2012年10月

2012年10月31日

深夜特急

写真左は秋も深まった小町通りです。
涼しくなって心持ち賑わってきたような気がします。


小町通りの路地に『深夜特急』という看板が出ていました。
『深夜特急』といえば、まず頭に浮かぶのが沢木耕太郎さんの紀行小説。

ちょっと気になったのですが、このときは路地を入ることはありませんでした。


今日で看板を見るのは3度目ですが、いままでとは違い、横に女性が立っています。

「この路地でカフェやってま〜す。」

呼び込みにつられて路地に入りました。

(10月の小町通り)         (入口の路地)
深夜特急 小町通り深夜特急 路地






小町通りでは『イワタ珈琲』『門』『珈琲卿 身似虚無』などが老舗です。
【送料無料】休日のカフェめぐり(湘南・鎌倉・三浦・横浜) [ 休日のカフェ製作委員会 ]











この路地は、鎌倉カフェの草分け的な存在の1つ『ミルクホール』につながる路地でもあります。

写真左は、ちょっとレトロなミルクホールの看板です。



『深夜特急』はこの看板の向かいにありました。


路地裏ということで薄暗い店を想像していたのですが、新しくてきれいな外観です。

ただ、入口ドアのガラスの向こうには『すぐ戻ります』という字が見えました。

路地の入口に戻ります。



「店閉まってましたけど。」

「すみません。ダッシュで戻ります。」


小走りでオーナーが店に向かいます。


オーナー1人でやっている店のようです。

(ミルクホールの看板)       (路地から見たミルクホール)
深夜特急 ミルクホール看板深夜特急 ミルクホール






もちろんこのミルクホールも鎌倉カフェの草分け的存在。
SEIBIDO MOOK Guide Series【1000円以上送料無料】横浜・鎌倉カフェブック 2012/成美堂出...












オーナーの先導で『深夜特急』に入りました。

店内は天井も高く、明るい印象です。



キッチン前のカウンター席に座ろうとするとオーナーが言いました。


「どうぞ、ゆっくりとテーブルで。」

「いいの?1人なのに。」

「まだ、早いですから大丈夫です。」


ゆったりと4人がけのテーブルに座りました。

(深夜特急の店)              (店内の様子)
深夜特急 店深夜特急 店内2






ちょっと横須賀線よりですが『カフェヴィヴモンディモンシュ』も人気店です。
【1000円以上送料無料】横浜・鎌倉とってもすてきなカフェ/アトリエ・ルリエ【100円クーポン配...













ランチのメニューです。

-----------------------------------------


ランチセットメニュー



ココナツスープカレーセット    1200円

サラダ+ドリンク付き 
(コーヒー、紅茶、ジンジャーエール、オレンジジュース)

キーマカレーセット        1000円
サラダ+ドリンク付き (コーヒー、紅茶、ジンジャーエール、オレンジジュース)

深夜特急特製ビーフカレーセット  1200円

サラダ+ドリンク付き (コーヒー、紅茶、ジンジャーエール、オレンジジュース)

ベトナムサンドセット        700円

サラダ+ドリンク付き (コーヒー、紅茶、ジンジャーエール、オレンジジュース)

-----------------------------------------


店名の下に『ASIAN CUISINE CAFE&BAR』とあるように、これ以外にも、ベトナムお好み焼き、 深夜特急春巻きベトナム風、もっちり餃子、塩ダレ豚丼などの単品メニューもありました。


今回はキーマカレーセットを注文します。


「『深夜特急』ってやっぱり沢木耕太郎の?」

「はい。」


「よく読まれるんですか。」

「若い頃少し。」


まだ若い頃を振り返るような年ではないオーナーが答えます。


「アジアンの中でもベトナム料理が中心?」

「ベトナム風の私の創作料理です。」(笑)



写真は注文のキーマカリーです。

四角く盛られた黄色いターメリックライスが鮮やかです。
その横には春雨と野菜のサラダがありました。


春雨サラダは胡麻の風味の中華風のタレです。
キーマカレーはスープカレー的な感じでほどよい辛さ、ターメリックライスにはひまわりのタネが乗っていました。



カウンターにボトルが何本か並んでいます。


「夜は何時まで。」

「鎌倉は早いですからね。」


「『深夜特急』なのに?」

「みなさんそうおっしゃいます。」(笑)


ホームページには土日に限り20時までとありました。




開店から3ケ月。
オーナーは関西の出身とのことですが、さばさばした感じでさわやかな応対です。




まだ、メディア掲載は横浜ウォーカーだけとのことでした。
路地裏なので、しばらくは比較的空いている確率が高いと思います。

混雑する小町通りでひと休みというときに知っておくと便利です。

(キーマカレーセット)        (コーヒー)
深夜特急 キーマカレー深夜特急 コーヒー






忘れてはいけないのが豊島屋のカフェ『パーラー扉』、昭和30年の創業です。
【送料無料】湘南とってもすてきなカフェ [ イデア・ビレッジ ]






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「深夜特急」ASIAN CUISINE CAFE&BAR
   鎌倉市小町2−2−4
   電話    0467−23−8872
   営業時間        11:00〜15:00(LO)
   毎週土曜日 隔週日曜日 11:00〜20:00(LO) 
   定休日   水曜日  木曜日
   http://www.shinya-tokkyu.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++











< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | アジアン料理

2012年10月24日

くくる食堂

逗子に最近出来た沖縄料理の店が人気だと聞きました。
場所は逗子文化プラザの向かいあたりということです。

その場所は、『エルバルコ』という名前のスペイン料理店があったところです。
『エルバルコ』はずいぶん前になりますが、このブログでも取り上げたことがあります。

※2005年5月12日
http://blog.livedoor.jp/chefcomi/archives/2005-05.html


駅前ロータリーを市役所の方に進みます。(写真左)

道をわたって京急の踏切を越えると田越川に出ます。
写真右は田越川に架かる清水橋から京急の新逗子駅を写したものです。

 (逗子市役所)              (新逗子駅)
くくる食堂 逗子市役所くくる食堂 新逗子駅と田越川






【送料無料】京急 駅メロディ -オリジナルー [ (BGM) ]











清水橋を渡ると向こうに逗子文化プラザが見えます。(写真左)

写真右が『くくる食堂』です。

このエリアは特にグルメ街というわけではなく、割合に地味な場所です。



南欧風の白いアーチ型の入口が目印ですが、それより1階の『そば席 御清水庵 あん彦』を目標にする方がわかりやすいかもしれません。

(逗子文化プラザ)          (くくる食堂)
くくる食堂 逗子文化プラザくくる食堂 入口2






サンルイ島 葉山思い出チーズケーキ











写真左は『くくる食堂』の入口にかかる看板です。
訪問は10月でしたが、まだ『氷旗』がかかっています。


入口の下には小さなメニュー黒板が置いてありました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日のおすすめは


ソーキ丼    800円


やわらかーく煮込んであるソーキ(豚バラ軟骨)がごはんの上にのってます。


ごはんは白米かじゅーしー(かやくごはん)か選べます。もちろん石焼きも!!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



石焼きのソーキ丼・・・・なんだか美味しそうな気がします。



入口横にはそのほかのランチや単品、ドリンクなどが書かれたメニューが数枚貼ってありました。


写真右は入口から2階に上がる階段です。
ちょっと急ですね。

(くくる食堂の看板)          (階段)
くくる食堂 看板くくる食堂 階段






加工品 ご当地 お取り寄せ八重山そば[500g×3セット](沖縄そば お土産 麺 沖縄 お土産)(02P24A...












ドアが開いていたので、そのまま入っていきます。

道路際にテーブル席、そしてカウンター席。
奥が窓だけ開いたクローズのキッチンです。


まだ、11時を少し過ぎたところですが、窓際にはすでに女性のお客さんが1組座っていました。


先ほどの『おすすめメニュー』以外のランチメニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

ランチメニュー

そば

○沖縄そば定食    880円
○ソーキそば定食   980円
○ラフテーそば定食 1050円


チャンプルー

○ゴーヤチャンプルー定食  880円
○フーチャンプルー定食   980円




○タコライス    880円
○石焼きタコライス 980円
○ラフテー丼    850円
○石焼きラフテー丼 880円


−−−−−−−−−−−−−−−−−


沖縄そばの下には


−−−−−−−−−−−−−−−−−
くくる食堂のおそばの麺は、八重山諸島独特の丸麺を使用しております。
沖縄そばといえば平麺を思い浮かべる方も多いと思いますが、八重山そば
の丸麺も、また違ったおいしさです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−



と書かれていました。


沖縄そばと『おすすめ』のソーキ丼で悩みましたが、やはり第一印象を取ることにします。
ごはんは沖縄っぽい『じゅーしー』(かやくご飯)にしました。



さらに、メニューをよく見るとこう書かれています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
小鉢と漬物、スープ付
※スープをミニそばに変更すると+130円です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−


スープをミニそばに変えます。
こうすれば、沖縄そばも味わうことが出来そうです。


スタッフは3人。
ホールスタッフの若い女性が2人と、キッチンにいる頭に手ぬぐいを巻いた店長さんです。




写真右は『石焼きのソーキ丼』です。

気さくな女性スタッフが(後で店長の奥さんと判明)が説明してくれました。


「こちらのタレを掛けて召し上がってください。」

「辛いんですか?」

「いえ、辛くありません。辛いのでしたらこちらをお使いください。」


カウンターの上にいくつかの小さな瓶が置かれています。


「こちらから、一味唐辛子、胡椒、そしてこれがアカコーレーグース、島唐辛子を泡盛に漬けたものです。」


まずはタレをかけて一口。
柔らかいソーキは付いてきたスプーンでも簡単に切れました。


カリカリのお焦げが芳ばしく、甘辛いタレをかけた『かやくご飯』との組合せもぴったりです。

スタッフの女性が教えてくれた沖縄の香辛料も全部試してみることにしました。

・一味唐辛子
・ピパーツ(島の胡椒)
・赤高麗辛子(アカコーレーグース)

全部に石垣島のロゴが入っています。


恐る恐る試していくうちに、だんだん病みつきになってしまいました。

アツアツの石焼に香辛料の心地よい刺激。
額に汗も浮いてきます。


プラス130円の沖縄そばにも箸をすすめます。
ほんのり甘い出汁と丸麺のそばも旨い!!


「どうぞ、これを使ってください。」


スタッフが団扇(うちわ)を持ってきてくれました。


「みなさん、石焼きを食べると汗が出てくるんですよ。」

「おいしかった。ちょっと癖になりそうな味ですね。ところでソーキは沖縄ってことはわかるんだけど、石焼きにするというのは沖縄では当たり前なのかな?」

「いえ、そうじゃないです。」


これはこの店のオリジナルとのことでした。



この店にはほかにも『石焼きタコライス』や『石焼きラフテー丼』というのがあります。


ただ、残念なことにこの『石焼ソーキ丼』は定番ではありません。


近いものでは、『石焼きラフテー丼』がありますが、こちらの『石焼ソーキ丼』の方が脂っぽくないとのことです。


近いうちに定番に格上げされるような気がするのですが・・・果たして?



安くておいしい『沖縄ごはん』
平日は、近所の会社などからのお客さんが集中する12時から1時は避けた方がよさそうです。

(アカコーレーグース)        (石焼きソーキ丼)
くくる食堂 アカコーレーグースくくる食堂 石焼きソーキ丼






★沖縄県石垣島よりお届けします★★強烈な辛さの万能辛味調味料★  【ゴーヤカンパニー】赤...








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 沖縄料理

2012年10月17日

越南食卓(えつなんたーぶる)

由比ヶ浜通りのベトナム料理店に向かいます。
店までは鎌倉駅から20分ほどでしょうか。

季節もよくなってきましたので、歩いていくことにしました。
西口から御成小学校を通り、路地を進みます。


いろいろなルートがありますが、今日は『鎌倉彫寸松堂』の横で由比ヶ浜通りに出ました。

お城のようにも見えるこの建物は昭和11年に店舗併用住宅として建てられ、鎌倉の景観重要建築物にも指定されています。


古い建物も代が変わり取り壊されてしまうことが多いのですが、このあたりはこのような古い建築物がまだたくさん残っています。

(鎌倉彫寸松堂の建物)       (由比ヶ浜通り)
越南食卓 寸松堂越南食卓 由比ヶ浜通り2






話題になった『最後から二番目の恋』の舞台は鎌倉です。
【送料無料】【複数購入+300ポイント】【準新作ポイント10倍】最後から二番目の恋 DVD-BOX [ ...












由比ヶ浜通りをしばらく長谷の方に進むと、間もなく瓦葺の趣のある古民家が見えてきました。


前から気になっていた古民家ですが、個人家では入ることはできません。
でも、飲食店なら堂々と入ることが出来ます。


写真右はベトナム料理『越南食卓』の門になります。

この家は『越南食卓』のほか『古民家スタジオ イシワタリ』という貸しスタジオにもなっています。

(築85年の古民家)         (越南食卓入口の門)
越南食卓 建物越南食卓 門






御成町から由比ヶ浜・長谷は歴史的に重要な古民家も多く歩いて廻るのも楽しい。
【送料無料】歩いて楽しむ鎌倉湘南















写真左は歩道に置かれた看板です。

板塀に囲まれた門の前に看板が出ていました。


------------------
ベトナム家庭料理

越南食卓
えつなんたーぶる
------------------


『越南食卓』は『えつなんたーぶる』と読むようです。


玄関に入ると『ピンポーン』と呼び鈴が鳴りました。



しばらくすると奥から女性が現れます。
この時点ではわかりませんでしたが、この人が『越南食卓』のオーナーシェフ中野由加さんです。

スリッパに履き替え中に入りました。


(道路に置かれた看板)         (玄関)
越南食卓 看板越南食卓 入口






十一面観音像は、大和長谷寺の十一面観音像と同木から造られたと言われています。
【送料無料】仏像大好。室生寺・長谷寺・海龍王寺・聖林寺 編















「段差があるので気をつけてください。」


案内された室内には4つのテーブルと赤や青のプラスチック製の椅子がありました。

50cmの段差をおりてテーブルに着きます。(写真左)





メニューです。


---------------------------------------------


☆ フエ風混ぜご飯 ☆


色とりどりの具材ののったごはんにヌックチャムかけていただきます。

☆ 鶏肉のレモングラスチリ煮 ☆

たっぷりのレモングラスで鶏肉を煮込みました唐辛子ちょっぴりピリ辛に。


   各1200円



ランチデザート

かぼちゃと白玉のココナッツミルクチェー

かぼちゃをココナッツミルクとお砂糖で甘く煮こみました。

    300円

ランチドリンク

ジャスミン茶(hot/ice)
コーヒー(hot/ice)
ベトナムコーヒー(hot/ice) +200円

---------------------------------------------




「フエと言うのは?」

「ベトナムの都市です。」


「辛くはないんですか?」

「ええ、そんなに辛くはありません。」

「じゃ、これにします。」


頼んだのが『フエ風混ぜごはん』(写真右)です。



大皿にメインの混ぜご飯。
サラダとスープ、小皿には揚げ豆腐のようなものも見えます。

盆の横には箸とスプーンが付いていました。


「お好みで『ヌックチャム』をかけてください。」


小さな器に醤油より透明度の高い液体が入っています。


「魚醤ですね。」

「はい。『ヌックチャム』です。」


言われた通りに『ヌックチャム』をかけました。


『フエ風混ぜご飯』は、ばらちらしのような色彩です。

緑のキュウリ、赤いニンジン、黄色い錦糸卵そして細かく切った豚肉、真ん中には紅白縞模様の海老が乗っています。


でも、中央のご飯はもちろん酢飯ではありません。
お米は、よく見ると少し細長いベトナム米です。


素朴ですが、さっぱりとヘルシーで『ヌックチャム』にも全くくせがありません。

食後に出てきたジャスミン茶を飲みながら、オーナーに聞きました。


「魚醤なのに臭みはないんですね。」

「『ヌックチャム』には一番搾り、二番搾りなどがあるんですが、一番搾りはくせはないんです。」


「知らなかったです。それから『ヌックチャム』って『ニョクマム』と違うんですか?」

「それはですね。開高健さんが『ニョクマム』と言ってから、そう言われることが多いんですが現地の発音では『ヌックチャム』なんです。」



古民家のベトナム料理。
オーナー1人でキッチンとホールをやっているとのこと。


すでに地元グルメの女性には知られているようで、平日でも混んでいることが多いようです。


11時がオープンなので、早めに行くのがポイントかもしれません。
※予約可


(店内の様子)            (フエ風混ぜごはん)
越南食卓 室内越南食卓 ランチ






越南食卓でもベトナムコーヒーが楽しめます。
チョコレートのような甘い香りと深みのある味わいを楽しめる人気のベトナムコーヒーベトナムコ...




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | ベトナム料理

2012年10月10日

六弥太(ろくやた)

写真左は鎌倉駅のプラットホームです。
向かって右から2番目のビルに今回の店があります。

ホントの駅前店ですが、ここに行くのには初めての人は少々手こずるかもしれません。
鎌倉駅西口に出て、すぐ右に進んで、まずはこの横浜銀行のATMを見つけてください。(写真右)

この路地へ入れたら問題は90%解決します。

(鎌倉駅ホーム)          (鎌倉西口)
六弥太 鎌倉駅ホーム六弥太 鎌倉西口






鎌倉の愉しみは東口ばかりではありません。佐助稲荷や銭洗い弁天は西口から。
【送料無料】鎌倉を愉しむ











この路地は人通りが少ないのでつい見逃してしまいます。
人の流れについて行くと、この東西の地下通路にたどりついてしまうようです。

ただ、ここへ来てしまっても大丈夫。
戻ることは必要ありません。

写真左側の白い階段を上がれば先ほどの路地から行くのと同じ道に出ます。

その道が写真右です。


人のいないときに撮ったとはいえ、空いてます。(笑)

通るのはほとんど地元の人で、観光客はあまり見かけません。

(東西地下道)            (ホーム沿いの道)
六弥太 東西地下道六弥太 ホーム沿いの道





萩、桔梗、シュウメイギク秋の鎌倉は落ち着いた雰囲気です。
鎌倉・湘南花とグルメの散歩道 【単行本】













この道の北鎌倉寄りの踏切近くには雑誌などで有名な店が2軒あります。
その1つはアジアンな雰囲気の癒し系カフェ『ソンベカフェ』 、もう1つが写真の鎌倉スイーツの老舗『レ・ザンジュ』です。

これらの店へ行く人はあらかじめ目的を持って行っているようで、ふらりと入る人はそれほど多くはないようです。


さて、右の写真が今回の店『鎌倉 六弥太』です。

店で聞いた知識を先に言ってしまうと『六弥太』とはお豆腐のこと。

だから、看板料理は豆腐になります。



京都の会席で学んだというこの店の主人ですが、その豆腐料理の中心は豆腐ハンバーグ。

※この店では豆腐は豆富と呼んでいるので以下『豆富』と書きます。

ランチはこの豆富ハンバーグ中心のメニューになります。


(レザンジュ)              (六弥太店頭)
六弥太 レザンジュ六弥太 店







御用邸があり、皇族が御成り(来られ滞在されること)が由来です。
【送料無料】鎌倉御成町いまむかし [ 「鎌倉御成町いまむかし」編集委員会 ]










店内には若い主人と陽気な女性スタッフの2人。

以前は焼き鳥屋だったという店内は和の雰囲気です。



スタッフが持ってきてくれたメニューを見ました。



-----------------------------------------

お昼のメニュー  AM11:00〜PM3:00まで

鎌倉バーグ御膳               1200円
鎌倉バーグ御膳とミニちりめん山椒丼     1480円
鎌倉バーグ御膳とミニしらす丼        1480円

-----------------------------------------


最初なので、シンプルな鎌倉バーグ御膳を注文します。


「わさび醤油、柚子胡椒、ポン酢がありますが?」

「わさび醤油でお願します。」


気さくな女性スタッフととりとめのない会話をしたあと、主人ともカウンターを挟んで話しました。


京都の会席料理店などで勉強して、ここへ店を出す前は、『鎌倉小町』という豆富の販売や料理店の会社で働いていたとのことです。



「じゃ、『鎌倉バーグ』っていうのは?」

「私がその店で作ったメニューです。でも、その会社がなくなっちゃたんで豆富は別のところから仕入れていますが・・・。」


「豆富とあとは何が?」

「鶏肉と豚肉です。」

何年もかけて試行錯誤の末作り上げた豆富バーグ。
豚肉と鶏肉、豆富などの分量比は機密事項、タレも秘伝ということです。



写真右が『鎌倉バーグ御膳』です。   
黒い器に乗せられた『鎌倉バーグ』とサラダ、冷や奴とご飯、みそ汁が付いていました。


「ずいぶん大きなハンバーグだなぁ。」

「はい。でも、さっぱりしていますので、大きくても大丈夫です。」


醤油とワサビは好みで調節します。


形よく整えられた『鎌倉バーグ』に箸を入れました。

ふんわりと柔らかい!!

鶏のひき肉の食感も心地よく、ハンバーグでありながら和の風味です。
ご飯もふっくらとおいしく炊けていました。


夜は早く9時までの営業です。
鎌倉豆富と鎌倉産しらすを主体とした一品料理などが出てくるそうです。



「『おでん』もおいしいんですよ。私はまだ食べてませんけど。」

「スタッフには食べさせません。」(笑)


店は明るい雰囲気です。


観光地の中心から駅近の穴場?に移った『鎌倉バーグ』
まだ、移転先を知っている人は少ないと思います。


(店内カウンター席)          (鎌倉バーグ御膳)
六弥太 店内六弥太 鎌倉バーグ御膳






鎌倉ブランドの先がけとも言えるのがこの『鎌倉ハム』です。
鎌倉ハム創業1887年☆ギフトコーナー季節のご挨拶、御祝などのギフトに鎌倉ハムをどうぞ鎌倉ハ...




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「鎌倉 六弥太」豆富・しらす 味彩和房
   鎌倉市御成町13−18 
   営業時間 
   昼の部(定食料理のみ) 11:00〜15:00(LO14:00)
   夜の部(一品料理のみ) 17:00〜21:00(LO20:30)
   ※カウンター席のみで営業
   定休日         火曜日(祝日は営業、翌日は休業)
   http://www1.m.jcnnet.jp/kamakurarokuyata/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜


<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 居酒屋

2012年10月03日

RESTAURANT GARB 江ノ島

9月のちょっとセンチメンタルな海を見てみようと江ノ島まで行ってみました。(笑)
しかし、今年の暑さは・・・・。



汗を拭きながらR134を歩いて茅ヶ崎方面へ進み片瀬橋を越えていきます。
進行方向の左側には人気スポットの江ノ島水族館が見えてきました。


その手前右側に新しく出来た建物がザ・ビーチハウスです。

1Fはパンケーキの『エッグスンシングス湘南江の島店』、2F・3Fと屋上は「Restaurant GARB」が入っています。(写真右)

話題の『エッグスンシングス湘南江の島店』の前には、平日にもかかわらず数十人の行列が出来ていました。


(江ノ島水族館)           (ザ・ビーチハウスの建物)
GARB  江ノ島水族館GARB  店の建物






『えのすい』の人気者はイルカやクラゲだけではありません。
ヘッドポーター ポーター 吉田かばん 裏原 その他雑貨 通販 江ノ島水族館限定 カメロン...












行列の横の階段入口にメニュー看板が置かれていました。
案内の女性スタッフもいます。


ここが「Restaurant GARB」の入口になります。


階段へ向かうとスタッフはマイクで上へ連絡します。

「お一人様、ご案内お願いします。」


2階へ上がります。
半分ほどの入りですが、江ノ島の見える窓際はすでにほとんど埋まっていました。


ピッツアの窯のあるカウンターに席を取ります。

窯は薪窯です。
周辺には細い薪、太い薪が積まれていました。



スタッフはピッツアを頭上でくるくる回すわけではありませんが、板の上で器用に円盤状に伸ばしていきます。

(2階 ピッツアの薪窯)       (2階フロアー内部)
GARB  薪窯P9140133






GARBの最寄り駅3つの中で、一番近いのが小田急片瀬江ノ島駅です。
【送料無料】小田急ロマンスカーえのしま号 30000形 EXE(片瀬江ノ島〜新宿)















さて、ランチです。

ピッツアやパスタ、そのほかのアラカルトにカフェメニュー。
目移りがするほどたくさんあります。

選ぶのも大変なので、大きなメニューに添えられた小さな紙片を見ました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

GARB BURGER

   1200yen

TODAY’S PIZZA

彩り野菜のバーニャカウダピッツア

   1500yen


GARB LUNCH

メイン
 甲州 健味鶏のブランチャ サルサヴェルデ

サラダ
 自家製ドレッシングのグリーンサラダ

スープ
 ゴボウの冷製スープ
カフェ
 コーヒーor紅茶

    
   1600yen   

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



この中の『GARB LUNCH』を注文します。


「はい。パンとライスがありますが。」

「ごはんでお願いします。」


飲み物はコーヒーにしました。


まずはサラダとスープ。
写真はグリーンサラダです。

ほどよい酸味の自家製ドレッシングの野菜サラダは爽やかで、スープはコクのあるゴボウの香りがします。

冷たいスープが夏バテの胃にもここちよく入っていきました。



写真右はメインの『健味鶏のブランチャ サルサヴェルデ』です。


こんがりと焦げ目の付いた『甲州 健味鶏』にナイフを入れます。
皮はカリッと焼けていました。

添えてあるのはジャガイモとベーコンです。

ソースは2つ。
鮮やかな緑と黄色です。


緑のソースは香草の香り。
わずかに酸味を感じます。

シンプルな塩味の鶏肉ともよく合っていました。

黄色いソースはパンプキンソース、こちらは少し甘い季節の味です。

(グリーンサラダ)       (健味鶏のブランチャ サルサヴェルデ)
GARB  サラダGARB  メイン






江ノ電江の島駅からスバナ通りの商店街を通ってくるのも面白い。
江ノ島電鉄1000形“デビュー時仕様”(M)











コーヒーを飲んで食事を終りました。

「ごちそうさま。後で上を見せてもらっていい?」

「はい、どうぞゆっくりご覧ください。」

スタッフは笑顔で答えます。


写真左は3階からの江ノ島です。
やはり2階からの眺めより良好でした。(笑)


写真右は屋上からの江ノ島です。
遮るものはないので、まるごとの江ノ島が目の前にどんと映ります。


R134の向こうには辻堂・茅ケ崎の町も見えました。
残念ながら今日は富士山は見えませんが、十分満足の眺望です。


もらったパンフレットにはパーティープランやBBQプランなども載っていました。
DJブースなどの音響機器やスクリーンなども使ったイベントも出来るそうです。

規模の大きなレストランではありますが、スタッフの対応もよく、使い道もいろいろありそうです。

(3階からの江ノ島)         (屋上からの江ノ島)
GARB  3階からの眺望GARB  江ノ島






屋上からはサザンの茅ヶ崎や富士山まで一望できます。
 ■Z団/サザンオールスターズ CD【江ノ島】 93/9/8発売





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●片瀬海岸「Restaurant GARB」レストラン
   神奈川県藤沢市片瀬海岸2−17−23 
   THE BEACH HOUSE 2・3F
  TEL 0466−22−3355
   営業時間 8:00〜23:00
   ランチ(平日) 11:00〜15:00(LO)
      (休日) 11:00〜16:00(LO)
   ディナー    16:00〜22:00(HOOD LO)
                 22:30(DRINKLO)
   (季節により時間は異なります。)
   http://www.garb-enoshima.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | 洋食
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい