2016年02月

2016年02月24日

HAIROLE(ハイローレ)

今日はこの辺りの商店は休みのところが多いようです。

目当ての店も閉まっていました。

モノレールの湘南江ノ島駅からぶらぶらと歩くうちに、神戸橋(ごうどばし)を過ぎて、江ノ電腰越駅まで来てしまいました。(写真左)


写真右は、腰越から小動崎(こゆるぎざき)方面を写したものです。

人通りも少なく、閑散としているように思えました。

(江ノ電腰越駅)      (小動崎へ)
ハイローレ 腰越駅ハイローレ 小動崎へ2














さらに小動(こゆるぎ)の方に進むと、見慣れない店がありました。


海沿いにあるカフェのような緩い雰囲気で、店頭のサンドイッチ看板には『無添加ソーセージホットドッグ』と書かれています。

こちらにはしばらく来ていませんでしたが、いつ出来たのでしょうか。



店名は『HAIROLE』とあります。

読み方もわかりませんが、ともかく中に入りました。


店は奥に長く伸びて入って右がキッチン、並行して木のベンチが並んでいます。


先客は中年の男性客が1人。

すでに料理は出ていました。




「いらっしゃいませ。」

キッチンから元気な声が聞こえてきます。


ちょっと太目のオーナーは欧米系の顔立ちですが、話している言葉は正しい日本語の発音でした。

(HAIRORE)     (店内の様子)
ハイローレ 店頭ハイローレ 店内1














メニューです。

----------------------------------------

LUNCH
A−set ※( )内は単品価格
鎌倉ドッグセット    1600(700)

B−set
江の島ドッグセット   1500(600)

C−set       1400(500)
腰越 豚つガ−セット

しらすパスタセット(セット)1500(1180)

セットに追加できます
バタートースト      180
ブルーチーズとハムサンド 280

フランクフルトドッグセット1150

ウィンナードッグセット  1050


----------------------------------------


このほかランチタイムのセットには、ドリンクとデザートが付くとありました。


しらすパスタなどもありますが、初回は表の看板にあった『ホットドッグ』を頼むのが順当でしょう。



『鎌倉ドッグ』と『江の島ドッグ』の違いを聞いてみました。


『鎌倉ドッグ』=太いソーセージ、フランクフルト、豚腸を使用

『江の島ドッグ』=細いソーセージ、ピリ辛、羊腸を使用。


とのことです。

辛口好みなので、『江の島ドッグ』を注文します。


店名の読み方は『ハイローレ』とのこと。

オーナーはドイツ人のハーフで、店名は自分の名前とお母さんの名前を合わせたそうです。

ちなみにオーナーの名前は『拝能(ハイノ)』さんでした。




写真左は店のロゴマークです。

黄・赤・黒のドイツ国旗と、日本の国旗の日の丸をイメージしているそうです。


「床も見てください。こちらもドイツ国旗の色をアレンジしています。」

市松模様の床も黄・赤・黒のドイツ色でした。




写真右は壁にあった有名人のサインです。

色紙ではなく、木の板を使っているのがオーナーのこだわりです。


豊川悦司はオーナーと知り合いで、鈴木京香はこの辺りに一緒にロケに来たそうです。

そのほか地元で有名なサーファーのサインもありました。


もちろんオーナーもサーファーです。

サーフィンのことをたくさん話してくれました。

(日独ロゴマーク)     (サインボード)
ハイローレ ロゴマークハイローレ サインボード













写真左は『江の島ドッグ』です。

パンはドイツ風に焼いてもらっているとのこと。


『江の島ドッグ』は黒っぽいパンですが、『鎌倉ドッグ』は白っぽいパンだそうです。


ソーセージは腸詰から乾燥、燻製そしてボイルまでこの店でやっています。

プリッとしたソーセージからハーブの香りがしてきました。


ピリッと辛いドイツソーセージはワイルドで刺激的です。

ドイツには行っていませんが、本場の味を感じました。



写真右はデザートです。

グラスに赤いワインのような液体とアイスクリームが入っていました。


「これもドイツのデザート?」

「『ローテグリッツェ』と言います。」


中にいくつかのベリーが入って爽やかな味でした。


陽気で気さくなオーナーと自家製のソーセージのホットドッグ。

これから夏場にかけて賑わってきそうな予感がします。

テイクアウトメニューもあるので、弁当を持って海に行くというのも楽しそうです。


※昨年9月オープン。

(江の島ドッグ)      (ローテグリッツェ)
ハイローレ 江ノ島ドッグハイローレ ローテグリッツェ








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●腰越「HAIROLE (ハイローレ)」(自家製手作りソーセージ)
   鎌倉市腰越2−10−23 メゾン湘南1F
   電話   0465−55−9265
   営業時間 ランチ  11:30〜15:00
        ディナー 18:00〜21:00   
   定休日  水曜日
   https://www.facebook.com/pages/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC/1475115059483713

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>













< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




























chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | ドイツ料理

2016年02月10日

長谷「CASA.Kamakura Espresso」

長谷に隠れ家的な飲食店が連なる路地があります。

路地のの入口のところに、よくメディアに登場していたコロッケの店がありました。
いつの間にかその店がなくなり、白いビルが出来ていました。


『シーグラスコート』という名前のこのビルに、エスプレッソの店が出来たそうです。



長谷はまだシーズンオフ、観光客も多くありません。

写真左は長谷観音前の信号から由比ヶ浜通りを見たところ、写真右は由比ヶ浜通りです。

(長谷観音前から)     (由比ヶ浜通り)
CASA 長谷観音前CASA 由比ヶ浜通り













由比ヶ浜通りをわずかに進んだところに、懐かしい感じの建物がありました。(写真左)

商家の造りですが、現在は営業していません。


店頭に銅のプレートが置かれています。


-------------------------------------------

鎌倉市景観重要建築物21号 『のり真 安齋商店』

-------------------------------------------

大正13年に建設された店舗とあります。


コロッケの宮代商店がなくなった今、グルメな路地入口の目印になるかもしれません。




路地を挟んで、今回の店『CASA Kamakura Espresso』のある『シーグラスコート』が右の写真になります。

(安斎商店)        (シーグラスコート)
CASA 安斎商店CASA ビル












建物はメインの通りに面していますが、店は奥にあるのでちょっと気が付きにくいと思います。

写真左は路地を覗いたところです。

狭い路地の向こう、芝生の上にサンドイッチ看板が見えました。




近づくと同じようなドアが2つあります。

手前のドアが『CASA.Kamakura Espresso』の入口です。

(長谷グルメ小路)     (CASA店頭)
CASA 路地CASA 店頭













手前の入口を入ると、左側にキッチンとテーブルが2つ、奥にもう1テーブルとソファー席がありました。(写真左)


奥のテーブルに席を取ります。


スタッフは男女2人でした。




メニューをもらいました。

----------------------------------

コーヒー 
      
エスプレッソ     380
フラットホワイト   450
マキアート      450
カプチーノ      450
カフェ・ラテ     480

ロングブラック    400
アイスコーヒー    430

----------------------------------


飲み物は、このほかにジュースなどのソフトドリンクやビールもありました。

フードメニューとスイーツは下記の通りです。


----------------------------------

サンドウィッチ

スモークサーモンとクリームチーズのカンパーニュサンド
750
自家製ハムトバルサミコソースのカンパーニュサンド   
620
ブラックオリーブ入りポテトサラダのカンパーニュサンド
460
パストラミとカマンベールチーズのカスクート       
750
たらことしらすのポテトサラダサンド           
400



スコーン(ドライストロベリー)             
360              
ビスコッティ(プレーン)                
170
ビスコッティ(チョコチップ)              
170

----------------------------------


まだ、食事をしていなかったので『たらことしらすのポテトサラダサンド』を注文し、コーヒーはお勧めの『ロングブラック』にしました。


「『ロングブラック』はエスプレッソとお湯をお出しして、お好きな分量で割っていただくのですが、こちらで割ってお出しすることも出来ます。」


初めてなので、どんなものなのかを確かめたくて、そのままもらうことにしました。




写真右が、注文した『たらことしらすのポテトサラダサンド』と『ロングブラック』です。


エスプレッソが入ったカップの横に金属製のソーサーがあります。

この中のお湯を自分の好みに入れていきます。

コーヒーのお湯割りですね。


エスプレッソの苦みは大人の味です。


全粒粉のバゲットで挟んだ『たらことしらすのポテトサラダサンド』も軽くて美味でした。




奥にガラス越しに見えるスペースについて聞いてみました。


「あっちも店になるんですか?」

「いえ、あちらはダブルドアーズという建築事務所になっています。あの、こちちら
は一級建築士で、私はインテリアコーディネーターなんです。」


傍らの男性スタッフが頭を下げます。


ちなみに七里ヶ浜の人気カフェ『ダブルドアーズ』とは関係はないとのことでした。



一級建築士のオーナーとしばらく雑談をしていました。
話がひと段落します。

「すみません。本業の方がありますので、私はこれで失礼させていただきます。」

オーナーは隣の事務所を通って外に出ていきました。



その後はインテリアコーディネーターの女性スタッフが相手をしてくれます。


ロングブラックとビスコッティを追加してゆっくりと時間を過ごしました。


観光シーズンには、この路地も人でいっぱいになることもあります。

由比ヶ浜通りからは見えないこの静かなカフェをゆっくり楽しむのは、シーズンオフの
今がいいかもしれません。

(落着いた店内)      (ロングブラックとサンド)
CASA 店内CASA サンドイッチ








+++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「CASA.Kamakura Espresso」(カフェ)
   鎌倉市長谷1−14−19  シーグラスコート1F
   電話   0467−55−5710
   営業時間 10:30〜18:00
   定休日  月曜日(2月から)
   https://www.facebook.com/CASAkamakuraespresso/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>























chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2016年02月07日

Melting Pot(メルティング ポット)

カフェの多い長谷にまたカフェが出来ました。

ただ、今回のカフェはメインの通りでもなく、古民家カフェの密集するエリアでもない場所のようです。




写真左は、江ノ電長谷駅の踏切です。

ほとんどの観光客は長谷寺や大仏のある方向に向かいますが、今日はこの踏切を渡って海の方向に進みました。

突き当たったT字路を左に折れると、写真右の路地が見えてきます。

(長谷駅の踏切)      (海への路地)
メルティングポット 長谷踏切メルティングポット 海への路地














この道はR134に抜けられるため、車の通行はけっこうあります。

写真左は、路地を出たところに広がるR134とその先に広がる鎌倉の海です。


左へ行けば由比ヶ浜、右に進めば江の島方面に向かいます。



今回のカフェは、この少し手前にありました。


新しく出来たカフェということで、華やかなイメージがありましたが、道路から見た店はちょっと暗めな印象です。(写真左)

ガレージのようなスペースにテーブルがいくつか置かれています。

(R134と海)       (メルティングポット)
メルティングポット 海メルティングポット 店頭2













店名やイラストの書かれたサンドイッチ看板の横には、赤と青の看板もありました。

青の看板にはメニユー、赤の看板には食材の説明などが書かれています。



そして、奥の方に明るいスペースが見えました。

こちらが本来のカフェスペースのようです。



中に入って、入口ドアの前に進みました。

両開きのドアの前に花などが飾られ、その横にストーブも置かれています。(写真右)



そして木の板に書かれた案内。

---------------------------------
海に行かれたお客様へ
こちらのブラシをお使い下さい。
---------------------------------

板の手前には長いブラシがありました。



ストーブと海。

ちょっと違和感がありますが、これはサーファー用なのでしょうか?

(サンドイッチ看板)    (入口の表示)
メルティングポット 店頭看板メルティングポット 入口















中に入りました。

床も天井も壁もほとんどが木で出来た空間で、置かれたテーブルももちろん木製です。



入ってすぐ右がキッチンです。

4人掛けテーブルが2つと、2人掛けのテーブルが1つあり、その奥に2人掛けのテーブルが5つ横に並んでいました。

スタッフは女性ばかり3人です。






メニューです。

-----------------------------------

A)ポーチドエッグとベーコン
とろっと半熟たまご

B)スモークサーモン
ハニーマスタードディルソースで

C)Nao’sジャークチキン
スパイシーなチキン


Set drink

コーヒー
アールグレー
アップルジュース
オレンジジュースグレープフルーツジュース
トマトジュース
ジンジャーエール
スパークリングウォーター

-----------------------------------


『ポーチドエッグ』を選びました。


スープは黒板の中から選びます。

・にんじんとチェダーチーズのポタージュ
・たっぷりキャベツと牛テールのコラーゲンスープ


『たっぷりキャベツと牛テールのコラーゲンスープ』を頼み、セットドリンクはコーヒーにしました。




写真右が注文したプレートランチです。

メニュー写真では勝手にフォカッチャだと思っていたのですが、これがこの店の看板の1つ『バターミルクビスケット』だとわかりました。



今日のビスケットは『プレーン』と『アーモンド&ホワイトチョコ』でした。




ベジファーストで、まずはサラダです。

ベーコンを食べて、お菓子のように真っ白なポーチドエッグを割ると鮮やかな黄身がとろけてきます。


もう1つの看板メニューのスープは牛テールスープ。

これにはメニューにあったとおりキャベツがたっぷり入っています。


コラーゲンスープともありましたが、コクがあってもさっぱりと飲みやすいヘルシーなスープでした。



さて、ビスケットです。

ビスケットはデザートのような気がしたので、食後に予定していたコーヒーを早めてもらいました。



形はスコーンにも似ています。

食べてみるとイメージしていたビスケットと違い、ちょっと柔らかい感じです。

スコーンとパンの間と言ったところでしょうか。


食感もよく美味です。



食材について書かれた黒板にはこう書かれていました。


------------------------------------

バターミルクビスケットは北海道小麦100%。
肉は長谷駅前の一心亭。
コーヒーは由比ヶ浜通りのアジア商会。
野菜は鎌倉野菜と出来る限り国産野菜。

スープは化学調味料使用していません。

------------------------------------


だんだん店内も混んできました。

そろそろ食事を終わりにすることにしました。

全体にヘルシーな内容なので、胃にももたれないさわやかなランチです。



レジで代金1000円を支払います。

「ところで、ここは元は何がありましたっけ?」


「会社があったんですが、移ったんでその後に。ああ、この人がその娘さんです。」

一番若い女性スタッフが頷きました。


店の前のスペースはやはりガレージだったようで、現在も自転車やバイクなら止めても大丈夫とのことです。


外に出て建物を見ると壁には『原管工』という会社名が見えました。

(ウッディな室内)     (プレートランチ)
メルティングポット 店内メルティングポット ランチ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「メルティング ポット(Melting Pot」
   (スープとビスケットのお店)
   鎌倉市長谷2−21−5
   電話   0467−22−4081
   営業時間 8:00〜18:00
   定休日  月曜日(祝日の場合 火曜日)
   https://www.facebook.com/Melting-pot-180564425626971/?fref=ts

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





















chefcomi at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい