2013年01月

2013年01月30日

洋食 ふたみ

『オムライス』『クリームコロッケ』『スパゲティナポリタン』『海老フライ』『ハンバーグ』『ビーフシチュー』


懐かしい洋食屋さんのメニューです。

フレンチでもイタリアンでもない、いわゆる『洋食』の店は根強く残ってはいますが、新しい店としてオープンすることは最近では珍しくなっています。


そんな洋食店が逗子に出来たと聞きました。


名前も『洋食 ふたみ』

ちょっと寄ってみる価値はありそうです。

逗子銀座を抜けて左折すると、すぐに逗子海岸入口の信号が見えてきます。

(逗子銀座)              (逗子海岸入口)
ふたみ 逗子銀座ふたみ 逗子海岸入口






湘南のいい店、使える店 湘南ローカルが厳選した飲食店ガイド エイムック 【ムック】














逗子郵便局前バス停のすぐそば、店は道に面しています。
建物を正面から見ると白い縁取りの中は落ち着いた茶系の色。

右半分はテイクアウトの窓口になっていました。(写真左)


奥に細長く伸びる店の右半分はレジとキッチン。
左半分は9つのテーブルが並んでいます。



メニューです。

------------------------------------------

オムライス                780円
(スープ・サラダ付)

オムライス と かにクリームコロッケ     980円
(スープ・サラダ付)

オムライス と エビフライ         960円
(スープ・サラダ付)

スパゲティナポリタン           780円
(スープ・サラダ付)

ハンバーグステーキ             880円 ※

ハンバーグステーキ と かにクリームコロッケ980円 ※

ハンバーグステーキ と エビフライ      960円 ※

ロースカツ 又は ヒレカツ   880円 ※

ミックスフライ(エビ・イカ・ヒレカツ) 920円 ※

牛肉のしょうが焼き 880円 ※

カツ丼 850円 ※

日替わりランチ 880円 ※
 
 
※印のメニューには、下記いずれかのセットが付きます。


■ 和セット…味噌汁/ごはん
■ 洋セット…スープ/ライスorパン


------------------------------------------




見事な『洋食屋』さんのメニューです。




「日替わりはカキフライかハヤシライスになります。」


最初、思っていた予定を変更して、日替わりの『カキフライ』セットを注文しました。

実は少し前、生牡蠣を食べに行く予定をノロウィルスのおかげでキャンセルしています。

生牡蠣ではありませんが、急に思いだしたので同じ牡蠣でリベンジです。



(『ふたみ』店頭)            (ランチメニュー)
ふたみ 店頭ふたみ ランチメニュー






カレー醤油洋食屋さんの『カレー醤油』/テレビ・マスコミで常連の人気商品/ゆあさしょうゆ ...
















店のスタッフは4名。

キッチンにいるのはシェフと1名の女性スタッフです。

ホールは2人の女性スタッフで運営されていました。




少し遅れて出てきたアツアツのスープを飲んで、運ばれたカキフライに手を伸ばします。


こんがりと焦げ目の付いた牡蠣が皿の上に5つ。
どれもふっくらとして旨そうです。


タルタルソースが付いていますが、テーブルの塩も少し振りかけました。


「どこの牡蠣なんですか?」

「広島産の牡蠣です。」


サクッとした衣の中はジューシー。
生牡蠣のリベンジを果たしたような気がしました。

(ランチスープ)             (カキフライ)
ふたみ スープふたみ カキフライ






フライ、鍋、バター焼きなど色んなレシピでお楽しみください。【牡蠣、カキ、かき】肉厚でぷり...











食後にコーヒーを頼みます。

今日は少し入店が遅く、食べ終わると2時近くになっていました。

ポチポチと席を立つ人が増えてきます。



最後の客となったので、たっぷりとミルクを入れたコーヒーを飲んで席を立とうとコートを羽織りました。


すると、スタッフの人が声をかけてきました。


「コーヒーのお替りいかがでしょうか?」

「いいんですか?じゃあ。」


そう言われればもう少し飲みたくなるのがいやしいところです。


「でも、もう休憩時間ですよね。」

「2時半までオーダーは出来ますので。今は(お客さんが)途切れていますけどいつもはずっとやってますので、ゆっくりしていってください。」



2杯目のコーヒーを飲んでレジに向かいます。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。980円になります。」



日替わりは880円、コーヒーは420円です。
セットの価格はありませんでしたが、結局コーヒーは100円で飲めたことになります。




ほとんどのメニューが1000円以下。
気楽に入りやすくて、旨い洋食店。


早くも人気なのもうなづけます。






写真右はショップカードです。


「SINCE 1975 TOKYO HIBIYA」

とあります。


開店したばかりなのに何故?


ホームページを見ると・・・なるほどです。

----------------------------------

シェフの紹介〜HPから〜
http://futami.ext.jp/about-us.html         

----------------------------------





食事中もテイクアウトのお客さんがけっこう来ていました。

テイクアウトメニューを一部載せておきます。


----------------------------------

オムライスとエビフライ弁当  630円


ハンバーグ弁当        490円
(ランチライムサービス)

ヒレカツとイカフライ弁当   580円




<お惣菜>
ロースカツ           360円
一口ヒレカツ          130円
エビフライ          210円
イカフライ          120円
カキフライ          130円
オリジナルメンチカツ     210円
自家製カニクリームコロッケ   230円 etc



----------------------------------
 

(コーヒー)               (ショップカード)
ふたみ コーヒーふたみ ショップカード





【送料無料】ZUSHI [ キマグレン ]





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●逗子「ふたみ」洋食
   逗子市逗子6−2−2
   電話    046−887−0447
   営業時間 ランチ  11:30〜14:30(LO)
        ディナー 17:30〜21:00(LO)
   定休日  不定休
   http://futami.ext.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 洋食

2013年01月23日

りせっとCafe

写真左は鎌倉駅の西口です。
向こう側にJRの駅舎、手前は江ノ電の鎌倉駅の駅舎です。


江ノ電鎌倉駅から繋がるのが御成通り。
写真右の入口にあるのが商店街のアーチです。

この反対側には『湘南人御用達』と書いてあります。


観光客相手というよりも地元利用が多い商店街になります。

(JR鎌倉西口)            (御成通り入口)
りせっとCafe 鎌倉西口りせっとCafe 御成通り入口





鎌倉西口には江ノ電の鎌倉駅もあります。
昭和の駅舎シリーズ 第9弾 江ノ電鎌倉駅[さんけい]《取り寄せ※暫定》











今回は『薬膳すぅぷ』の『りせっとCafe』という店です。
同じ名前の店が北鎌倉にありましたが、鎌倉の店は昨年の12月31日にオープンしたそうです。

通りに看板が出ていました。
おばさんが1人、道路に出て呼び込みをしています。


正月明け、体調もいま1つだったのですが、お昼になりました。

『薬膳すぅぷ』もいいのですが、ちょっと物足りないような気がしました。

立ち止まって看板を見ます。

反対側には


『薬膳とまとスープカレー』

と書かれていました。



カレーならちょうどいいかも知れません。

新生銀行の横の路地を入ると『りせっとCafe』の入口がありました。(写真右)

(路地入口)              (りせっとCafe入口)
りせっとCafe 路地入口りせっとCafe 入口






御成町から由比ガ浜、長谷にかけて多くの洋館建築が見られます。
【送料無料】鎌倉洋館スケッチ帖 [ はりがいみちこ ]











中はけっこう広いスペースがありました。
テーブル席が40席くらいあるようです。

注文は入って右側のキッチンの横の窓口です。


「『薬膳とまとスープカレー』をください。」

セットを注文しました。

-----------------------------

薬膳とまとスープカレー     850円
プレミアム シンプル米セット  950円
プレミアム リセット米セット 1000円

-----------------------------




注文を終えて代金を払うと細長い脚の付いた札が渡されます。



「これをテーブルに立てて置いてください。」


スタッフはキッチンとホールで5〜6人くらいでしょうか?
先ほど呼び込みをしていたおばさんもいます。




写真右が『薬膳とまとスープカレー』のプレミアムシンプル米セットです。
単品なら850円ですが、セットなので950円になります。



ご飯は五穀米です。
ここでは五色米と言うようですが、これに付いてきたゴボウチップスを入れてカレーを食べます。




スープカレーの中には、トマト、長ネギ、ニンジンなどが入って細かく刻んだワケギのような緑色の葱も入っていました。

これは長野県中川村の『サラダこねぎ』、トマトは湘南産だそうです。


真ん中に豚肉の塊が見えました。
これも柔らかく煮えています。


食べながら表にあった『りせっと通信 号外』を見ます。



--------------------------------------

『しょうなん薬膳すぅぷ』

陰陽五行論に基づいた薬膳の考えの一つである、人間を6体質に分類し、
体質に合った食材を摂取することで本来持っている免疫力をバランスよ
く発揮できるようになることを
助ける目的で作られたスープです。

--------------------------------------



人間を熱、実、燥、寒、虚、湿など6体質に分け、それに対し身体をあたたかくするなどの6種類のすぅぷが用意されているとのことです。


ただ、残念ながら見まわしてみても、このカレーの効能は書かれていませんでした。


ベースは札幌スープカレーとのことで、味は悪くありません。


個人の好みでいえばもう少しアツアツで出てくればと思いました。



この『りせっとCafe』、北鎌倉のほか東京にも展開しています。
元は湘南の中心にシニアホームなどを運営をしている株式会社サンフォーレという会社です。


まだまだ寒い時期が続きそうです。
体調がいまひとつの時には薬膳で体調を整えるのもいいかもしれません。


(店内)                 (薬膳とまとスープカレー)
りせっとCafe 店内りせっとCafe カレー2





稲村ケ崎で『不識庵』を営む精進料理研究家『藤井まり』さんの本です。
【送料無料】旬の禅ごはん [ 藤井まり ]






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「りせっとCafe鎌倉御成店 」健康ごはん・しょうなん薬膳すぅぷ
   鎌倉市御成町10−4
   電話    0467−53−7030
   営業時間   11:00〜18:00(LO:17:30)
   定休日    不明
   http://www.reset-club.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 薬膳料理

2013年01月16日

渚キッチン

JR逗子駅前のロータリーを進むと魚佐次の横で道は2つに分かれます。
標識には左方向は横浜・横須賀、右方向は葉山・新逗子と書かれていました。

今回の店は新逗子の先なので、右方向に進みます。


市役所の横を過ぎ、京急の線路に沿って行くと写真右の『新逗子駅 南口』が見えてきました。

その少し先でT字路を左に曲がります。

(逗子駅前の分かれ道)        (京急新逗子駅)
渚キッチン 逗子駅前渚キッチン 新逗子駅






ユーミンも2年に1度、逗子マリーナでライブをしてますよね。
【送料無料】Surf & Snow in ZUSHI MARINA vol.16 [ 松任谷由実 ]












写真左はさらに先、田越橋から見た田越川になります。
田越川はここから数百メートルで逗子の海に注ぎます。

ちょっと行きすぎました。
今回の店『渚キッチン』は先ほどのT字路からすぐのところです。

写真右が『渚キッチン』の路地になります。
目印は電柱にある『逗子聖ペテロ教会』の看板、ここを右に曲がります。

(田越川)             (渚キッチンの路地)
渚キッチン 田越川渚キッチン 路地入口






おなじみ逗子三兄弟!!
逗子三兄弟/Z3 DRIVE MUSIC 【CD】










写真左が『渚キッチン』の入口です。

明るい白の壁。
清潔な感じの店です。


下に黒板メニューも出ていました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スピカのパンプレート       1200円


・天然酵母スピカのパン5種に和惣菜をトッピング(ひじき・切干・おからなど)

・本日のスープ(カブとベーコンの豆乳スープ)
・サラダ
・デザート(昔ながらのプリン)
・えらべるドリンク





日替わりごはんプレート       750円
・粗挽きハンバーグ・サラダ
・本日のスープ(カブとベーコンの豆乳スープ)
・小鉢
・えらべるドリンク付        950円
・えらべるドリンク&デザート付  1100円

えらべるドリンク

コーヒーor紅茶orほうじ茶
黒糖しょうが紅茶(+50円)orゆず茶(+50円)

日替わり丼             750円

味噌汁・サラダ・デザート・コーヒー付き



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(渚キッチン 入口)         (渚キッチン 店内)
渚キッチン 入口渚キッチン 店内







逗子はちょうど三浦半島の入口にあたります。
逗子・葉山・横須賀・三浦【1000円以上送料無料】三浦半島の史跡みち 逗子・葉山・横須賀・三...











中に入ります。
キッチンを取り囲むようなカウンター席の奥に女性客が1人見えました。

このカウンター席のほかに、ガラス戸で仕切られたテーブル席もあります。


「いらっしゃいませ。」


キッチンには『渚キッチン』と書かれた黒いTシャツの女性スタッフが2人。

入口近くのカウンター席に座ります。



あらためて出されたメニューをスタッフが説明してくれます。

選んでいると後ろに人の気配がしました。

メニューから顔を上げると、髭を生やした男性が微笑みながら入ってきます。




こちらは『日替わりごはんプレート』の『えらべるドリンク&デザート付』を注文しました。

先ほどの男性は奥の席に座ります。




「お住まいかお近くなんですか?それともお勤めが・・。」

「住まいが近くなんです。」


「平井堅に似てますよね。」

「ハハハ。」

「どちらかというとイチローかなぁ?」


髭の男性は黙って笑っています。


住まいの話が出ているくらいですから、リピーターといっても常連まではいっていないようですが、もうすっかり親しい様子で話が盛り上がっています。






ホームページには二人のスタッフは姉妹で、お姉さんは和食が、妹さんはパンに詳しいと書かれています。


今回注文したのは『日替わりごはんプレート』の『えらべるドリンク&デザート付』です。(写真左)

今日は『粗挽きハンバーグとサラダ』でした。




木でできた盆の上にハンバーグ、小鉢、スープ、ご飯が並びます。

まずはスープ。
豆乳スープの中にはカブなどの野菜と細かく切られたベーコンなどが入っています。

コクがあってマイルドなスープです。


ハンバーグは小さめですが、粗挽きの歯ごたえが何とも言えません。
後から旨みが広がってくるようで旨い!

ゴボウを炊いた小鉢は懐かしい味でした。


そしてご飯。
ふっくらと炊かれたお米はもっちりともして、ほのかな甘みも感じます。
最近でも最高ランクの味でした。




写真右がデザートの『昔ながらのプリン』です。


「うちの母が何でも手作りする人だったんですね・・・・(中略)・・・だからプリンも昔からの味を子供たちにも伝えていきたいんです。ふわとろではなく、カラメルの苦さも含めて。」


たしかにふわとろのプリンと違って、皿の上でゆらゆらと揺れたりせずしっかりと立っています。

カラメルはプリンの上から溢れて下の皿にも溜まっていました。

昭和の懐かしいプリンの味です。


途中でベレー帽を被った若い頃の熊倉一雄氏といった感じのオジサンが現れます。

なかなか味のある人物で、お客さんに如才なく話しかけています。


話を聞いていると、どうやら妹さんの旦那さんのようです。
でも姉妹とはかなり年の差が・・・・・。


「一応、私の弟になるんですけど。」(笑) 

まだまだ話が弾んでいます。


逗子の街中からは少し離れた小さなカフェ。
なんだかドラマの舞台のようなアットホームな空間でした。   

(ごはんのプレート)         (昔ながらのプリン)
渚キッチン 荒挽きハンバーグ渚キッチン デザート






逗子マリーナでヨットを楽しむなんて!
【送料無料】結婚祝い・出産祝い・誕生日プレゼントに体験ギフト!ヨット体験(神奈川県 逗子市...





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●逗子「渚キッチン 」和食ランチ・和食ダイニング& バー
   逗子市逗子6−5−1 藤和5番館W&Gビル 1F
   電話    070−6945−0141
   営業時間   11:30〜14:30
          17:00〜22:00
   定休日    日曜日・祝日
   http://nagisa-kitchen.com/top

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | レストラン&バー

2013年01月09日

長谷「Citrine(シトリン)」

今回はチョコレートショップ&カフェの『シトリン』という店です。

以前にレポートした、長谷にある『シンポジオン』というイタリアン(8月29日)の隣にあります。

江ノ電長谷駅から1分、ほとんど駅前の店ですが、鎌倉大仏や長谷観音と反対側(海側)にあるためちょっと穴場的な店といっていいかもしれません。



写真左は長谷駅の踏切です。
この写真で言えば海は踏切の右側になります。

写真右は海に続く道です。
『シトリン』は、写真の真ん中あたりの建物にあります。

(江ノ電長谷駅の踏切)       (長谷駅海側の道)
シトリン 長谷駅シトリン 海側の道






鎌倉大仏、長谷観音、御霊神社、成就院、長谷は鎌倉古社寺の宝庫です。
鎌倉古社寺辞典












写真左が『シトリン』の建物です。

1階には黄色いテントのビスケットの店と赤いテントのキッシュ&パイの店が入っています。


『シトリン』は2階で、左側の階段を上がったところにあります。(写真右)


実は以前から何度か訪れてはいるのですが、今まで開いていたことはありませんでした。


開店時間は11時。
訪れた時間はそれより後だったことは確かです。

休みの火曜日でもありませんでした。

(シトリンの建物)            (2階への入口)
シトリン 建物シトリン 入口






長谷寺は花の寺と言われ1月は水仙やロウバイ、梅や福寿草などが楽しめます。
鎌倉花手帳















そこで、今日は少し時間をずらして行ってみることにしました。

12時20分。
まだ、開いていません。


今日は是非開店を確かめてみたいと思います。

そこで30分後に行ってみると・・・初めて『OPEN』の札を見ることが出来ました!!



2階へ上って行きます。

ドアを開けて中に入りますが、誰もいません。


「こんにちは!!」

少し大きな声で奥に呼びかけると間もなく若い女性が現れました。


「いらっしゃいませ。」

「あのう、やってますか?」

「はい。」


中は、床も壁も白が基調の明るい雰囲気です。

入口の前にはチョコレートのショーケースが置かれていました。

奥に長く伸びる店の道に面した部分には、キッチンと5席ほどのカウンターがあります。
反対側には小さいテーブルが7つ、14席のスペースがありました。

(メニュー看板)            (室内の様子)
シトリン メニュー看板シトリン 室内






鎌倉大仏からの葛原ヶ岡に抜ける大仏ハイキングコースや海沿いのコースなど散歩道がいっぱいです。
【送料無料】 鎌倉 ぶらっと散歩コース 【全集・双書】















「お茶でしょうか?お食事でしょうか?」

「食事でお願いします。」



ランチメニューのほかにスイーツやドリンクのメニューも置かれます。


------------------------------------------------------

パニーニ                         1200円

 ・グリルド鎌倉ベジタブルwithバジルペアルネーズ
 ・たっぷりシラス&チーズ
 ・ツナと木の子のソテー&チーズ
 ・生ハム&ルッコラ&チーズ


ショートパスタ                       1200円

 ・ミートラグー&カッテージチーズ
 ・ツナと木の子のトマトソース

スパイシーチキンカレー with グリルド鎌倉ベジタブル  1200円



<lunch>



パニーニランチ  1500円

 上記よりお好みのパニーニにサラダピクルス、ドリンク付


パスタランチ   1500円

 上記よりお好みのパスタにサラダピクルス、ドリンク付

カレーランチ   1500円

 サラダピクルス、ドリンク付

ランチビール    500円
ランチワイン    500円

------------------------------------------------------




写真左が注文した『カレーランチ』です。


カレーはスープカレー、中にはグリルされて焦げ目の付いたカブやナス、カボチャや人参などが見えます。


奥に見えるお皿は『サラダピクルス』です。

レンコン、人参、シイタケ、パプリカなどが入って上にチーズがかかっています。

普通のピクルスより酸味が少ないので、酸っぱいのがちょっと苦手でもおいしく食べられます。



スープカレーはスパイシーなパンチはありますが、さっぱりして美味しいカレーです。


カレーの中に鶏肉を発見しました。
骨付きの鶏は柔らかくスプーンで簡単にほぐれます。





後で誤解がわかるのですが、この店はショコラ界の巨匠野口和男氏のチョコレートショップと思っていました。

チョコレートをデザートに注文したい。
そこで、カレーランチの後にチョコレートメニューの中からデザートを頼みました。



写真右がその『グラス オ ショコラ』です。


厚手のグラスには生チョコレートが敷き詰められて、その上に生クリームがたっぷりとかかっています。


柔らかいチョコと生クリームを一口。

滑らかな食感、生チョコレートの味が口内に広がります。


とても贅沢な気分です。

コーヒーとチョコレートを味わってゆっくりと時を過ごしました。




さて、そろそろとレジに向かいました。

「有難うございました。」


2300円を支払います。


「ここは、チョコレートを買うだけでもいいんですか?」

「はい。」


少し間を置いて、遠慮がちにずっと思っていた疑問をぶつけてみます。


「ところで、この店オープンは何時なんでしょう?」


スタッフは申し訳なさそうな顔をしています。


「あの、一応12時ということで。東京から通っているものですみません。」

「一人でやっておられるんですか?」


「はい。」

「土日とかにはオーナーも見えるんでしょう?」


「・・・私がオーナーです。」

「あっ、そうなんですか?じゃ、ショコラティエの野口和男さんは?」



ショコラ界の巨匠野口和男氏に惚れたオーナーがそのチョコレートを扱う店を作ったとのことです。



「今日は12時過ぎにも開いてなかったですね。」

「・・・・・・すみません。今日は遅くなってしまって。」


ちょっと突っ込みすぎてしまいました。

オーナーさんごめんなさい。


ちょっと時間にゆとりを持たせて、12時に開いてなくても少し待ってから訪れてほしいと思います。

(カレーランチ)            (グラスショコラ)
シトリン カレーセットシトリン グラスショコラ






さて、こちらはあの西鎌倉レ・シューの『チョコっと鎌倉』です。
濃厚なチョコレートの風味を存分にお楽しみください。【焼き菓子単品】チョコっと鎌倉



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「Citrine(シトリン)」Chocolate shop and Cafe
   鎌倉市長谷2−17−6 2F
   電話    0467−53−7355
   営業時間   12:00〜18:30
   定休日    火曜日
   http://www.citrine-kamakura.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい