2013年05月

2013年05月29日

會(Kuwai)

写真右は江ノ電の江ノ島駅です。
この駅から江の島弁天橋まで続く『スバナ通り』が始まります。

5月も気候の変化が大きかったのですが、今日は暖かです。
江の島まで行ってみようと思いましたが、かなり風もあるようです。

島まで行くのは断念して、以前見かけた店に行くことにしました。


写真右はスバナ通りの様子です。
平日の昼間はこんな感じです。

(江ノ島駅の江ノ電)          (5月のスバナ通り)
會 江ノ電江ノ島會 スバナ通り2






江の島が舞台の漫画と言えばやはりワイキキ食堂でしょうか?
【送料無料】江の島ワイキキ食堂(1) [ 岡井ハルコ ]











スバナ通りが終りに近づくころ、写真左の様な左へ折れる道が見えてきます。
電飾の看板には『ほてる 彩夏(あやか)』と書かれています。

江の島に向かう人がほとんどなので、ここを曲がる人はあまりいません。

がらんとした道を進むと向こうには江の島の海が開けてきます。

(スバナ通りの曲がり角)       (向こうには江の島の海が)
會 曲がり角會 路地の向こうに






『海街diary』も湘南の海が舞台でしたね。 
【送料無料!】海街diary 全巻セット (1〜5巻) 吉田秋生 小学館













さらに進み、R134の右手を見るともちろん江の島も見えてきます。

ただ、今回はそこまでは行きません。

R134に出る手前に今回の店があります。




左手の建物にネオンの文字が見えます。
緑の枠に赤い文字で『Kuwai』と書かれています。


日本語では『會』
『会』ではなく難しい方の漢字が使われています。


ちょっと昭和の香りもする雰囲気です。



下記は店の前のメニュー看板です。

-------------------------

本日のサービスランチ

Aランチ   800円
湘南ナポリタン

Bランチ  1050円
しらす丼

Cランチ  1260円
和風ハンバーグ

全て Coffee付

-------------------------


そのほか『ビーフシチュー』という幟も立っていました。

(R134と江の島)           (『會』の店頭)         
會 江ノ島會 店頭





これは鎌倉のミステリー。西岸ワールドが堪能できます。
【送料無料】鎌倉ものがたり 29 [ 西岸良平 ]













店を入ると客席は2つに分かれていました。

左側は半分くらい埋まっていましたが、右のソファの置かれたスペースには誰もいません。


こちらに席を取ることにしました。



ホールには2人の女性スタッフがいます。
前に見えるカウンターにときどき顔を出すメガネの男性がオーナーのようです。




あらためて店内のメニューを見ました。

3種類のランチは和・洋が混じっています。

そのほか幟にあったビーフシチューも名物のようですが、今日の予算を少しオーバーしてしまいます。


『しらす丼』には生しらすも入っているようです。

生しらすは禁漁期の冬場以外は通期であるものですが、何となく旬は春から初夏と勝手に思っています。

注文は『しらす丼』にしました。





江の島の前ですが少し路地に入っているので、比較的観光客は少ないように感じます。


お昼に近づいてくるに従って入店する客も地元客風です。
こちらのソファのスペースにも家族連れが席に着きました。






「お待たせしました。『しらす丼』です。お醤油か土佐醤油をかけてお召し上がりください。こちらはうずらの卵です。お好みでしらすにかけてください。」



飾り気のないシンプルな『しらす丼』です。
釜揚げしらすの上に生しらすが乗って、その横におろし生姜が付いています。

そしてワカメのスープ。


生姜おろしと生しらすを混ぜて食べていきます。
このあたりはしらすの揚がる腰越漁港とも目と鼻の距離です。

生しらすの命は鮮度。
そういう意味で間違いのない立地です。



ドリンクのコーヒーがきました。

しらす丼とコーヒーというのも江の島っぽい感じがします。



今ではあまり使われていないようですが、『東洋のマイアミビーチ』というキャッチフレーズが盛んだった昭和の頃、鎌倉や江の島の海岸は雑多なものが入り混じった活気がありました。


ちょっと感慨にふけってコーヒーを飲みます。





会計に向かいます。


「有難うございました。」

「ごちそうさま。難しい方の『會』なんだね。」

「オーナーが会津の出身なんです。」


海のない会津のオーナーが、昔の湘南の雰囲気を再現しているのも面白いと思いました。


後で見てみると『喜多方いためそば』『桜刺し』などの郷土料理もあるようです。

(店内の様子)             (しらす丼)
會 室内會 生しらす丼







北条の時代まで遡るとこんな漫画もありました。
1,500円以上お買上げで送料無料!!【漫画】鎌倉秘恋 北条恋ヶ谷 全巻セット (全1巻) / 漫画全...





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「會(Kuwai)」てぃ&ブレンドキッチン
   藤沢市片瀬海岸1−11−20シルフィード湘南1F
   電話     0466−27−1901
   営業時間   11:00〜23:00(LO:22:30)
   定休日    第一・第三月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)
   Facebook http://www.facebook.com/tiandbrendKuwai
++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



blogram投票ボタン





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | レストラン&バー

2013年05月22日

あら珠

アマルフィイなどのレストランを展開する(株)ビィ・バリューの店が目立っています。

イタリア料理の店ばかりではなく、『鎌倉こまち市場 風凛』や『会席 京七里』 など和食の店もあり、今回の店名も『季節料理 あら珠』です。


写真左は小町通りの終わり、この少し先に鎌倉十井の1つ『鉄(くろがね)の井』があります。

ここを抜けたところからが『横大路』と呼ばれる昔からの基幹道路になります。(写真右)

『季節料理 あら珠』もこの『横大路』沿いにあります。

以前蕎麦の『一茶庵』があった場所です。

(小町通り八幡宮側)            (横大路)
あら珠 小町通りの終わりあら珠 鎌倉街道






流鏑馬道がすべての鎌倉街道の起点だそうです。
【送料無料】【バーゲン本】鎌倉街道伝説 [ 宮田 太郎 ]














写真左は店の先、八幡宮の太鼓橋のところです。
連休の後なので、それほどの混雑はありませんね。


写真右が今回の『季節料理 あら珠』です。

以前と基本的なレイアウトは変わりませんが、車止や竹垣、植木などは新しくなっているようです。


(鶴岡八幡宮)             (あら珠 店頭)
あら珠 鶴岡八幡宮あら珠 店頭






四季ごとに変わる寺社の景色は鎌倉めぐりの楽しみです。
鎌倉一悠久の時を経ても色あせない、古都の息吹。鎌倉百景 〜寺社と路、季節を巡る古都の旅〜











店の横にあった売店は、『鎌倉七里サブレ』などアマルフィイドルチェの販売所になっていました。


店頭にあるメニューのところには、『七里ヶ浜 アマルフィイの姉妹店 4月24日にオープンしました。よろしくお願いいたします。』と書かれた紙が貼られています。


外から中を覗きました。
まだ、席に余裕はあるようです。


「いらっしゃいませ。」

中に入ると女性スタッフから声がかかります。


店内はいくつかのスペースに分かれていました。
スタッフは一番左のスペースに案内します。



テーブルからはきれいに整備された灯篭のある和の中庭が見えました。

先客は1組、年配のご夫婦だけです。

(アマルフィイ売店)           (室内)
あら珠 アマルフィイ売店あら珠 室内







『武家の古都』としては世界遺産には認められませんでしたが・・・。
【送料無料】武家の古都、鎌倉 [ 高橋慎一朗 ]











メニューです。

--------------------------------------

あら珠 弁当


+ ミニそば付 +300円(税込315円)


「弁慶」

八寸 煮物 焼物 お食事 甘味

2000円(税込 2100円)

「静」

八寸 お造り 煮物 焼物 お食事 甘味 果物

2500円(税込 2625円)


「義経」  要予約

八寸 お造り 煮物 焼物 揚物 お食事 甘味 果物

3300円(税込 3465円)



そば

天ぷらそば「雪ノ下」

1600円(税込 1680円)

鴨汁つけそば「小町」

1500円(税込 1575円)


当店ではつなぎを一切使わない十割そばをご提供しております。
石臼で挽いた生きているそば粉を100%使用し、栄養価の高い
本物の味わいと風味をご賞味いただけます。


ご飯物

「稲村ケ崎」 天重

1430円(税込 1500円)


「由比ヶ浜」 香味野菜たっぷりのちらし風

1430円(税込 1500円)

※お食事ご注文の場合コーヒー 300円

--------------------------------------




「一番先にある『弁慶』がおすすめですか?」

「そうですね。でもお蕎麦でしたら、こちらの『天ぷらそば』や『鴨汁つけそば』などもいかがでしょうか。よろしければお弁当に『ミニそば』をお付けすることも出来ます。」


お蕎麦のところには10割そばと書かれていました。




結局頼んだのは松花堂弁当の『弁慶』です。(写真左)


「お待たせしました。こちらは鶏牛蒡のご飯になります。」


説明が続くと思ったのですが、それで終わりのようだったので聞いてみました。


「こっちは何ですか?」

「はい。さわらの西京漬けです。こちらは煮ものになります。」


説明は最初の品だけが基本のようで、あとは簡略化されています。


まだ、開店したばかりでスタッフはまだ慣れていないのかもしれません。



八寸には『生麩の菓子』『白和え』『サツマイモ』等、煮ものの皿には『里芋』『海老』『エンドウ』などが入っていました。


お吸い物はタケノコです。


基本薄味の上品な味付けでした。



お茶は時々注いでくれます。


「連休は大変だったでしょうね。」

「はい。おかげさまで混んで混んでいる日が多かったです。」



最後にデザートがきました。

「フランボアーズのアイスになります。」


さっぱりとさわやかなアイスを食べていると、少しずつ席も埋まっていきます。


入れ替えてくれたお茶を飲んでレジに向かいました。



「有難うございました。2100円になります。」



レジはベテランの男性のマネージャーです。


「ごちそうさま。けっこう中は広いんですね。席はどのくらいあるんですか?」

「はい。60席あります。」


正面には畳の上にテーブルが置かれたスペース。右側には座敷もあるようです。


観光の中心にある店ですが、落ち着いた雰囲気で食事の出来る場所になりそうです。


(松花堂弁当)           (フランボアーズのアイス)
あら珠 御膳2あら珠 フランボアーズ






鎌倉幕府の成立は1185年に変わったようですが滅亡の年は?
【送料無料選択可!】鎌倉幕府の滅亡 (歴史文化ライブラリー) (単行本・ムック) / 細川重男






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「季節料理 あら珠」御膳 会席 石臼そば
   鎌倉市雪ノ下1−8−23
   電話     0467−39−6221
   営業時間   お昼の献立 11:00〜15:00(LO)
          夜の献立  17:00〜20:00(LO)
   定休日    年中無休

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食

2013年05月15日

ブランチキッチン

何となくパソコンを見ていたら、湘南経済新聞の記事が目にとまりました。
小町通り近くにレストランとカフェが併設する店が出来るということでした。

レストランは「ブランチキッチン」カフェは「マーサ―カフェ」という名前です。

湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/headline/1719/


レストランはブランチの専門店?

食のジャンルでは、『とんかつ』や『うなぎ』など食材から取ったものや『フレンチ』や『イタリアン』など料理の発祥地から取ったものは知っていますが、『ブランチ』専門店という分類は聞いたことがありませんでした。

ランチやディナーは食べる時間帯を言っているわけですが、ブランチと言うのははそれだけではないような気がします。

そもそも、ブランチなどという優雅なものは記憶にある限り経験したことはありません。


ブランチなどという習慣が鎌倉に根付く前に行っておいた方がいいような気がします。(笑)


小町通りを進み、聖ミカエル教会のところに来ました。

(小町通り入口)            (聖ミカエル教会付近)
ブランチ 小町通り入口ブランチ ミカエル教会





新緑を過ぎるとあじさいの季節。これからの鎌倉も素敵です。
【送料無料】エリアガイド鎌倉











教会の先の路地を左折します。(写真左)

曲がった路地は比較的広い道で、鎌倉フレンチの『それいゆ』やパスタの『小町まちえぇる』などもあります。

『それいゆ』を過ぎると、ガラス張りの建物が見えてきました。

(小町通り十字路)          (ブランチキッチンの路地)
ブランチ 交差点ブランチ 路地






昭和の小町通りにブランチの店はありませんでした。
【1000円以上送料無料】鎌倉小町百六番地 昭和はじめの子どもたち/磯見辰典【RCP】











写真左が『ブランチキッチン』の店です。

洒落た店構えの前にメニューがありました。



メニューの横にスタッフが立っています。

メニューを見ていると、声を掛けられました。


「3日前にオープンしたブランチの専門店です。こちらにディナーのメニューがありますが、このガッツリした本格的な料理とフレンチトーストのセットになります。」

「ブランチねぇ。」

「六本木などは朝から行列が出来るほどですが、鎌倉はまだ・・・・。」



現在は正しいブランチに近い11時過ぎです。
不安定な天気のせいもあってまだ行列は出来ていません。


「ここからでいいの?」

「はい。どうぞこちらから。」


実はこの店、道に面しているのは同じ経営の『マーサーカフェ』というカフェ。
ブランチの店はその奥にあります。


カフェの奥の『ブランチキッチン』に着きました。
こちらはスペースがふたつに分かれています。

奥のスペースは板張りでゆったりとしたソファが並んでいました。
手前の床はレンガで出来ています。

このスペースには外に面した2人掛けのテーブルと、レンガで作られた暖炉の席がありました。(写真右)




奥はすでに数組の客が座っています。
暖炉の部屋は、女性の1人客だけだったのでこちらのスペースに席を取りました。


ときどき風が吹いてきます。
天井を見上げると、上は白いテントになっていました。

今日の天気で雨は大丈夫なのかちょっと心配です。

(ブランチキッチンの店)        (室内の様子)
ブランチ 店ブランチ 室内





狭い鎌倉ですから、歩いて回るのが一番です。
【送料無料】歩いて楽しむ鎌倉湘南












スタッフが来ました。
テーブルのメニューを見ます。



-------------------------------------------------


Brioche French Toast Brunch    1600

※ブリオッシュフレンチトーストが2枚付きます。


A.ノルディックサーモンのマリネ+スクランブルエッグス又は目玉焼き

B.サーモンのグリル+スクランブルエッグス又は目玉焼き

C.大山鶏のグリル+スクランブルエッグス又は目玉焼き   +200

D.サーロインステーキ+スクランブルエッグス又は目玉焼き +300

E.サーモンのタルタルとアボガドとポーチドエッグディルソース


F.鉄なべ 和牛ミンチとナスのトマト煮込み

G.鉄なべ サーモンとホウレンソウのクリーム煮込み

H.6種の野菜とスパイシーグリルチキンのサラダ ポーチドエッグ添え パルメザンドレッシング




Homemade Bread Brunch          1500


I.オマールエビとフレッシュトマトのオムレツ オマールクリームソース

J.ウニとホタテのオムレツ ウニクリームソース



Brioche French Toast           1200


-------------------------------------------------


ブランチの取り方がよくわからないのでスタッフに聞いてみます。


「そうですね。ガッつりということでしたらサーロインステーキ、軽くということでしたらノルディックサーモンのマリネなどでしょうか?」



間を取って大山鶏のグリル、卵はスクランブルエッグスを注文しました。

左の写真が『大山鶏のグリルとスクランブルエッグス』です。

皿の真ん中にはラタトゥィユが乗っていました。


焦げ目の付いた大山地鶏を切っていきます。
カリッとした皮、コクのある肉質の鶏肉です。


ブリオッシュフレンチトーストは表面が少しカリッとしてほんのり甘い。
思ったより軽く、遅く起きた朝にぴったりな感じです。


食後に頼んだコーヒーがきます。


テーブル席の先にはレンガで囲ったスペースがあります。
ここも客席になっていて、真ん中の暖炉には炎が燃えていました。



「本物の火だよね。」

「はい。」


「雨が降っても大丈夫なの?」

「そうですね。いままでも部屋の中の暖炉はありましたけど、屋外はここが初めてなんです。」


笑顔の女性スタッフはそう心配している風でもありません。


コーヒーに砂糖とミルクを入れて、細いスプーンでかき回しました。





周りの席がだいぶ埋まってきました。
スタッフに親しげに手を振る人もいます。

見た感じでは今のところ地元のお客さんが多いようです。


外もさきほどより暗くなってきました。


伝票を持ってレジに向かいます。



「有難うございました。2350円になります。」


やはり洒落た店は飲み物がセットになっていないので、合計はカジュアルなイタリアンくらいの値段になってしまいます。


片流れの屋根にガラス張りの周囲。
休みの日にこんな場所でブランチという贅沢もいいかもしれません。

ただしちょっとコストもかかります。


考えているうちに雨がポツリと落ちてきました。

傘を出して駅へと急ぎます。

(大山鶏のグリル+スクランブルエッグス)     (コーヒー)
ブランチ 大山鶏ブランチ コーヒー






ブランチの後は隣のカフェでティータイムが楽しめます。
【送料無料選択可!】横浜・鎌倉とってもすてきなカフェ (単行本・ムック) / アトリエ・ルリエ




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「BRUNCH KITCHEN」ブランチ専門店
   鎌倉市小町2丁目6−28
   電話     0467−24−5518
   営業時間   ブランチ   9:00〜17:00
          ディナー  17:00〜22:00(LO:21:00)
   定休日    年中無休

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2013年05月08日

onari cafe(オナリカフェ)

鎌倉は路地の街です。
このときもちょうど『鎌倉路地フェスタ』というイベントが行われていました。

今日の店も、鎌倉西口の市役所前交番と御成り通りの旧安保医院を結ぶ路地にあります。

西口自体あまり観光客がくる場所ではなく、この路地に観光目的で訪れる人はほとんどいません。

しかし、ラーメンの『晴雨庵』、『レストランすずき』、『鎌倉ワーズワース』、手打ちそばの『ほり内』など飲食店も多く、知る人ぞ知る路地でもあります。

(路地から市役所前の交差点へ)      (御成通りの路地入口)
オナリカフェ 市役所側路地オナリカフェ 御成通り商店街側路地





江ノ電に揺られてコトコトと鎌倉散歩の本です。
【送料無料】トラベラッコ!鎌倉











その中でも人気なのが、ラーメンの『晴雨庵』
今日も店の前には数人の人が並んでいました。(写真左)



さて、この路地の市役所寄りに『コンフォール御成タカサキ』というビルがあります。


写真右は建物の前の看板です。
右下のコーヒー豆のイラストがあるのが、今回の『onari cafe』の案内看板です。


※前にも触れたような気もしますが、『御成(おなり)』の由来は、以前このあたりに御用邸があり、皇族方が御成り(来訪)になったことからきています。

(ラーメン晴雨庵に並ぶ人)        (オナリカフェ 案内板)
オナリカフェ 晴雨庵とほり内オナリカフェ 案内板






昔はこんなに明るくなるなんて思ってもいなかったのですが。
【送料無料】 鎌倉御成町いまむかし / 「鎌倉御成町いまむかし」編集委員会 【単行本】



















写真左が『onari cafe』の店頭です。

店の前に『路地フェスタ』の垂れ幕がありました。
※『路地フェスタ』は4月29日で終了しています。


今日は後からの予定が詰まっていたので、カフェランチですませようと思ってメニュー看板を見ました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Lunch menu


選べる焼カレーセット

1.オーストラリア産モッツアレラ    1000
2.十勝産ゴーダ&チェダー       1200

トッピング 野菜or豆

3.野菜のベジタブルプレート      1000

coffee or tea 付


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ランチメニューの『焼きカレー』ならちょうどいいと思ってドアを開けます。


店内には2組の先客。

通り沿いの席には2人、大きなテーブル席の奥に1人の女性客です。


少し奥へ進んで2人がけのテーブルに着きました。



ここは女性オーナーが1人で切り盛りしています。
しばらくしてオーナーがテーブルにやってきました。


「あの、このカレーをお願いします。」


メニューの写真を指します。


「1ですね。トッピングは豆か野菜になります。」

「豆でお願いします。」


ドリンクはコーヒーを注文しました。


写真右は店内から外を見たところです。

連休の谷間ですが、路地の人通りは多いようです。


中には、ドアに掛けられた袋に入った路地フェスタのパンフだけ持っていく人もありました。


路地に面したこの店もこのイベントに積極的にかかわっているようで、路地にちなんだメニューも用意してあります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回は新しいブレンド『路地ブレンド』と期間限定のスイーツ『路地ケーキ』の
販売をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(オナリカフェ店頭)            (店内から路地を見る)
オナリカフェ 店オナリカフェ 店内






干物の『高清』は西口正面にあります。
お歳暮に干物! 塩分控えめ無添加!「日本人に生まれて良かった」と心安らぐ和食の逸品!極上...












写真左が、注文したランチ焼きカレー『オーストラリア産モッツアレラ』です。


上にこんがりと美味しそうな焼き色が付いています。

フォークで掬うと、とろ〜りとチーズが伸びてきました。

中に大きな豆と小さな豆を見つけます。
花豆?とひよこ豆ともう1種。


アツアツのうちに食べていきます。



先客の2組が帰ると、大きなテーブルに女性客が2人並んで座りました。
胸に笹竜胆(ササリンドウ)のマーク。

市役所は歩いて5分ほどのところにあります。



コーヒーが来ます。
カップからいい香りが漂ってきました。

最初はそのままで、それからミルクを入れて飲みます。



「ごちそうさま。」

「有難うございます。」


「コーヒーもおいしかったけどこれは『路地ブレンド』?」

「いえ、『オナリブレンドです』」


西口路地裏のカフェ、さっぱりとした応対も日常の鎌倉です。
   

(焼きカレー 豆)           (珈琲&デザート)
オナリカフェ 焼きカレーオナリカフェ 珈琲&デザート






和食の店の味噌カレーです。
(神奈川県のご当地カレー)鎌倉 ◇レトルトカレー鎌倉【創作和料理近藤の味噌カレー】(ご当地...



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「onari cafe」カフェ
   鎌倉市御成町9−34 1F
   電話     0467−25−6625
   営業時間    11:00〜19:00(LO18:30)
   定休日    不定期休
   http://alohabeachcafe.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2013年05月01日

アロハビーチカフェ 

世の中、パンケーキブームだそうです。
中には何時間も行列しなければならない店もあるようですが、そこまでしてという気にはなれません。

実をいうとパンケーキとホットケーキの違いもわかりません。
※小町通りのイワタ珈琲はホットケーキですが、ここも行列が出来ています。


先日、江の島に新しいパンケーキの店が出来たと聞きました。

さて、ここはどうでしょうか?

ちょっと偵察してみたいと思ってます。


写真左は片瀬海岸です。
今日は暖かいのですが曇り空、風も少しあるようです。


弁天橋を渡ります。
写真右は弁天橋の途中から江の島を見たところです。

本来、人は右側の橋を通るのですが、現在は浚渫の船がぶつかったとかで修理中。
車道の一部に作られた歩道を渡ります。

(片瀬海岸とヨット)          (弁天橋から江の島)
アロハビーチカフェ ヨットアロハビーチカフェ 桟橋






江の島の地ビール、江の島神社のご利益も入ってます。
江の島神社の祈願水を使用した爽やかなビールです。江の島ビール6本セット [江の島ケルシュ]...











橋から右を見ると、写真左の施設が見えます。
ここが片瀬漁港になります。


この漁港にも江の島のしらすが揚がります。


江の島に上陸してカフェーマルのときと同じように参道の前を左折、しらすの『とびっちょ』の前を通りました。

お昼にはまだかなり時間はありましたが、相変わらず人だかりです。(写真右)

(片瀬漁港)              (とびっちょの前)
アロハビーチカフェ 片瀬漁港アロハビーチカフェ とびっちょ






湘南みやげはやはりしらすなどの海産物が多いようです。
湘南みやげとお取り寄せ 気になる湘南ブランド一挙紹介 エイムック 【ムック】













さきほどの『とびっちょ』の写真の一番左にも尖った屋根が見えていました。
この屋根の店が今回のパンケーキの店『アロハビーチカフェ』になります。(写真左)



外に1人、スタッフの若い女性が立っています。


「いかがですか、パンケーキ。4月8日にオープンしたばかりです。」

「中は混んでるの?」

「まだ、大丈夫だと思います。」


赤いパラソルのテラス席にはまだ誰も座ってはいません。


中に入ります。


「アロハー、いらっしゃいませ。」



受付のカウンターの前を通って中に入ろうとすると、緑のシャツのスタッフが呼びとめました。


「先にご注文をお願いします。」


戻って、カウンターのメニュー表を見ます。


--------------------------------------------

MENU

☆パンケーキ

・江ノ島名物しらすパンケーキ 1350

・マカダミアナッツソースパンケーキ(バナナ入り)1250

・3種のベリーパンケーキ 1150

・贅沢マンゴーパンケーキ 1150

・パンケーキプレーン 950



☆ワンハンドパンケーキ

・ワンハンドしらすパンケーキ 600

・ワンハンド3種のベリーパンケーキ 500

・ワンハンドマンゴーパンケーキ 500



☆ドリンク
・オリジナルコナコーヒー(ブレンド) 400

・ダージリンティー 400¥400
・オリジナルアイスコナコーヒー M400 L500

--------------------------------------------



事前の情報では、ここの看板商品は『江ノ島名物しらすパンケーキ』と『マカダミアナッツソースパンケーキ(バナナ入り)』ということです。


パンケーキの量を聞きました。


「このくらいのパンケーキが3枚になります。」


スタッフは焼いているパンケーキを見せてくれます。


「そうか。しらすとマカダミアナッツじゃ少し多いよね。」

「後から追加も出来ますので、お食事の後でも。」



まずは『江ノ島名物しらすパンケーキ』を注文。
スタッフがくれた番号札2番を持って中に入ります。(写真右)


席はまだ少し余裕がありました。

40代くらいの女性の2人客、子供連れの若い夫婦、家族連れ、中年の女性の1人客。

現在のところはオジサンが入ってもそれほど違和感はありません。(笑)


(アロハビーチカフェ)          (店内の様子)
アロハビーチカフェ 店アロハビーチカフェ 室内






江の島しらすカレー。ご当地カレーはいかがでしょうか?
釜揚げしらすが入った磯の香りのするカレーです。江の島 しらすカレー【レトルトカレー】【ご当...













最初におことわりしておきますと、今回のメニューの写真は失敗してしまいました。
ピントが後ろになって、はなはだ見づらいと思いますので店のホームページにリンクしておきました。

店のメニュー


「お待たせしました。『しらすのパンケーキ』です。そのままでもけっこうですがこちらに宮崎の甘口醤油がありますので、よろしければお使いください。」


醤油を少しかけて、パンケーキを切っていきます。


大根おろしが少し見えて、緑の大葉、その下に薄いチーズのようなもの。
ソースは焦がし醤油のムースとのことでした。


パンケーキは柔らかく、甘さも抑えてあったのでしらすとの違和感はありません。

朝食かブランチにちょうど良い味と量ではないかと思いました。




食べ終わってもまだ満腹には少し余裕があります。

再度カウンターに進みました。


「マカダミアナッツの小さいのはないの?」

「はい。小さいのでしたらこちらのワンハンドパンケーキになりますがマカダミアナッツは・・・。」


ワンハンドパンケーキというのは食べ歩き用にパンケーキ1枚を紙で包んだもので、店で食べてもいいとのことです。


ワンハンドの『3種のベリーパンケーキ』を注文しました。



『しらすパンケーキ』の皿を片づけにきたスタッフに聞いてみます。


「あの、しらすの下にあったチーズは何チーズ?」

「チーズ?あ、あれは白身魚とシラスで作った蒲鉾みたいなものですね。」

「そう、それにもしらすが入ってるんだ。」



自分の味覚ではわからなかった蒲鉾よりは柔らかいパテ状のものの正体がわかりました。

このパテが、パンケーキとしらすをつなぐ役割を果たしていたのかもしれません。




そして、写真右が『3種のベリーパンケーキ』です。


「お店で召し上れるようにナイフとフォークをお付けしました。このままでもいいのですが、甘さが足りないようならこちらのメイプルシロップをおかけください。」


テーブルのメイプルシロップは、レバーを引くと1回分のシロップが落ちるようになっています。


少しメイプルシロップをかけて食べていきます。


こちらも甘さを抑えたパンケーキが、メイプルシロップと甘くて酸味もあるベリーの味にマッチしていました。


オリジナルブレンドのコーヒーを飲みます。
紙のカップでしたが、香りも良くなかなかの味です。


人気のパンケーキ店でも平日の午前中ならまだ大丈夫でした。


今回は全部で2250円。
セットがないので、調子に乗って食べると意外に費用はかかるかもしれません。


(江ノ島名物しらすパンケーキ)   (3種のベリーパンケーキ)
アロハビーチカフェ シラスのパンケーキアロハビーチカフェ 3種のベリー






王道の釜揚げしらす。やっぱりこれが美味しい!!
湘南自家製超甘塩無添加釜揚げしらす(160g)湘南しらす(湘南シラス) 獲れたて高級 湘南しら...





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●江ノ島「アロハビーチカフェー」パンケーキ
   藤沢市江ノ島1−6−8
   電話     0466−47−7794
   営業時間    10:00〜20:00
   定休日    年中無休
   http://alohabeachcafe.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい