナーの飼い犬で、14歳だとのことでした。


のんびりと、ゆるい雰囲気の中で注文がくるのを待ちます。

(緑青 店内)             (自家製ジンジャーエル)
緑青 店内緑青 自家製ジンジャーエル






長谷から成就院、極楽寺、そして稲村ケ崎のコースも楽しいですよ。
歩いて楽しむ鎌倉湘南 観光+歴史+風景1コース徒歩3時間以内のおさんぽ旅 【単行本】













写真左が注文した『かわりそば』です。
青ジソが練り込まれた蕎麦は、暑い夏にはさわやかな口当たりでした。

予想どおり、ちょっと軽めの食事です。


頼んでおいた『バナナブレッド』がきます。
小さな食パンのような形ですが、しっとりとコクのあるバナナケーキです。


一息ついて、『ジンジャーエール』を飲みます。


これが暑い夏に効きました!!

グラスの底には生姜の粒が残るワイルドなドリンクは、乾いたのどにジンとした爽やかな刺激を与えます。



実は店の前の道をこの先まで行ったことはありません。
スタッフに聞きました。


「こっちは何があるの?」

「そうですね。小学校がありますけど。」


「じゃぁこっちには観光客の人はあんまり来ないね。」

「迷ってくる人はいますが。」


「へぇ。」

「極楽寺が駅からあんまり近いんで、もっと遠くじゃないかと歩きまわって、疲れて入って来たお客さんがありました。」(笑)



極楽寺や成就院の近く、赤い橋を渡ったゆるい雰囲気の静かなカフェ。
迷って入るのも悪くないような気がします。

(変わり蕎麦)              (バナナブレッド)
緑青 変わり蕎麦緑青 バナナブレッド







江ノ電の旅なら一日乗車券『のりおりくん」が便利です。
紅葉の鎌倉・江ノ島 江ノ電小さな鉄道で行く NEKO MOOK 【ムック】




++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 極楽寺「緑青」珈琲と極楽マッサージのお店
   神奈川県鎌倉市極楽寺3−6−14
  TEL 0467−24−6339
   営業時間 10:00〜16:00頃
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい