2015年03月

2015年03月25日

茜屋

鎌倉最大の洋館建築『鎌倉近代文学館』

年間7〜8万人が入場する施設ですが、3月初めの今はまだ空いています。


由比ヶ浜通りから『鎌倉近代文学館』に入る道の左側に新しく出来た店を見つけました。

民家の前に、メニュー看板があり赤紫の短い暖簾と、『茜屋』と書かれた木の看板が出ています


江ノ電の長谷駅からもそう遠くはありませんが、最寄りは由比ヶ浜駅になります。(写真左)


駅から真っ直ぐに進むと、由比ヶ浜通りと交差する『鎌倉文学館』の信号に出てきます。

写真右が交差点から文学館方向を見たとところです。


道の左側にある『小花寿司』は、女優夏目雅子が愛した店として有名です。

(江ノ電由比ヶ浜駅)    (小花寿司の路地)
茜屋 由比ヶ浜駅2茜屋 小花寿司














写真左は文学館側から交差点を撮ったものです。

『小花寿司』の横が『ジャックと豆の木』という無添加の小さなパン屋さん。


今回の『茜屋』は『ジャックと豆の木』の隣になります。


ちなみに写真右は、もう少し先にある文学館のエントランスです。

ゆったりと曲がった道とモミジなどの木々、これからの新緑シーズンはとてもきれいです。

(茜屋前の道)       (文学館のエントランス)
茜屋 店前の通り茜屋 文学館













茜屋の入口には黒板のメニューのほか、写真の載ったものも塀に掲げてあります。


時刻は11時45分。

『オープン』の表示はありませんでしたが、店頭の状況から営業中と判断して引戸を開けました。


「いらっしゃいませ。」

店内には2人の婦人がいます。


「寒いですから奥の方へどうぞ。」

白髪の上品な老婦人がストーブに近いテーブルをすすめてくれます。

奥のテーブルに着くと今度は小柄な女性がメニューをテーブルに置きました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

釜揚げしらすとカリカリ梅ご飯  1300円
有頭海老付き          1500円
牡蠣雑炊             800円
スープワンタン          600円
お雑煮              600円
ミニきつねうどん         600円
十勝大納言お汁粉         700円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


そのほかコーヒーや紅茶、ジュースなどの喫茶メニューもあります。


写真入りで一番最初に載っている『釜揚げしらすとカリカリ梅ご飯』を頼みました。

これは1300円ですが、有頭海老が付くとプラス200円になります。


写真右はレジとキッチンのカウンターです。

右側が入口の方向になります。

(茜屋入口)        (室内)
茜屋 入口茜屋 室内














小柄な女性の声が聞こえました。

「奥様、結構ですよ。本当に。時給も出ないですから。」(笑)


店の手伝いをしているように見えた白髪の夫人は、どうやら常連のお客さんだったようです。



その奥様の後に、こちらにも『釜揚げしらすとカリカリ梅』が運ばれました。


笊の上におにぎりが2つ。

そのほか串に通した野菜の煮物、蒲鉾、卵焼き、牛肉の煮たもの、揚げ春巻きなども乗っています。


春巻きは普通のものと牡蠣と豚肉の入ったものがありましたが、頼んだのは牡蠣入りのものです。

カリッとした皮と牡蠣の味の組合せもなかなかです。


しらすと梅のおにぎりもさっぱりとしておいしい!




コーヒーを追加しました。


女性オーナーが運んでくれます。

オーナーと少し話してみました。


「本当は今のメニューより一品料理を出したいんです。」

「一品料理と言うと?」


「煮魚とかカレーとか。」

「追加して出したらいいんじゃないですか。」

「今の籠のメニューを出していると、手間がかかり過ぎてほかのものまで手が回りません。」


女性に受けるように考えたメニューですが、オーナーによれば蒲鉾を切ったり瓢箪を結んだりは料理と言えず面白味がないとのこと。


「でも、お客さんには止めないでと言われて・・・。」


以前は横須賀でパブレストランをやっていたというオーナー。

そのときのメニューは人気だったとのことです。



「創作和食なんて書かれているんですけどね。」

「本当は何の店なんです?」

「カフェ&キッチンです。」


まだ、2月にオープンしたばかり。

一応定休日は月曜ですが、繁忙期は営業するつもりだそうです。


(釜揚げしらすとカリカリ梅)(コーヒー)
茜屋 ランチ茜屋 コーヒー








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「茜屋」Cafe&Kitchen
   住所 鎌倉市長谷1−11−11
   電話 0467−24−9100
   営業時間 昼頃〜    
   定休日  毎週月曜日(繁忙期は営業)

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






















chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2015年03月18日

ギャラリー&喫茶 AKI

前回の『28BAL』に行く途中で見つけた店です。

一階と二階の格子が目を引く古民家で『ギャラリー&喫茶AKI』とありました。


前回も触れましたが、このあたりは鎌倉の観光ルートからは外れています。

ちょっと気になったので、日をあらためて行ってみることにしました。



若宮大路を進み、由比ヶ浜歩道橋の手前を左折して鎌倉女学院横を過ぎます。(写真左)


写真右は店の前の道になります。

生活感のある普通の道です。

※店前から来た方向を撮っています。

(由比ヶ浜歩道橋)     (店前の道路)
AKI 歩道橋AKI 店前の道路













滑川を渡るとすぐ左が『ギャラリー&喫茶 AKI』の店舗になります。

店の前を通るのは近くの第一小学校の生徒でしょうか。


ちょっと時代が遡って、昭和の風景のようにも見えます。


店の前に案内がありました。


『盛り付けがたのしくなる器展 展示即売!ただ今開催中!』


その横には

『鎌倉風景 around 1955 常設展』


そして、その下の解説には

『鎌倉に生まれ育った一人の写真愛好家竹腰眞一が遺した愛蔵写真』


とありモノクロの写真も2枚載っています。



写真右は入口のところにあった店名が書かれた焼物です。

上の小さな窓には、男の子と女の子のシルエットが下からの光に浮かんでいます。

(AKIの店舗)      (店名の焼き物)
AKI 店舗AKI 店名














重そうな引戸には細かい金網がかかっていました。(写真左)

中に入って閉めようとすると、中にいた店主から声がかかります。


「手を挟まないように気を付けてください。」

「はい。でもずいぶん古そうな戸ですね。」

「蔵の大戸と言ってお蔵に使われていたものです。」




ゆっくりと戸を閉めました。


「こちらの方が暖かいですから、どうぞ。」

入ったところにもテーブルがありましたが、店主は隣の部屋に案内してくれました。



写真右がその部屋になります。

奥の棚は、『盛り付けがたのしくなる器展』の展示のようです。


窓際のアンティークなテーブルに席を取りました。



メニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
飲み物

ソフトブレンドコーヒー      400円
ビターブレンドコーヒー      400円
キリマンジャロ          400円
アイスコーヒー          400円
カフェオレ            400円
コーヒーフロート         500円
チャイ              500円
紅茶               400円
100%オレンジジュース     300円
サイダー             300円
ビール小びん           500円


甘味

酒かすレアチーズ         450円
ケーキセット(コーヒー・紅茶)  800円           
ヘルシーチョコレートムース    450円
(豆腐入り)
アイスクリーム(バニラ/抹茶)  300円


本日のケーキ

青森リンゴのパウンドケーキ    400円
コーヒー、紅茶とセット
                 750円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


そのほか軽食としてキーマカレーやトマトリゾット、チキンライスなどもありました。



「何がおすすめですか?」

「そうですね。青森リンゴのパウンドケーキなどは・・。」


おすすめの『本日のケーキ』を注文します。


(蔵の大戸)        (室内の様子)
AKI 大戸AKI 室内2















壁には何枚かのモノクロ写真が飾られていました。(写真左)

昔の鎌倉が写っています。


その下のテーブルには何冊か写真集が積んであります。


「懐かしい写真がたくさんありますね。昭和30年代ですか、これは?」

「うちの父が撮影したものです。」


「写真家だったんですか?」

「いいえ、酒屋ですが自分で現像室を持っていました。」



主人がサンプルの写真集を貸してくれました。

表紙は稲村ケ崎あたりの風景で、大きな富士山とボンネットバスが写っています。


車のほとんど通らない若宮大路、石垣のない段葛の満開の桜、狛犬のいない二の鳥居、バラックのような海の家。

もちろん酒屋だった竹腰酒店や、幼い頃の現在の主人などの家族の写真もあります。


忘れていた風景に、しばし時間を忘れて見入ってしまいました。



写真右が『本日のケーキ』とコーヒーです。


青森リンゴのパウンドケーキを口に運びます。

甘さを抑えたパウンドケーキの間にリンゴのドライフルーツが挟まっています。

バランスの取れたキリマンジャロも上品な口当たりでした。


「カフェはいつ頃出来たんですか?」

「大正から始まった酒店を閉めたあとしばらくアトリエと貸ギャラリーをやっていましたがギャラリーのお客様から『ここでコーヒーが飲みたい』というご意見が多かったので昨年の4月からカフェも始めました。」


古民家の中で、昭和の鎌倉の風景に出会える隠れ家カフェを発見です!

(昭和の鎌倉風景)     (パウンドケーキとコーヒー)
AKI 写真AKI デザートセット





++++++++++++++++++++++++++++++++++

●材木座「ギャラリー&喫茶AKI」珈琲・軽食・甘味・企画・常設展
   住所 鎌倉市材木座1−4−5
   電話 0467−22−0930
   営業時間 10:00〜18:00    
   定休日  毎週月曜日(祝日の場合は営業)
   http://galleryaki.jimdo.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++


< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2015年03月11日

ぎゃらりー伊砂

鎌倉野菜で知られた『鎌倉市農協連即売所』(通称レンバイ)の横の路地は、知る人ぞ知るグルメな路地です。

昭和を感じるレトロな洋食(看板はフランス料理)の店『小町園』、最近噂で聞く高級和食の『さん居』、どちらも落着いた佇まいの名店です。


この路地の奥、古い日本家屋の門に一枚板の看板が出ていました。


『和Cafe&ぎゃらりー 伊砂』


写真左は若宮大路を海に向かって見たところになります。

前方に横須賀線の高架が見えています。



写真右を見てください。

向かって左側がレンバイ、右側がローソンです。


間にあるのが、今回の店『和Cafe&ぎゃらりー 伊砂』の路地になります。

(若宮大路)        (路地の入口)
伊砂 若宮大路2伊砂 レンバイとローソン















ローソン横のフェンスに案内板がありました。(写真左)


路地を進みます。

鎌倉駅からも近いのですが、レンバイにくる観光客はいてもこの路地に入る人はほとんどいません。



写真右は、鎌倉を流れる滑川にかかる『小町橋』です。

ただ、この橋に気がつく人は少ないかもしれません。



余談ですが、ここの住所は『小町』になります。

小町通りからは離れているので、鎌倉の住民でない方は違和感があるかもしれませんが・・・。

(伊砂案内板)        (小町橋)
伊砂 案内板伊砂 小町橋














洋食の『小町園』を過ぎると、まもなく右側に白い壁の建物があります。(写真左)

鎌倉でも最高級にランクされる日本料理店『さん居』の店舗です。


小さな表示しかないので、注意しなければ気がつかないかもしれません。

今回の『伊砂』はこの店の隣にあります。



写真右は『伊砂』の入口です。

店名の看板とメニューのほかに台に乗った器や手拭いなどが置かれていました。



メニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日のごはん    800円

十穀米のかまあげしらす丼

今日のおかし+のみもの 600円

いちごムース
レアチーズケーキ
花仙のどらやき
抹茶プリン
コーヒーゼリー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

門を抜けて中に入ります。

(日本料理店の奥に)    (店の入口)
伊砂 さん居伊砂 店















商品の置かれた店内の左側にカウンターの席がありました。


「いらっしゃいませ。」


出てきてくれた女性オーナーに尋ねます。


「食事は出来ますか?」

「はい。今日は粕汁ですけどよろしいでしょうか?」

「ええ、お願いします。」


席は奥にもありました。



写真左が奥の座敷になります。

六畳と四畳半の畳の部屋がつながっており、庭に面して廊下がありました。

懐かしいつくりの日本家屋です。


畳の大きなテーブルに案内されましたが、廊下のテーブルには座椅子が用意されていたのでこちらにしてもらいました。



写真右が『今日のごはん』です。

日替わりだそうですが、今日は『しらす丼』と『粕汁』でした。


どんぶりの真ん中には玉子焼きが乗っています。

「粕汁は鮭が入っています。小骨があるかもしれませんのでお気を付けください。」


温かくて身体に染みる上品な味わいです。


しらす丼の上の玉子焼は、甘くなく出汁の効いた玉子焼きで、しらすの下のご飯は十穀米でした。

おいしくてヘルシーなどんぶりです。



オーナーは京都の人で、店名は『いさ』と読むそうです。


小物の販売は6〜7年前からやっていたそうですが、カフェは昨年の5月からとのことでした。

築80年という古民家、ここまで来ると若宮大路の喧騒も聞こえてきません。


800円という価格も鎌倉の観光地価格ではありません。


鎌倉駅からも近く静かで落ち着ける『和cafe』は、出来れば内緒にしておきたい隠れ家と言えるでしょう。

(古民家の店内)      (今日のごはん)
伊砂 室内伊砂 ランチ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「ぎゃらりー伊砂(いさ)」和カフェ&ぎゃらりー
   住所 鎌倉市小町1−14−23
   電話 0467−22−1320
   営業時間 10:00〜17:30     
   定休日  火曜日・第5月曜日(その他不定休あり)
   http://www.kamakura-isa.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2015年03月04日

28BAL

『28BAL』という店があると知ったのは最近のことです。

あまりメジャーな場所ではないので、近所でなければ鎌倉の住民でも知っている人は少ないでしょう。


店のジャンルはフェースブックでは『社交クラブ・日本料理店・国』となっていました。

国?よくわかりません。


食べログでは『おでん・バル・バール・カフェ』と書かれています。

住所は材木座となっていますが、海からはちょっと離れているようです。



写真左は鎌倉駅前にある東急ストアです。

この横を通って若宮大路に出ます。


横須賀線の高架をくぐると、まもなく広い交差点が見えてきました。(写真右)

ここが下馬四ツ角の交差点です。


下馬という地名は鎌倉時代、この下馬四ツ角から鶴岡八幡宮まで馬の乗り入れが許されず、ここで馬を下りたからだと言われています。

(東急ストアの横)     (下馬交差点)
28 Tokyu Store28 下馬交差点














下馬の交差点で若宮大路の反対側に渡りました。

その先にあるのが『鎌倉女学院』です。

※写真左の歩道橋の奥に見えるのが『鎌倉女学院』になります。



学校の手前を左折します。

この写真だと、まっすぐ奥に進む道になります。


ヒロ病院を過ぎ海に向かって行くと、写真右のような静かな道が続きます。


この道は材木座海岸に続くのですが、夏のシーズンでも海水浴客が通ることはあまりありません。

(鎌倉女学院)       (28BALへの道)
28 鎌倉女学院28 28BALへの道
















道の左側に古い建物が見えてきました。(写真左)


白い壁と重厚な扉、そしてその間のガラス面に書かれた『R』の文字が目を引きます。

建物の横には大きな松の木があって、屋根には松葉が積もっています。



実は、この写真を撮ったのは店を出た後なのですが、着いたときはメニューやOPENの札などは出ていませんでした。


ちょっと戸惑ったのですが、重い扉に手をかけて横に引きます。


少し経ってから若い男性が出てきました。

※オーナーではなく、この人は店長さんのようです。




写真右は店内から入口付近を写したものです。

ほの暗い室内の一段高い場所にテーブルが置かれています。


古民家をリノベーションした店ですが、この写真に写っていない壁は煉瓦が埋め込まれ洋風の雰囲気も出しています。

(28BALの店)     (室内の様子)
28 店舗28 室内3

















細長いメニュー表にランチが4種類載っていました。(写真左)


--------------------------------------------

LUNCH MENU


鎌倉野菜サラダ&美肌スープランチ  1380円


烏骨鶏スープの薬膳担々麺      1080円


牛すじカレー            1080円


鶏とたっぷり野菜の黒酢あん定食。  1080円

--------------------------------------------



身体によさそうな感じです。

『美肌』というのが女性向きのような表現ですが、一番上にあったのでこれを注文しました。


スープの種類とサラダのドレッシングが選べるので、『烏骨鶏から出汁をとった生薬たっぷりの辛いスープ』と『玉ねぎドレッシング』を選択します。




写真右がスープランチです。

木の盆の上に大きなサラダと烏骨鶏のスープ、赤飯のような色のご飯が付いています。


サラダにはレタスなどの葉野菜のほかにもブロッコリー、玉ねぎ、レンコン、ハトムギ、キウイやクコに菊花などが入っています。


サラダは手元の箸で食べました。

さわやかで甘酸っぱいドレッシングの味もGOODです。



スープは生姜ニンニクのほかいろいろな生薬が入って薬膳の味がします。

辛いスープとありますが、最初は少し甘くだんだんに辛さを感じてきます。


こちらもチンゲン菜、レンコン、サツマイモ、きくらげなど野菜豊富なスープです。




赤飯のようなご飯は、後で聞くと『太古米』とのことでした。

『デトックス&美肌』のランチは、血糖値の高いオジサンにも向いているかもしれません。


片付けにきた店長さんに言いました。


「ごちそうさま。ずいぶん身体に良さそうなメニューですね。」

「スープは10種類ほどの生薬が入っています。飲むと身体が温まってくると思います。」


「ところで28というのは?」

「ここのラッキーナンバーなんです。」


「番地とかじゃなくて?」

「はい。オーナーが風水とかに詳しいんです。」



食事が終わってさらにコーヒーを追加します。



メニューに書かれたもう1つの疑問を聞いてみました。


「『10zen』ってあるけど、これは何ですか?」

「はい。品川にある薬膳レストランでここのメニュー開発に協力してもらってます。」


<10zen>
http://10-zen.com/




「へぇ、こんなところがあったんだ。でも、ここじゃ観光客は来ないでしょう。」

「そうですね。地元のお客さんがほとんどです。このあたりはあまり飲食店がないのでけっこう喜んでいただいてます。」


ディープな場所ですが、もし時間があればもう1つの鎌倉を感じてもらえるかもしれません。

(ランチメニュー)     (スープランチ)
28 ランチメニュー28 スープランチ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●材木座「28BAL」社交クラブ・日本料理店・国
   住所 鎌倉市材木座1−6−22
   電話 0467−33−5928
   営業時間 11:30〜15:00 
        18:00〜22:00   
   定休日  毎週月曜日
   https://www.facebook.com/28bal

++++++++++++++++++++++++++++++++++



< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 薬膳料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい