2015年10月

2015年10月28日

ピユ フォルテ

御成商店街に移転した『レストラン レネ』の後はどうなっているのかと思っていましたが、通りかかったら新しい店が出来ています。


後日、様子を見に行ってみることにしました。


写真左は段葛の終点、鶴岡八幡宮の三の鳥居鳥居です。

ここを右折して金沢街道方面に向かいました。



写真右は、途中にある宝戒寺の門になります。

この寺は萩の名所ですが、すでに10月も終わり、わずかな花が残っているだけでした。

(八幡宮鳥居)       (宝戒寺門)
ピユ・フォルテ 三の鳥居ピユ・フォルテ 宝戒寺














さらに金沢街道を進みます。

街道の左側にあまり目立たないビルが見えてきました。(写真左)


ここには3軒の飲食店が入っていますが、一番左の店はシャッターが半分閉まっており、真ん中の店は完全に閉まっていました。


そしてシャッターのところには貼り紙があります。

−−−−−−−−−−−−−−−
10/13(火)〜11/15(日)
お休みさせて頂きます バーンウェンター
−−−−−−−−−−−−−−−


この店はタイ料理の店『バーンウェンター』で、最初の店は幻の『日の丸食堂』です。

営業中でも『日の丸食堂』のシャッターが全部開いたのは見たことがありません。


最後の店が今回の店『ピユ・フォルテ』になります。


幸い、店の前にはメニューが書かれたサンドイッチ看板が出ていました。(写真右)

(ピユ・フォルテ建物)   (店頭メニュー看板)
ピユ・フォルテ 店2ピユ・フォルテ 店頭メニュー













店に近づいてみます。

ワインボトルの形になった店名看板には文字が書かれていましたが、この時点では本当の読み方はわかりません。(写真左)

後になって『ピユ・フォルテ』とわかりました。



時刻は12時を少しだけ過ぎたところです。

入口のガラス戸は開いていたのでそのまま入っていきました。



奥に長い店の左側がキッチンとカウンター席、右がテーブル席になっています。(写真右)

カウンター席は10ほどですが、L字の短い方の2つの前には皿などが積まれていました。

店内には素朴な木のテーブル席は2人用が5つ並んでいます。(写真右)

(店名のあるボトル看板)   (店内)
ピユ・フォルテ 店名ロゴピユ・フォルテ 店内















スタッフは全部で3名、男性が1人、女性が2人です。

男性スタッフがテーブルにやってきました。


「ランチはあちらにありますセットになります。パスタはその下からお選びください。」


店内の黒板には、表のメニュー看板と同じ内容が書かれています。



-----------------------------------

LUNCH

1600円

前菜の盛り合せ



pasta

ナスとトマトのスパゲッティ

サワラとじゃがいものスパゲッティ


cafe


Dolce +400円

※税抜価格です


グラスワイン  700円〜
スプマンテ   700円〜

-----------------------------------


ランチは1種類、パスタは2つから選びます。

「サワラとじゃがいもでお願いします。」




最初に運ばれたのは前菜の盛合せです。

「お待たせしました。前菜の盛合せです。サラダとサラミ、キャロット・ラペとこちらは自家製のフォカッチャ、そしてパンの揚げ物、お魚のリエットになります。」

さっぱりした中にレーズンの甘味のあるキャロットラペ、魚のリエットなどをフォカッチャとともに食べていきました。


満足した前菜が終わるとスタッフが皿を下げに来ます。

このスタッフに店名のことを聞きました。


「はい。イタリア語で『ピユ』はもっと、『フォルテ』は強くという意味です。」

「『もっと強く』ってちょっと変わった名前ですね。」

「はい。実は下北沢に『クオーレ・フォルテ』と『フェーガト・フォルテ』という店があるんですが鎌倉はその3店めなんです。」



強い心臓という『クオーレ・フォルテ』はイタリアンバール、強い肝臓という意味の『フェーガト・フォルテ』はワインバーでいずれも人気店だそうです。


3店のオーナーは別にいて、最初に来てくれた男性が店長、キッチンの女性スタッフはその奥さんでシェフだと教えてくれました。

メインのパスタは、ホクホクとしたポテトとほぐされたサワラに、もっちりしたパスタの食感。

さわやかな秋の味でした。



最後にコーヒーを飲んでランチを終ります。


鎌倉の喧騒から少しだけ離れたカジュアルな雰囲気のイタリアン。

ランチワインも頼めば良かったと思いながら店を出ました。

(前菜盛合せ)    (サワラとじゃがいものスパゲッティ)
ピユ・フォルテ 前菜ピユ・フォルテ パスタ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●腰越「ピユ フォルテ」イタリア料理
   鎌倉市雪ノ下3−3−26 101
   電話   0467−67−1735
   営業時間 12:00〜23:00       
   定休日  月曜日  

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2015年10月21日

電車通

鎌倉のしらすは12月からは禁漁になってしまいます。

その前に生しらすを食べておこうと腰越に行きました。


この辺りにはしらすの店も多いのですが、頭に浮かんだのは江ノ電の通る商店街、電車路(でんしゃみち)にある『電車通』です。

以前、店頭で生しらすの丼メニューを見たような気がします。



最寄り駅は江ノ電の腰越駅ですが、今回は湘南モノレールの『湘南江の島駅』から歩きました。(写真左)


駅を降りて左側に進むと、日蓮龍ノ口法難で有名な『龍口寺』があります。(写真右)

このときは境内の銀杏の紅葉も始まりかけたばかりでした。

(湘南江の島駅)       (龍口寺)
電車通 湘南モノレール電車通 龍口寺















江ノ電江ノ島駅を出た江ノ電は、龍口寺の先で商店街に入ります。

この道は電車路、または電車道と呼ばれています。


江の島から七里ヶ浜にかけては、サーフィンのメッカ。

サーフボードを持ったサーファーが電車路を通って海に向かっていました。


腰越港が近い、昔ながらの商店街は、魚屋などの古くからの店とイタリアンやスイーツの洒落た店が混在するエリアになっています。

(腰越電車路)        (江ノ電が通る)
電車通 電車路電車通 江ノ電















電車路を進むと、左側に『平勝魚市場』という魚店が見えてきました。(写真左)

『平勝魚市場』はこのあたりでよく知られた老舗の魚店です。


道を挟んだ反対側に、今回の店『電車通(でんしゃどおり)』があります。



店の前の赤紫の暖簾に『電』『車』『通』と書かれています。

露店のような小さな店なので、よく注意していないと見逃してしまうかもしれません。



ガラス戸のところにメニューがありました。


-----------------------------


二色丼     1000円

生しらす
釜揚げしらす


三色丼     1200円

生しらす
釜揚げしらす
釜揚げ桜えび

-----------------------------


外からも店内も見えますが、中に入るとさらに狭い感じがしました。



-----------------------------
神奈川県指定卸売市場 
腰越平勝魚市場直営!! 電車通1号店
-----------------------------

とあるように向かいの電車通は平勝魚市場の直営店舗になります。


4つあるカウンター席のには、1人のおじさんと若いカップルが座っていました。

残りの席に腰を掛けます。

(平勝魚市場)        (電車通の店頭)
電車通 平勝魚市場電車通 店頭
















店頭のしらす丼のうち、どちらを頼もうか考えていると、カウンターの向こうのおばさんから先に声がかかります。


「今日は朝獲れの魚を使った『海鮮丼』がお勧めなんですけど。」

しらす丼は不良のためやっていないようです。


選択肢は『海鮮丼(地魚海鮮御膳)』しかありません。



写真左が注文した『地魚海鮮御膳』です。

「こちらから鯵、いさき、真鯛、かます炙り、鮪、釜揚げしらすになります。トビッコとワサビをこちらの卵と混ぜて醤油を入れて使ってください。」



おばさんの言った食べ方は、目の前のA4のラミネートにもありました。



-----------------------------------------------

お召し上がり方

1.とびうおの子を小皿に取り少しのお醤油でとき、具におかけ下さい。

2.黄身をお醤油、わさびでとき、具にまんべんなくおかけください。

3.別皿のネタは海鮮だし茶漬けでお召し上がって頂きます。

4.少しご飯を残していただくか、足りなければお替りをお申し付け下さい。

5.海鮮だしが届きましたら別皿のネタをのせお好みでお召し上がりください。


-----------------------------------------------




盆の上の小鉢に白くて細長い塊が2つあります。

これは『カマスのつみれ』でした。


あっさりとしていますが、白身魚の旨みもあってなかなか美味しく、もちろん臭みなどは全くありません。




いよいよ海鮮の丼にかかりました。

鯵、いさき、真鯛、かます炙り、鮪、新鮮な魚がウズラの卵でマイルドになって口に入ってきます。

やはり腰越の魚は旨い!!


「魚はやはり腰越港で揚がるんですか?」

「腰越と江の島ですね。朝獲れた魚を使ってます。」


季節や獲れた魚によって内容は少しずつ変わるようです。





「こちらのお皿は、出汁茶漬けのときに足してください。」

別皿にカマス炙り、キンメ、いとより鯛が乗っています。


少し残しておいたご飯に別皿の魚を足すと、おばさんが出し汁を注いでくれました。(写真右)


「出汁もいい味が出てますね。」

「出汁は金目鯛でとってます。」

キンメもこの辺りで揚がるので、贅沢な出汁がとれるとのことです。


生しらすはありませんでしたが、海鮮丼と出汁茶漬けの2つが同時に味わえる『地魚海鮮御膳』は1000円です。

ちょっと得をしたような気分でした。



「ところで、ここは何時からなんですか?」

「11時半です。さっきのお客さんには少し待ってもらいましたけど、だいたい11時15分頃には用意をしてることが多いです。」

「何時までやってるんですか?」

「20食か25食くらい用意するんですけど、それが終わるまでです。」


日によって違いますが2時頃には売り切れとなるとのこと。

営業は不定休で漁が出来ない時が休みになるそうです。

(地魚海鮮御膳)       (海鮮丼茶漬け)
電車通 海鮮丼電車通 海鮮丼茶漬け









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●腰越「電車通」お食事処
   鎌倉市腰越3−2−17
   電話   0467−31−1131
   営業時間 11:30〜売切れまで        
   定休日  不漁のとき  

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 海鮮・鮮魚料理

2015年10月14日

鎌倉 鶏味座

以前、若宮大路を歩いていたときに工事中だった焼鳥の店が出来たようなので、行ってみることにしました。


写真左は、秋風が心地いい鎌倉駅のロータリーです。

このロータリーを横切って若宮大路に出ました。


人の流れは鶴岡八幡宮の方に向かう方が多いのですが、今日は反対の海の方向に向かいます。


写真右は若宮大路の西側の歩道です。

この方向に歩いていきます。

(鎌倉駅前ロータリー)   (若宮大路)
鶏味座 鎌倉駅前ロータリー鶏味座 若宮大路















道路を隔てて郵便局、そしてスルガ銀行が見えるあたりに今回の店『鶏味座(とりみくら)』があります。(写真左)


以前は『ケイト屋』という生地屋さんが64年間営業を続け、昨年の12月に閉店した場所です。



『ケイト屋』は地元密着の店でしたが、今度は東京で炙家や鶏味座などのチェーンを展開する『株式会社ウイル・インターナショナル』という会社の店になります。


今回はわかりやすくロータリーから一度若宮大路に出ましたが、東急ストアの前から『歌うんだ村』と『ケンタッキー・フライド・チキン』の間の路地を抜ける行き方もあります。


写真右は若宮大路の反対側から見た鶏味座の建物になります。

(スルガ銀行)       (鶏味座の建物)
鶏味座 スルガ銀行鶏味座 店














写真左は『鶏味座』の店頭です。

道路沿いには広いテラス席があります。


鎌倉の焼鳥といえば『レンバイ』の横にある『秀吉』がよく知られています。

『秀吉』の前にもイスとテーブルが用意されていますが、両店はかなり雰囲気が違います。




店の前に2つのサンドイッチ看板が出ていました。(写真右)


『信州黄金シャモの究極の親子丼』

キャッチフレーズの横に大きな親子丼の写真が載っています。



入口は右側にありました。

白い暖簾の横の額に写真と文章が見えます。


『ただいまのお時間はランチメニューのみのご提供となっております。』


昼は丼物のメニューに絞っているようです。

(鶏味座の店頭)       (店頭看板)
鶏味座 店頭鶏味座 店頭看板














入口の向こうに4席ほどのカウンター席あり、その後ろが厨房になっています。

酒瓶の並ぶ棚も見えました。



客席にはL状に並ぶ木の4人テーブルと、L字の中に2人テーブルが2つ。


カウンターに年配の男性の1がいるだけで、ほかにお客さんはいません。


左側の4人テーブルに座りました。

このときのスタッフはホールの女性1人と厨房の男性スタッフが2名です。




テーブルの上にランチメニューがありました。


--------------------------------

お昼のお品書き

究極の親子丼   1080円
レバー入り    1300円
トロレバー入り  1800円

炭火焼鳥そぼろ丼 1080円
レバー入り    1300円
トロレバー入り  1800円

湘南しらす卵とじ丼1080円

山椒親子丼    1080円

地鶏の竜田揚げ
とろろご飯     980円

--------------------------------



『鶏味座』は、すでに何店舗も展開しているチェーン店ですが、鎌倉店限定のものもありました。

『湘南しらす卵とじ丼』です。


ただ、今日は初回なので看板メニューの『究極の親子丼』を注文しました。



通行中の中に、表の看板の前立ち止まる人もいます。


その中から何人かが入店しました。

夫婦が1組で、そのほかはみんな1人客です。


テラス席に座る人もありました。



写真右が『究極の親子丼』です。

黒い盆の上に親子丼とお吸い物、香の物などが乗っています。



ふわとろの半熟卵の上の生卵は、かなり色が濃いのがわかります。

上の卵黄を崩して、スプーンで下のご飯と一緒に掬います。


タレは甘めですが、思ったよりあっさりしていました。

メニューには『かつを、あご、さばなどでとった割り下で煮込み』とありましたが、魚介系の出汁が効いているためかもしれません。



鶏は『信州黄金シャモ』とあります。


『信州黄金シャモ』は『シャモ』と『名古屋種』の掛け合わせとのこと。

一度焼いてあり、焦げ目も付いて、シャモの歯ごたえとコクを感じました。


テーブルの上の山椒と七味を掛けるとまた少し味が変わります。

2つの味を楽しみます。



どんぶりなので食べる時間はそれほどかかりません。

最後のひと匙を口に入れてランチを終りました。




若宮大路を挟んで『やきとり 秀吉』と『鶏味座』

さて、どちらを選びましょうか?

(店内の様子)       (究極の親子丼)
鶏味座 店内鶏味座 親子丼








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「鎌倉 鶏味座(カマクラ トリミクラ)」焼鳥、鳥料理
   鎌倉市小町1−4−7三九ビル 1−A
   電話   0467−23−2232
   営業時間 月〜金11:30〜15:00
        土日祝17:00〜23:00(LO:22:00)
        土日祝11:00〜22:00
   定休日  無休  
   https://www.facebook.com/kamakura.torimikura

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 居酒屋
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい