2013年04月

2013年04月24日

秋本

鎌倉は6月に世界文化遺産登録に登録されるかどうかが決まります。
それに合わせて、鎌倉駅の駅舎のリニューアルが進んでいました。

写真左はシートに覆われたJR鎌倉駅です。

「武家の古都・鎌倉」にふさわしいイメージになるそうですが、それまでは工事が続くようです。



さて、今日は小町通りの『秋本』に行ってみようと思います。

目当ては『生しらす丼』です。

しらすはもう解禁はされていますが、生しらすは天気が良く海が穏やかでないと獲ることが出来ません。

幸い今日は風もない晴れ。

さて、生しらすは・・・・。


期待を込めて、小町通りに進みます。(写真右)

(鎌倉駅リニューアル中)         (小町通り)
秋本 鎌倉駅秋本 小町通り






小町通りはシラススポット?
【送料無料】いざ開運!!鎌倉パワスポ散歩 [ まのとのま ]













小町通りに入ってすぐ左側に小さなショッピングモールがあります。

ここは『シーン鎌倉小町』という名前でしたが、上を見ると『I−ZA 鎌倉』と書かれていました。(写真左)


『いざ、鎌倉!』と読んでしまいそうですが、正しくは『アイザ鎌倉』とのことです。

<I−ZA 鎌倉>
http://i-za-kamakura.com/


入口に立てメニューが書かれた立て看板がありました。(写真右)

ここを見れば生しらすがあるかどうかがわかります。


『朝どり 生しらす丼』  1260円


どうやら今日は大丈夫なようです。

(『I−ZA 鎌倉』)           (メニュー看板)     
秋本 I−ZA鎌倉 ロゴ秋本 I−ZA鎌倉 メニュー看板





花の鎌倉、これからは萌えるような新緑がおすすめです。
【送料無料】るるぶ鎌倉’13〜’14












『I−ZA鎌倉』はエントランスの部分の先に円形の中庭があります。
この中庭を取り囲むように建物があり、今回の『秋本』は3階になります。


写真左は中庭を上から見たところです。

もちろんエレベーターもありますが、今日は階段を上ります。(写真右)


この店のオープンは11時となっています。
先日覗いたときは店の外に何人かのお客さんが待っていたので、今日はかなり早めに店に着きました。


でも、まだ店の前の椅子には2人の年配の女性が座っています。


『本日は十一時半より営業致します。』


書かれた紙がありました。


待っているのも退屈なので、中に入って名前を書き開店まで時間をつぶすことにしました。

(I−ZA鎌倉の中庭)          (階段の案内)
秋本 I−ZA鎌倉 中庭秋本 I−ZA鎌倉 階段の案内






鳩サブレー、麦田もちなど小町通りはお土産スポットになっています。
湘南みやげとお取り寄せ 気になる湘南ブランド一挙紹介 エイムック 【ムック】













小町通りをぶらついて分かったのは、しらすを扱う店は多いのですが思ったより生しらすがある店は少ないということです。

冷凍のものもあるようですが、通常生は1日持ちません。
やはり扱いが難しいのでしょう。



店に戻ると間もなく店が開きます。


入口すぐにテーブル席、奥に広い座敷がありました。(写真左)
レジ横のテーブルに座ります。



ホールには着物姿の女性スタッフがテーブルにやってきました。


「何にいたしましょう?」

「あの、表に書いてあった『生しらす丼』をください。」



むろんこのほかにもメニューはたくさんあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鎌倉やさい天丼      1260

しらす丼         1260

天丼           1365     

桜            1890

牡丹(刺身定食)     1890

鎌倉づくし        1995

小懐石          3885

おまかせ         5250

萩            7350

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



おそらく、ほとんどのお客さんは『生しらす丼』なのかと思いましたが、地元客らしい人たちは天ぷらや刺身などほかのメニューを頼んでいました。

後から来た観光のお客さんらしい人たちはやはり『生しらす丼』の注文が多いようです。


写真右が『生しらす丼』です。

白いご飯に釜揚げしらすが乗り、細く刻んだ大葉も敷かれています。
その上にたっぷりの生しらす、一番上にはおろしたショウガがありました。


丼の上に高くそびえています。
生しらすは今日は腰越沖のもののようです。


「生しらすにはお味が付いておりませんので、こちらの土佐醤油をかけてお召し上がりください。途中、こちらの温泉卵をかけていただくとまた別のお味が楽しめます。」


とろけるような、ほんのりと甘い生しらすはまさに旬の味。
臭みはありませんが、とろりとした生しらすにはショウガがよく合います。


上から食べていくと次第に生しらすの割合は減っていきますが、そのかわりに釜揚げの味が加わります。


ここで店の推奨どおり温泉卵を乗せてみました。
予想通りマイルドになったしらす丼もなかなかです。


赤出汁の味噌汁を飲みます。
あっさりとしたしらす丼にメリハリの利いた赤出汁がよく合います。



残った丼を箸でかき込みました。

やはり生のしらすは旨い!!
解禁直後の感想です。



「ごちそうさま。」

「有難うございました。1260円になります。」


財布からお金を取り出しながら聞いてみました。


「ところで、ここは何時から始まるんですか?」

「11時です。ただ、しらすの入荷によって遅くなってしまうことがあって、今日は11時半になってしましました。」



※休日は行列が出来ることもあるようなので注意が必要です。


(座敷とテーブルのある店内)    (朝どれ生しらす丼)
秋本 店内秋本 朝どれ生しらす丼






軽く炙って芳ばしい香り。お酒の肴に最適です。
わずかな塩気と香ばしい磯の香りがほのかに感ずるナイーブな食べ物名産品【たたみいわし】






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「秋本」鎌倉・懐石
   鎌倉市小町1−6−15 アイザ鎌倉(旧 シーン鎌倉小町ビル)3F
   電話     0467−25−3705
   (夜間)   046−872−5539
   営業時間
   昼      11:00〜14:30
   夜      17:00〜20:00
   定休日    木曜日
   http://www.akimoto-kamakura.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

2013年04月17日

鎌倉山倶楽部

裏八幡にあった甘味処『ことのは』でよくお会いしたNさんに聞いた日本料理の店が鎌倉山にあります。

ここは価格設定もランチで4000〜5000円。
料理の評判も良く、予約必須の人気店です。


今日はその店に1000円持って飛び込みで行ってみることにしました。


大船から京急バスで行き、鎌倉山ロータリーで降ります。

鎌倉方面に向かって歩くこと10分弱。
見晴のバス停に着きました。


写真右は、その少し先スイーツの『ル・ミリュウ鎌倉山』駐車場からの眺めです。

『見晴』の名前の通り目の前には山と海の景色が広がります。

(見晴バス停)            (ルミリュウからの眺め)
鎌倉山倶楽部 見晴バス停鎌倉山倶楽部 ルミリュウからの眺め






ローストビーフの店『鎌倉山』はこの近くにあります。
人気レストラン鎌倉山のグルメセット!お客様の贈る「想い」をお届けするギフトショップ:CONCE...











今回の日本料理店『鎌倉山倶楽部』は、先ほどの写真とは反対側のバス停のすぐ横にあります。

写真右が『鎌倉山倶楽部』の門です。

こんな所に予約もなく、1000円札一枚で入っていいのだろうか?



「でも、お茶だけなら大丈夫。お菓子とお茶で1000円でしたよ。」


Nさんから聞いてはいましたが、本当に大丈夫なのでしょうか?
門の横の案内で、ティータイムを確認しました。


門をくぐって階段を上がると店が見えてきます。(写真右)


「こんにちは〜。」

「は〜い。」


奥から現れたのは黒いセーターの上品な年配の女性。
たぶんこの人が女将さんなのでしょう。


「あの、お茶は出来ますか?」

「はい。今日はお散歩ですか?」

「ええ、まあ。」


靴を脱ぐと下駄箱に入れてくれます。

(鎌倉山倶楽部の門)         (鎌倉山倶楽部入口)
鎌倉山倶楽部 門鎌倉山倶楽部 店






鎌倉山は高級住宅地、ここもとっても上等なランチの店です。
【送料無料】横浜・鎌倉とっても上等なランチ [ アトリエ・ルリエ ]











女将さんについて階段を上がります。

通されたのが2階の角の部屋でした。
ガラスのテーブルが置かれた落ち着いた雰囲気の部屋です。(写真左)

角部屋なので、右と左の景色が分かれます。


左には満開は過ぎ葉桜になりかけてはいますが、大きな桜が迫っています。
そして、右の窓からの景色が写真右側になります。

江の島は残念ながら竹藪に隠れていましたが、新緑の向こうには富士山がくっきりと見えます。

向こうの町並みは茅ヶ崎でしょうか、平塚でしょうか?

鎌倉山からの眺望でも最高の部類に入るのは間違いありません。

(2階の角部屋)           (窓からの眺め)
鎌倉山倶楽部 部屋鎌倉山倶楽部 窓からの眺め






味と雰囲気と眺めが揃うベストセレクションはさすがに少ないのですが・・・。
【送料無料】いま人気の横浜・鎌倉グルメベスト・セレクション(2013年)










写真左は、左の窓の景色です。
ときおりハラハラと桜の花びらが散りかかるのが見えました。

まだ、ランチの時間には間があるので他のお客さんはいません。

鳥の声は聞こえますが、あとは鎌倉山の静寂を独り占めです。



ティータイムのメニューです。

----------------------------------

本日の甘味      500円

お飲み物    各  500円

コーヒー
紅茶(ダージリン/アールグレー)

ウーロン茶

ジンジャーエル(辛口)

オレンジジュース。三ツ矢サイダー


----------------------------------


写真右が注文した『本日の甘味』のプリンとコーヒーです。



アイスを食べて、カップのオレンジを掬ってみます。

オレンジ色の柑橘系のソースの下にプリンがありました。
濃厚というのではなく爽やかなプリンです。




11時を少し過ぎました。

お昼のランチが始まればたぶんこの静寂は続きません。


階段を下りていきます。


「ごちそうさまでした。」

「有難うございます。」


今度は女将さんではなくスタッフの女性でした。


「1000円いただきます。」

代金を払っていると表で声がします。


「今日、予約でお願いしましたHですが、車の駐車場はどちらになるでしょうか?」




そろそろお昼のお客さんが来はじめたようです。


日本料理店でのティータイム。
しかも絶景と静寂付き。

開店時間から1時間の貴重な時間はあまり人に知られたくありません。

(窓から見る桜)           (プリンとコーヒーセット)
鎌倉山倶楽部 窓の桜鎌倉山倶楽部 甘味とコーヒー






鎌倉山で『海と山のある暮らし』をする贅沢!
鎌倉海と山のある暮らし




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●鎌倉山「鎌倉山倶楽部」日本料理
   鎌倉市鎌倉山3−5−1
   電話     0467−84−9962
   営業時間
   昼      11:30〜
   夜      17:30〜
   ティータイム 10:30〜16:30
   定休日    水曜日 最終週の木曜日
   http://www.kamakurayama-club.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

2013年04月10日

松原庵カフェ

蕎麦と和食の『鎌倉 松原庵』は以前このブログでも取り上げたことがあります。
(2007年5月9日の記事)
そのときはふらりと入ることが出来ましたが、今では予約必須の店になってしまいました。

その松原庵にカフェが出来たのは知っていましたが、たぶん混んでいるだろうと勝手に思い込んでずっと訪問することはありませんでした。



鎌倉に昔からの友人が訪ねてくるというので、思いついたのがこのカフェです。
ちょっと下見がてら行ってみることにしました。


最寄駅は江ノ電『由比ヶ浜駅』になります。(写真左)


駅からすぐの路地を進むと『かいひん荘』が見えてきます。

この建物は現在は旅館になっていますが、大正13年に富士製紙社長の 村田一郎氏の邸宅として建築されました。(写真右)

(江ノ電由比ヶ浜駅)          (かいひん荘)
松原庵カフェ 由比ヶ浜駅松原庵カフェ かいひん荘






鎌倉のカフェってどのくらいあるのでしょうか?
【送料無料】休日のカフェめぐり(湘南・鎌倉・三浦・横浜) [ 休日のカフェ製作委員会 ]









かいひん荘の路地を挟んだ先に紺色の案内があります。(写真左)
ここが『松原庵』です。


瓦屋根に白壁、きれいに刈り込まれた松。

落ち着いた雰囲気が伝わってきます。



写真右は入り口の門。
長い暖簾がかかっています。

大ざっぱにいえば、門を入って右側の邸宅が『松原庵』、左側が『松原庵カフェ』になります。


(駐車場の案内)           (松原庵入口の門)
松原庵カフェ 駐車場案内松原庵カフェ 松原庵入口







食べログのランキングでは176軒になっていました。
【送料無料】横浜・鎌倉カフェブック(2013-14) [ 成美堂出版株式会社 ]












『松原庵』と『松原庵カフェ』の境目はよくわかりませんが、駐車場の前にこんなプレートがありました。(写真左)


駐車場の向こうに小さな建物が見えます。(写真右)
その前の庭にもいくつかのテーブルが置かれていました。



開店時間から間もないのですが、松原庵には次々とお客さんが訪れています。
しかし、カフェの店には誰もおらずスタッフの姿もありません。

しかたなく、カフェの隅に置いてあったメニューを手にとって店内のテーブルに座りました。




メニューを見ます。

ホットのメニューが松原庵ブレンドなど6種類、アイスメニューが4種類
そのほか紅茶が6種類にアルコールなどが書かれていました。




ケーキセットもあります。


---------------------------------------


ケーキセット     1200円

スコーン2個   +    松原庵ブレンド
             アイスコーヒー
または          ダージリンティー
ガトーショコラ      アイスティー


バナナケーキセット  1300円

バナナケーキ   +    松原庵ブレンド
             アイスコーヒー  
             ダージリンティー
             アイスティー

---------------------------------------



(カフェスペースのプレート)      (カフェの店内)
松原庵カフェ プレート松原庵カフェ カフェの店内







松原庵カフェは鎌倉の隠れ家カフェの代表の1つです。
【1000円以上送料無料】横浜・鎌倉とってもすてきなカフェ/アトリエ・ルリエ













松原庵の庭にはテラススペースがあって、そこにも2組のお客さんがいました。

店から食事を運んでいた女性スタッフがこちらに気がついてやってきます。





「『バナナケーキセット』にしようかな。」

「生クリームがかなりたっぷりありますけど、大丈夫ですか?」


生クリームは好きですが、大丈夫ですかと聞かれると自信がなくなってきました。


「じゃぁ、スコーンセットで。」

「はい。」


飲み物は『松原庵ブレンド』にします。


松原庵ブレンドは深煎りで、ブラジルとマンデリンのブレンドだそうです。



写真左がカフェの前の庭に置かれたテーブルです。
このあと、欧米系の外国人の男女がここに座りました。



スコーンとコーヒーは、渋い年配の男性スタッフがやってきて用意してくれます。



写真右がスコーンのセットです。

白い皿にスコーンが2個。
ブルーベリーと生クリームは別皿に乗っています。


バナナケーキの生クリームはさらにたっぷりなのでしょうか?


スコーンを割って生クリームとブルーベリージャムをスプーンでつけてみます。

割ったスコーンにつくクリームとジャムはわずかです。


食べていくうちにスコーンは少なくなっていきますが、生クリームとブルーベリーのジャムはまだたくさん残っています。


残りのスコーンを生クリームの中に入れました。

何だか上品ではありませんが、誰も見ていません。




カップに砂糖を1つ落とします。


コーヒーは深煎りとのことだが、飲みやすくしっかりとした味でブラックでもおいしい。




「ごちそうさま。スコーンも美味しかったけど、深煎りのコーヒーも飲みやすくて
よかったです。ドリップなんですね。」

「布でドリップしてます。うちの豆はちょっと特殊でオールドビーンズなんです。布とオールドビーンズの相性がいいんですね。」





木々の間から鳥の声も聞こえる隠れ家カフェ。
松原庵は一杯でも、カフェは通りがかりに予約なしで入ることができます。


(カフェのテラス席)            (スコーンセット)
松原庵カフェ テラス松原庵カフェ スコーンセット






路地にある。木立に囲まれている。海に近い。落ち着けるカフェです。
【送料無料】横浜・鎌倉カフェブック(2012) [ 成美堂出版株式会社 ]



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「鎌倉 松原庵カフェ」カフェ
   鎌倉市由比ガ浜4−10−3
   電話     0467−61−3838
   営業時間  11:30〜22:00(LO21:00)
   定休日    無休
   http://matsubara-an.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2013年04月03日

カフェーマル

江の島周辺はこのブログでも何度か取り上げています。
ただ、記憶にある限り江の島の桟橋を越えたことはありません。

特に理由があったわけではないのですが、桟橋の長さとエスカレーターまである参道の階段なのかもしれません。

今回の『カフェーマル』は参道の途中ではなく、平地の部分にあるレトロな喫茶店だと聞いています。


写真左は桟橋から見た江の島です。
史蹟の碑の向こうに江の島シーキャンドルが見えています。

桟橋を渡って正面には鳥居と参道が見えてきますが、今日は手前を左に進みます。


写真右はしらすで有名な『とびっちょ』です。
店の前には早くも人だかりが出来ていました。

(桟橋から見た江の島)         (しらすのとびっちょ)
カフェーマル 江ノ島カフェーマル とびっちょ






参道で外人さんが大きなタコせんべいにかぶりついているのを見ました。
湘南名物タコせんべいをさわやかなしそ風味にアレンジ!【B】湘南名物江の島タコせんべい(しそ...











『とびっちょ』の前に神社が見えますが、ここを左折して路地に入ります。
ちょっとわかりにくい場所なので、実を言うと少し迷ってしまいました。


写真左が『カフェーマル』の外観です。

周辺には不揃いの椅子とテーブル。
建物には蔦がびっしりと巻きついています。

なるほど『レトロな喫茶店』と言うのは本当でした。

これも古い字体で書かれた『カフェーマル』というスタンド看板の横を通って中に入ります。




入口の向こうにテーブルがあり、その先にはカウンター。

出てきた女性オーナーは、さらに奥、カウンターの向こうにあるスペースに案内してくれました。

この部屋にはすでに1人の若い男性客がいます。

隣のテーブルに席を取りました。


座ったテーブルの横にも小さなスペースがあって、そこにも雑然とテーブルと椅子が置かれています。

古い絵や、白い天井に下げられたシャンデリアにもレトロ感が漂っていました。

(カフェーマルの外観)          (レトロな店内)
カフェーマル 店2カフェーマル 店内2






タコせんべいのほかにも海産物や海苔羊羹などたくさんのお土産があります。
湘南みやげとお取り寄せ 気になる湘南ブランド一挙紹介 エイムック 【ムック】














オーナーがメニューを持ってきてくれます。


-----------------------------------

ワンコインランチ

各500円

1.ライスカレー
2.ハヤシライス
3.トマトスープとパン
4.クラムチャウダーとパン


ブレンドコーヒーとりんごのケーキ  800円

カフェオーレ
ゆず茶
ミルクティー            500円

ココア
カフェモカ             600円

-----------------------------------



ランチはワンコイン。
最近はこう表記することの少ない『ライスカレー』を注文しました。


コーヒーはブレンドとペルーチャンチャマイヨです。
どちらも値段は変わらないとのことで後者を選びました。


ワンコインでなんだか儲かったような気がして、さらに焼き立てワッフルも追加します。



隣のテーブルにコーヒー、こちらにも水が運ばれました。
オーナーにちょっと声をかけます。


「あの、この建物、築何年くらいになるんですか?」

「10年くらいですね。」



戦後まもなくですとか、もう築50年になりますなどという答えを期待していたのですがあっさりと外れてしまいました。


「古い材料を持ってきて建てたんです。」


話はそうそう筋書きどおりにはいきません。



写真はワンコインのライスカレーです。


ライスには枝豆がちりばめられ、青海苔も少しがかかってます。
よく煮込まれた懐かしいカレーで、パイナップルも入っていました。


写真右は、食事の後でと頼んだコーヒーとワッフルです。

チャンチャマイヨに砂糖を1つ入れます。


サクサクした温かいワッフルを口に運びました。



築年数は比較的新しいのですが、レトロ感たっぷりの喫茶店です。

賑わう春の江の島の中の静かな店で、ゆっくりとマイルドなコーヒーを味わうのも一興です。


(ワンコインのライスカレー)       (ワッフルと珈琲)
カフェーマル ライスカレーカフェーマル チャンチャマイヨ





シチリア産のレモン果汁を使った鎌倉ビールのご当地サイダーです。
鎌倉ビールのご当地サイダー☆江の島鎌倉サイダー340mlビン× 1ケース(24本入り)











コーヒーを飲み終わってレジで気になっていることを聞いてみました。

「ところで、変なこと聞きますけどあの事件で有名になった猫、どの当りに居るんでしょう?」


「『グレーちゃん』ですか。参道の中腹あたりではないでしょうか。」


事件とはパソコン遠隔操作事件のことで、真犯人を名乗る人物が首輪を付けた猫が『グレーちゃん』という名前です。


参道の階段を上るとだんだん息が切れてきました。
人ごみで『グレーちゃん』もどこか路地の奥に隠れてしまったようで見つかりません。


捜索を諦めて、階段から通ってきた桟橋を眺めました。(写真左)

『グレーちゃん』は見つかりませんでしたが、代わりの島猫を見つけて写真を撮りました。(写真右)



築10年の蔦のからまるレトロな喫茶。
賑やかなメインルートとはちょっと違う江の島も楽しいですよ。


(島の中腹から桟橋を見る)       (路地の島猫)
カフェーマル 桟橋カフェーマル 島猫






ワイキキ食堂にいる猫、オードリーも島猫なのでしょうか?
【送料無料】江の島ワイキキ食堂(1) [ 岡井ハルコ ]








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「カフェーマル 」カフェ
   藤沢市江の島1−6−5
   電話     0466−27−7939
   営業時間  12:00〜19:00
   定休日        木曜日
   http://ameblo.jp/enoshimacafemaru/

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | カフェ
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい