2014年04月

2014年04月30日

ソラフネ

写真左は下馬付近の横須賀線高架です。(写真左)


少し前、この先にあるパンの『日進堂』の隣に、カフェOPENの案内が出ていました。

ちょっと気になっていたのですが、いつのまにかすっかり忘れていました。


思い出したきっかけは、本屋さんで見たB5サイズの『OZ』です。
すでにオープンしたとの記事が出ていました。


大町付近にはあまり目立つ観光スポットはありませんが、5月連休の初めごろには『安養院』のつつじがきれいに咲いて訪れる人も増えてきます。(写真右)


(下馬の横須賀線高架)    (安養院の入口付近)
ソラフネ 横須賀線高架ソラフネ 安養院














安養院から少し戻って、日進堂の隣まできました。

メニュー看板などは出ているのですが、古民家改造のカフェでそれほど派手な感じはありません。

初めてだと見過ごしてしまうかもしれません。(写真左)



写真右は今回の『ソラフネ』入口になります。

花なども置かれ、下には飛び石なども配されて良い雰囲気です。


(パンの日進堂隣の入口)  (ソラフネ 入口)
ソラフネ 日進堂ソラフネ 入口













左側の木の看板には『穀菜カフェ ソラフネ』と書かれています。

その下に『vegetable cafe』ともありました。



メニュー看板の最初にも

穀物とお野菜のマクロビランチ スイーツ・お茶をご用意しております。
お気軽にどうぞ・・・


詳しいことはわかりませんが、『マクロビ』とか『ベジタブル』とか、何だか身体によさそうなカフェのようです。


中に進みます。


石畳が奥にある入口まで続いています。
昔を感じる懐かしい雰囲気の中を歩いていきます。

店は植え込みの右側です。(写真右)

(穀菜カフェの看板)     (古民家と庭)
ソラフネ 看板ソラフネ 庭2













玄関で店から出てきた女性客2人とすれ違いました。

靴を脱いで中に入ります。


庭に沿って狭い廊下が伸びています。
その後ろに部屋が3つ。

2つが畳敷きで最後は洋室になっていました。
洋室の奥が厨房です。


奥の洋室のテーブルに席を取りました。
先客は、同じ洋室の家族連れ4人と廊下にあるテーブルの年配の女性2人です。



写真左が客室から庭を見たところです。


女性ばかり3人のスタッフです。
その中の1人がメニューを持ってきてくれました。


---------------------------------

おにぎりセット      800円

玄米リセット食      880円

大豆たんぱくのから揚げ定食  1300円

本日の定食          1300円

玄米スコーン          550円

生チョコケーキ         550円

本日のデザート         550円〜


アメリカーノ          550円

ソイラテ            650円   

玄米コーヒー          550円

紅茶              550円

三年番茶            550円

梅醤たんぽぽ茶         450円

ソイチャイ           650円 



無農薬・低農薬、オーガニックの植物性の原材料にこだわりお作りしています。

---------------------------------



食事は終わっていたので、本日のデザートとコーヒーを注文します。
本日のデザートは『バナナガトー』コーヒーは『アメリカーノ』です。  


待っている間にも来店客はどんどん増えていきます。
洋室も和室もほぼいっぱいになりました。


やはりカップルと女性グループが中心です。

お昼の時間帯なので注文はランチが多く、カフェメニューの注文は私だけのようです。




『バナナガトー』と『アメリカーノ』が運ばれました。
      

ガトーの生地の上に乗ったバナナがほんのり香ります。

柔らかいガトーの下はカリッとした食感。
マイルドなクリームをつけて食べていきます。


このクリームは後で聞くと『ソイクリーム』とのことでした。
ヘルシーで爽やかな味です。





コーヒーを飲み終えて会計を行います。


「混んでますね。いつもこんなですか?」

「『鎌倉まつり』をやってるからかもしれません。」



『鎌倉まつり』の中心からはずいぶん離れています。

OZの影響もあるのでしょうが、口コミでも広がりそうなマクロビの店です。


※2014年2月オープン


(室内のから庭を見る)   (バナナガトー)
ソラフネ 室内ソラフネ バナナガトー




++++++++++++++++++++++++++++++++++

●大町「ソラフネ」穀菜カフェ
   住所 鎌倉市大町2−2−2
   電話   0467−38−4085
   営業時間 10:30〜17:30(LO:17:00)    
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





















chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2014年04月23日

FIVE CAFE+DEPO

写真左は鶴岡八幡宮の源氏池です。

すでに桜は散って、池の水面に花筏を浮かべていました。

これからゴールデンウイークにかけて、鎌倉も賑わってくる季節です。



八幡宮から若宮大路を戻る途中、小池ビルと言う建物があります。

このビルには、老舗の天ぷら店『大石』や自家焙煎珈琲の『玄』などの人気店が入っています。


一番道路際に見えるのが今回の『FIVE CAFE+DEPO』、若宮大路を見下ろすロケーションになります。

(源氏池の花筏)      (若宮大路 小池ビル)
ファイブ カフェ 源氏池の桜ファイブ カフェ 小池ビル












写真左が『ファイブカフェ』に上がる階段になります。

上り口にメニューもありました。

『Today’s Lunch』は11時から15時とあります。



階段を上っていきます。
階段沿いはガラス張りになっているので明るい室内がよく見えました。

木のドアは開け放たれていたので、そのまま中に入っていきます。



店は2つのスペースに分かれています。
若宮大路に近い方がカフェ、奥の方が『DEPO』になっていました。




「どちらでもお好きな席にお座りください。」


若宮大路を見下ろす窓際に4人席のソファーが2つ。
あとは2人テーブルが2つと7〜8人座れる大きなテーブルがあります。


写真右が若宮大路沿いのソファー席です。

ゆったりとした雰囲気です。

(ファイブカフェ2階入口) (ゆったり店内)
ファイブ カフェ 2階の入口ファイブ カフェ ゆったり店内












ソファー席の手前のテーブルに席を取りました。
ここからでも段葛がよく見えます。


残念ながら桜はすっかり葉桜になっていましたが、段葛を通る観光客の楽しそうな顔を見ているのも悪くありません。



ランチのメニューです。

----------------------------------

    LUNCH MENU

★鎌倉ホットサンドランチ     820円

お好きなホットサンド(サラダ、日替わりデリ、スープ付)

●鎌倉パストラミビーフ&クリームチーズ
●鎌倉ベーコン&エッグトマト
●照り焼きチキン&マヨネーズ
●鎌倉ハム&たっぷりチーズ
●鎌倉野菜のピザ風

★本日の鎌倉パスタランチセット  950円

お好きなパスタ(サラダ、スープ付)

・カマクラベーコンとキャベツの
         あっさり塩味パスタ


★ゴロゴロ野菜のアウトドアカレー 980円
(ランチタイム、スープ付)

----------------------------------



3種類のランチから『本日の鎌倉パスタランチセット』を選びました。

今日は『カマクラベーコンとキャベツのあっさり塩味パスタ』です。



まずはサラダとスープです。(写真右)

新鮮なサラダと、野菜のエキスがたっぷりと入ったヘルシーなスープをいただきます。

(葉桜の段葛)       (サラダ)
ファイブ カフェ 葉桜の段葛ファイブ カフェ サラダ













年配の女性が2人入ってきて、窓際のゆったりとしたソファに腰をかけました。


「お外を見ながらがいいね。」

「ほっとするわね。」



こちらにはパスタが運ばれました。

春キャベツの緑とベーコンのピンクがさわやかな季節のパスタです。

『あっさり塩味パスタ』というとおり、シンプルに美味しいパスタでした。



窓際の席にはホットサンドイッチが運ばれました。

『鎌倉ホットサンドランチ』のようです。

小腹の空いたときにはよさそうです。




プラス200円で頼んだコーヒーがでてきました。(写真右)
スタッフに聞いてみます。


「ねぇ、さっき見たら『ゴロゴロ野菜のアウトドアカレー』ってあったけど何がアウトドアなの?」

「ええ、器がちょっとアウトドア風だったり・・・アウトドアはオーナーの趣味なんです。」


「ここはカフェみたいだけど元は何の店?」

「アパレルですね。」


プラス『DEPO』ではハイキング用品やウエアーを扱っています。


レジをすませて若宮大路に戻りました。


気持ちの良い風に吹かれての散策の途中、ちょっと休みたい!!
そんなときに使えそうなカフェです。


(あっさり塩味パスタ)   (コーヒー)
ファイブ カフェ 塩味のパスタファイブ カフェ 珈琲







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「FIVE CAFE+DEPO」カフェ
   住所 鎌倉市雪ノ下1−9−24 小池ビル2F
   電話   0467−50−0325
   営業時間 10:00〜19:00    
   定休日  水曜日
   http://www.five-cafe.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年04月15日

Kikuichi(キクイチ)

八幡宮に向かうメインストリートは若宮大路です。
それに並行する形でいつも賑わう小町通りがあります。

若宮大路の東側にもう一本、小町大路という道があります。

この道は古来重要な道なのですが、観光で通る人はほとんどいません。



写真左は若宮大路二の鳥居付近です。
鳥居の付近で右に折れ、小町大路に入ります。


少し前この道沿いに、新しいCafeの看板を見かけたのですが、その時はお休みでした。

洒落た外観の建物だったのでちょっと気になっています。



後日、出かけてみることにしました。

写真右は旧蹟『日蓮上人辻説法跡』です。

新しいCafeはこの向かいあたりにあります。

(若宮大路二の鳥居付近)  (辻説法跡)
Kikuichi 二の鳥居Kikuichi 辻説法跡











写真左が、新しくこの道沿いに出来たカフェ『Kikuichi』の店になります。

最初『キクチ』と読んでしまいましたが、『キクイチ』が正解です。


写真右の壁のロゴは『Kikuichi』を『kiku1』と表現していました。



数段の階段を上って、白亜の建物に入っていきます。

分類すれば『自宅改造型』のカフェになるのでしょうが、かなり豪華な感じです。

(Kikuichiの建物) (壁の店名ロゴ)
Kikuichi 店頭2Kikuichi 店名ロゴ













写真左は客室の様子です。

店内は奥に向かってバーカウンター、仕切りを挟んで2列のテーブルが計8席。
奥の小部屋には比較的大きなテーブルがありました。



「食事は出来ますか?」

「はい。いらっしゃいませ。お好きな席にお座りください。」


愛想のいいマスターが微笑みながら迎えてくれます。
スタッフは全部で3名。

マスターとやや年配の上品な婦人と若い女性です。

家族でやっているようで、ほかに3歳くらいの男の子もいました。


明るく清潔な店内ですが、この店で是非書いておかなければいけないのが、ガラス戸越しに見える庭です。


敷き詰められた苔にいくつかの大きな石が配され、飛び石の道が作られています。
そして、圧巻は百日紅(さるすべり)の大木です。(写真右)



「立派なさるすべりですねぇ。どのくらい経っているんですか?」

「ここに来てもう50年くらいですが、その頃も今と同じくらいだったみたいです。」


「芝生を敷き詰めた庭はよくありますけど苔って言うのは・・・・まるでお寺みたいですね。」

「有難うございます。ここはもとはガレージだったんです。庭は80になる知り合いの庭師の人が集大成ということで作ってくれました。」


マスターが教えてくれました。

(店内の様子)       (庭のさるすべり)
Kikuichi 店内Kikuichi 百日紅











ランチメニューです。

-------------------------

Lunch

グリーンカレー    1000円
桜しらすうどん    1000円
5月上旬まで     
ハンバーグ      1200円
シラスヤキニク丼   1200円

注意:どちらも前菜三種、気替(ママ)わりスープがついています

Option
泡立ち珈琲などソフトドリンクwithぷちアイス(+300円)
スイーツ らぶりん または パウンドケーキ  (+300円)

-------------------------


シラスと焼肉の組合せが珍しかったので『シラスヤキニク丼』を注文します。


メニューの下に解説がありました。

※魚と肉のコラボレーション。あれ!意外に合うじゃん!を皆様にも味わっていただきたいのです。



プラス300円でソフトドリンクかスイーツが付くというので、コーヒーを追加しました。


写真左が『シラスヤキニク丼』です。

掲載は出来なかったのですが、この前に前菜3種の皿と温かいコーンスープが出ています。

前菜は、玉子焼きと煮豆とおひたし。
家庭的な前菜です。


『シラスヤキニク丼』は盛られたご飯の麓に焼肉が乗っていました。
その上に釜揚げシラスと海苔、ゴマと刻み葱がかかって一番上には菊の花びらがひとつ。


甘辛の焼肉は柔らかく、さっぱりとしたシラスとの相性もいいようです。
軽い感じなのでどんどん食べられます。

牛肉は国産牛を使っているとのことでした。


ドリンクにはアイスクリームも付いています。
庭を見ながらいただきました。


後でテーブルに来た奥さんに聞くと、マスターは息子さん。
料理を担当するのは娘さんとのことでした。

ちなみに小さな男の子は娘さんのお子さんです。


まだオープンしたばかり。
休みや営業時間が変わる可能性もあります。

詳しくはお店にお問い合わせください。


鎌倉中心部の店ですが、十分に隠れ家カフェと言えると思います。
知っておいて損はありません。

(シラスヤキニク丼)    (サクラアイス)
Kikuichi シラス焼肉Kikuichi サクラアイス






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「Kikuichi」cafe&lounge
   住所 鎌倉市小町2−17−30
   電話   0467−25−1376
   営業時間 昼の部   11:30〜16:00
        夜の部   18:00〜 
        ※金・土曜日(暫定)   
   定休日  火曜・水曜日(暫定)
   http://kiku1.jp/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年04月09日

foifoi(フワフア)

お金が増える鎌倉のパワースポットとして人気の銭洗弁天。
その手前には同じくパワースポットの佐助稲荷があります。

鎌倉の中心地からは少し離れていて、バスなどの公共交通機関もないので歩いていくかタクシーに乗るかマイカーで行くかしかありません。

また、現地の駐車場もあまり収容能力もないのでハイキングがてら歩く人が多いようです。

行き方はいくつかありますが、今日は今小路からのルートを取ってみました。

写真左は今小路の左側にある標識。
矢印の方向にある路地に入ります。


扇ケ谷や佐助は鎌倉の高級住宅地。
最近は相続などで大きなお屋敷が少なくなってきましたが、まだ落ち着いたたたずまいの家がたくさん残っています。

写真右は佐助隧道という小さなトンネルです。

手掘りの跡の残る、このような『隧道』もよく見かけます。

(今小路からの路地)      (佐助隧道)
foifoi 今小路foifoi 佐助隧道













写真左は銭洗弁天の入口です。
トンネルを抜けていくというところに神秘性を感じます。

さて、今回の店はこの少し手前、佐助稲荷の路地の入口近くにあります。


写真右は店の前の看板です。

家のマークとコーヒーカップの絵。
店名の『foifoi』はなかなか読みづらいのですが、よく見るとカタカナで『フワフワ』とありました。

(銭洗弁天入口)      (看板)       
foifoi 銭洗弁天foifoi 看板












写真左が『フワフワ』の店頭です。

山小屋風の店に入ってみます。


平日でしたが思った以上の人がいました。

入ってすぐに飛び込んできたのが英語でした。

手前のテーブルのアジア系の中年カップルと女性オーナーとの会話です。



席は全部で12席。
空いていた2つのテーブルのうち向かって左側のテーブルに案内されました。


「ランチはあります?」

「はい。あの2つになりますが。」



壁に手書きのプレートが見えました。


---------------------------------

カレープレート
国産野菜”じゃがいも”と”ニンジン”の懐かしのカレー

グリーンリーフ

つけ合わせ二種もり
ちっちゃなデザート

化学調味料は使っていません

                     1500円


スーププレート
やさしい味のコーンポタージュ
国産のブイヨン、玉ねぎを使っています

グリーンリーフ

つけ合わせ二種もり
ちいさなデザート

バター、生クリーム、砂糖不使用


                     1500円

---------------------------------


『カレープレート』を注文します。

(店頭の様子)     (店内)
2foifoi 店内












中央のテーブルから声がかかります。


「あの、これあんまり温かくないんですけど。」

「すみません。すぐに温めます。」


この店は女性オーナー1人で対応しています。
一度に席が埋まると結構大変です。



写真右が注文した『カレープレート』です。

カレーのほかゴボウやポテトサラダ、シラスのかかったベビーリーフなどのつけ合わせが乗っていました。
ご飯は五穀米のごはんです。


家庭的な自然な味の料理。
カロリーも控えめでヘルシーです。


食べている間に10人近くいた先客が次々と席を立っていきました。
後から来たカップルが店を出ると店には誰もいなります。


「コーヒーはいかがですか?」

デザートの『ちっちゃなケーキ』がほんの少し残っていました。


「じゃ、お願いします。」

前はアパレルにいたというオーナーの接客はさすがです。




ショップカードをもらうと、店名とオーナーの名前、住所と電話番号の他には何も書かれていません。

まだ休みや営業時間は完全には確定していないようです。
今の時点では、『詳しくはお店に』としておきます。


ランチ1500円とコーヒー430円で会計は合計1930円。


少し高めの価格設定になっていますが、ハイキングコースのような場所でのカフェです。
観光地価格になるのは場所柄仕方がないかもしれません。



(カレープレート)     (コーヒー)
foifoi カレープレートfoifoi コーヒー


++++++++++++++++++++++++++++++++++

●佐助「foifoi(フワフワ)」ミニカフェ
   住所 鎌倉市佐助2−18−12
   電話   0467−33−5788
   営業時間 9:00〜日没(未定部分有)    
   定休日  月曜日・木曜日(未定部分有)

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



















chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年04月02日

鎌倉ジェラート

西鎌倉の人気イタリアン『トラットリア フォセッタ』の栃原オーナーから、長谷のジェラート屋さんを引き継ぐとの話を聞いてからもう1年近く経ちます。

昨年の7月にオープンしてからもシェフは忙しそうでした。



覗いてみようかとも思いましたが、鎌倉観光の中心長谷のジェラート屋さんということで
ちょっと迷っていました。



先日フォセッタに食事をしたときその話がでました。

「男の人もけっこういらしてますよ。」

シェフの言葉もあったのでとりあえず長谷に向かいます。



写真左は江ノ電鎌倉駅です。

江ノ電のカエルのところに桜の花が見えます。


そう、季節は桜ですが今日はあいにくの雨、しかも寒い!!

長谷駅も雨に煙り、駅前を歩く人もあまりいません。(写真右)

(江ノ電鎌倉駅)       (江ノ電長谷駅)
鎌倉ジェラート 鎌倉駅2鎌倉ジェラート 長谷駅2











写真左は長谷寺前の交差点です。

シーズンには長谷寺や鎌倉大仏に向かう観光客で賑わいますが、このときの状態はご覧の通りです。



写真右は『鎌倉ジェラート』のある建物です。

ジェラートのイラスト看板が見えています。


建物の上にあるのが『Kaedena(カエデナ)』という土鍋ごはんの店です。


2階にあるこの店へ上る階段の横にドアがありました。

入ろうとして気づいたのですがこちらは『出口専用』になっていました。

シーズンはこういう形でお客さんを誘導しないと混雑を整理できないのでしょう。


案内に従って表に廻ります。

(長谷寺前の交差点)      (鎌倉ジェラートの建物)
鎌倉ジェラート 長谷十字路鎌倉ジェラート 店












表の入口のところには写真入りのメニュー看板がありました。(写真左)

『日手作りの本格ジェラート』と書かれています。


-----------------------------

シングル    350円
ダブル     450円
トリプル    500円

コーヒー
ブレンド    250円
カプチーノ   300円

-----------------------------





洒落たテラス席も今日はちょっと寒そうです。(写真右)


中に入ります。

カウンターには若い女性スタッフがひとり。



ジェラートのケースまで進みます。



「コーヒーと・・・・・。」

「はい。」


「こんな日にジェラートを頼む人はいないよね。」

「いえ、そんなことはないと思います。」


答えは予想どおりですが、何となく聞きたい気分でした。


「何がおすすめ?」

「『さくら』です。」


今日の陽気では気分が出ませんが、すでに桜の開花が迫っています。


「じゃ、『さくら』にしてください。」


シングルのさくらを注文します。

「コーンにしますか、カップにしますか?」


コーンは食べ歩きに便利かもしれませんが、ずっと持ち続けなければなりません。
コーヒーを飲むときには両手になってしまいます。


「カップでお願いします。」

(メニュー看板)         (雨のテラス席)
鎌倉ジェラート メニュー看板鎌倉ジェラート テラス













ジェラートとコーヒーを受取って、ジェラートケースの横のテーブルに着きました。


写真右は店内から外を写したものです。

それでも時々通る人はいますが、足早に通り過ぎていきます。


コーヒーを飲みます。

カップに盛られたさくらのジェラートを、プラスチックのスプーンで掬いました。


わずかな塩味と桜餅と同じようなさくらの味。
ミルクのコクも味わえる季節の味です。


傘を差して、寒そうに前を通る人たちを眺めながらのジェラートなど、そう味わえるものではありません。

これも風流だと思うことにしました。



誰も来ないかと思っていましたが若い女性が3人中に入ってきました。


こちらは、コーヒーの残りもなくなったので、そろそろ店を出ることにします。




「有難うございました。」


今度は出口専用となっているところから外に出ました。


栃原シェフからは、『果物のジェラートも評判がいいですよ』と聞いています。


春の日差しの中で、いろんなジェラートをまた試してみたいと思います。


(店内から通りを見る)       (ジェラートとコーヒー)
鎌倉ジェラート 店内から鎌倉ジェラート ジェラート&コーヒー





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「鎌倉ジェラート」イタリアンジェラート
   住所 鎌倉市長谷3−8−13
   電話   0467−22−8801
   営業時間 月〜土   10:30〜17:00
        日・祝   10:30〜18:00    
   定休日  月曜日
++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>















chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい