2014年01月

2014年01月29日

麻心(マゴコロ)

以前から雑誌の鎌倉特集などではよく登場する人気店です。

海を眺めながら「オーガニック」な食事を楽しむというスタイルは、スローな湘南ライフを象徴しているような気がします。


店は由比ヶ浜のはずれ、R134に面した場所にあります。



写真左は江ノ電長谷駅です。

改札を抜けて、大仏や長谷寺とは反対の海の方向へ進みました。(写真右)


(江ノ電長谷駅)      (長谷駅の海側)
麻心 長谷駅麻心 長谷駅海側











突き当たりのT字路を左折します。

R134の向こうに海が見えてきました。


少し鎌倉方面に進むと麻心(マゴコロ)の店があります。




12時を少し回った時刻です。


階段の下のメニューを見ていると、上から女性スタッフが下りてきました。


「もう、やってますか?」

「はい。大丈夫です。」


階段を上がります。

(R134)        (麻心の店)
麻心 R134麻心 麻心の店












写真左は店内の様子です。

部屋の真ん中に大きなやかんの乗ったストーブが置かれていました。

内装や調度も湘南の海沿いの店らしいゆるい雰囲気です。



キッチンにはオーナーの男性がいました。

オープンしたばかりなので、もちろんお客さんは誰もいません。

写真はありませんが、この店のシンボリックなスペースは窓に面したカップルシートです。


悪いとは思ったのですが、座らせてもらいました。



写真右は座席からの景色です。


一番左側だったので、逗子マリーナや三浦半島方面がよく見えました。

前の海では何人かのサーファーが波に浮かんでいます。

(店内の様子)        (窓からの景色)
麻心 店内麻心 窓からの景色










メニューです。


店のコメントです。

『麻心は「オーガニック」と「麻」をコンセプトに2002年の夏にオープンしました。』


店名にもある通り、麻を使った食材が中心になっています。



---------------------------------------------

日替わり 麻心御前(ママ) LUNCH 1280円〜 DINNER 1680円〜
本日の一品<主菜> メインのみどちらかお選び下さい

ベジ 大豆ミートの甘酢漬け〜麻の実と酒粕のねぎ塩ディップ〜
魚  銀ダラの麻衣ヘンプフリット〜ヘンプトウフタルタルソース〜
                    お魚は+100円です


麻の実と玄米のダルカレー   980円

ヘンプピタパン        880円

ヘンプバーガー       1180円

ドリンクセット +(平日15:00まで)


---------------------------------------------


日替わりの『麻心御前』を注文しました。
メインは魚を頼みます。


写真左は『麻心御前』です。


まずはスープ。

酒粕入りなので和風の風味もあって温かい。
ホッと一息つきました。


薄く剥かれた大根と人参の入ったサラダは、これも麻の実のほど良い酸味のドレッシング
がかかっています。


ふろふき大根や法蓮草などをつまみ、魚に箸を持っていきました。

本日の魚は銀ダラです。


カリッと揚がった食感と白身の銀ダラの旨みを味わいました。
骨もなく皮まで全部いただきます。


胚芽米のごはんもヘルシーです。


食後にジンジャーエールを頼みます。



誰もいなかった店内ですが、だんだん混んできます。

女性の1人客や2人連れ、若いカップルにご夫婦。


冬とはいってもやはり人気店です。

カップルシートを独占しているのも悪いので、そろそろ失礼することにしました。


魚が100円プラス、ドリンクセットでプラス300円。
全部で1680円でした。


全部食べても胃にもたれなません。
こういう食事を続ければダイエットも順調に進むかもしれないと思いました。


(日替わり麻心御前)     (ジンジャーエール)
麻心 日替わり麻心 ジンジャーエール




+++++++++++++++++++++++++++++++++++

●坂ノ下「麻心(マゴコロ) 」カフェバー、自然食
   鎌倉市長谷2−8−11 2F
   電話     0467−38−7355
   営業時間   11:00〜21:00(LO)
   定休日    月曜日(祝日はOPEN)
  http://www.magokoroworld.jp/  
  ※季節によって無休となりますのでお問い合わせください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年01月22日

カフェルセット 鎌倉

成人式の日の朝、フジテレビの『とくダネ!』を見ていたら、ちょっと贅沢な食材が紹介
されていました。


その中にの『ルセット』1.5斤2200円の高級食パンにうちの奥さんが反応します。



「あんなパン食べてみたい!」


『ルセット』は三宿にあった店で、たしか田中明子さんという若い女性がやっていた店だったと思います。

予約でもなかなか買えなかったパンでした。


アイパッドで調べていた家内が言います。


「『カフェ ルセット 鎌倉』っていうのが出来たんだって。」



思い立ったので、さっそく店のある長谷に向かいます。

駅から海の方に向かい、成就院の方面へ進みました。


実際は一度道を間違えて海まで出てしまったのですが、ややこしいので正しい道を載せてみます。


三留商店を過ぎて、力餅家の先あたりの小さな路地を覗きます。
写真右のように奥に『R』の文字が見えます。

(成就院方面への道)     (路地の入口)
ルセット 成就院方面ルセット 路地












写真左は近づいてみた『R』です。

『R』はもちろん『ルセット』のRです。


下に小さな字で『カフェルセット鎌倉 パンスイーツ専門カフェ』とありました。

『<』の指示通り左に行けば、まもなく店に着きます。



写真右は店の入口になります。

あの『ルセット』のカフェ、しかも今日は祝日。

混雑を予想していましたが、拍子抜けするほど静かでした。



ちなみに、このすぐ近くにはドラマ『最後から二番目の恋』で有名になった『カフェ坂ノ下』があります。


(塀に『R』の文字)    (ルセット入口)
ルセット 塀の表示ルセット 入口












近づいてみると、白く塗ったブロックの門柱の銅板に店名があり、下に『OPEN』の表示がありました。


門をくぐって中に入ります。


「いらっしゃいませ。」

「もう、大丈夫ですか?」

「はい。どうぞ。」



玄関で靴を脱ぎます。

客室スペースは2つ。

カーペットが敷かれた上に、特徴あるテーブルとイスがセットされていました。



奥の部屋に案内されます。

大正時代の古民家を改装した建物は、レトロモダンな雰囲気です。

写真右は店内のテーブルと椅子になります。


後で聞けばこれは『KOMA』という会社のものだそうです。

<KOMA>
http://www.koma.gs

(銅板?の店名表示)    (KOMAのテーブル&椅子)
ルセット 表示ルセット KOMA1











メニューです。

-----------------------------------
sweets bread

最高級フレンチトースト   1400

@シナモン         1000

@ベリー          1000

@バニラ          1000

@バニラブラック      1000

@抹茶           1000

トースト          1400


drink

コーヒー           600

カフェオレ          600


枕崎有機紅茶手摘み 姫ふうき 600
BOHTeaキャメロンニアンゴールドブレンド 600
種子島松寿(日本茶)     600


自家製ジンジャーエール(ICE)       600

自家製ジンジャーエールオレンジ(ICE)   600


自家製ホットジンジャー    600

アサイートロピカル      600

鎌倉ビール”星”       700


-----------------------------------




私は人気の@シナモンとコーヒー、家内はフレンチトーストとカフェオレを注文します。



「たしか三宿にあったんだよね。」

「はい。最初は。」


「えーと、若い女性が始めた、田中明子さんだっけ?」

「私が入ったときはもう・・・。」


話題を広げようとしましたが、とっくに経営が変わっていたようです。




コーヒーはフレンチプレスで出てきます。(写真左)

フィルターを押し下げてカップに注いでいきました。



厚切りのパンが出てきます。

「発酵バターが塗ってあります。その上にサワークリームと蜂蜜、一番上は自家製のリンゴのコンポートです。横にあるのは生クリームになります。」


厚いパンを少し切ってクリームを盛り、さらにリンゴのコンポートを乗せて口に入れます。


上品な甘さとシナモンの香り、やはりパンというよりスイーツに近い感じです。


ピスタチオのスライスが乗ったレンチトーストも少しもらって食べてみました。
しっとりとパンの表面が香ばしく、中はしっとり。

さすがに最高級のフレンチトーストです。


これは@バターという目の詰まったパンを24時間漬け込んで作るそうです。




わかりにくい、この場所への行き方も聞いてみました。

先ほどのルートのほかに海側のR134から入る方法があります。

若干時間はかかりますが、ローソンの横をまっすぐくるだけなので、こちらの方がわかりやすいかもしれません。


「もっと混んでるかと思った。まだ、宣伝してないのかな。」

「そうですね。ルセットの会員さんにはお知らせしていますが。」


「じゃ、今来ているのは会員さんが多いの?」

「最近はご近所の方にも来ていただいています。」


いきなり近くの『カフェ坂ノ下』のように行列が出来るほどの混雑になると、慣れないスタッフの対応が出来ないので、だんだん知られていくのがいいとのことでした。




パンとドリンク2人で3200円。
安いとは言えませんが、あの『ルセット』のパンが鎌倉で食べられます。


この時点では『食べログ』にも出ていません。

行くなら・・・・。


(フレンチプレスの珈琲)   (@シナモン)
ルセット フレンチプレスルセット しなもん




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●坂ノ下「カフェルセット鎌倉 」パンスイーツ専門店
   鎌倉市坂ノ下22−5
   電話     0467−38−5700
   営業時間   11:00〜17:00(LO:16:00)
   定休日    不明
  http://cafe-recette.com/   

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>








chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年01月15日

Cafe&Dining 一条

以前、金沢街道から鎌倉宮へ向かうお宮通りの途中に店の看板を見かけました。

『和食 一条』

と書かれています。


正月休みも終わって、鎌倉も少し落ち着いてきたので行ってみることにしました。

八幡宮を抜けて、桜並木を進みます。


行き当たった道がお宮通りになります。
お宮とは鎌倉宮(大塔の宮)のことで、写真左の一番奥にあります。


この道は荏柄天神の参道と交わっています。(写真右)

(鎌倉宮へ お宮通り)   (荏柄天神参道)
一条 お宮通り一条 荏柄天神参道












お宮通りと荏柄天神の参道がクロスする場所にバス停『天神前』があります。

バス停の後ろには『学問の神様 日本三古天神』と書かれた看板が見えました。



異説もありますが、ほかの2社は「太宰府天満宮」「北野天満宮」になります。


バス停から荏柄天神の参道を金沢街道の方にわずかに行くと、『一条』の建物がありました。

古民家ということはなく、普通の住宅です。


壁面には大きく『和食』と書かれたブルーのテント。
周辺に『しらす』の幟も見えます。


(バス停 天神前)     (一条 建物)
一条 バス停一条 建物












写真左が『一条』の入口付近です。

『いらっしゃいませ』の表示が出ています。


また、写真入りのメニュー看板もありました。


ただ定休日は月・火曜日とも書かれています。


今日は火曜日です。
フクロウの暖簾をくぐり、引戸をあけて中に入ってみます。



中から少し年配の奥さんが現れました。


「いらっしゃいませ。どうぞ、こちらになります。」


写真右が客室です。

普通の住宅のリビングのような家庭的な雰囲気でした。


「あの、表に月火曜日は休みって出てるんですけど、大丈夫ですか?」

「ええ、去年の10月にオープンしたんですけど、まだこの辺りの事情がわかってないんで・・・来週の月曜日にも予約のお客様もあるのでちょっと試しにやってみようかと。」


昨年の10月の開店だそうですが、その前は銀座で懐石の店を20年もやっていたそうです。

ただ、ずっと住まいは湯河原。

この店は奥さんと若い板前さんの2人で営んでおり、忙しいときだけご主人が応援に来るとのことでした。



「ここに住んでるわけではないので、2階も使えるんです。14席の部屋が2つあります。」


奥さんが、団体で予約したお客さんのイベントのビラを見せてくれます。


「この、『和食ランチ』とあるのがここですね。」

「ええ。」


見かけはこじんまりとしていますが、このあたりで40人も収容出来る店はほとんどないかと思われます。

(店の入口)        (部屋の中)
一条 入口一条 室内












話し込んでいたので注文を忘れてしましました。

----------------------------------

LUNCH

週替わり定食    980円
釜揚げシラス丼   980円
若鶏竜田揚げ定食 1260円
なす味噌田楽と若鶏竜田揚げミックス定食 1260円
つくね汁定食    850円
ネギ焼き豚丼    980円
カレーセット    980円 

デザートセット

じゅれセット    480円
ピザトーストセット 680円
マスカルポーネパンケーキセット  680円
(14:00から)

----------------------------------



『なす味噌田楽と若鶏竜田揚げミックス定食』とコーヒーを注文します。


写真左が『なす味噌田楽と若鶏竜田揚げミックス定食』です。

テーブルにメインのなす味噌田楽と若鶏竜田揚げの皿、シュウマイや卵焼きなどの小皿、
ご飯とつくね汁が置かれました。


甘辛の味噌に柔らかなナス。
大きなままガブリと口に入れます。

竜田揚げの若鶏はジューシーで脂も乗っていました。


「鶏は『プレコフーズ』から取ってるんです。」


初めて聞く名前だが、銀座の時からの取引先で鳥は『大山鶏』とのことです。


「これ、食べてみてください。」

中は釜揚げのシラス。
塩は薄く、ふっくらとしてほのかに甘い上品な味でした。


「鎌倉のシラスをいろいろと食べて比べてみました。禁漁前に取ったものを冷凍しておいたものです。」

グレードの高い冷蔵庫と解凍の仕方がポイントとのことです。


そのほかにも、本当はフリーペーパーのクーポンがなければ食べられない、デザートの『抹茶ババロア』も出してくれました。

得した気分でランチを終ります。


今日は空いていると思ったのですが、後から2組のカップルも入店します。


ショップカードをもらってレジで支払いを済ませました。



「ところで、店名の『一条』はお名前なんですか?」

「いえ、兵庫にある『一乗寺』から取ったもので銀座のときには『一乗寺』だったんですが、鎌倉はお寺が多いんで『一条』に変えました。」


後で、昔の店の情報を見つけたので載せてみます。


<銀座一乗寺のときの食べログ>
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002436/


アットホームな雰囲気と気軽なメニューですが、基本に銀座の懐石のこだわりも感じました。

出来れば教えたくない店の1つかもしれません。


(ミックス定食)      (シラスの小鉢)
一条 ランチ一条 しらす








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●二階堂「一条 」Cafe&Dining
   鎌倉市二階堂38−10
   電話   0467−23−7708
   営業時間 9:00〜17:00(LO:16:00)
       10:30〜17:00(LO:16:00)
   定休日    月曜・火曜日(祭日営業)
  http://ichijyou.exblog.jp/
   ※開店時間、上はショップカード、下は店頭表示

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2014年01月08日

花ごころ

以前から、前を通っていたのであることは知っていたのですが、予約のお弁当だけでだと思っていました。


『サザエの炊き込み御飯』

ちょっと引かれる内容です。


店の名前は『花ごころ』

最近、ランチもやっているとの話を聞いたので半信半疑で行ってみることにしました。


鎌倉駅西口から御成通り商店街を進みます。(写真左)


由比ヶ浜通りに出て、六地蔵の過ぎ、長谷の方面に歩きます。(写真右)

(御成通り商店街)           (六地蔵の交差点)
花ごころ 御成通り花ごころ 六地蔵交差点
















間もなく見えてきたのは、赤いテントの店です。(写真左)
街並みに溶け込んでいるので正直、注意していないと見過ごしてしまいそうです。



いつもと違っていたのは目の前にぶら下がっている垂れ幕でした。(写真右)


『鎌倉名物 サザエの炊き込み御飯 和食 花ごころ』


使い込まれたもののようで、その横は少し破れているようにも見えます。


これが下がっているのを見たのは初めてでした。


店の中に人影は見えませんが、やっているような感じもします。


(店頭とご主人)             (垂れ幕)
花ごころ 店頭とご主人花ごころ 垂れ幕













少し塗りの褪せた引き戸を開けます。


「こんにちは〜。」


奥から眼鏡をかけた人の良さそうな主人が現れました。


「あの、昼は食べられますか?」

「はい、『サザエの炊き込み御飯』でよろしいですか?」


「ええ。」

「どうぞ、こちらかこちらのどちらでも。」


入口のテーブルに席を取ります。

このスペースのほか、奥には座敷席も見えました。

(入口のテーブル席)             (奥の座敷席)
花ごころ 室内花ごころ 室内2












主人の言葉にもあったとおり、ここでのランチは『サザエの炊込みご飯』一種類。
大盛りも小盛りもない単一メニューはこのブログでも初めてです。



『サザエの炊込みご飯』は、写真左のように巻き簀にくるまれて出てきます。
簀の子を取ったのが写真右、ほのかな磯の香りが漂います。


四角い器にたっぷりのサザエの身、枝豆、真ん中に1つ桜の花の塩漬け。


華やかな炊き込みご飯です。


「このサザエは鎌倉なんですか。」

「ええ、坂の下と小坪の漁師さんから取ってます。」


薄味の炊き込みご飯の上のサザエは柔らかく、独特の旨みが伝わってきます。

最後にわずかな苦みのアクセント。

サザエの肝で出汁を取っているとのことでした。



素朴でシンプルだが癖になりそうな味です。
たっぷりのサザエはこの一食で1個半ほど使っているそうです。


ランチを定期的にやり始めたのは11月から。
12時頃から2時頃がランチタイムです。

その後、夜の部までは店が閉まります。



築100年ほどの古民家での営業は15年。
主人のほのぼのとした雰囲気もあって他県からのリピーターも多いとのことです。


(サザエの炊込みご飯)         (サザエの炊込みご飯中身)
花ごころ サザエ弁当花ごころ サザエ弁当2




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「花ごころ 」サザエの炊き込み御飯
   鎌倉市由比ガ浜1−10−7
   電話     0467−25−3626
   営業時間   12:00頃〜14:00頃
          17:30頃〜23:00頃
   定休日    月曜、第1・第3火曜
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 和食
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい