2014年02月

2014年02月26日

かわかみ

今季2度の大雪。
鎌倉のメインストリート小町通りにもまだ雪が残っています。(写真左)

このブログではほとんど取り上げていないラーメンの店ですが、最近になって道場六三郎氏の直弟子の人がやってると聞きました。



今日の天気は晴れ、オフシーズンではありますが少し賑わってきた小町通りを歩いていきます。


写真右は芋菓子の『いも吉館』の店頭です。

店はこの『いも吉館ビル』の2階にあります。

(雪の残る小町通り)      (いも吉館の建物)
かわかみ 小町通りかわかみ 建物2











大きなソフトクリームが置かれるなど派手な店先に目が行ってしまい、ともすれば見落としてしまいそうですが、建物の右側に入口があります。

白い暖簾に『鎌倉らーめん かわかみ』と書かれていました。



暖簾を分けて中に入ります。

狭い通路には和風の行灯などが置かれていました。(写真右)


2階へ続く階段を上っていきます。

(暖簾のかかる入口)        (入口から階段へ)
かわかみ 入口かわかみ 入口を入る












階段を上りきると、すぐに店になります。

道場六三郎氏の直弟子という前口上があったので、特別な雰囲気があるのかと思っていましたが、テーブルが6つ並んだだけのどこにでもありそうなラーメンの店でした。



店内にいた先客は1人だけ。
黒いソフト帽を被った30代くらいの男性で、テーブルの上にはビールが置かれています。

中に若い女性スタッフがいたのですが、水は持ってきてくれるものの注文を取りにくるわけではありません。

店内を見渡すと食券の自販機が置いてありました。



看板の『鎌倉らーめん』の塩と醤油は850円。
味噌と辛口およびつけ麺は100円高い950円です。


これに味付玉子が入るとプラス100円、鶏チャーシューはプラス250円でした。


鯛めしの単品は400円とちょっと高いのですが、塩 醤油、味噌 辛口 つけ麺とのセットならすべて1200円の設定になっています。


せっかくなので『鯛めしセット』の醤油を選びました。



写真右はテーブルの横にあったポスターです。


ポスターには看板の『鎌倉らーめん』の説明書きが載っています。



鯛の骨を使ったスープがベースになっていること。

それに桜島どりの濃厚白濁スープを合わせコラーゲンたっぷりのスープが出来たこと。

麺は国産全粒粉と赤穂の塩を使っていること。

鶏チャーシューは自家製秘伝だれで焼き上げてあることなどが書かれていました。

(シンプルな店内)         (ポスターの説明)
かわかみ 店内かわかみ 説明














盆に乗った麺と鯛めしが運ばれます。

胡椒でもテーブルを見ましたが、調味料のようなものは一切置いていないのにあらためて気づきました。


先に鯛めしに箸をつけます。
一緒に炊き上げたものではなく、鯛のフレークはご飯の上に乗っていました。




テーブルには鯛めしの食べ方が置いてあります。

-------------------------------

鯛めしの美味しいお召し上がり方

其ノ壱 軽く混ぜ合わす

其ノ弐 半分程、食す

其ノ参 スープを加え、茶漬けにする

-------------------------------



指示に従ってご飯と混ぜていくきます。


色合いはシーチキンのようで甘めの味付です。


水を飲んで今度は麺の方に移ります。
豚骨と似た白濁したスープに細めの麺です。

しこっとした蕎麦のような食感でした。



ラーメンのつゆはちょっと甘め。

磯の香りと魚の匂いの混じったような味です。


『いりこだし』系の魚介出汁のイメージしかなかったので、ちょっと味覚が混乱してきました。


鶏チャーシューのタレも甘めになります。


また鯛めしに戻って今度はスープをかけていただきます。
最初は甘いと思ったスープですが、だんだん塩も効いてきました。


和食の鉄人のお弟子さんとのことなので、さらりとしたものを想像していましたが、けっこう濃厚です。


初めての味だったので難しい感想です。
好みの分かれるところかもしれません。

まだ道場六三郎には10年早いと思いながら階段を下りていきました。

(鯛めしの食べ方)        (鯛めしセットの醤油)
かわかみ 食べ方かわかみ 鯛めし鎌倉ラーメン



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「かわかみ 」鎌倉らーめん
   鎌倉市小町2−8−4 いも吉館ビル2F
   電話     0467−23−2532
   営業時間   10:00〜19:00
   定休日    月曜日  

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>











chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 中華料理

トラットリア フォセッタ

久しぶりに西鎌倉のイタリアン『トラットリア フォセッタ』に行ってきました。
今日は11時30分の予約です。


店に入ると窓際の席に案内されました。

フォセッタのランチは下記の4つのコースから選びます。


-------------------------------

a 1575円
b 1785円
c 2650円
d 2860円


-------------------------------


スタッフの菅野さんが間もなくコピーしたメニューを置いてくれます。

今日の内容です。



-------------------------------

本日のパスタ

・メトウイカと湘南産小松菜
 アーリオオリオリングイネ
・北海道井の口さんのモッツァレラ
 とバジルトマトソース、スパゲティ
・広島産カキと湘南産ホウレン草の
 クリームスパゲティ
・+700円
 北海道産生ウニのクリームスパゲティ

本日のお魚料理
 大分産真鯛のポワレ 愛媛産無農薬レモンと山口県塚本さんのハチミツソース

本日のお魚料理
 大和豚のニンニクパン粉焼き

+500円 仔羊のロースト ローズマリーソース

-------------------------------



Cを選択します。

パスタは『メトウイカと湘南産小松菜 アーリオオリオリングイネ』メインは『大分産真鯛のポワレ』にしました。





写真右は前菜の3種盛り。

サバのマリネ、生ハムのムース、そして井の口さんのモッツァレッラを使ったカプレーゼです。


井の口さんのチーズとは『チーズ工房白糠酪恵舎』のチーズ。
以前栃原シェフが北海道に旅行した時見つけたものです。


さっぱりとさわやかなモッツァレッラの味と、トマトの酸味の絶妙な組合せです。


脂の乗ったサバのマリネ、生ハムのメリハリの効いた味にベビーリーフの柔らかいサラダ
がよく合います。

(ランチメニュー)        (前菜の皿)
フォセッタ メニューフォセッタ 前菜












写真左はフォカッチャです。
ほんのり甘く、暖かい温かいフォカッチャにオリーブオイルをつけて食べました。

このフォカッチャは後でお替りをもらいます。




次はパスタです。

正式には『メトウイカと湘南産小松菜 アーリオオリオリングイネ』です。

皿が置かれただけで、食欲をそそるニンニクの香りがしてきました。

柔らかいメトウイカと平たいリングイネの食感。



ちょっと意外だったのが小松菜でした。

普段意識して食べたことのない小松菜ですが、春を感じさせる野菜の味と香りを感じました。

新鮮さはあるのですがとても柔らかい!!

(フォカッチャ)       (パスタ)
フォセッタ フォカッチャフォセッタ パスタ











写真左はメインの皿になります。

鮮やかな彩(いろどり)の皿です。

アヤメ蕪やカラーブロッコリー、さまざまな種類のニンジンの上に真鯛のポワレが乗っています。


透明なハチミツとレモンのソースには刻まれたトマトも入っていました。


軽く火を通された野菜たちは新鮮な食感が残っています。
こんがりと焦げた香ばしい真鯛を皮ごといただきます。

ハチミツとレモン。
ただ、レモンは愛媛産無農薬レモン、ハチミツは山口県塚本さんのこだわりのハチミツです。


上質な酸味とコクのある深い香りのハチミツ。
これが淡泊な白身魚の味を引き立てています。


後味も爽やかです。
皿に残ったソースをスプーンで掬ってしまいました。




ダイエットに影響はあるのですが、つい頼んでしまうのがフォセッタのデザートです。

今回のドルチェは『アメリカンダークチェリーのタルト』と、自分の定番の『パンナコッタキャラメルソース』にしました。


自然な甘さのタルトに赤黒いチェリーの口当たり。
キャラメルソースのパンナコッタはいつもながら美味しい。

満足のランチを終えます。




西鎌倉も雪の影響で大変だったようです。

「2月はただでさえ日数が少ないのに、2週続けて週末の雪ですからね。」



会計を終えると栃原シェフが外まで送ってくれました。


実は栃原シェフは去年の7月から、この店のほかに長谷でジェラートの店もやっています。

開店からしばらくは忙しかったようなのですがどうやら落ち着いてきたようです。


「オジサンがジェラートなんか食べてちゃおかしいですよね。」

「いえ、男の方もいらっしゃいますよ。」


「じゃぁ、また長谷の方にもお邪魔させていただきます。」

「お待ちしています。」


ちょっと暖かくなったら寄ってみようかと思います。



<鎌倉ジェラート>

神奈川県鎌倉市長谷3-8-13
0467-22-8801

(メイン 鯛)        (デザート)
フォセッタ 鯛フォセッタ デザート






++++++++++++++++++++++++++++++++++

西鎌倉 トラットリア フォセッタ(イタリア料理)
 オーナーシェフ 栃原 孝行氏
 鎌倉市西鎌倉1−2−1  TEL0467−32−4400
 11:30〜15:30(LO 14:00)
 17:30〜23:00(LO 21:00) 
 定休日 木曜および第3水曜
 http://fossetta.net/


++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













chefcomi at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2014年02月17日

茶ちゃ

以前、日本茶と和菓子の『蕉雨庵』という店があった場所に新しい店が出来たようです。

前を通ったとき、壁に金文字で『茶ちゃ』と書かれているのを見ました。


『蕉雨庵』と同じ日本茶の店だと思っていましたが、今度は店の前にメニューが出ています。


お茶のメニューでなく、食事のメニューでした。

あらためて昼の時間に訪ねてみることにします。




写真左は八幡宮の流鏑馬道です。

鳥居を抜けて進み、突当りを左へ向かいましす。



正面に見えているのは『横浜国立大学附属鎌倉小学校』の正門です。(写真右)

ここを右に曲がってすぐに今回の店『茶ちゃ』があります。

(鶴岡八幡宮流鏑馬道)     (横浜国大付属小)
茶ちゃ 流鏑馬道茶ちゃ 付属小













この店を見つけたとき、休みの日や開店時間を調べたのですがわかりません。

果たして今日は・・・?


店の前には車が止まり、工事の足場が見えています。

やはり休みだったかと近づくと、エントランスにはメニューが見えました。



------------------

本日の定食

・真あじ焼
・あじフライ
・夜なきうどん天ぷら
               各1500円

------------------





入口のドアの前には板が立てかけてあり、達筆で『お客様募集中』と書かれています。

重厚なドアを開けて中に入りました。

(工事中の入口)        (お客様募集中)
茶ちゃ 入口茶ちゃ ドアの前の板











「いらっしゃいませ。」

奥から中年のオーナーが現れました。

テーブルが4つ、カウンター席が6つほどの店内です。
以前の『蕉雨庵』と基本的なレイアウトは変わっていません。



窓際のテーブルに席を取ります。

団扇の骨のような特徴ある椅子の形にもは見覚えはありますが、やはり雰囲気は違っていました。

着物が掛かっていたり、古い箪笥があったり、火鉢が置いてあったり。


ベースは和なのですが、1つ目立っているのが『Budweiser』のネオン。
ちょっと浮いているような気もします。



店主が持ってきてくれたのは半紙の束。
数枚がクリップで留められています。


墨でメニューが書かれていました。(写真右)

(茶ちゃ店内)         (半紙のメニュー)
茶ちゃ 店内茶ちゃ メニュー










ランチメニューの中から『あじフライ』を注文しました。

定食とありますが、ほかに何が付いているのでしょうか?
ちょっと心配なので聞いてみます。


「ご飯もついてますか?」

「はい。サラダもデザートも付いてます。」


店主はさらりと答えました。


写真左が最初に来たサラダです。


盃を大きくしたようなガラスの容器に入っています。
野菜の上には海藻クリスタルと言うのでしょうか、春雨のような麺と、素麺を揚げたようなものが乗っています。

表現はうまくありませんが、実物はパリパリと、ぷりぷりの食感が混じってさわやかな味でした。



そして『あじフライ』
ご飯、味噌汁もちゃんと付いています。


あじフライはたっぷりと盛られた刻みキャベツの前後に2尾置かれています。
そのほかに小さな鯵の開きが2匹、沢庵と蒲鉾なども乗っていました。



辛子を少し乗せてアジフライを食べます。

大きめの鯵ですがふんわりと柔らかく揚がっていました。



小さな開きは頭から齧り付きます。
香ばしく一匹丸ごと食べられます。

この鯵は『豆鯵』と言うようで、自家製だそうです。



「前にはお茶の店がありましたよね。」

「はい。お店の方は今でも時々いらっしゃいますよ。」




食事が終わるとコーヒーとコーヒーゼリーが出てきました。



「メニューとか、きれいな字ですけどこれご主人が書いたんですか?」

「ええ。」


「字は何か?」

「もう何十年も前ですけど。」


ここに来る前は材木座で店をやっていたそうです。


表はほとんど食事のメニューですが、ティータイムもやっているとのこと。


天気のいい休日は混むようですが、平日は穴場の店になるのではないでしょうか。


(海藻サラダ)        (あじフライ)
茶ちゃ 海藻サラダ茶ちゃ あじフライ




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「茶ちゃ」和食・カフェ
   鎌倉市雪ノ下3−4−6
   電話     0467−25−2311
   営業時間   11:30〜23:00
   定休日    月曜日  

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>











chefcomi at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2014年02月12日

GARATA(ガラタ)

2月初めの雨の小町通りです。
暖かい春が来るまで、鎌倉もちょっと客足の遠のく短いひと時になります。

飲食店などでも3〜4日の休業をしている所がけっこう目立ちました。
ましてやこう天気が悪くては、いつもは賑わう小町通りも閑散としています。


ちょっとぶらぶらしながら、どこかいいところはないかと探してみます。

写真右はレストラン『コアンドル』の角です。
鳥居のあるこの小路を進めば若宮大路に出ます。

(小雨の小町通り)    (小町通りから若宮大路への路地)
ガラタ 小町通ガラタ 小町通から










この道を少し歩くと右側に路地があります。(写真左)

路地に入ってまもなく見えてくるのが写真右の建物。

以前は鶴岡会館のチャペルがあった場所です。


その後チャペルの部分は『レグリーズ鎌倉』、その下の駐車場だった場所には3軒の店が出来ました。


その中の一軒が入れ替わり新しい店が出来たと聞いています。


3軒の前にやってきました。


鎌倉の店は比較的火曜日に休むところが多いようです。
案の定、3軒中2軒が休みでした。


開いていたのは入れ替わった一軒です。
以前は『プリマ』というイタリアンがあった場所です。

(店のある路地へ)      (教会だった建物)
ガラタ 路地入口ガラタ 教会















グリーンの日除け幕には『GALATA』と書かれていました。

ガラス越しに店内をみると埋まっているのは1テーブルのみです。


中に入ります。


店内には4つのテーブルと6席のカウンター。

カウンター席の奥の方に席を取りました。


キッチンには男性スタッフ2人と女性スタッフ1人がいます。

写真右は店内から路地を見たところです。

今日は路地の人通りもまばらです。

(GALATA店頭)    (店内から路地を望む)
ガラタ 店頭ガラタ 店内












メニューです。

-----------------------------------

LUNCH SET

ミニ前菜+ドリンクセット    1200円

◇特製
 鶏モモ肉と豚のスパイス煮込み

or

◇本日のパスタ(3種類からお選び下さい)
 
 ・ベーコンとイタリア菜の花のパスタ

 ・エビのトマトクリーム

 ・アサリのオイルソース

-----------------------------------


『鶏モモ肉と豚のスパイス煮込み』を注文しました。


写真左が自家製のハムと、野菜のバーニャカウダの『ミニ前菜』です。



野菜は鎌倉野菜。

紅芯大根、金美人参、食べるとシャキッとした歯触りのアイスプラント。
さっと油で揚げたカボチャなどが乗っていました。



まずは野菜をバーニャカウダソースにつけて食べ始めます。

自家製ハムは柔らかく、思っていたより塩気が少ないマイルドな味でした。


後で聞くとここのハムは塩気の少ない『やさしい味』に作っているとのことでした。



写真右は『鶏モモ肉と豚のスパイス煮込み』です。

ワンプレートなのでサラダも入っていて、スパイス煮込みはご飯の上にかかっていました。



たっぷり入った白インゲンも鶏肉も豚肉もよく煮込まれてとても柔らかく、スパイスもほどよく効いています。


付いてきた青唐辛子を入れてみます。

少し酸味もあるがピクルスほどでもない。
そしてだんだん辛みが・・・・。

ちょっと刺激的で後を引きます。


「何かやめられない感じだね。これはやはりイタリアのもの?」

「イタリアのじゃありませんが・・・ちょっと待ってくださいね。」


シェフはキッチンを探しています。


「トルコですね。」

「トルコねぇ。これはイタリアン?」


「いえ、これはスパイス料理の店にいたときに覚えたものです。」

「スパイス料理っていうと。」

「御成町にあるスパイス料理店です。」


箸とスプーンの両方を使って食べていきました。
カジュアルな雰囲気なので、そのあたりは気楽に楽しめます。




「ところで、『ガラタ』っていうのは?」

「イタリアのジェノバにこれと行ったときに、行った店の名前が『GALATA』と言うんです。トルコの『GALATA』から取っています。」


シェフはちらっと女性スタッフの方を見ます。


「トルコ料理の店?」

「いえ、普通のイタリアンです。昔からガラタとジェノバとは関係があるらしいんですけど。」


どうやら女性スタッフとシェフはご夫婦だというのがわかりました。



ミニ前菜とドリンクのセットで1200円。
デザートを付けるとプラス300円になります。   


イタリアンの感じですが、ジャンルにはそれほどこだわってはいないとのこと。

ショップカードには『バール・食堂 GALATA』とありました。


(ミニ前菜)       (鶏モモ肉と豚のスパイス煮込み)
ガラタ ミニ前菜ガラタ スパイス煮込み







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「GALATA(ガラタ) 」バール・食堂
   鎌倉市小町2−8−23 1F
   電話     0467−53−9924
   営業時間   11:00〜22:00
   定休日    木曜日  

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>










chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2014年02月05日

大三(DAIZO)

1月に開店したばかりの和食の店です。

店のある住所はわかっていたのですが、最初は手がかりがなくて引き返してしまいました。

写真左は店のある『田中屋ビル』です。

ホテルシャングリラ鶴岡の隣の細長いビルで1階には天然石・アクセサリーなどを売っている『凸凹堂 鎌倉』という店が入っています。


写真右はこのビルの反対側です。

つづき写真館の横を入るのですが、ちょっとわかりづらいかもしれません。

(田中屋ビル若宮大路側)   (田中屋ビル路地側)
大三 田中屋ビル大三 田中屋ビル裏











ビルの前には店のポスターがありました。

鯛の絵に赤で『鯛めし』というロゴがありました。

『鯛めし』って、それだけでちょっと惹かれるフレーズです。



階段を上がって店の入口に進みます。

路地裏からですが、こちらが正式の入口になります。

ポスターには11時オープンとありますが、出てきた女将さんによると、あと10分ほどかかるとのことでした。

(『大三』鯛のポスター)  (2階の入口)
大三 ポスター大三 入口












時間をあらためてもう1度出直してきます。

コの字型のカウンターには、すでに先客の若い女性が座っていました。



厨房に向かって左のコーナーの真ん中に座ります。


---------------------------

お昼のメニュー

媛御膳 二千七百円 税別
スープ、お造り、二段重弁当、鯛めし、味噌汁、香の物、デザート

ランチセット 千七百円 税別
スープ、サラダ、焼き魚または鳥のグリル、鯛めし、味噌汁、香の物、デザート


---------------------------



「ランチは『媛御膳』と『ランチセット』の2つになりますが、今『媛御膳』はちょっと時間がかかってしまいます。」


『ランチセット』を注文しました。


「魚と鶏肉がありますが。」

「魚は何ですか?」


「鰆の若狭焼きになります。」

「じゃあ、魚でお願いします。」



お茶を持ってきてくれた女将さんに聞いてみました。


「ところで、ここの開店は何時なんですか?表には11時って書いてありましたけど・・・。」

「すみません。1月1日に開店したんですが、いろいろ試行錯誤してまして。一応11時30分にしようかと思っています。」




まずは茶碗蒸しが出てきます。(写真左)
アツアツの蓋を取りました。

味は薄味ですが出汁が効いています。
中にはアナゴが入っていました。


最初から期待できそうな味です。




写真右はサラダです。

一見水菜の生野菜サラダのようですが、中にはほんのり甘いサツマイモや大根の煮物なども入り、一味、和風の趣が付け加えられています。

(茶碗蒸し)        (サラダ)
大三 茶碗蒸し大三 サラダ











店内には次々とお客さんが入店してきます。

知り合いや紹介のお客さんもいるようです。


「空いてるときは空いているんですけどねぇ。」

女将さんは、申し訳なさそうにそのお客さんに話しています。




お茶を持ってきてくれた女将さんに聞いてみました。


「ところで、ここの開店は何時なんですか?表には11時って書いてありましたが・・・。」

「すみません。1月1日に開店したんですが、いろいろ試行錯誤してまして。一応11時30分にしようかと思っています。」



さて、写真は『日替わりのランチセット』です。

盆の上にはそのほかに味噌汁と香の物、ごはんは店の看板の『鯛めし』です。



-----------------------------
愛媛県今治市より直送。
大浜の天然真鯛と宮城県柴田郡産のコシヒカリで
美味しく炊き上げた、鯛めしです。
-----------------------------



まずは『さわら』から。

ふっくらとした身はほとんど塩味を感じないほどで、ほんのりと甘みさえ感じる繊細な仕上がりでした。



鯛めしを一口。

やわらかめのご飯はこれも薄味で、鯛の淡泊な旨みとうまく溶け合っています。


「『おかわり』いかがですか?」



女将さんが先客の女性に勧めています。

「お願いします。」


ここの鯛めしはお代わり自由。

まもなくこちらにも声がかかりました。
もちろんお代わりをいただきます。



女将さんと知り合いの女性客との会話が聞こえてきます。
オーナーは、海外で仕事をしていたとのことです。



写真右はデザートです。
今日はは甘みのあるゴマ豆腐にキウイ、イチゴのフルーツ。
そして味わいのある干し柿でした。


差し替えてくれたお茶を飲んで昼食を終えます。




もらったショップカードには、店主『橋田大三』とありました。


後で調べてみると、日本での経歴の後にキプロスで日本食レストランの料理長、そしてスペインでは公邸料理人を務めたとありました。


これからは開店時間に関係なく、予約必至の店になってしまうかもしれません。

(日替わりのランチセット)  (デザート) 
大三 日替わり 魚大三 デザート



++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「DAIZO(大三) 」japanese cuisine
   鎌倉市雪ノ下1−9−30 田中屋ビル203
   電話     0467−22−9648
   営業時間   LUNCH  11:30〜15:00
          DINNER 18:00〜22:00   
   定休日    未記載  
  http://daizo-cuisine.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>










chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 鎌倉 | 和食
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい