2016年08月

2016年08月24日

紫(ゆかり)

夏休み真っ最中。

暑い盛りです。


アジサイの季節には、北鎌倉駅から明月院に向かう観光客が連なる線路沿いの道も、今は空いています。


少し前に、明月谷戸にフレンチのような、カフェのような店が出来たと聞きました。


真夏なら空いているはずです。





写真左は円覚寺前の道から、北鎌倉駅を写したものです。

ホームに電車が止まっていますが、あまり人は降りてきません。




写真右は、明月谷戸へ向かう道です。

『明月院』と書かれた石柱が左手に見えます。



緑は濃くなっていますが、やはり人は少ないようです。

(北鎌倉円覚寺前)     (明月院への店)
紫 円覚寺前2紫 明月院へ

















この道を進むと左手に、プラタナスの樹々と其の奥の瀟洒な洋館が見えてきました。

それ自体が一冊の美しい「絵本」だという『葉祥明美術館』です。(写真左)



さらに少し歩くと、以前『橘』という店の入口があった場所に、何か書かれているのに気が付きました。



『ご来店まことにありがとうございます。入口は左手の玄関となります』


店名は『北鎌倉 紫(ゆかり)』とあります。



立ち止まっていると、向こうで黒いエプロンの女性がこちらを見ていました。



写真右『紫』の入口に進みます。

こちらを見ていた女性から声が掛かりました。


「いかがでしょうか?国産の牛頬肉のビロード煮です。セットですとサラダかスープと自家製のライ麦パンが付きます。」



聞けば、常盤の『ミッシェルナカジマ』がオーナーの店だといいます。


『ミッシェルナカジマ』のオーナーと言えば、元ミュンヘン日本国総領事館公邸料理人の中嶋秀之シェフ。


行ったことがありますが、料理も応対も洗練された鎌倉でも有名なフレンチの名店です。

(葉祥明美術館)      (『紫』の門)
紫 葉祥明紫 門















鮮やかな紫の暖簾のかかった数寄屋門をくぐり、階段を上がっていきます。

玄関には白くて短い暖簾がかかっていました。


「どうぞ、お二階の方に。」

案内の女性と別れ二階席に向かいます。





数えると24席。

客室スペースは広く取られています。(写真左)


2部屋をつなげた部分には若干の段差、道に面した窓際には中年の女性客が1人座っていました。



2階専任の、実直そうなスタッフの女性が案内してくれた席に着きました。

左手の窓からは明月谷戸の緑が見えます。





メニューです

---------------------------------


国産牛頬肉のビロード煮

セットメニュー

『鎌倉・湘南野菜サラダ』

又は
本日のおすすめスープ

『ホワイトアスパラガスの冷製ポタージュ』


国産牛頬肉のビロード煮

(※大盛(1.5倍)もできます


自家製ライ麦パン


2400円


---------------------------------




単品は1900円ですが、セットの方が得とのことでセットにしました。


白ワインの『アルガーノ・ヴィエント(甲州)』も追加します。




間もなく運ばれた、甲州勝沼産の辛口の上品なワインをひと口。


外からは蝉の鳴き声も聞こえてきました。





写真左は『鎌倉・湘南野菜サラダ』です。

皿の真ん中ではなく、縁に沿ってきれいに盛り付けられた野菜がカラフルです。


三日月を表しているそうです。




野菜の種類は小さな紙に書かれていました。


---------------------------------------

本日の野菜たちのご紹介

そこで、是非読者の方に、湘南・鎌倉の食の情報や記事についてのご意
人参 黄人参 青トマト ミニトマト(赤・黄) ラデッシュ ヤング
コーン ズッキーニ イエローズッキーニ アーティチョーク アンデ
ィーヴ コリンキー南瓜 水茄子 オクラ 空豆 赤芯大根 ビーツ 
デトロイト アマラサンス オゼイユ バジル四葉胡瓜 茶豆 白瓜 
ゴボウ

---------------------------------------


鮮やかで美しい見た目と繊細なソース、新鮮な野菜をおいしくいただきます。

(静かな室内)       (カラフルなサラダ)
紫 室内紫 サラダ2


















ワインを飲んでいるとメインの『国産牛頬肉のビロード煮』が運ばれました。


グリルされた大きな万願寺唐辛子や冬瓜、インゲンなどと共に、炒められた小さなライスの山が3ケ所に乗っています。


横に黄色いトウモロコシのピューレ。


真ん中には、旨そうな牛肉の塊が置かれていました。



「牛頬肉をワインで8時間煮込んであります。煮込んだソースは何度も裏漉しをしてビロードのように仕上げてありますので『ビロード煮』と名付けました。」



まじめそうなスタッフは一所懸命に説明してくれます。



頬肉は柔らかく、また、まったりとした旨みもあります。

ソースも濃くなく、薄くなく、上品で繊細な味でした。




ランチだけのつもりでしたが、デザートまで試してみたくなってきました。




『国産牛頬肉のビロード煮』と並んで、メニューの冒頭に説明書きがあるのが『紫(ゆかり)プリン』です。


これとコーヒーを追加しました。







コーヒーは、取っ手のない器に入っています。

ミルクもポーションでなく、ちゃんとした牛乳なのも好感が持てました。




滑らかな口どけの濃厚なプリンをゆっくりと味わいます。

卵は相模原のブランド卵『さがみっこ』を使用しているとのことです。





会計は1階のレジで行います。


レジにいたベテランのマネージャーは、『ミッシェル ナカジマ』からの出向?とのことでした。




思うがままに注文した結果は下記のとおりです。



セットメニュー    2400円
白ワイン        800円
ゆかりプリン      450円
コーヒー        600円
           4250円
消費税         340円

合計         4590円






ランチメニューは『国産牛頬肉のビロード煮』だけですが、事前に予約すれば『ミッシェル ナカジマ』のメニューも出来るとのことでした。


また、カフェタイムは14時からとなっていますが、空いていれば朝からも可能だそうです。



観光スポットにあるので、さほど期待しなかった店でしたが、さすがに鎌倉の実力店の運営。

雰囲気もいいので、空いている時期がおすすめです。

(牛頬肉のビロード煮)   (紫プリン)
紫 メイン紫 プリン

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | フランス料理

2016年08月17日

キッシュヨロイヅカ 江ノ島店

最近、さらにお洒落な新店が増えてきた江ノ島の周辺。

聞けば、スバナ通りの家賃相場も上がっているそうです。



「そういえば『エッグスンシングス』の近くにヨロイヅカさんの店も出ましたね。 」

西鎌倉のイタリアン『トラットリア フォセッタ』の栃原シェフが言っていました。


ブランドネームのヨロイヅカシェフの店。

梅雨が明けて、夏休みが始まれば混雑は必至です。



今日は朝からの晴天、真夏のような天気。

ちょっと江ノ島まで出かけてみることにしました。


写真左は小田急片瀬江ノ島駅です。

なんだか華やいだ感じの人で賑わっていました。


駅からR134まではほとんど距離はありません。

写真右がR134の江の島水族館方面を写したものです。


手前に海鮮の『マイアミ貝新』、奥が人気の『エッグスンシングス』ですが、今日はいつもの行列はありませんでした。

(片瀬江ノ島駅)      (R134)
キッシュ 小田急江ノ島キッシュ R134















今回の『キッシュヨロイヅカ』は『マイアミ貝新』と『エッグスンシングス』の間にありました。



写真左が『キッシュヨロイヅカ』の建物です。

店頭に人はたくさんいますが、ここにもまだ行列はありませんでした。


中に入ると、色とりどりのカップケーキほどの大きさのキッシュが並んでいます。(写真右)



「食事は2階ですか?」

女性スタッフに尋ねます。


「ちょっとお待ちください。今、お席の状況を確認しますので。」


カウンターの向こうにいた別のスタッフが、ヘッドホンのマイクで何やら話しはじめました。


OKが出たので階段を上がっていきます。

(キッシュヨロイヅカ)   (一階店内)
キッシュ 1階店頭2キッシュ 1階
















階段の上は20席ほどの広さです。


残っているのは2人テーブルが3つ。

「こちらにどうぞ。」


2階のスタッフがそのひとつに案内してくれます。


窓際ではありませんでしたが、向こうには江ノ島の半分と海が少し見えました。(写真左)

※逆光補正なしなので、外は写っていません。ごめんなさい!!



テーブルのメニューを見ます。


-------------------------------------


土日スペシャルメニュー 数量限定

○スペシャルセット
しらすのアヒージョ(バゲット付き)
グラス白ワイン(1000円相当)がセットで1280円

○スペシャルメニュー
厚切りベーコンステーキ 粒マスタード添え 680円

○シェフのオススメアヒージョ
マッシュルームのアヒージョ  680円

-------------------------------------


スタッフの女性が補足してくれました。

「土日のスペシャルとなっていますが今日も大丈夫です。」




次のページには、


-------------------------------------

乾杯セット        1000円
ワインがぶのみ90分   1280円

-------------------------------------

などが載っていました。

ワインがぶ飲みもいいのですが、今日はおとなしく『キッシュ&ワインバー』のタイトルに合わせて、『シラスと青ネギ』と『エビリゾットとビスクソース』の2つのキッシュと『ソーヴィニヨン・ブラン』というフランスのワインを頼みました。



滞在時間の制限は90分とのことです。

周囲は見事に20〜30代の女性客ばかりでした。

ほとんどがアルコールを頼んでいるせいかテンションも高く賑やかです。



まもなくオススメワインが運ばれました。(写真右)

(2階席から)       (オススメワイン)
キッシュ 2階キッシュ ワイン















冷えたワインを飲んでいると、白い皿に乗った2つのキッシュが真ん中の小さなテーブルに置かれました。(写真左)


まずはシラスと青ネギのキッシュ。

これは江ノ島店のオリジナルとのことです。


バター風味の生地とクリーミーな中身、シラスの味に青ネギのキッシュは思ったよりあっさりして美味でした。


次に、プリッとした海老と濃厚なビスクソースのキッシュを、ワインとともにいただきます。




窓の外、江ノ島の横に腰越の漁港が見えますが、キッシュのシラスはここの漁港のものでしょうか?



まだ、時間はたっぷりあります。

通りかかったスタッフを呼び留めました。


「すみません。キッシュプリンとコーヒーをお願いします。」

「はい。」


ここには、おかず系のキッシュのほかにタルト系のキッシュがあります。

写真右が注文したキッシュプリンとコーヒーです。



シンプルですが、パイ生地に包まれたまろやかなプリンのやさしい甘さ。

280円と一番安いのですが、これがけっこういけます。





まもなくテーブルは満席になりました。



会計はテーブルで済ませます。

スタッフが持ってきたレシートの金額は2397円でした。


「有難うございました。また、お待ちしています。」

「予約も出来るんですか?」

「はい。前日まででしたら。」


階段を下りると、また夏のまぶしい日差しです。

(キッシュ2種)      (コーヒー&キッシュ)
キッシュ キッシュキッシュ コーヒー&キッシュ







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●藤沢「キッシュヨロイヅカ 江ノ島店」(キッシュ&ワインバー)
   藤沢市片瀬海岸2−17−22
   電話   0466−21−7784(お問い合わせ)
        050−5590−8437(予約専用)
   営業時間 9:00〜21:00(LO 20:00)
        9:00〜11:00(モーニング)
   ※営業時間は季節により変更があります。
   定休日  なし
   http://www.1016.co.jp/quicheyoroizuka/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | カフェ&レストラン

2016年08月03日

CAFE&SHOP 倶利

今年の3月に新しくなった段葛。

今まで西側に比べて、人通りが少なかった若宮大路東側も以前より賑やかになってきたように感じます。


その若宮大路東側にある鎌倉の特産『鎌倉彫』を紹介する『鎌倉彫会館』も、リニューアルされて明るいイメージになりました。

そして、前にはなかったカフェも併設されました。




写真左は段葛、二の鳥居付近です。

変わらないのは、道の両側にある一対の狛犬でした。



写真右は若宮大路東側かえ見た段葛です。

この道を鶴岡八幡宮に向かって歩いて行きます。

(段葛、二の鳥居)      (段葛)
俱利 二の鳥居俱利 段葛
















間もなく、右側に白いビルが見えてきました。

これが今回の『カフェ 俱利』が入る『鎌倉彫会館』です。


ビルの前に『鎌倉彫 カフェ 俱利』と書かれたガラスの看板があります。

唐草模様のようなイラストも描かれていました。(写真右)




カフェの営業は『鎌倉彫会館』の開館に準じて9時30分から。

ただランチタイムは11時からとなっていいました。


現在は11時半、建物に入っていきます。

(鎌倉彫会館)        (カフェ俱利の看板)
俱利 鎌倉彫会館俱利 看板






















一階はカフェの他に、奥の方に無料のギャラリーがあります。

右側が今回の『カフェ倶利』で、シンプルで落着いたスペースには14席のテーブル席が置かれていました。(写真左)


正面は6席にカウンターとキッチン、若宮大路に面して6席の大きなテーブルもあります。

中に、白いブラウスに黒い短いエプロンスタイルの女性スタッフが3〜4人見えました。



テーブル席の1つに座ります。


席からは、半個室のように仕切られた6人用のテーブルの向こうに段葛が見えました。
(写真右)

(カフェ室内)       (室内から段葛)
俱利 カフェ室内俱利 カフェ室内から





















テーブルの上に、小さな冊子になったメニューがありました。


ランチメニューは3種類です。


-----------------------------------------

精進・刻御膳(ときごぜん) 1500円(税別)

倶利ハンバーグ       1200円(税別)

鶏と舞茸の湯葉あん小丼(こどんぶり) 830円(税別)

-----------------------------------------



最初に載っている『精進・刻御膳』を注文しました。



写真左が『精進・刻御膳』です。


黒っぽいお盆はもちろん鎌倉彫。

メインの皿、ご飯茶碗、汁ものの器も鎌倉彫でした。


そのほかに、涼しげなガラス容器に入った干し大根と青菜のお浸し。

もうひとつのガラスの器には、『時知らず三品』と称した『湘南天然あらめ胡麻炊き』、『なめ味噌』、『くらかけ豆塩煮』などが乗っています。



まずは、けんちん汁をいただきました。

豆腐のほかににんじん、ゴボウ、ネギ、大根などの野菜もたっぷり入っています。


精進だしとのことで自然な味。



メインの高野豆腐も上品な薄味、添えられた野菜はズッキーニにニンジン、ジャガイモなどです。

ふっくらとしたご飯は、『あらめ胡麻炊き』や『なめ味噌』などとよく合っていました。


食事が終わって、コーヒーを追加することにしました。


スタッフがメニューの冊子を開きます。


-----------------------------------------

倶利ブレンド      430円

倶利ブレンド 倶利紋和三盆付き 500円


倶利ブレンド 刀

倶利ブレンド 爽

-----------------------------------------



写真右が注文した『倶利ブレンド 刀』です。

『こくと深く余韻のある苦みのブレンド』と書かれていました。


写真では見づらいのですが、この取っ手のないコーヒーカップも鎌倉彫です。

カップの内側には保温のための錫が塗られていました。


漆の匂いがすると聞いたこともありましたが、オープンから3ケ月経ったせいか、我々レベルにはほとんど気になりません。


カフェ俱利の考え方です。

------------------------------------------------------

カフェ「倶利」が提案する鎌倉彫のある暮らし。
カフェでは鎌倉彫を実際にご利用いただき、漆器の普段使いを体感いただけます。

------------------------------------------------------



レジの横が鎌倉彫製品の販売所になっていました。

最初のランチのお盆は42000円、コーヒーカップは37000円とあります。



3階の資料館は300円、一階のギャラリーは無料で見学できます。

観光のついでにふらりと寄って、普段はあまり使わない鎌倉彫の食器で食事するのも悪くありません。


なお、店名の『倶利』とは、カップにも彫ってあったわらび形の曲線の連続文様のことだそうです。


(精進・刻御膳)      (珈琲 刀)
俱利 カフェランチ俱利 コーヒー







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「CAFE&SHOP 倶利」(カフェ)
   鎌倉市小町2−15−13 鎌倉彫会館 1F
   電話   0467−33−5751 
   営業時間 9:30〜17:00
   定休日  月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)
   http://kamakuraborikaikan.jp/cafe/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>










chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい