2015年04月

2015年04月29日

パシフィック ドライブイン

カレーの「珊瑚礁」イタリアンの「アマルフィーデラセーラ」世界一の朝食の「bills」など、七里ヶ浜にはお洒落な店が多いようです。



「七里ヶ浜の駐車場に新しい店が出来てますよね。」

鎌倉バーグ『六弥太』の店主タドコロさんから聞いたので行ってみました。



写真左はR134と『bills』のある『ウィークエンドハウスアレイ』です。

今度の店もこの『bills』を手掛ける『トランジットジェネラルオフィス』のハワイ料理の店とのことです。


写真右は、今回の店『Pacific DRIVE−IN』のある七里ヶ浜駐車場です。



駐車台数約350台。


4月の初めです。

広い駐車場はまだオフシーズン、止まっている車も少ないようです。(写真右)

(R134とbill’s)  (七里ヶ浜駐車場)
パシフィック R134パシフィック 駐車場














駐車場は、七里ヶ浜駅付近から鎌倉プリンスホテルのバンケットホールの前くらいまで続いています。

写真左はバンケットホールの前を通る江ノ電です。




駐車場の前には七里の海が広がっています。


沖の方を見ると何人かのサーファーが点のように見えました。

今日の海は穏やかで、サーフィンにはちょっと向いていないかもしれません。

(鎌倉プリンスホテル)   (沖のサーファー)
パシフィック プリンスと江ノ電パシフィック サーフィン













写真左は『パシフィックドライブイン』の側面と店名看板です。

お洒落な感じがしますね。


この場所は『バーガーキング』から『ファーストキッチン』になり、今回の『パシフィックドライブイン』に変わっています。


正面から写すと写真右のようになります。


店内で食べることも出来ますし、テラスを使うことも出来ます。

また、テイクアウトして海岸でも食べることも出来ます。


ただし、テラスも海岸もトンビに狙われるので注意が必要ですが・・・。



店内にもテラス席にも余裕はありますが、入口には行列が出来ています。



横の壁には大きなメニュー表がありました。

並んでいると、スタッフは3つ折りになったメニューをくれました。




メニューの抜粋です。

-------------------------------------------

PLATES&BOWLS

ガーリックシュリンプ プレート 1250円
カルアポーク プレート 1150円
モチコチキン プレート 1000円
フリカケアヒ プレート 1200円
ロコモコ 1150円


EGG

ブレックファーストハム&エッグ 1000円
オムレツ トマト&チーズ  1100円


SANDWICH
BLTA サンドウィッチ 1100円
ローストビーフサンドウィッチ 1250円
バターミルクパンケーキ 900円


COFFEE TEA&OTHER

コーヒー 400円
カフェラテ 450円
ウーロン・ペプシ・7UP・ジンジャーエール 400円
オレンジジュース・グレープフルーツ 500円


SPECIAL

レモネード・ジンジャーレモネード 600円


SMOOTHIE

グリーン・レッド・CARAMEL  850円
オノオノシェイク 650円

-------------------------------------------



昼なので『ガーリックシュリンプ プレート』と『コーヒー』を頼みました。

マグカップのコーヒーはレジの横でもらいます。


コーヒーと番号札を乗せたトレイを持って店の奥へ進みました。 

(パシフィックドライブイン)(テラスと行列)
パシフィック 建物パシフィック テラスと行列
















店の情報を見ると店内48席、テラス40席とあります。

今、埋まっているのは半分を少し超えたくらいでしょうか。


ここも客層はさまざまです。


ファミリー、幼児を連れた女性のグループ、イケメンのお兄さん、外国人、女性の1人客、サングラスの男女等。

ただ、年配層はほとんどいませんでした。



スタッフは皆若い人たちです。

白いブラウスに薄茶のスカートの女性、黒系のエプロンは厨房スタッフです。

ホールはグレーのパーカーのお兄さんがホールを仕切っているようでした。




「お待たせしました。」


スタッフは、コーヒーのカップの乗っていたトレイと、ガーリックシュリンプのトレイを入れ替えます。


ガーリックシュリンプはもらったメニューの写真とは違い、白の丸皿に乗っていました。

メニューのものはテイクアウト、丸い皿は店内用なのでしょう。




丸く盛られたライスはさっぱり目に炊かれていました。

その上に赤いシュリンプが1、2、3、4、5、6、7尾。


ナイフとフォークもありますが、海老は手を使って食べていきます。

ガーリックの効いたエスニックな味です。



ここからサーファーは見えませんが、沖には小さな漁船が数隻浮かんでいました。

リゾート感の漂う雰囲気の中で、店内のお客さんもテラスのお客さんもリラックスした表情を浮かべています。



まだ、3月30日にオープンしたばかり。

季節が良くなればさらに混んでくるかもしれません。


500円以上注文すると駐車は1時間無料になります。

(店内の様子)       (ガーリックシュリンプ)
パシフィック 室内パシフィック ガーリック海老






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「Pacific DRIVE−IN」ハワイ料理
   鎌倉市七里ガ浜東2−1−12
   電話 0467−32−9777
   営業時間 8:00〜20:00(LO:19:30)      
   定休日 不定休

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ&レストラン

2015年04月22日

COPEN LOCAL BASE KAMAKURA

写真左は若宮大路と由比ヶ浜通りが交わる下馬交差点付近の様子です。

人も車も賑やかに行き交っています。


歩道沿いに『COPEN LOCAL BASE KAMAKURA』という看板がありました。

全面ガラス張りの建物の中に真っ赤な車が見えます。


自動車の展示スペースにも見えますが、入口にメニューのようなものもありました。

(下馬交差点)       (COPENの建物)
コペン 下馬交差点コペン 店















この建物のあるエリアは、三井のリパークというコインパーキングになっています。
(写真左)


実はこの店、2回目の訪問になります。

最初はオジサンにはちょっと場違いな気がしたので、コーヒーだけを飲みました。



ただ、入ってみると客層は広く、散歩やジョギングスタイルの年配の男性、若いカップル、女性のグループ、若い外国人の男女のグループ、中年の男性外国人、ファミリー、女
性の1人客、幼児を連れたお母さんなど多岐にわたっていました。




そんなわけで、今回はランチでもと思ったのですが昼前の店内には・・・誰もいません。


しばらくその前をうろうろしてから、入口に近寄ってメニュー表などを見ていると、中から女性スタッフが出てきました。


「メニューです。よろしければどうぞ!」


B4判を2つ折りにした薄い茶色のメニューをくれます。

そこまでされれば仕方ないという体を装って中に入りました。


写真右は、そのときスタッフがくれたメニューです。

(三井のリパーク)     (メニュー)
コペン リパークコペン メニュー















赤い『COPEN』の近くに席を取ります。


写真左は店の中の様子です。

店内には、雑誌やカタログのほかTシャツや雑貨なども置かれていました。




一番奥のところにレジとキッチンがあり、注文はここで行います。


メニューは大きくフード系とドリンク系、そしてスイーツ系に分かれています。




フードメニューです。


------------------------------------

BURRITO

チキン          820円
ステーキ         890円
エビとシーザーサラダ   870円  
アボガドベジタブル    840円

BURRITO−BOWL

チキン          820円
ステーキ         890円
アボガドベジタブル    840円
チリチーズ        870円

TACOS

チキン          560円
ステーキ         640円
アボガドベジタブル    600円
チリチーズ        620円

SALAD

コブサラダ        720円
シーザーサラダ      750円
メキシカンサラダ     780円

------------------------------------


ドリンクセットはコーヒー・紅茶・ジュースなどのソフトドリンクは+200円
生ビール・グラスワインなどのアルコール類は+300円とあありました。


※メニューはホームページにも
https://copen.jp/localbase


「がっちりと食べたいときはブリート、軽くでしたらサラダなどはいかがでしょうか?」


ランチのつもりだったのでブリトーのボウルを注文します。

ドリンクはホットコーヒーにしました。



「後でお席までお持ちします。これをお持ちください。」

スタッフは木で出来た一番の番号札をくれました。




写真右は展示された赤い『COPEN』です。

棚に置かれていたカタログを見ると、170万円とか180万円とかの価格が載っていました。

意外に安い!


『新型軽オープンスポーツカー』というジャンルらしいのですが、やはり『軽』だからこの価格なのでしょうか。

車に疎いのでよくわかりません。

(COPENの店内)    (店内のCOPEN)
コペン 店内コペン COPEN















写真左は運ばれた『ブリトーボウル』とコーヒーです。


真ん中に1〜2cm角の鶏肉が盛られていました。

周辺にレタス、細かく切ったトマト、オニオン、チーズ、豆、コーンなどが彩り豊かに乗っています。


エスニックな味付けのブリトーボウルの下には細長いインディカ米。

さらさらとした食感はなんとなくヘルシーです。


食べているとだんだん入店者が増えてきました。


女性の1人客、中年の男女、幼児を連れたお母さん、4人の女性グループ、イケメン男子の2人連れ、外人カップル、ビジネスマン風の2人連れ。

急速に席は埋まっていきます。



相変わらず客層は広いようです。

いくらでも居られそうな雰囲気ですが、コーヒーも飲み終えたのでそろそろ帰ることにしました。


帰りに店の裏側を見ていきます。


楕円の建物の外のテラス側にもテーブルが用意されていました。

すぐ向こうには江ノ電の線路が走っています。



これからの季節、晴れていれば気持ちよさそうです。。

車が好きでなくても、気兼ねせず何となく過ごすのに良い場所を見つけました。

(ブリトーボウル)     (裏側は?)
コペン ボウルコペン 裏








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「COPEN LOCAL BASE KAMAKURA」Cafe&Bar
   鎌倉市御成町4番10号
   電話 0467−38−8520
   営業時間 10:00〜20:00      
   定休日  毎月2水曜日
   https://copen.jp/localbase

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2015年04月15日

ヴェニーテ

久しぶりに逗子に来ました。

写真左は3月末の逗子駅です。


少し時間があったので、ぶらりと周辺を歩いてみました。

駅前のロータリーを通って市役所の方に向かいます。

市役所の手前、亀岡八幡宮横まで来たときに道の横に少し暗めのスペースが目に入りました。

(3月の逗子駅)      (市役所の通り)
ヴェニーテ 逗子駅ヴェニーテ 市役所通り














『車や自転車を駐車させたり物などを置かないように』という注意看板の下に、メニュー看板のようなものが見えました。

店名は『イタリアン食堂ヴェニーテ』とあります。


こんなところに店があったのは気がつきませんでした。


少し怪しげですが、面白そうでもあります。

奥に進むと、これも手書きで『おでん酒場』と『イタリアン食堂 ヴェニーテ』と書かれています。


この先に店があるのかと思いましたが、エレベーターホールがあるだけでそれらしき店はありません。


ん? 

もう一度最初の看板を確かめてみると、黒板には『3F ヴェニーテ』とあります。


エレベーターホールに戻って3Fのボタンを押しました。

(注意書き)        (EVホールへ)
ヴェニーテ 注意書きヴェニーテ EVホールへ














写真左がエレベーターを降りたところです。

殺風景な3階の廊下に手書きのサンドイッチ看板がありました。

突当り手前の右側が店になります。





店の中に入りました。

入口にテーブルがいくつかあって、その次にキッチンとカウンター席。


さらにその奥にもテーブルがあります。


「いらっしゃいませ。」

カウンターの中から眼鏡をかけたスタッフが声を掛けます。


勧められた奥のテーブルに席を取りました。(写真右)


窓が大きく取られているので、この席から亀岡八幡宮の杜がよく見えます。





スタッフがメニューを持って来てくれました。

--------------------------------------------------

PRANZO

鎌倉野菜のグリーンサラダ

1.むき身アサリと季節野菜のビアンコスパゲティ
2.長井産イカのラグーと鎌倉野菜のトマトソーススパゲティ
3.国産豚ホホ肉と旬野菜のクリームソーススパゲティ
4.鳥取産大山鶏のグリルとフォカッチャ

コーヒーor紅茶             900円

Cafe
・アーモンドとチョコレートのケーキ
・イタリアのシロップケーキ”ババ”
・リコッタチーズとフルーツの甘いピザ
                     600円

--------------------------------------------------


一番上の『むき身アサリと季節野菜のビアンコスパゲティ』を注文します。

飲み物はコーヒーにしました。


店はごちゃごちゃとしていますが、気になるのはあちこちに貼られたメニューの内容です。


イタリアンなもつ煮           650円
鎌倉産里芋と新じゃがアンチョビポテト  700円
鎌倉産ポロ葱のアヒージョ        750円
北海道産蝦夷鹿モモ肉のロースト    1400円


夜のアラカルトも面白そうです。


そのほかにも目を引くフレーズがありました。


『手打ちパスタもやってます!!』

『イタリアポンティコルボ社の厳選チーズ各種』

『丸ごと一本魚のアクアパッツア』


ほかに誰もお客はいなかったのですが、目立たない雑居ビルの3階とは思えない活気を感じました。

(シンプルな3F)     (ヴェニーテ店内)
ヴェニーテ 2Fヴェニーテ 店内
















写真左が最初にでてきたサラダです。


シャキシャキとした鎌倉野菜のグリーンサラダを、フォークやナイフとともに置かれたの箸で食べていきます。




人の気配がして、ビニール袋に一杯の野菜を持った男性が入ってきました。

カウンターに数袋の野菜が置かれます。


業者の人かと思っていましたが、この人はやがてエプロンを付けてキッチンに入っていきました。




写真右が『アサリと季節野菜のビアンコ』です。

あっさりとしたアルデンテのパスタにアサリの旨み。

これはフォークで巻いていきます。



コーヒーが出てランチは終了です。



レジで1000円札を出すと100円玉が還ってきました。

逗子の相場にくらべ少し安いと思います。


入りにくいところはありますが、意外に居心地はいい店です。

嵌るとやみつきになるかもしれません。

(グリーンサラダ)     (ビアンコスパゲティ)
ヴェニーテ サラダヴェニーテ パスタ









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●逗子「ヴェニーテ」イタリアン食堂・酒場
   逗子市逗子5−1−12カサハラビルB棟3F
   電話 046−872−3070
   営業時間  11:30〜24:00      
   定休日  無休

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>












chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | イタリア料理

2015年04月08日

toitoitoi

最近、若宮大路沿道が賑やかです。

このブログでも鎌倉女学院周辺のリポートが続きました。

今回の店『toitoitoi』もやはりこのあたりになります。


店は女性に人気の『ピッツェリア ジージー』が入るフォーラムビルと、スーパーの『YAMAKA』の間にあると聞きました。



写真左は鎌倉女学院の前の歩道橋から鎌倉駅方面を撮ったものです。

写真右が店がある建物になります。

(歩道橋から)       (建物)
トイトイトイ 歩道橋からトイトイトイ 建物












わかりやすいロケーションなのですが、実際には少し迷ってしまいました。

この建物の一階にはマクロビオティックの『セレンディピティー』と『フレッシュネスバーガー』が入っているのですが、やはり『フレッシュネスバーガー』の存在感が強く
それ以外の店があるのに気がつかず通り過ぎてしまったのです。



写真左が『toitoitoi』の入口です。

ちょっと暗めなのでわかりづらいと思います。


ただ、よく見るとメニュー看板なども出ています。

写真右は2階へ上る階段です。


まだ開店したばかりなので、階段の途中には胡蝶蘭の花もありました。

(一階の入口)       (階段と花)
トイトイトイ 1階入口トイトイトイ 1階階段














階段を上ると白い壁に木の床の明るい空間が広がっていました。

若宮大路に沿って、きっちりと長方形の店になっています。(写真左)


上がって右側、海の方がキッチンです。

キッチンの方に2人用のテーブルが7〜8個寄せて並べられていました。

たぶんグループでの予約があるのでしょう。


店内の席は全部で30ほどです。





「いらっしゃいませ。」

キッチンの方からスタッフがやってきます。

髪型と眼鏡がちょっと髭男爵のひぐち君に似ています。


「どうぞこちらへ。」

1つだけ残った2人用のテーブルに案内されました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

LUNCH

スペアリブ入りのバター醤油のスパゲッティ   1250円

〜本日の鎌倉野菜のサラダ付き〜

本日のスペシャリテ
挽き肉と納豆とピリ辛大根の葉で        1250円
和風スパゲッティ
〜こちらもサラダ付き〜

カリフォルニアチキンステーキプレートランチ  1050円
ーオニオンパプリカソースー

SETDRINK
〜お好きなお飲み物をお選び下さい〜

Coffee(hot or ice)
Tea(hot or ice)
コーラ
オレンジジュース
ジンジャーエール

Lunch Beer 600円
Lunch wine 600円

上記は全て税別価格です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「本日のスペシャリテは、挽き肉と納豆とピリ辛大根の葉の和風スパゲッティになります。」


スタッフは笑顔を浮かべ、メリハリのあるトーンで強調します。

このスペシャリテとジンジャーエールを頼みました。



団体用のテーブル以外の席がだんだんと埋まっていきます。

ほとんどが30代前半の女性グループで、子供連れの人もいました。


周囲が話し声で賑やかになってきます。



まもなく前菜のサラダが運ばれました。(写真右)

鎌倉野菜のグリーンサラダで、シャキシャキとして新鮮でした。

(店内から)      (前菜のサラダ)
トイトイトイ 店内からトイトイトイ 前菜














写真左は、元気なスタッフが推奨した『本日のスペシャリテ」です。

運んでくれたのは、キッチンにいた帽子のつばを斜め後ろに被ったシェフでした。

そのほかキッチンにはもう1人女性スタッフがいます。



フォークを取ります。

醤油ベースの和風パスタに細く切ったネギが乗っていました。


細いパスタにピリ辛大根の葉がよく馴染み、挽き肉とひき割納豆の和風の味も良かったです。




「お味は大丈夫でしたか?」

皿を片付けに来たスタッフが声を掛けてきました。


「おいしかったですよ。」

「有難うございます。よかったです。」


「ところで『toitoitoi』ってイタリア語ですか?」

「ドイツ語のおまじないの言葉で、『トイトイトイ』と子供の頭などを軽くたたきながら唱えるとされてます。」


「ああ、だからおもちゃなんかが置いてあるんだ。ちょっと場違いなところへ来てしまったんじゃないかと思った。」

「いえ、とんでもありません。そういうコンセプトもありますが、皆さんに来ていただきたいと思ってます。」



最後にデザートがきました。


「ベルギーのアイスクリームと下は紅茶のプリンです。」



また、下から同じ年配の女性が上がってきます。

そろそろ団体さんもくるでしょう。

こちらは退け時かもしれません。


多少、量は少ないかもしれませんが味やスタッフの応対もさわやかです。

場所がわかりにくいところもありますが、そのあたりが予約も含め繁盛している理由かもしれません。


※2月オープン

(本日のスペシャリテ)    (デザート)
トイトイトイ 本日のスペシャリテトイトイトイ デザート








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ヶ浜「toitoitoi」カジュアルレストラン
   住所 鎌倉市由比ヶ浜2−3−2 2F
   電話 0467−60−5333
   営業時間  11:30〜21:00 
   LUNCH 11:30〜15:00
   DEINER17:00〜21:00    
   定休日  不定
   http://toitoitoi.co.jp/(制作途上?)

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>











chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2015年04月01日

善乃園

ずっと前から、江ノ電の線路を越えたところにある邸宅のような甘味処のことは聞いていました。

江ノ島の近くで食事をしている時に、この店のことを思い出しました。


『湘南海岸公園』駅のすぐ近くですが、江ノ電江ノ島駅からは駅1つの距離です。

散歩がてら歩いていくことにしました。。


風が強い日でしたが、まもなく湘南海岸公園駅が見えてきます。


写真右は『善乃園』の前を走る江ノ電です。

(江ノ電湘南海岸公園)   (門前を走る江ノ電)
善乃園 江ノ電湘南海岸公園善乃園 江ノ電
















写真左は、電車が行き過ぎたあとの善乃園の門です。


あらためて見ると、やはり立派な門ですね。

ちょっと入るのが躊躇われてしまいそうですが、思い切って線路を渡りました。


『善乃園 福寿草』という看板があります。(写真右)


その横の注意書きにはこう書かれていました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電車に注意

線路を横断するときは
左右をよく見て
電車に注意してください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


看板はありましたが、門のところにメニューはありません。


聞いていたのは甘味処ということでしたが・・・・。

(善乃園の門)       (看板)
善乃園 門善乃園 看板
















写真左は善乃園の庭になります。


後で庭の奥から撮っているので、向こうに見えるのが門になります。

中央に芝生、赤い橋の架かる池、周囲には庭木が植えられていました。


ひときわ高い樹木の真ん中は楠、両隣には松が見えます。


最初は大きな日本家屋が店だと思いましたが、楠の下にある六角形のガラスの壁面で囲まれた洋館が店でした。



明るい店内には大小のテーブル。
合わせて20席ほどでしょうか。


中に2つある重厚な黒い組木のテーブルに座ると、大きな庭がよく見えます。


強い風で洋館の窓にかかる楠の大きな枝が揺れています。



メニューです

−−−−−−−−−−−−−−−−

コーヒー     650
紅茶       650
アイスコーヒー  800
赤じそジュース  800
ひやしあめ    850
抹茶       850
玉露       850
ウーロン茶    400
ビール      700

わらび餅    1000
ぜんざい    1000
みたらし    1000
アイスクリーム  850

予約
お好み焼き   1000

たぬき      900
きつね      900
冷やしうどん   900
玄米ごはん    200
きつね鶏卵丼

予約
釜めし     1200
     
−−−−−−−−−−−−−−−−


『善乃園看板息子』とあるわらび餅を頼んでみました。

アイスが付くというので抹茶のアイスクリームを選びます。

(大きな庭園)       (喫茶の店内)
善乃園 庭園善乃園 店内
















琴の音が響く店内に、ほかにお客さんは誰もいません。

キッチンからは何かを泡立てるような音が聞こてきました。



写真左が『善乃園看板息子』の『わらび餅』です。

スタッフの女性が言いました。

「お待たせしました。桶の蓋をお取りください。」


木で出来た桶の蓋を取ると、中には氷の入ったお湯が入っていました。

中に緑色のわらび餅がいくつも浮かんでいます。


手前にはわらび餅を掬い上げる小さな網が置かれていて、桶の周りにつぶ餡やきな粉、抹茶アイスなどのトッピングが並んでいます。

最初はお湯もまだ温かいので作り立てのわらび餅も柔らかいのですが、だんだんと氷で冷やされプリプリとした食感に変わっていきます。



スタッフの女性が冊子を持って来てくれました。


『善乃園』とは、こちらのオーナー甘糟善乃さんの名前から取ったとあります。

ご主人が亡くなった後、庭が一番よく見渡せるこの場所に喫茶店を作ったそうです。


池などは場所を移設して、特徴あるアーチ型の赤い橋は後から架けたとありました。


先ほどから対応をしてくれたのは、高崎さんというオーナーのパートナーさん。
一緒に写った写真も載っています。





「モロヘイヤのわらび餅はいかかがでしたか?」

振り返ると写真で見ていたオーナーがいました。


「美味しかったです。でも、このわらび餅にモロヘイヤが入ってたのは気がつかなかったですね。」

「うちはみたらしにもお好み焼きにもモロヘイヤを入れてるんです。それから釜めしや丼は玄米です。健康にいいですから。」




そういえば冊子の記事の中にもメニューにも『モロヘイヤ』と『玄米』の文字がたくさんあったのですが、『甘味処』と聞いていたため無意識に読み飛ばしいたようです。




「それにしても、この広い庭の手入れは大変でしょうね。」

「毎月1日から25日までは定休日の木曜を除き営業していますが、月末はお休みをいただいています。そのときに植木屋さんが入ったりしています。」



帰りに庭を見ていくことにします。

店を出ようとするとオーナーが声を掛けてきました。


「お車でいらっしゃるときは藤棚の向こうが駐車場になっていますので。」



江ノ島から1つ離れただけの湘南海岸公園駅。

江ノ島の海を見て、庭のあるカフェで一服するのも湘南の贅沢だと思いました。

(わらび餅)        (奥の駐車場)
善乃園 わらび餅善乃園 駐車場






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●藤沢「善乃園」喫茶店
   住所 藤沢氏片瀬4−12−17
   電話 0466−22−4488
   営業時間 11:00〜16:00    
   定休日  木曜日(および毎月26日〜月末)

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>











chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい