2015年02月04日

Cafe b

情報に疎いので気がつかなかったのですが、西御門の奥に知る人ぞ知る隠れ家カフェがあるそうです。

横浜国大附属小・中学校のグラウンドの向こうにあるというのですが、その辺りには目立つ観光スポットはありません。




鶴岡八幡宮の流鏑馬道を東へ抜けます。

写真左が横浜国大附属小・中学校の正門です。


地図によれば、この門の先の山の方角なのですが・・・・。



ただ、このご時世です。

校内に入ることは出来ませんので、ぐるりと校庭の外を廻っていくことにします。



写真右は『西御門』の地名の由来が書かれた石碑です。

鎌倉幕府(大蔵幕府)の西門があったことから、『西御門』と名づけられたと書かれています。

(国大附属小中校門)    (西御門の石碑)
Cafe b(ビー) 附属小校門Cafe b(ビー) 西御門石碑
















校庭のフェンスに沿って路地に入ります。


少し先に『Cofe』と書かれた看板が見えました。

その下に、湯気の立ったコーヒーカップと『b』の文字のある看板もあります。




看板に向かって歩いていきます。

近づくと下の方に『迷い込んだのも何かのご縁・・・』などという文句も見えました。


その先には『この先行き止まり』と書かれた案内もあります。


なるほど、迷い込む人も珍しくないのだと納得するようなロケーションです。




入口は看板から数メートル先の門になります。(写真右)

メニューなどもあり、向こうからは確認出来なかった『営業中』の札も見つけました。


階段を上がっていきます。

(Cafe b店)   (門と階段)
Cafe b(ビー) 店Cafe b(ビー) 門

















左側にレジ、テーブルは2人掛けのものが4つ並び、その先の窓に向かってカウンター席が3つ。

窓の外には、パラソルのあるテラス席もありました。




ロッジ風の店内は落ち着いた雰囲気です。


「いらっしゃいませ。」

「もうやってますか?」

「はい。」


カウンター席と接するテーブルに席を取りました。

ここはキッチンと向かう形になります。


スタッフは上品な年配の女性が1人だけ。

メニューを持って来てくれました。


--------------------------------------------------


今日のごはんセット(サラダ、お好きなドリンク付き)

煮込みハンバーグ デミグラス+トマトで煮込んだソースで    900円

とろけるチーズの焼カレー たっぷり野菜をトッピング     1000円

オマール海老ソースのリゾット お正月特別メニュー      1100円

★おすすめ!!お得なデザート付き
        プラス300円デザート(今日のおやつ)がセットできます。

今日のおやつセット(お好きなドリンク付き)

おしるこ                           700円
焼もち入り・・・コーヒーとの意外な相性も楽しんでください 単品500円

クリームみつ豆もあります

安納芋のスイートポテト                    700円
本場種子島産 安納芋をやき芋にして・・・・


単品メニュー
フレッシュ緑のビタミンスムージー               500円

--------------------------------------------------




『煮込みハンバーグ』を注文します。

『ごはんセット』にはドリンクも付くそうなのでコーヒーを頼みました。



「小町通りにも『カフェ ビー』という店がありますよね。」

「そうらしいですね。でもあちらは蜂の『bee』で、うちは一文字の『b』になります。」


相互の関連はないとのことです。




店名の『b』には3つの意味があるそうです。


1つは『ビートルズ』です。

店内に流れているのは、もちろんビートルズナンバーで、写真などもありました。


2つ目は『ベースボール』

今はやっていませんが、息子さんが社会人野球をやっていたとのことです。
窓際にはバットも置いてありました。



最後のbはビーズの『b』でした。

「この店を開く前に御成町でビーズの店をやってたんですよ。」


ビーズの販売はこの場所で現在もやっているそうです。

(室内からドアを)     (テラスから)
Cafe b(ビー) 室内入口Cafe b(ビー) テラスから
















煮込みハンバーグが出来上がりました。(写真左)


たっぷりのソースがかかり、レンコンやカブなどの野菜とポテトサラダも付いています。


デミグラス+トマトで煮込んだソースとあるので、こってりとしたものを想像していましたが、一口食べてみると意外にさっぱりとした薄味でした。


「あまり濃くなくていいですね。」

「有難うございます。私が濃いのが好きではないので。」


以前はもっと山の方に住んでいたとのことで、店を開くためにこの建物を建てたとのことです。


「新しく建てた建物にしては落ち着いていますいますよね。」

「新しいピカピカとしたものはちょっと。古材などを使って少し古い感じを出しています。」



コーヒーはサイフォンで淹れています。


「300円でデザートも付きますがいかがですか?」

「何がありましたっけ?」

「おしることクリームみつ豆、それから安納芋のスイートポテトですが。」


スイートポテトを追加しました。


「甘い安納芋を一度焼芋にしてから作っています。皮まで食べられますので、もしよろしければ。」



スプーンで柔らかいポテトを掬います。

上に乗ったカラメルでコーティングしたアップルが仄かに香りました。


「おいしいですね。これは定番ですか?」

「保存が出来ないので2月頃までです。」


デザートも季節によって変わるようです。


コーヒーはお替りできるとのことで、もう一杯淹れてもらいました。



途中で息子さんが帰ってきます。

本来、コーヒーは息子さんが淹れることになっているそうです。



レジのところで、この店を紹介したガイドブックを見せてもらいました。

「絶景のグルメということで、鎌倉の海側と山側が載ってるんですけど、ほかの店は本当に絶景なんですがうちの方は・・・・。」



少し高台のテラスの前は学校の校庭。静かな住宅街と遠くの山々が見渡せます。

スケールが大きいというわけではありませんが、鎌倉らしい風景をゆっくり見ることができます。



迷い込んだ人がリピーターになるケースも多いとのことですが、こんなところを鎌倉観光の拠点とするのもいいかと思いました。


(煮込みハンバーグ)    (スイートポテト)
Cafe b(ビー) 煮込みハンバーグCafe b(ビー) スイートポテト







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●西御門「Cafe b(ビー)」カフェ
   住所 鎌倉市西御門1−3−1
   電話 0467−33−5018
   営業時間 11:30〜夕方        
   定休日  月・木・第一金曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




















chefcomi at 11:00│Comments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい