2018年11月

2018年11月28日

イルノード

以前、鎌倉六弥太のタドコロさんから教えてもらった店の1つが今回の店。

イタリアンの店で、場所は小町とのことです。


地図で調べてみると小町通りから路地を入ったカフェ『ゼルコバ』の奥のようです。


店名は『イルノード』

この店に行こうと思ったのですが、新店ながらけっこう評価が高い。



駅からは近いのですが、満席で無駄足になるのも嫌だったので、とりあえずアイパッドを開けてみます。

フェイスブックに混雑状況が載っていました。

--------------------------
ランチ △ ディナー ◎
--------------------------



店に電話してみると大丈夫という返事です。

写真左は小町通り、せんべいの壱番屋の手前の路地になります。


ここを左折し、中華の二楽荘を過ぎました。


次にちょっとわかりづらい路地を右折します。(写真右)

路地の先、電柱の先に見えるのは『ゼルコバ』というカフェになります。

(小町通りから)      (イルノード路地)
イルノード 15 小町通りからイルノード 15 路地

















ゼルコバの前を通って奥に進みます。

前方に案内が出ていました。(写真左)



黒地に金色の文字で『くすの木』

その下に、白い看板が3つ。


『Nico』『Comacina』そして『il Node』とありました。



『Comacina』は、以前小町通りにあったイタリアンで、こちらに移っています。


今回の『イルノード』はその上になります。

1階、2階ともイタリアンというのも、あまり見かけないパターンです。




手前のゆるくらせん状になった階段を上っていきました。




路地の先の路地にあって、しかも2階という立地。

目立つ案内もないので、通りすがりに入るお客さんはほとんどいないでしょう。



階段を上がってすぐに店はありました。

店の前にはメニューが出ています。



中に入ります。

奥に伸びる店の左がキッチンとカウンター席、右がテーブル席になっていました。(写真右)

どちらも6席、合わせて12席のこじんまりとした空間です。


板張りの床と広めの木のカウンター、黒っぽい椅子が落着いた雰囲気を作っていました。

(看板&螺旋階段)     (店内から)
イルノード 階段 15イルノード 15 店内















カウンターの一番奥に座ります。

店はオーナーシェフが1人でやっていました。




シェフがくれたメニューです。


--------------------------------------


PRANZO

CROSO A     2400円


『朝摘み鎌倉野菜のスペシャルサラダ』

『鎌倉.逗子の大地.海より 前菜盛合わせ』

本日のパスタ 下記よりお選びください

・もんざ丸さんの釜揚げシラスとメカブ、葉大根のペペロンチーノ
・小坪漁港より サバと白菜のトマトソース 香草パン粉

『本日の自家製デザート』

『群馬県の小麦使用・自家製フォカッチャ』

『食後のお飲み物、お選びください
・MUI(旧もとえ珈琲)のおまかせ焙煎コーヒー
・福岡県奥八女・原島さんのほうじ茶(冷)



--------------------------------------


『CROSO B』は『CROSO A』に『本日の国産肉料理と旬の鎌倉野菜』が付いたものでした。

ちなみに『CROSO B』の価格は3300円になります。



シェフの思いがメニューを見ただけで伝わってきました。

けっこうボリュームもあるとのことで『CROSO A』を注文します。



ドリンクは白のランチワインを頼みました。

銘柄は『ルビコーネ ビアンコ トレッビアーノ』です。
 




フルーティーなワインを飲んでいるとサラダが出てきました。


「20種類の野菜入っています。生のもの、茹でたもの、炙ったもの、ピクルスなど調理を変えてあります。ピュレはレタス、人参、カブの3種類が入っていますので、混ぜて召し上がってください。」


何だかとても手が込んでいます。

ドレッシングは『玉ねぎベースで、発酵させた』ものだそうです。



混ぜて食べてくださいとのことなので、20種の野菜を混ぜていきます。

野菜はレタス、人参、サツマイモ、カブ、水菜、ラデッシュなどなど。


マイルドで爽やかなサラダです。


鎌倉で有機無農薬野菜を作っている『HALSA 渡辺農園』を中心に、レンバイなどの野菜を使っているとのことでした。





店名の『IL NODO』の『NODO』は結び目の意味。

生産者やお客さん結んで、鎌倉を盛り上げていくために出身地である鎌倉に開業したそうです。




写真右が前菜です。

石鯛、鰺、鰆、そしてカサゴ。

黒いプレートに、それぞれ違ったアレンジの4種類の魚が乗っています。


クスクスサラダの上には炙った石鯛。

小松菜のピュレ、ボイル、グリルの小松菜シリーズの中には鰆が入っていました。



カサゴは人参葉のフリット、ニンジンのサラダ、人参のピュレなど人参づくしと共にあります。

ヒジキが合わせてあるのは鰺でした。


インスタ映えしそうな美しさと和食のような繊細な味わい。

細かい気配りを感じる前菜です。

(サラダ)         (前菜)
イルノード 15 サラダイルノード 15 前菜






















自家製のフォカッチャを挟んでパスタが出てきました。(写真左)


「小さなサバが獲れるんですが味が淡泊なんで、ほぐして少しアンチョビを加えてあります。」


細めのパスタはこのサバと白菜、そしてトマトソースが絡めてあります。

上に掛かっているのは香草パン粉とのことでした。


トマトの爽やかな酸味とサバのコク。

このパスタも旨い!!






「食後の飲み物はコーヒーとほうじ茶がありますが。」


コーヒーは『Mui(旧もとえ珈琲) 』というところからの取り寄せ。

ほうじ茶は奥八女のほうじ茶とあります。



イタリアンには珍しいほうじ茶にしてみました。





ドルチェは3種類。(写真右)

林檎のタルトと今が旬のサツマイモが入ったパンナコッタ、そしてナッツの入ったセミフレッドです。


ドルチェもすべてボーノ!!でした。


冷たい奥八女のほうじ茶は、すうっとした清涼感があり、爽やかな余韻が残ります。




もう1組、中年の女性3人が入店しました。

こちらはカウンター席で十分シェフを独占したので、そろそろ帰ることにします。



「ごちそうさまでした。本当に美味しかった。」

「有難うございます。また、是非お越しください。」

「ショップカードをもらえますか?」


シェフがショップカードをくれます。


表は大きな字で『松井昭憲』とだけ書いてありました。



サラダからドルチェ、飲み物まで神経が行き届いたコースです。

シェフの対応可能な人数しか入れないので、入店すればゆったりと過ごせます。


駅からも近い隠れ家レストランですが、出来れば予約の取れないイタリアンになってほしくないと思いました。

(パスタ)          (ドルチェ)
イルノード 15 パスタイルノード 15 デザート










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「イタリアンレストラン イルノード」(イタリアン )
  電話 0467−38−8296
  住所 鎌倉市小町2−6−12 くすの木443 2階3号
  営業時間 LUNCH  11:30〜14:00(LO)
       DINNER 18:00〜22:00(LO)
  定休日  月曜日/火曜日(ランチのみ)

++++++++++++++++++++++++++++++++++









< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(4) 鎌倉 | イタリア料理

2018年11月21日

Salon de Kurumicco

一時は品不足で売切れが続いたり、インターネットで転売されたりしていた『クルミッコ』という菓子があります。

販売しているのが『紅谷(べにや)』という鎌倉の老舗です。




本店は若宮大路の東側、鶴岡八幡宮のすぐ近くにあります。

写真左は鎌倉駅前のロータリー、朝の雨がようやく上がったばかりで空の雲が切れかかかっていました。


台風による塩害ですっかり葉の落ちてしまった桜並木の段葛を歩きます。(写真)


やがて、右側(東側)にダークグレーのビルが見えてきました。
(奥の前に車の止まっているビルです)

(鎌倉駅前広場)      (若宮大路から)
クルミッコ 駅前広場クルミッコ 若宮大路とクルミッコ



















このビルにある『鎌倉 紅谷』がすっかりきれいに生まれ変わっていました。(写真左)


入口の上の店名も『鎌倉 紅谷』から『KAMAKURA BENIYA』となってリスのキャラクターも付いています。






以前の『紅谷』は紅い暖簾がかかって老舗の雰囲気がありました。

ただ、少し暗めで地味だった記憶があります。


リニューアルされ店明るくなった『BENIYA』はスッキリと中が見通せました。

シックな小さめのレンガが壁や柱、そしてショーケースの基調になっているのがわかります。






中に入ってみました。


一階はお菓子の販売スペース。(写真右)

10人ほどのお客さんが商品を選んでいます。



ごらんのように、商品も整然と並んでいました。

(クルミッコ店頭)     (クルミッコ1階)
クルミッコ 店頭クルミッコ 1階

















店の一番奥に扉が見えます。


その横にクリスタルの案内板。

『Salon de Kurumicco 1018.10.29 NEW OPEN』とありました。

扉にある『TOUCH』の小さな文字を見つけます。


ちょっとわくわくするようなエントランスです。



扉が開きました。


ただ、その先にサプライズはありません。

シンプルな普通の階段があるだけです。

----------------------------------------------
2階カフェ『Salon de Kurumicco』入口
カフェのお客様は階段よりお上がりください。
----------------------------------------------



狭い階段を上がり切ると、視界が開けます。

ここにまた別な世界がありました。


1階にもあった小さなレンガで囲まれたキッチンと、真新しい木のテーブル席が平行して若宮大路に向かって伸びています。



写真右は、テーブル席の横にあったガラスの装飾です。

後ろの照明にぼんやりと浮かんでいるのは、キャラクターのリスの親子。

スタッフに聞いたのですが、以前のリスのデザインとは、ちょっとだけ違っているそうです。



キッチンは途中で途切れ、そこから同じテーブル席が置かれていました。

そのキッチン横のテーブルに座ります。


※店全体の写真はお客さんがいたので撮れませんでした。

(サロンへのドア)     (壁のガラス)
クルミッコ サロンへのドアクルミッコ 壁のガラス



















スタッフが三つ折りの写真入りメニューをくれます。

まず最初に目に飛び込んでくるのが、店名の『Salon de Kurumicco』が付いた豪華な盛合わせ、これは予約制で2500円です。


おいしそうですが、これは個人にはちょっと多すぎです。


以下 単品のメニューです。

・モンブラン ユニーク   870円(税込 940円) 
・フロマージュ 浮島    850円(税込 918円) 
・デセール・クルミッ子   850円(税込 918円)
・クルミッ子・パフェ   1000円(税込1080円) 
・シーズナル・パフェ   1000円(税込1080円) 


そのほか、フランス・ヴァローナ社の高級チョコレートを贅沢に使ったホットチョコレートや、フォンド アン ショコラなどもありました。


「飲み物とのセットはないんですか?」

「申し訳ありません。別途、ご注文いただくようになっています。」


ドリンク類はコーヒー、紅茶、日本茶が用意されています。


『フロマージュ 浮島』と『ゴールデンダージリン』を注文しました。




スタッフがクルミッ子を1つ持ってきます。

「このレンガは多治見焼で、1つがこのクルミッ子と同じ大きさになっています。」


写真左が、『クルミッ子』と多治見焼のレンガの比較です。


この『クルミッ子』はその後スタッフに回収されました。(笑)


そして店のレンガのどこかには、このリスが描かれたピースもあるとのことでした。






ポットに入った紅茶と白い皿に乗った『フロマージュ 浮島』が運ばれました。


注文していないものが付いています。

「こちらはプティフールになります。お好みでクルミッ子にも使われているキャラメルソースをつけて召し上がってください。」


小さなグラスに細長いパイ菓子、グラスの底に砕いたクルミが敷かれていました。


『フロマージュ 浮島』の上に乗っているのは刻んだクルミッ子。

横に置かれたナイフとフォークで切り分けます。



ケーキの向こうにリスの形の小さな焼き菓子を見つけました。

クリームチーズとヨーグルトのほかに白餡も入っているので、ふんわりとした中にしっとりとした和の味も感じます。




パイ菓子にキャラメルソースを付けます。

小さいながらに、サクッとした食感とバターの風味、クラッシュしたクルミのつぶ感を楽しみます。






最後に残った紅茶を飲んで席を立ちました。


会計を終えて階段を下りていきます。

木のドアが開くとクルミッ子のテーマパークを出たような気分になりました。


若干高価格の設定ですが、あちこちにインスタスポットがあるカフェです。

少しずつメディアにも載り始めたので、行くなら早めの方が・・・・。

(レンガとクルミッコ)   (ケーキと紅茶)
クルミッコ 多治見クルミッコ ケーキと紅茶










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「Salon de Kurumicco (サロン ド クルミッ子)」(スイーツ カフェ )
   電話 0120−36−9635
   住所 鎌倉市雪ノ下1−12−4 紅谷八幡宮前本店2階
   営業時間 平日  9:30〜17:00
        土日祝 9:30〜17:30
   定休日  年中無休
   https://www.beniya-ajisai.co.jp/sdk/

++++++++++++++++++++++++++++++++++















< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0) 鎌倉 | カフェ

2018年11月14日

ToBoRu Coffee(トボルコーヒー)

カフェ激戦地の長谷にまた新しい店が出来たと聞きました。

最近の傾向は海側のエリアが多かったのですが、今度は長谷の中心地だそうです。


写真左は長谷駅の改札です。

秋の観光シーズンですが、今日は思ったより混んではいないようです。


改札を出て、長谷観音・大仏方面に進みます。


これが長谷の一番ポピュラーな観光コースです。

(長谷駅)         (駅前)
トボルコーヒー 長谷駅トボルコーヒー 駅前


















まもなく、大きな交差点に差しかかりました。

直進すれば大仏、右折すれば由比ガ浜通り、そして写真左は長谷観音に向かう道になります。




今回の店『ToBoRu Coffee』は、ほぼこの『長谷観音』の交差点に面していました。

右の写真は交差点から由比ガ浜通りを写したものですが、この写真にすでに店の一部が写っています。



こんな中心にカフェが出来ていたのに気がつきませんでした。

※ちなみに左の写真の中で『ToBoRu Coffee』は右側のタイルの建物です。
ちらっとメニュー看板も見えています。

(長谷観音前)       (由比ガ浜通り)
トボルコーヒー 観音トボルコーヒー 由比ガ浜通り


















写真左が『ToBoRu Coffee』を正面から見たところです。

全体的にモノトーンの落着いた雰囲気です。



店の前のイーゼルにメニューが出ていました。


ケーキセット  926円(税込み1000円)


とあります。



聞いたところではここはケーキにも力を入れているようです。


このセットにしようかと思って店に入りました。





入ってすぐにレジがあります。


中には男・女2人のスタッフ、最初に注文するシステムのようです。




ケーキはショーケースにありました。(写真左)


・ベイクドチーズケーキ     480円
・NYチーズ          480円
・コーヒーチーズケーキ     430円
・シャインマスカットのタルト  600円
・和栗モンブラン


チーズケーキの品揃えが多いようですが、女性スタッフに聞いてみます。



「何がおすすめですか?」

「そうですね。NYチーズケーキが人気ですね。」


よく見ると、ショーケースのガラス面に『人気No1』と書かれていました。



これを頼みます。


そしてコーヒーのメニューを見ました。



---------------------------------------------------------


ToBoRu BLEND(中煎り)     550円

ToBoRu BLEND(深煎り)     550円


季節のおすすめ シングルオリジン

・ルワンダ(ガスーラ)           600円

・エチオピア(ウォテ ナチュラル)     600円
 
・ケニア(ガクイファクトリー)       600円


・アイスコーヒー              600円

・コーヒーフロート             680円


ESPESSO

・カフェラテ                600円

・カプチーノ                580円

・カフェモカ                680円

・アメリカーノ               530円


---------------------------------------------------------

そのほかのソフトドリンクもあります。




ケーキは自家製で、すべてコーヒーに合うように作っているとのことでしたが、あえてNYチーズケーキに合うコーヒーを聞いてみました。


スタッフのアドバイスで、シングルオリジンの中煎りのケニアにします。

(トボルコーヒー店)    (ショーケース)
トボルコーヒー 店頭トボルコーヒー ケース



















店にを入ったところにもテーブルが1つありますが、その奥のスペースもありました。

狭い通路の奥に向かいます。


白い壁に沿っては6つの椅子とカウンター席。(写真左)

カウンター席の反対側には木のテーブルが3つ並んでいます。




一番奥のテーブルに席を取りました。

観光地長谷の中心にいるとは思えないほど静かな雰囲気です。





まもなくコーヒーとケーキが運ばれました。(写真右)


シンプルなNYチーズケーキですが、ふんわりとしたクリームの中からはいろいろな味が
飛び出してきます。


コーヒーにはグラニュー糖をスプーンの1/3ほど入れてみました。

フルーティーで飲みやすいコーヒーです。


ちなみにここのコーヒー豆は、コーヒー通には知られた千歳船橋の『堀口珈琲』の豆だそうです。



ウナギの寝床のような細長い店の奥で一時間近く、長居をしてしまいました。

ゆっくり時を過ごしたので帰ることにします。


会計は済んでいるので、レジで挨拶して外へ出ました。



長谷の中心の穴場カフェです。

これからのピーク時はそうもいかないかもしれませんが・・・・・。

(店内)          (コーヒー&ケーキ)
トボルコーヒー 店内トボルコーヒー コーヒー









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「ToBoRu Coffee(トボルコーヒー)」(カフェ)
   電話 0467−37−5334
   住所 鎌倉市長谷2−13−37
   営業時間 平日  12:30〜18:00
        土日祝 10:00〜18:00
   定休日  毎週月曜日
   https://toboru-coffee-cafe.business.site/

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0) 鎌倉 | カフェ

2018年11月07日

フォーラスカル

横須賀線ガードの近くに『フォー』の店が出来たと聞きました。

新規オープンと言っても、初めて店を開くわけではなく、大磯にあった有名店『アジア食堂 ラスカル』が『フォー』に絞った店を作ったようです。


その後店の前を通ったのですが、満席で入ることは出来ません。



調べてみると、この店のオープンは11時。

開店時間に行けば入れるのではないかと思って早めに行ってみました。


写真左は若宮大路、向こうに見える横須賀線の高架を目指して歩いていきます。



まもなく左に鎌倉野菜の『レンバイ』が見えてきました。(写真右)

今回の店『フォー ラスカル』はレンバイの先にあります。

(若宮大路)         (レンバイ付近)
ラスカル 若宮大路ラスカル レンバイ















少し早く着き過ぎてしまったので、すぐ近くのレンバイを覗いてみることにしました。

野菜販売所だったレンバイも、最近は鎌倉野菜以外にパンやシフォン、スモークチーズや総菜の店なども出来て賑わっています。



写真左は『フォー ラスカル』の建物です。

着いたときに撮ったものなので、閑散としていますが、そろそろと思って、もう一度訪れた時には、店の前に10人ほどの人が並んでいました。



ガラス越しに見える席はそれほど多くはないようです。(写真右)


行列を避けるのがこのメルマガの信条なのですが、今並べば何とか初回で入店出来そうです。


数十秒の葛藤の末?・・・・並んでしまいました。






店内でスタッフが忙しく動き回っています。

開店時間を数分過ぎて店が開きました。


女性のスタッフが入店者を順に席に振り分けていきます。

(ラスカルの建物)     (店頭)
ラスカル 店ラスカル 店前
















テーブル席は道に面した8席と奥の8席の計16席。


運よく奥の席に案内されました。

どうやら並んでいた全員が座れたようです。



写真右は座った席から外を写したものです。

奥に横須賀線の高架、手前の車は若宮大路から逗子方面に向かっています。


手前は店内の棚です。

たくさん積んである赤い袋は、フォーの乾麺の袋のようです。







席に座って一息つきます。

周囲をざっと見まわすと全員が女性客でした。



女性スタッフが入店順に注文を取っていきます。

そのたびに、こちらに視線が注がれました。


理由は、この席の斜め後ろに大きな短冊状のメニューがあるからです。(写真右)


----------------------------------------

TODAY’S MENU

・チキンのフォー    850円

・ベジタブルフォー   850円

・白身魚とゴマのフォー 950円

・カオソーイ(ラオスの汁ビーフン)900円

・ベトナムスペアリブごはん    900円      


SIDE MENU

・煮玉子とコリアンダー 150円

・海南カツオのたたき  600円

・沖縄塩豚       600円

・オイルさんまベトナム風750円

DRINK

・ハートランドビール  700円

・ワイン(赤、白360ml)1300円

・つかれ酢ハイ     600円

・自家製ジンジャーエール600円

・すだちソーダ     600円

・オーガニックグレープ フルーツジュース
            500円


Enjoy your meal!!

----------------------------------------

(店内の棚)        (店内メニュー)
ラスカル 店内1ラスカル 店内のメニュー
















注文の度に注目を浴びる、居心地の悪い時間の終わりに近くなって、スタッフこちらにもやってきました。

一番上にあったチキンのフォーとハートランドを注文します。



注文が一巡すると、店内は話し声が徐々に賑やかになってきました。





先にビールが運ばれたので、こちらはビールを飲みながらただひたすらに待つことにします。(写真左)



開店前に並んだ人たちは全員入店しましたが、また次のお客さんが新しく並び始めました。



まだ開店から1ケ月でこの状況です。

行ったことはありませんでしたが、大磯では相当な人気店であったことが窺えます。





そしてチキンのフォーがきました。


まず澄み切ったスープに目を奪われます。

透明度が高いスープに同化するような半透明の麺。



白い鶏肉はスライスされたものと塊状のものがありました。


その上にパクチー、刻んだ葱とフライドオニオン?もスープに浮かんでいます。

まず丼の縁に挟んであるライムを絞りました。


パクチーは得意な食材ではないのですが、このスッキリしたスープと麺には不思議と合っています。


途中でテーブルにあったナンプラーとチリソースを少し入れてみました。


辛さと旨みでちょっと味がちょっと変化します。



ラーメンの時はスープを飲まないことにしているのですが、このスープはヘルシーなイメージ。

銀色のレンゲで掬い揚げていって、もう丼にはほとんど残ってはいません。



少しずつ帰るお客さんと入れ替わりに外に並んでいたお客さんが入ってきて、第2陣の入店待ちもいなくなりました。





帰り際に横のメニューをもう一度見てみます。


カオソーイ(ラオスの汁ビーフン)とサイドメニューに心が残ります。

雨の日にでも来れば、あるいは行列に並ばずにすむかもしれません。

(ハートランド)      (チキンのフォー)
ラスカル ハートランドラスカル チキンのフォー










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「フォー ラスカル (Pho RASCAL)」(ベトナム料理 )
   電話 0467−25−1238
   住所 鎌倉市小町1−15−5
   営業時間 11:00〜17:00
   定休日  毎週月曜日、第1・3日曜日
   https://www.instagram.com/oiso_rascal/

++++++++++++++++++++++++++++++++++









< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00|PermalinkComments(4) 鎌倉 | ベトナム料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい