2018年04月

2018年04月25日

かふぇ楊梅亭(やまももてい)

ここに行ったきっかけは、犬懸橋の近くにあるカフェで見せてくれたパンフレットでした。

タイトルは『一条恵観山荘』

木々の緑や紅葉の中に、整備された庭と趣のある建物の写真が載っています。


場所は浄明寺バス停の先、たしか茶道の宗偏流の道場があったと記憶している辺りでした。


書や茶の湯に長けた後陽成天皇の第九皇子、一条恵観が京都に建てた『一条恵観山荘』を移築したとあります。




写真左は、浄明寺バス停から金沢街道を少し進んだところです。

ブルーの目立つ案内看板がありました。


『一条恵観山荘』はこのすぐ先です。


さらに進むと立派な門がありました。

『茶道宗偏流不審庵』と書かれています。


どちらも住所は『鎌倉市浄明寺5−1−10』


詳しい関連はわかりません。

(金沢街道)        (茶道宗偏流)
楊梅亭 金沢街道楊梅亭 茶道宗偏流














実は、この『一条恵観山荘』には一度訪問しています。

そのときはカメラを持っていませんでした。


帰りにチラシを貰い、そのチラシ持参で入場無料になる日が書いてありました。

入口でチラシを出すと、係の人が判を押して戻してくれます。(写真左)


「ごゆっくりどうぞ。」

(一条恵観山荘入口)    (一条恵観山荘)
楊梅亭 一条恵観山荘入口楊梅亭 一条恵観山荘


















廊下を通って庭に出ると、御幸門の先に茅葺の田舎風の建物が見えました。


これが『一条恵観山荘』です。

通常は入れませんが、月に何日か先着順要予約で解説付きで案内してくれるとパンフレットにはありました。


建物の前に熱心にスマホで撮影している女性がいます。

少し待って横を通り抜けました。



小道を下っていくと竹林があり、その向こうに川が流れています。

鎌倉の中心を流れる『滑川(なめりがわ)』です。


川沿いの道を歩いていきます。


『紅葉の小道』というとおり、モミジの芽吹いたばかりの緑が初々しい。

傾斜地には熊笹も茂っていました。


見上げると数寄屋造りの建物が見えます。(写真左)


ここが今回の『かふぇ楊梅亭』です。

『ようばいてい』でなく『やまももてい』と読みます。




建物には履物を脱いで入ります。(写真右)

しばらく立っていると、奥から袴姿の若い女性が現れました。


「どうぞ、こちらで。」

(楊梅亭建物)       (楊梅亭入口)
楊梅亭 楊梅亭建物楊梅亭 入口















案内された部屋には窓に沿って長椅子が並んでいます。


「向こうの部屋でもいいですか?」

「はい。ご案内いたします。」

こじんまりとした奥の部屋には、窓際にとっておきの席があるのを前回確認しています。


ただしこの席は2人しか座れません。(写真左)


静かな空間を独り占めにします。



女性スタッフが持って来てくれたメニューを見ました。

--------------------------------------

楊梅亭 おしながき


抹茶と季節の和菓子      1000円

醍醐のケーキ          600円

苔の庭             650円

胡麻どらやき          300円


コーヒー
 ホット            500円

 アイス            600円


やまももサイダー        600円

ジンジャーエール        600円


監修:一般社団法人 現代茶道塾
   パティスリー雪乃下

--------------------------------------



前回は『抹茶と季節の和菓子』を頼んでいたので、今日は『苔の庭』とホットコーヒー。
にしました。

『苔の庭』は抹茶ティラミスです。



席からは、ガラス窓越しに外がよく見えます。

紅葉の下に白い砂利が敷かれた広場があり、滑川の流れに沿って、まだ新しい木のベンチがいくつか置かれています。




写真右は『苔の庭』とホットコーヒーです。


「ラム酒が横にございますので、お好みでお使いください。」

カップの横に、スポイトのようなものに入った琥珀色の液体があります。



苔の上に真っ赤な果物のようなものが乗っていました。

たぶんこれは『やまもも』を模したものでしょう。


「『やまももてい』って読むんですね。読める人は少ないんじゃないですか?」

「はい。楊梅(やまもも)は、こちらの一条恵観が愛したフルーツなんです。」


苔の庭にスプーンを入れました。


抹茶は思ったより苦くなくマイルドです。

スポンジケーキとクリームチーズが層になったティラミスは甘くて、滑らかでした。


1/3ほど食べて、その後ラム酒をたっぷりとかけてみます。

ラム酒のメリハリのある刺激を楽しみました。


メニューの下に『パティスリー雪乃下』監修とあります。



入口で声がしました。

2組の来店が続けてあったようです。


特等席を独占しては申し訳がありません。

残ったコーヒーにミルクを入れて飲み干しました。




『一条恵観山荘』が京都・西加茂にあったときには、30000坪という広さだったそうですが、現在は800坪ほどになっています。


狭くはなっていますが、きちんと管理された庭は見事です。

あまり宣伝もしていないので、今のところは静かに季節が味わえる穴場であることは確かです。

(奥の部屋)        (抹茶ティラミス)
楊梅亭 室内2楊梅亭 抹茶ティラミス










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「かふぇ楊梅亭(やまももてい)」(カフェ)
   鎌倉市浄明寺5−1−10 一条恵観山荘内 
   電話 0467−53−7900
   営業時間 10:00〜15:30(LO15:00)
   定休日  月・火曜日のほか催事等開催事
   http://ekan-sanso.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++






< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0) 鎌倉 | 甘味処

2018年04月20日

ボンヌカフェ 御成テラス店

写真左は『ボンヌカフェ』というチョコレート店の鎌倉店です。


鎌倉駅西口から市役所に向かう道に、ちょっと変わったチョコレート店が出来たのは、一昨年の12月でした。

棒の先に付いた丸いチョコレートを牛乳に付けて食べるというスタイルは、鎌倉では初めてだと思います。


ただ、この店はテイクアウトが主体、イートインスペースも大きくありません。




チョコレート専門店の出店が相次ぐ中、このボンヌカフェが今小路に新しい店を作っているとの話は聞いていました。



『ボンヌカフェ鎌倉店』を通り過ぎ、市役所前の交差点を右折します。

この道が『今小路』です。(写真右)

(ボンヌカフェ鎌倉店)   (今小路)
ボンヌカフェ 鎌倉店ボンヌカフェ 今小路



















今小路通りをしばらく北に進むと、右側に新しい店が見えてきました。(写真左)

道に沿ったテラスには、ハンモックのような布と小さなテーブルが見えます。




入口は、店の右側にあります。(写真右)

3段ほどの階段の前に、厚手の板に手書きしたパンケーキとサンドイッチ、そしてビールのイラストがありました。


階段を上がった正面には、大きな花と鳥が描かれた大きな黒い衝立が見えます。

その前にある入口のガラス戸は開いていました。


入って右にもテーブル席がありますが、メインはその奥の部屋です。


「こんにちは。外にされますか、それとも中で?」

「店内にします。」


若い女性スタッフに案内されて、道路沿いのテーブルに座ります。

すでに3組の先客がいましたが、全員が女性でした。

(ボンヌカフェ御成テラス) (入口)
ボンヌカフェ 店頭ボンヌカフェ 入口

















座った席のすぐ前に、テラス席があります。

支柱の間には、小さなブランコのような白い布が下がっていました。(写真左)



その前に小さなテーブルもあります。

まだ、テラス席にお客さんはいません。



この時のスタッフは女性が3名、男性が1名。


女性スタッフの1人がメニューを持って来てくれます。


----------------------------------------------

Lunch time  11:00〜15:00(LO 14:30)


CACAO CHICKEN SANDWICH     1280円

EGG CAESAR OPEN SAND       1280円

本日のパスタ                     1200円

カカオで煮込んだとろとろ牛肉のポロネーゼ       1500円

CACAO OMELETTE             1480円

KAMAKURA VEGETABLE SALAD   1280円



セットのドリンクは下記よりお選びください

コーヒー/紅茶/ミルク/カカオティー/オレンジジュース/コーラ


ランチスープ        +200円

ワイン           +300円

ビール           +400円

----------------------------------------------

DRINK

本日の日替わり珈琲   500円

アイスコーヒー     550円

ホットチョコレート   600円

カカオティー      500円

紅茶          480円

カフェオレ       580円

オレンジジュース    480円

コーラ         480円

ミルク         480円

自家製レモンスカシュ  600円

クラフトビール4種   


※表示価格は税別

----------------------------------------------



まだブランチの時間です。


食事は軽くしたい。

それから『パンケーキとカカオ料理の店』とも書いてあるので、カカオ料理っぽいものを頼みたい。


そう考えると『CACAO CHICKEN SANDWICH』になるのですが、今日はこれだけが出来ないそうです。


仕方なく、カカオに縁のない『EGG CAESAR OPEN SAND』を注文しました。

そのかわりに、セットのドリンクでカカオティーを選びます。




注文を待ちながら中を見回します。

白を基調のお洒落な店内。


天井のシャンデリアからは数条の白い布がふわりと壁まで伸びています。

観葉植物がところどころに配され、壁にはエアプランツやイルミネーション。



そして気になったのが奥のベッドのような席です。(写真右)

後で聞いてみました。


「靴を脱いで上がっていただきます。ゆっくりくつろいでいただければ。」

日本で言えば、小上がりみたいなものでしょうか?


座っていると眠ってしまいそうです。

(テラスとハンモック)   (店内席)
ボンヌカフェ テラス席ボンヌカフェ ソファー?
















写真左は、ガラスボウルに入ったサラダです。

マイルドなドレッシングとシャキシャキ野菜をいただきます。




「テラス席のご利用です。」

スタッフに案内されてきたカップルがテラスに進みました。


スタッフがハンモックの紐をほどいて、男性が腰を下ろします。

思った以上に深々と沈み込んだようで、男性は徐々に姿勢を直していきました。


テーブルに向き合うまでけっこう時間がかかります。




写真右は、オープンサンドとカカオティーです。

厚切りのパンの上にベーコンと半熟卵、トマトやロメインレタス、紫キャベツの千切り、茹でたジャガイモなどが乗り、パルメザンチーズが振りかけてありました。


そして、その横にはキャロットラペの小さな山。


これも旧世代にとっては食べ方が難しいのですが、野菜とベーコン、卵などのバランスも良くボリュームもブランチには向いています。




カカオティーの色合いは茶色。

カップを近づけると、ほのかにチョコレート(カカオ)の香りがします。


甘くないので、食事と共に飲むのは悪くありません。


軽いチョコレート菓子も食べたかったのですが、ランチの時間帯は、棒の先に付いた丸いチョコレートを牛乳に付けて食べる名物『ホットスティックチョコレート』以外はないとのことで、自家製レモンスカッシュを追加しました。



ちなみに店は時間帯によって3つのパターンがあるようです。


モーニングタイム    8:00〜11:00

ランチタイム     11:00〜15:00

カフェタイム     15:00〜20:00




ネットには4月1日オープンと書かれているものもありますが、今は3月の末。

これから観光シーズンが本格化すれば、ここも混雑することになりそうです。


(サラダ)         (オープンサンド)
ボンヌカフェ サラダボンヌカフェ オープンサンド










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「BONNEL Cafe ONARI TERRACE」(パンケーキとカカオ料理のお店)
   鎌倉市御成町13−20 1F
   電話 0467−37−5069
   営業時間 モーニングタイム  8:00〜11:00
        ランチタイム   11:00〜15:00
        ランチタイム   15:00〜20:00
   定休日  月曜日
   https://www.facebook.com/Bonnel.Onari/

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(1) 鎌倉 | カフェ

2018年04月11日

Mimoza(ミモザ)

写真左は由比ガ浜通りです。

歩いていると、見かけない店がありました。

店の前の黒板には『Mimoza イベリコ豚とデリのお店』と書かれています。



そして、ガラスには

------------------------------

2階にオムツ換え授乳スペースあります。

お気軽にご利用ください!

------------------------------



何の店でしょう?

店内にはショーケースも見えますが、暗いのでよくわかりません。(写真右)

※写真は帰りに撮ったものなので開いています。


覗いていると、奥から若い女性が現れてガラス戸を開けました。

「お惣菜の店です。よろしかったら中でも食べられますので。」


少し開店時間には早かったのですが、このスタッフがシェフに確認してくれました。


シェフからは大丈夫と返事。

通りかかっただけですが、流れに乗って入ることにしました。

(由比ヶ浜通り)      (ミモザ店頭)
ミモザ 由比ヶ浜通りミモザ 店頭
















写真左は、一番前にあるショーケースです。

キャロットラペ、タコのサルピコン、カポナータ、ナスとズッキーニのアンチョビマリネ、パテ・ド・カンパーニュ、シシャモのコンフィ、三浦野菜のマリネ、イベリコ豚のロースト、ローストビーフ、きんぴらごぼう等々。


イタリアンもありますが、そのほかの国の料理、そしてきんぴらごぼうは完全に日本のものです。




ショーケースの右側には、奥に向かってソファーなどが並んでしました。

4人席が3つ奥に続き、その左側にも2〜3人が座れる席があります。


思ったより広い!


どちらでもとのことで、一番奥の席に座りました。

(惣菜ショーケース)    (店内)
ミモザ 惣菜ミモザ 店内

















写真左は、スタッフが持ってきてくれたメニューです。


-------------------------------------

Lunch Menu


・お肉のランチ          1200円

・パスタのランチ         1100円

・サラダのランチ          950円

※プラス150円でドリンクおつけすることができます

コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ウーロン茶


☆ランチビール    300円


-------------------------------------


「お肉のランチは美桜鶏のカツになります。あとプラス300円で牛ハラミのソテー
に出来ます。パスタはラグーのパスタ、ポロネーゼですね。」

「美桜どり?」



「南アルプスで育てられたブランド鶏です。」

キッチンのシェフから声が掛かかりました。


これとランチビールを頼みました。



シェフも気さくな人だったので話をしながら料理を待ちます。

「イタリアンなんですか?」

「そういうメニューが多いんですが、特にイタリアンと言うことはありません。」


シェフは藤沢在住ですが、東京のレストランに勤めていたとのことです。

そして、この店は惣菜の店なのですが、近所に保育園などもあるので、お母さんたちが集まりやすいように店内に席を設けたという話でした。




ランチビールそして3種類の前菜が運ばれます。(写真右)

キャロットラペや酢漬けと共に梅キュウリもありました。


たしかにイタリアンにこだわっていないようです。

(メニュー表)       (前菜)
ミモザ メニューミモザ 前菜















前菜に続いてサラダとスープがきます。

その後もシェフと世間話をしながら食べたり飲んだりが続きます。



シェフの出身は長野の野沢温泉。

野沢温泉はスキーでも有名です。


シェフはスキーの選手でもあったそうです。

実家はゲレンデの食堂、料理や接客は自然に身に付いたとのことでした。





メインのランチが来た時にはビールは空になっていました。


「ビール、お替りされますか?」

スタッフの女性にニッコリ勧められて、ランチビールを追加しました。



メイン料理は、身の厚い大きなチキンカツが3切れ。

周りにサイコロ状のトマト、バジルソースもかかっています。


柔らかくてジューシー、そしてコクのあるチキンカツです。


「衣に何か入れてるんですか?」

「衣には何も入ってません。ちょっとチーズはまぶしていますが。」


食べ終わった時にはお替りしたビールもなくなっていました。



最後にランチドリンクセットのコーヒーを頼んで食事を終わります。


会計は、お肉のランチとランチビールが2杯、それにコーヒーで2106円でした。


ちょっと外からは目立ちませんが、とてもアットホームな店です。


まだ3月8日にオープンしたばかり。

今後も多少の変化があるかもしれません。

(サラダ&スープ)     (チキンカツ)
ミモザ サラダ&スープミモザ チキンカツ









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ヶ浜「Mimoza(ミモザ)」(惣菜とイタリアン?)
   鎌倉市由比ヶ浜3−11−47
   電話 0467−37−5069
   営業時間 火〜土 11:00〜21:00
        日   11:00〜16:00
   定休日  月曜日
   
++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 09:00|PermalinkComments(0) 鎌倉 | 惣菜料理

2018年04月04日

KAMAKURA GARAGE

江ノ電長谷駅を降りた観光客のほとんどが改札を降りて長谷寺、大仏方面に進みます。

踏切を渡って海側に行く人は多くなるのは、成就院が賑わうアジサイの時期くらいでしょうか。



今回の店『KAMAKURA GARAGE』は、駅から1分もかからない場所にあります。

ここは2階ということもありますが、何度か店が入れ替わっていました。


『KAMAKURA GARAGE』という看板を見てから少し時間が経っていましたが、どうやらオープンしたようです。



写真左は、長谷駅から踏切方向を撮ったものです。

この道の先は長谷の海になります。


今日は曇り空、ときどき小雨が降る天気です。




少し進むと左側に、いくつかの飲食店が入る小さなビルがありました。

写真左は建物全体を写したものです。


向かって左側が『BASIC』右側が『かわいい娘たち』になります。



『KAMAKURA GARAGE』は2階。

右側の階段が上り口、やはり1階の店と比べると目立ちません。

(長谷駅踏切)       (建物)
ガレージ 踏切ガレージ 建物

















写真右は建物の向こう側にある袖看板。

この建物にある店が書かれています。


建物の方に寄っていきました。



写真メニューの置かれたテーブルの背に『OPEN』とありました。

写真を包むビニールには水滴が付いています。



階段の前の鉄の扉にも『OPEN』の札が掛かっていました。

店が開いていないときは、この扉も閉じられています。




店の前にあるメニューを見ました。

-------------------------------

PASTA LAUNCH


11:00〜14:00

ランチタイムもディナーメニューを提供できます
尚、11:00〜22:00まで通し営業しています。



MENU

鎌倉野菜サラダ

しらすとチンゲン菜のペペロンチーノ

  or

挽肉とナスのポロネーゼ
  
  or

鎌倉産ベーコンとほうれん草のクリームパスタ


      税込 1000円



美味しい樽生ビール8種ご用意しておりますので
お昼から1杯いかがですか

-------------------------------


店名は『KAMAKURA GARAGE』としか書いてありませんが、パスタランチがあるところを見るとイタリアンなのでしょうか?

(そで看板)        (2階への入口)
ガレージ 看板ガレージ 入口
















階段を上がって店に入りました。


「カウンター、テーブルどちらでもお好きな方で。」


入って右がテーブル席とテラス席、左はカウンター席と分かれています。



テーブル席の奥には、カップルに見える若い男女が見えました。


写真左は、今回選んだカウンター席からテーブル席のある空間を写したものです。

以前、ハンバーガーの店だった時にも来ているのですが、基本的なレイアウトは変わっていません。




カウンター席に座って最初に目につくのは、太い金属のパイプとそこに付いた8つのレバーです。(写真右)


クラフトビールが8種類用意されていました。


------------------------------------------

ハートランド   

ブルームーン 

スワミーズIPA  

ポントセッショナブルIPA 

ブレイジングワールド

レッドトロリー       

ブラックハウス       

ドライブオンウィズ甲州   

------------------------------------------


ビールのほかにもこの店の看板ドリンク?があります。

カリフォルニアワインを中心としたワインの品揃えです。


「オーナーはソムリエなんです。」


最初に対応してくれたスタッフが教えてくれました。




先ほど見たパスタランチでもいいのですが、昼の時間帯でもアラカルトも用意されていました。


----------------------------------------

FRIED/HOT

季節のキッシュ
しらすと生のり    780円

フライドポテト(スパイラルカット)  660円

ハラペーニョのナチョス  500円

バッファローウィング  780円

唐揚げ   680円


MAIN DISH

豚ばら肉のホワイトビール煮込み   980円

豚肩ロースのコンフィ        980円

牛フィレステーキ         1980円

----------------------------------------



この中から『豚ばら肉のホワイトビール煮込み』を選びました。


ランチメニューとは違って、イタリアンっぽくないメニューも多くなってきます。


シェフはイタリアンの出身ですが、この店のコンセプトは『アメリカ西海岸のビールとワイン』とのことでした。



これに合うビールを聞くと『ホワイトビール煮込』にも使われている『ブルームーン』がいいのではとの答えです。

『ブルームーン』を頼みます。



しばらくすると、奥で話していたカップルの男性が立ち上がってこちらに向かってきました。


この人がオーナーでした。

カップルではなく商談をしていたようです。





今のところ、ビールを注げるのはオーナーだけ。
 
見ていると、グラスから白い泡が溢れてきました。

(店内)          (ビールサーバー)
ガレージ ゼロガレージ ビールサーバー















出てきたグラスには『BLUE MOON』と書かれていました。

口当たりは柔らかですが、フルーティで香り高いアメリカのビールです。



そして、写真右が『豚ばら肉のホワイトビール煮込み』

深い器の中、小さな玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン、インゲンなどの真ん中に、ゴロンと大きなバラ肉の塊がありました。


ナイフで切るまでもなく、フォークで十分に対処出来る柔らかさです。

とろとろのバラ肉の脂もビール煮なのでさっぱりと味わえました。



西海岸の味を楽しんでいると『BLUE MOON』が底をついてきます。

仕方なくビールを追加しました。(笑)



今度はメニューの最初に載っている『ハートランド』

どこの店でも見かける日本のビールです。



しかし説明書きを見ると、

-------------------------------------

KamakuraGARAGEにきたらまずはこれ!
他では味わえない最高の1杯をお試しください。

-------------------------------------



これはまた違ったグラスで出てきました。

「普段飲んでるハートランドと比べてください。」と言われましたが、さて普段のハートランドはどんな味だったか?


比べることは出来ませんでしたが、出てきたビールはシンプルで飲みやすい爽やかな味でした。



スタッフもみな気さくで、いい雰囲気の店です。

さて、次回はワインにしましょうか?ビールにしましょうか?

(ブルームーン)      (豚肉のホワイトビール煮) 
ガレージ クラフトビール2ガレージ 柔らか煮









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「KAMAKURA GARAGE」(アメリカ西海岸のビールとワイン)
   鎌倉市長谷2−17−6 2F
   電話 0467−40−5882
   営業時間 11:00〜21:00
   定休日  不定休(現在)今後火曜日?
   https://www.facebook.com/KamakuraGARAGE/
   
++++++++++++++++++++++++++++++++++










< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>







chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0) 鎌倉 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい