2014年08月

2014年08月27日

お蕎麦 結

暑い日が続いています。

こんな日はやっぱり真夏のメニューから選定するしかありません。

ちょっと気になっていた腰越の蕎麦店に行ってみることにしました。


店へのアクセスはあまりよくありません。

バス停以外の最寄り駅は江ノ電腰越駅ですが、江の島近辺の賑わいを少し味わってから向かうことにしました。


江ノ島駅からスバナ通りを少し歩いてみます。

華やいだ雰囲気を感じた後、江ノ電が道の真ん中を通る『電車路』を通って神戸橋(ごうどばし)の信号まで来ました。(写真右)

この先で線路は道路から分かれ、腰越駅に入ります。

(江ノ電江ノ島駅)     (神戸橋付近)
結 江ノ島駅結 神戸橋と腰越











神戸橋の信号を右(南)に行くとすぐにR134に出ます。

写真左はR134から見た江の島です。


近くの江の島ですが、夏は少しぼやけて見えますね。


今回の店『お蕎麦結』は反対方向、西鎌倉方面になります。

県道304という道ですが、沿道にこれといった観光スポットはありません。


写真右のようなごく普通の道路を500mほど西鎌倉方面に歩いていきます。

(R134からの江の島)  (西鎌倉方面への道)
結 江の島結 道














写真左が『お蕎麦 結』の建物です。

白い外観で、道に面した下の部分は板で出来ています。
窓には葦簀が掛かっていますが、それほど目立つ建物ではありません。



入口は写真の左側にありました。(写真右)

『蕎麦結』と小さく書かれた白い暖簾を分けて中に入ります。


店内は4人掛けのテーブルが2つに、小上がりのテーブルが1つ。

そして、厨房に並行するカウンター席があります。


「いらっしゃいませ。カウンターの席にお座りください。」


若い奥さんに案内され、小さなカウンター席に座りました。



まだ、11時半ですが、カウンター席以外のテーブルは満席です。



旦那である髭の店主は厨房に時々姿を見せています。




メニューです。

-----------------------------------

冷たいおそば

せいろ         730円
天盛せいろ      1400円
かき揚げ天盛り    1300円
田舎そば        800円
田舎天盛り      1470円
田舎おろしぶっかけ  1250円
十割そば        880円
十割天盛り      1550円
鴨汁せいろ      1290円 
辛味おろしせいろ    980円
とろろそば      1070円

-----------------------------------



ほかにも温かいおそばやつまみも載っていますが、今日の暑さではやはり『冷たいおそば』しかありません。


でも、その前に今日は前からやりたかったスタイルで注文しました。


「ビールあります?」


まずは生の『中』を注文しました。


昼間から蕎麦屋でビールです。

お盆なので、多少の贅沢も許されるでしょう。

(お蕎麦結の建物)      (蕎麦店の入口)
結 蕎麦結結 入口















ビールの後に注文したのが『かき揚げ天盛り』です。(写真左) 

ちょっと気になったのが『十割蕎麦』でした。

ちょっと食べてみたい気もします。



盆の上には陶器の皿に盛られた蕎麦、そばつゆと薬味、かき揚げが乗っています。



かき揚げの横の塩をつけてひと口。

カラッと揚がったかき揚げから香ばしいエビの香り。
玉ねぎの甘いことに驚きます。


いつもは天つゆにポシャンと入れてしまうかき揚げですが、もったいないので全部塩で食べることにしました。


腰があってのど越しの良いそばをツルツルといただきます。

この蕎麦は『北海道産』とありました。



昼間のビールでのわずかな酩酊。
うまい蕎麦を食った小さな幸福感を味わいます。

皿の蕎麦がなくなると、間もなく蕎麦湯の土瓶が置かれました。



蕎麦湯を飲んで昼食を終わります。


「有難うございました。1900円になります。」

「10割蕎麦っていうとちょっと固くなる?」


「いえ、普通のせいろと同じような感じで打ってあります。」

「看板メニューなんだ。」

「はい。今日はトントンと出てしまって、ご案内出来なかったんですが。」


開店30分で売り切れ!
そう言われるとますます食べたくなります。





テーブルにあった『そばがき団子』の案内にはこう書いてあります。

------------------------------------------------------

自家製のあんこをそばがきの生地で包みきなこをまぶしました。
四ケ入り   840円
六ケ入り  1260円
八ケ入り  1680円  

※多少お時間をいただきます。

------------------------------------------------------



どのメニューも期待できそうな、ちょっとワクワクする蕎麦店。

アクセスは決して良くないのですがが、江の島に行くのなら、少し寄り道してでも行きたい店です。


(かき揚げ天盛り)     (蕎麦湯の土瓶)
結 天婦羅蕎麦結 蕎麦湯








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●腰越「結」蕎麦
   住所 鎌倉市腰越4−2−13
   電話   0467−95−2467
   営業時間 昼 11:00〜15:00
        夜 17:30〜21:00(LO:20:30)
   定休日  木曜・第3水曜日 

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | 蕎麦・うどん

2014年08月20日

KIRYU

写真左はJR北鎌倉駅です。

アジサイの時期は混雑するホームも観光客はまばらです。

今回は円覚寺側の臨時改札口で降りました。


明月院に向かう線路沿いの道を歩きます。(写真右)

ご覧の通りの通行量です。


さて、向かっているのは6月に出来たというカフェです。

このところ、暑さに負けない、もしくは暑くても食べられるシリーズになっています。


今日のカフェは『糖質オフ』、身体に良い響きです。

(北鎌倉駅)        (線路沿いの道)
KIRYU 北鎌倉駅KIRYU 線路沿いの道














鎌倉街道に出る少し手前に左に折れる道があります。

『明月院』と書かれた標識の方向に進みました。


まもなく右側の空地のブロック塀の上に看板がみえてきます。(写真左)


--------------------------------------

Traditional Chinese Medicine

   Life Creative

School・Treatment・Cafe


    KIRYU

--------------------------------------



空地の向こうに出来たばかりの生垣があり、右側の垣根が切れていました。

看板のようなものもあり、その向こうに黒っぽい建物があります。


どうやらこれが『KIRYU』のようです。

(KIRYU 看板)    (空地の向こうの建物)
KIRYU 看板KIRYU 建物












建物の中に入ります。

天井も壁も床もすべて木、タールを塗ってあるのか黒っぽい色です。


「いらっしゃいませ。どちらでもお好きな席へお座りください。」


若い女性スタッフに言われて、メニューの書かれた黒板の前のテーブルに席を取りました。


中には小さなテーブルが14。

ただ、中には椅子のないテーブルもあったので、正確に28席なのかどうかはわかりません。



来る道は空いていましたが、店内にはすでに10人以上が来ています。


家族連れ、女性グループ、女性の1人客などなど。




一番奥には本棚があります。

やはり多いのがダイエット系の本ですが、そのほかのジャンルの本もありました。(写真右)

(ほの暗い室内)      (部屋の奥の本棚)
KIRYU 室内2KIRYU 本棚















先ほどのスタッフがメニューを持ってきてくれます。


------------------------------------

ランチプレート(浄循茶付)

●季節のパスタプレート(干豆腐麺使用)     1500円
●お楽しみサラダプレート(テリーヌ、オムレツ、パテ、パン)1500円
●オリジナルピザプレート(大豆粉使用)     1200円

オリジナルスイーツ 糖質オフ

●スイーツ2種A.B               500円
●ドリンクセット 1ドリンク+1スイーツ    1000円
         1ドリンク+2スイーツ    1300円

ドリンク

●浄循茶(hot.ice)            600円
●オリジナルブレンドコーヒー           600円
●自家製ミントのノンアルコールモヒート      700円
●糖質オフ甘味料                 100円

------------------------------------



カロリー表示はありませんが、夏のダイエットにはサラダプレートが一番効きそうに
思えたのでこれを注文しました。


プラス400円で本日のスイーツが付けられるとあったので、頼むことにします。



「スイーツをお選びください。」


黒板に本日のスイーツがありました。

--------------------
チョコレートケーキ
チーズケーキ
杏仁豆腐
--------------------

チーズケーキを注文します。



最初に運ばれたのは浄循茶(じょうじゅんちゃ)です。

茶碗に麦茶のような茶色のお茶が入っています。


黒板にこのお茶のことが書いてありました。



------------------------------------

デトックス効果の9種類の薬膳素材

・大麦
・枇杷
・小豆
・烏龍
・枸杞
・茉莉花
・菊花
・陳皮
・○苡仁
------------------------------------


最後が読めなません。
聞くと『ハトムギ』ですと答えてくれました。

『ヨクイニン』とも読むそうですが、最初の字はこのブログで表示出来ない文字を含んでいるので○にしておきます。




写真左が『お楽しみサラダプレート』です。

真ん中にサラダ、テリーヌ、オムレツ、パテ、パンが周りを囲っています。

テリーヌにはクルミ?、オムレツにもいくつかの野菜が入っています。



「これも薬膳?」

「いいえ、それは普通の料理です。」



糖質オフは丸いパンでした。

このパンの弾力が半端ではありません。
キャッチボールが出来そうなゴムボールのような感触です。


「大豆粉を使ってます。糖質オフということで小麦粉は一切使ってません。」


そいいわれると、ちょっと粉っぽい大豆の風味も感じます。



すでに浄循茶は飲み終えてしまいました。

ケーキが来るのに水だけでは寂しいので、コーヒーも追加します。


ただ、糖質オフなので砂糖は付きません。
血糖値の上がらない甘味料はプラス100円とのことです。



「ミルクは付くの?」

「はい。」


コーヒーにたっぷりとミルクを入れました。


チーズケーキも糖質オフです。

小麦粉は使われておらず、甘味は羅漢果でつけられているとのことでした。




デトックスも済んで身体によいランチを終ります。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。2500円です。」



ランチプレートのほかチーズケーキとコーヒーを取ったので、ちょっと金額が張ります。



レジに向かいました。

それまでお客と話していた女性スタッフがレジを離れ、中年の女性客は席に戻ります。

このスタッフがオーナーでした。


○島田淑子(しまだ すみこ)さん。 日本かっさ協会会長。
日本での「かっさ」療法 の第一人者。


スタッフの話では、ダイエット関連などの本をたくさん出しているとのことでした。





『KIRYU』の店名を『桐生』という名前と思っていましたが、これは『気流』からの命名。

東洋医学で大切な『気の流れ』からきています。

店名ロゴもよく見ると『気流』となっていました。


(お楽しみサラダプレート) (コーヒー&デザート)
KIRYU サラダKIRYU デザート







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●山ノ内「KIRYU」カフェ他
   住所 鎌倉市山ノ内185
   電話   0467−38−7536
   営業時間 10:00〜日没
   定休日  無休 
   http://kiryu-bws.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2014年08月06日

ゴクラクカリー

梅雨明け以来、連日暑い日が続いています。

こんな時は麺類かカレー、そういえば由比ヶ浜通りに身体に良さそうな薬膳カレーの店があると聞いていました。


鎌倉駅の西口に降りて、御成通り商店街を由比ヶ浜方面に歩いていきます。

夏の鎌倉の市街地はあまり人出はありません。
西口は観光客も少ないので写真左のような状態です。


商店街の終わりで由比ヶ浜通りに出ました。
長谷方面に行くとやがてちょっと変わった建物が見えてきます。


城のようなお寺のような形です。(写真右)


正面のガラス戸に『鎌倉彫』とありました。

これが鎌倉の『景観重要建築物』の『寸松堂』です。


道路を挟んで『寸松堂』の向かいあたりにあるのが、今回の『ゴクラクカリー』になります。

(御成通り商店街)     (鎌倉彫 寸松堂)
ゴクラクカリー 御成通りゴクラクカリー 寸松堂













写真左は最寄りのバス停、江ノ電バスの『笹目』です。

笹目や扇ケ谷は鎌倉の昔からの住宅地になります。
笹目の住宅地を通り、普段の鎌倉を味わいながら来るのもおすすめです。


写真右が目的の店『ゴクラクカリー』の店頭です。


目立つ英語塾の看板の下に白ペンキの壁面。
『パキスタンカリー ゴクラク』とありました。



その横に、

『恋でもなく 愛でもなく なぜか 忘れられない』

というフレーズも見えます。



お釈迦様のような絵も描かれていました。

ひとことで言えば不思議な感じの店です。


『OPEN』の文字を探しましたが見当たりません。

でも、やっている雰囲気があったのでドアを開けてみました。

(江ノ電バス 笹目)     (ゴクラクカリー店頭)
ゴクラクカリー バス停ゴクラクカリー 店頭正














奥から出てきたのはベレーのような帽子を被った若い男性。
この人が店主のようです。


「いらっしゃいませ。」

「やってますか?」

「はい。」


客席はテーブル席と小上がりの席に分かれています。

合わせて20席ほど。

小上がりの横のテーブル席に座りました。


窓から先ほどの『景観重要建築物』寸松堂が見えます。






「メニューはあちらにありますチキンカリーのセット一種類です。よろしいでしょうか?」



壁に掛けられたボードには、


-------------------------------------

お食事メニューは1種類

チキンカリーライス
サラダ
チャイ         のセット   1000円


おかわり カリーライス  500円
        サラダ  300円

-------------------------------------


とあります。


1種類なので、選択する煩わしさもありません。

(店内の様子)    (窓から『景観重要建築物』)
ゴクラクカリー 店内2ゴクラクカリー 窓から















キッチンの上にずらっと書かれているのはカレーのスパイスです。

写真を撮っていると店主の男性がA4のペーパーをくれます。



「ここに同じことが書いてあります。」


ウコン  アルツハイマー予防
     肝機能調整 浄血 抗菌

胡椒   中性脂肪燃焼 冷え性 解毒


馬芹   利尿 腹痛緩和 消化促進



などなど。

観音様の絵が描かれた横に18種類のスパイスが書いてありました。


「薬膳カレーなの?」

「基本的にカレーは薬膳になります。」


「そうなんだ。で、ここに仏様が描かれているけどお寺なんかと関係があるのかな?」

「えっー?まったく関係ありません。」

店主の男性はのけぞって答えました。




写真右がチキンカリーです。

チキンカレーということですが、チキンはフレーク状になっていて、どこかコンビーフに似ています。


サラダはちょっとピクルス風ですが、ピクルスほど酸味は濃くはなく食べやすい味でした。


カレーをひと口。

煮込んだ鶏肉はほろほろと口の中でほぐれていきます。
先に塩味が先行しました。

いわゆるカレールーのマイルドな感覚とは違った味ですが、後味は悪くありません。


最後に残った鶏肉には小さな骨が付いていました。




テーブルのベルを鳴らすと乾いた音がします。

「は〜い。」


店主がチャイを持って来てくれます。



「パキスタンのカレーってかいてあったね。」

「はい。」


「パキスタンでは普通のカレー?」

「そうです。秘密でも特別でもない普通のレシピですね。」


もう少し有難い口上があるかと思いましたが、正直な店主はあっさりと答えます。


「普通のいわゆるインドカレーとちょっと違う感じがするね。」

「塩だけで味付けしてます。小麦粉も使っていません。」


「後味にちょっと甘味を感じるんだけど。」

「ああ、多分玉ねぎでしょう。」



特別薬膳ということはないそうですが、もらった紙には数々の効果が書いてあります。


なんだか夏を乗り切れそうな気がしてきました。

(スパイスの一覧)      (チキンカリーライス)
ゴクラクカリー スパイスゴクラクカリー チキンカレー





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ヶ浜「ゴクラクカリー」カレー
   住所 鎌倉市由比ヶ浜3−9−47 中丸ビル1階
   電話   0467−61−1807
   営業時間 昼 11:30〜14:30
        夜 17:30〜21:00
   定休日  火曜・最終水曜(祝日の際は翌日に振替) 
   http://profile.ameba.jp/omotenashi-chicken-curry/

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カレー
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい