2016年05月

2016年05月25日

豆猫堂

五月連休前の長谷です。(写真左)

いい天気でしたが、まだ人出のピークまでには間があるようです。

長谷には、最近またカフェが増えていますが、今回のカフェは長谷駅近くで長谷観音に向かうメインストリートに面していました。



長谷駅から1〜2分の距離、写真右がその建物です。

鎌倉小町通りにもある『まめや』のとなり、看板には『豆猫堂』と書かれていました。

(江ノ電長谷駅)      (豆猫堂の建物)
豆猫堂 長谷駅豆猫堂 建物





















写真左が、道路沿いにある看板になります。

紺地に白の字、かなりインパクトのある大きな看板なのでよく目立っています。


『豆猫堂』の前に『カフェ&ライブラリー』とも書かれていました。


また、下の方には写真入りのメニューも出ています。


カレーや白玉などもありますが、ベトナムスイーツ、タピオカマンゴースイーツ、香港の黒ゴマしるこ、チキンのフォー、トムヤムヌードルなどエスニックなものが多く並んでいました。



たしか、この場所にあったのは『マノーラ』というカフェ。

ここも似たようなジャンルだったような気がします。



狭い階段を上がっていきます。

正面にコーヒーポットのイラストが見えました。(写真右)


左側に入口のドアがあります。

(一階入口)        (2階入口)
豆猫堂 1階入口豆猫堂 2階入口
















中に入りました。

入ったすぐ前がキッチンです。

スタッフは女性が1人だけでした。



店内中央に大きなテーブルの6人席。

そして2人掛けのテーブルと、同じく2人掛けのソファー席。

こじんまりとした造りのカフェです。



名前のとおり、店のあちこちに小さな猫の人形が飾られています。

そして、絵本や小説などジャンルはさまざまですが本棚に本もありました。

これがライブラリーなのでしょう。


写真左は、道に面した窓を写したものです。

ガラスに描かれた蓮のイラストは『マノーラ』のときにもあったような気がしますが、記憶は定かではありません。

(豆猫堂室内1)      (豆猫堂室内2)
豆猫堂 室内1豆猫堂 室内2















オーナーがメニューを持ってきました。


---------------------------------

チキンフォー    850円

トムヤムヌードル  850円

豆猫オムライス   900円

ベトナムチキンライス    900円

ふわとろ玉子のひき肉ごはん 900円

カレーライス        900円

---------------------------------


暑くてちょっと食欲もなかったので、この中でも一番軽そうなチキンフォーを注文しました。

連休前とはいえ、暑い日だったのでビールも追加します。



写真左がそのハートランドビールです。

まずは冷えたビール1杯飲んで一息つきました。



キッチンで野菜を刻む音が聞こえてきます。

間もなく写真右の『チキンのフォー』が運ばれてきました。


丼の中には鶏肉のほか、キャベツやもやし、オニオンなどの野菜が入って、一番上に緑のパクチーが乗っていました。


シンプルな鶏の出汁に透明な薄味のスープ。

ちょっと、チリソースを加えてみます。


米麺なので、のど越しもあっさりとして、するすると食べられました。





支払いを済ませてからちょっと聞いてみました。


「店の名前もそうですけど、猫の置物がたくさんありますね。猫がお好きなんですか?」

「はい。」


「本物はいないんですか?」

「家にいます。」


無口に見えましたが、オーナーは意外に気さくに話してくれます。

ベトナムが好きで何度も行っているそうです。



「ベトナムのコーヒーって豆もベトナムですか?」

「はいベトナム豆です。うちのは現地で焙煎したものを使っています。向こうの焙煎は薪でやるんですよ。それから焙煎の時にココナッツやバターを入れるんです。」


オーナーはコーヒーを抽出する金属の器具を見せてくれました。


「これで4〜5分かけて抽出します。」

「やはり、コンデンスミルクを入れるんですか?」

「濃い味になるので入れることが多いんですけど、入れなくても美味しいですよ。」


そのほかベトナムについてもいろいろ話してくれます。




「長谷はシーズンは混みますけど、やっぱりここも。」

「2階ですからそんなに混むことはありません。地元のお客様が多いんです。」




長谷駅間近ですが、意外な穴場カフェです。

次は、やっぱりコーヒーも飲んでみたいと思いました。

(ハートランドビール)   (チキンのフォー)
豆猫堂 ハートランド豆猫堂 フォー








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「カフェ&ライブラリ 豆猫堂 」(カフェ)
   鎌倉市長谷2−14−16 2F
   電話   0467−24−6155
   営業時間 ランチ  11:30〜18:00
   定休日  金曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | ベトナム料理

2016年05月18日

Cafe Luonto

最近、長谷周辺で新店のオープンが増えています。

長谷駅のすぐ近くにもカフェが出来たそうです。


駅のホームから見える場所にあるのですが、行き方はそう単純ではありません。


写真左は、江ノ電長谷駅の改札です。

真ん中に道がありますが、まずはこの路地を進んでいきます。



道はだんだん細くなっていきました。(写真右)

路地の横には小川が流れています。


小さな川ですが、ちゃんと『いなせ川』という名前が付いていました。

(長谷駅横の路地)     (いなせ川の路地)
Luonto 路地入口Luonto 路地
















川を渡る橋にも名前が付いています。

『新宿橋』だそうです。(写真左)


写真の左側、川に沿った細い道を少し行くと、ちょっと奇妙な形の松がありました。


その先に、遮断機が不釣り合いなほど小さな踏切が見えてきます。

踏切の手前、白い壁にブルーのドアのある建物が、今回の店『Cafe Luonto(カフェ ルオント)』です。(写真右)


説明は長くなりましたが、振り返って線路を見ると長谷駅は目と鼻の先です。

この店も江ノ電が目の前を通るカフェになります。

(新宿橋)         (店と踏切)
Luonto いなせがわLuonto 店と踏切2
















写真左はカフェの入口です。

ガラスには針葉樹の木とトナカイの絵が描かれており、11時OPENとありました。


ドアを開けて中に入ります。

入口の近くには胡蝶蘭の鉢もありました。



シンプルで清潔な店内にソファー席も含めて15席ほど。(写真右)

すでに40代から50代の女性客が2人窓際に座っていました。


スタッフはこの時点で女性が2人。

最初、ドリンクメニューをくれましたが食事のメニューを聞いてみました。


「あの、何か軽食はありますか?」

「はい。ここには書いてありませんが『スーププレート』か『自家製パンのサンドプレート』になります。」


そういえば外のメニュー看板にあったような気がします。


外のメニュー看板

---------------------------------

本日のスーププレート      800円

・新玉ねぎと人参のポタージュ
・自家製パン
・サラダ

自家製パンのサンドプレート   800円
・生ハムとクリームチーズのサンド
・ミニスープ(コンソメスープ)
・サラダ

---------------------------------


『自家製パンのサンドプレート』とドリップコーヒーを注文しました。

待っている間に、上りと下りの江ノ電が通ります。


駅が近いので江ノ電はゆっくりと走ります。

(カフェの入口)      (店内の様子)
Luonto 店入口Luonto 店内3
















写真左は『自家製パンのサンドプレート』です。

白いプレートの上に、丸いロールパンのようなパンとレタスと生ハム。


クリームチーズが、生ハムの塩気をマイルドに包んでいます。

2つあるパンの1つを食べてから、温かいコンソメを飲みました。



入口から若い女性が入って来て、客室を横切ってキッチンに向かっていきます。

スタッフは3人になりました。



食事は終わりましたが、まだ何か食べられそうです。



ケーキは入口のショーケースの中から選びます。


--------------------------------

cake

チーズケーキ  450円
ガトーショコラ 450円
ロールケーキ  450円
ルオントプリン 350円
いちごプリン  400円
抹茶プリン   400円
Bake 
スコーン  1ケ250円
シナモンロール 300円

--------------------------------


ケーキを作ったという、緑の帽子のスタッフが勧めるロールケーキを頼みました。

コーヒーは飲んでしまっていたので、新たにエスプレッソのシングルを追加します。


写真右が、ロールケーキとエスプレッソです。

真っ赤なイチゴと生クリームのケーキが口の中で溶けました。


小さなエスプレッソのカップを持ち上げます。

エスプレッソの芳醇なアロマを鼻腔で感じました。



ここのエスプレッソメーカーは、『カーサ鎌倉エスプレッソ』と同じイタリアの『LA MARZOCCO』です。




誰も席を立たないので、一番先にレジに向かいました。


「ゆっくりさせてもらったけど、こういう店だとすぐ雑誌なんかが来ちゃいますよね。」

「実は今度、『HANAKO』の取材があるんです。」


さすがに大手の情報誌、行動が早い!

載る前に来ておいてよかったと思いました。


※店名の『ルオント』はフィンランド語で『自然』という意味だそうです。

(サンドイッチプレート)  (ロールケーキ)
Luonto サンドイッチプレートLuonto ロールケーキ






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「Luonto」(カフェ)
   鎌倉市長谷2−11−21
   電話   0467−53−8417
   営業時間 ランチ  11:00〜18:00
   定休日  火曜日
   https://www.facebook.com/CafeLuonto/

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2016年05月10日

La Vie(ラ・ヴィ)

若宮大路の一の鳥居のところから入る路地に、チポリーノというイタリア料理の店がありました。

けっこう評判のよかった店でしたが、閉店してその後にフレンチの店が出来たとのことです。


若宮大路から近いとは言っても、観光客はあまり通らない場所なのでレストラン立地としてはなかなか難しい所でもあります。

さて、今度はどんな店なのでしょうか?



写真左は、一の鳥居を海側から撮ったものです。

店は、鳥居の右の路地の先になります。


写真右がその路地です。

店の案内板があるわけでもなく、普通の住宅街が続いています。

(一の鳥居)        (路地)
ラヴィ 一の鳥居ラヴィ 路地















まもなく左手に2階建ての建物が見えてきました。

周囲の雰囲気に溶け込んでいるので、入口の赤いテントがなければ通り過ぎてしまいそうです。(写真左)



予約はしていません。

取り敢えず中に入りました。

中にはモノトーンのワンピースを着た上品な女性スタッフがいます。



スタッフはキッチンのシェフと話した後でOKを出してくれました。


「どうぞ、こちらで。」

キッチンに一番近いテーブルに座ります。


白い壁に周囲が黒のオープンキッチン。

広い室内に余裕を持って配された席数は16席。

そのほかに個室が1つあります。



シンプルですが座り心地のいい椅子でメニューを見ました。

ランチは日替わりで3コースです。


--------------------------------------

LUNCH


2500円 アミューズ・前菜・魚料理または肉料理・デザート・コーヒー


3500円 アミューズ・前菜・魚料理・肉料理・デザート・コーヒー


4800円 アミューズ・前菜・魚料理・肉料理・デザート・コーヒー

--------------------------------------



2500円のコースを肉料理で注文しました。

ただ、やはりこの雰囲気だとアルコールが欲しくなってきます。


白のシャルドネを追加しました。

(ラヴィ 店頭)      (シンプルな店内)
ラヴィ 店ラヴィ 店内1



















テーブルの近くにはオリーブオイルやハーブなどが置かれた棚があり、値札も付いていました。

見ていると白ワインが運ばれます。


「これは、シェフのこだわりの食材です。」

棚の商品を少し説明してくれた後で『CAMILO』のオリーブオイルのパンフレットをくれました。


余談ですが、二人はご夫婦とのことです。




ワインの後は菜の花の緑が鮮やかなアミューズ。(写真左)

次への期待を持たせてくれます。



そして、自家製のカンパーニューが置かれました。


ちぎったパンに、小さな容器のオリーブオイルをかけて食べます。

パンの味とオイルの風味がとても上品です。




次の皿は、シェフが運んでくれました。

「シリヤケイカのサラダです。オレンジのコンフィチュールと、こちらにあるのがイカスミです。お好みでお使いください。」


鮮やかな緑の間に白いイカの身が見えます。

コクのあるイカスミと爽やかなオレンジのコンフィチュール。


順に野菜とイカを付けていただきました。

柔らかいイカは甘さも感じます。


味がわからない人間ですが、レベルの高さはわかりました。

(アミューズ)       (前菜)
ラヴィ アミューズラヴィ 前菜















その後、予約のお客さんが何組か入店しました。

奥さんがホールの対応で忙しかったので、メインもシェフが運んでくれます。



「イベリコ豚ロースのローストです。野菜は人参とゴボウになります。」

そのほか青い野菜はホウレン草、厚く切った豚肉にはマスタードソースがかかっていました。


適度に脂の乗ったイベリコ豚の素材を生かすように、マスタードソースはマスタードを主張しません。





最後にデザートとコーヒーがきます。

デザートは『キッシュで香りをつけたイチゴ、ヴェルヴェーヌのジュレ』



これも予想以上でした。

真ん中にラズベリーのジェラート、ほんのりとキッシュの香りのするイチゴは爽やかです。

透明なジュレのレモン風味の酸味とともに、食べた後にも良い後味が残りました。



タクシーが止まって、また4人連れの年配客が来店します。

そろそろ潮時と思って合間を見計らって会計に向かいました。


奥さんがアイパッドで見せてくれた金額は3564円。


最後はシェフも出てきてくれました。


洗練された料理とエレガントな応対、落着いた雰囲気の店は鎌倉にもそうあるわけではありません。


このまま目立たず続けてほしいのですが、それもなかなか難しそうです。

(メイン)         (デザート)
ラヴィ メインラヴィ デザート






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「La Vie(ラ・ヴィ)」(フランス料理)
   鎌倉市由比ガ浜2−11−9
   電話   0467−95−2585
   営業時間 ランチ  11:30〜15:00(LO:13:30)
        ディナー 17:30〜22:30(LO:20:30)
   定休日  毎週月曜日、第3日曜日
   ※月曜日が祝日の場合は営業、翌火曜日が振替休日
   http://www.lavie-kamakura.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>












chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理

2016年05月04日

WAHINE(ワヒネ)

桜も葉桜になりかけた頃、気候も良くなってきたので、久しぶりに七里ヶ浜にやってきました。

写真左は、江ノ電の七里ヶ浜駅です。

この頃から連休前まで鎌倉の観光はちょっと小休止です。

江ノ電を降りる人もシーズン中に比べると少ないようです。



今日は江ノ電の北側にある小高い場所にある住宅地に行こうと思います。


写真右は、駅を出て鎌倉方面に向かう江ノ電の車両です。

この向こう側の丘に今回の目的地があります。

(七里ヶ浜駅)        (江ノ電が走る)
WAHINE 七里ヶ浜駅WAHINE 七里ヶ浜江ノ電
















七里ヶ浜の坂から、江ノ電の踏切そしてその向こうに見える海。

スラムダンクで有名になったのは鎌倉高校前ですが、七里ヶ浜の坂も似たような風景なので、カメラを持って撮影する人も見かけます。



写真左は、鎌倉プリンスホテル付近の坂から七里ヶ浜の海を写したものです。

今回はこの坂を上って行きます。



この辺りは、1960年代から西武による住宅地の開発が行われ、今ではすっかり落着いた住宅街が広がっています。



今回の店『WAHINE(ワヒネ)』は坂の突当りにありました。

ここは住宅地の中の商店エリアになります。


真ん中を通るプロムナードでは、まだ咲き残った風が吹くたびに、桜の木からハラハラと花びらが舞っていました。(写真右)

(プリンスHの坂)     (桜並木)
WAHINE プリンスと坂WAHINE 並木道
















写真左は『WAHINE(ワヒネ)の店になります。

まだ、オープンしたばかり、入口にはお祝いの花がたくさん飾ってありました。




写真の左上の方に『珊瑚礁』の看板が見えています。

その奥にあるのは、鎌倉カレーの草分けとも言える『珊瑚礁』です。


ここは『珊瑚礁』グループの店になります。



中に入りました。

店内とテラスの区別のつきにくい造りが、ゆったりとしたムードを作り出しています。
(写真右)

『WAHINE』と『珊瑚礁』の境もまた曖昧になっていました。

(WAHINEの店)    (明るい店内)
WAHINE 店頭WAHINE 室内
















「いらっしゃいませ。」

白いブラウスに黒のパンツの女性スタッフが迎えてくれます。


ウッディな室内にはテーブルが14席、カウンターが14席。

テラスにも10数席が用意されています。


外に近いテーブル席に座りました。



メニューです。

--------------------------------

Menu

チキンライス(レギュラー) 1200円
チキンライス(ラージ) 1500円
(上記ジャスミンライス&スープ付)

丸鶏1/2羽 2800円
丸鶏1羽 4900円

ジャスミンライス&スープ 300円
ジャスミンライス大盛り&スープ 400円

--------------------------------



チキンライスだけのシンプルなメニューです。

レギュラーのチキンライスとグラスワインを注文しました。



座席からはガラス越しにキッチンが見えます。

目に飛び込んできたのは1羽ずつ丸ごと吊るされたチキンでした。(写真左)

これが『丸鶏』なのでしょう。



リゾートの雰囲気ではありますが、プロムナードを通る人たちにあまり派手やかな感じはありません。


観光客らしい服装は少なく、カートを引いた老婦人やベビーカーの若い母親など近所に住む人たちがほとんどでした。

中にはチキンのテイクアウトを頼んでいく人もあります。




海南チキンライスがきました。

ケチャップの赤いチキンライスとはかなり感じは違います。



チキンライスは2つの皿に分かれていました。

1つは、タレと野菜の上に大きな蒸し鶏のぶつ切りを大盛りにした皿。

もう1つはジャスミンライスがこんもりと盛られた皿です。


レギュラーサイズですが、かなりボリューミーな印象です。


ディップは、小皿に2種類用意されていました。



まずは刻み葱の入った緑のディップ。

適度にオイリーな鶏肉は口当たりもよく、葱油にも良く合っています。


もう1つは赤青唐辛子の効いたニンニク醤油のディップ。

こちらはちょっと甘味もあり、2つの小皿を適当に使い分けることで、味にアクセントが付けられます。


ジャスミンライスは日本米ではなく、長粒のタイ米が使われていました。


さらりとした食感が、店の雰囲気と合わさって何だか南国に来ている気分になってきます。

ワインの酔いもあるのかもしれません。




4月末の風の中で、そろそろランチを終わります。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。」


「ところで、2階も使えるんですか?」

「はい。2階はこれからジュースバーになるんですが、オープンはまだなんです。」



珊瑚礁グループ、ますます繁盛しているようです。

(丸鶏チキン)       (海南チキンライス)
WAHINE チキンWAHINE 海南チキンライス








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「WAHINE(ワヒネ)」(海南チキンライス)
   鎌倉市七里ガ浜東3−1−1
   電話     0467−39−1235
   営業時間   11:30〜20:00
   (カフェ利用)14:00〜17:00
   定休日  月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>



chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | チキンライス
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい