2019年07月24日

しらすと伊勢海老の 忠兵衛

7月になってもなかなか気温も上がらず、天気の悪い日が続いていますが、梅雨が明ければあっという間に夏になり、夏休みも始まって海は断然夏モードになるはずです。

その前に江の島方面の様子を確かめてみようと、湘南モノレールに乗りました。


江の島は、小田急、江ノ電、そして湘南モノレールの3つの路線が乗り入れる交通の要所(?)です。


その中で、湘南モノレールの第一の特徴は、遊園地のジェットコースターのように揺れる臨場感。

一部の人にしか知られていませんが、知っていると自慢出来ます。(笑)


そして、もう1つのメリットが通勤時間帯を除けばけっこう空いていること。


最近、もう1つの目玉が出来ました。


写真左は新しく出来た5階のルーフテラスからの眺めです。

残念ながら今日は曇り空ですが、天気がよければ富士山も見えます。


写真中央に写っている道は、江ノ電江の島駅から江の島に向かうスバナ通りになります。



写真右は、スバナ通りに平行して流れる境川です。

洲鼻(スバナ)とは、川が運んだ砂が堆積して出来た洲の先(鼻)という意味とのことです。

昔の江の島の写真などを見ると、砂州がアーチ状に今の弁天橋あたりに伸びているのがわかります。

(ルーフテラスから)     (境川)
忠兵衛 ルーフテラスからスバナ通り忠兵衛 境川

















江ノ電の踏切を越えてスバナ通りに入ります。

今のスバナ通りは、昔ながらの店とお洒落な店が混在しています。


写真左は、のり羊羹で有名な『玉屋本店』です。

創業明治45年という老舗中の老舗です。


さらに進んで行きます。

スバナ通りが終わりに近づくあたりに、水槽のある海鮮の店が見えてきました。(写真右)


何度も通りかかっているのですが、まだ入ったことはありません。

え〜と、店名はなんだったっけ?

少し奥まった店の前のガラス戸を見ると『忠兵衛』とありました。

(スバナ通り玉屋)     (忠兵衛店頭)
忠兵衛 玉屋のようかん忠兵衛 店頭2















蛇口から水の流れる水槽を覗くと、大きなサザエがたくさん見えます。

店によっては他の地域から持ってきているものもあるそうですが、今でも江の島界隈は、サザエのいい漁場になっているそうです。



他の水槽には大きなハマグリもいました。


水槽の横に写真入りのメニューがあります。

その上には『本日 生しらす有ります』と書かれた紙が貼ってありました。


北斎の浪のようなイラストが描かれたガラス戸を開けて中に入ります。





写真左は、店内を写したものです。

30席以上ある広い店内に、まだ先客は1人しかいません。

大きな荷物を2つ座席の横に置いている30代くらいの女性客です。




こちらは入って右のテーブルの1つに座りました。

表にあったのと同じ写真入りのメニューを見ます。


---------------------------------------------------

おまかせ定食    1680円(税込)

地魚定食      1620円(税込)

しらすづくし定食  1680円(税込)


江の島定食     2000円(税込)

湘南定食      2929円(税込)

---------------------------------------------------



ただ、この店の正式な店名『しらすと伊勢海老の 忠兵衛』にもある、看板料理の伊勢海老は、現在禁漁中で8月2日までお待ちくださいとありました。


人気No1!とある『おまかせ定食』を注文します。

(店頭の水槽)       (店内)
忠兵衛 店頭の水槽忠兵衛 店内















厨房の中はわかりませんが、このときの店内のホールスタッフは女性が2人。

店の雰囲気よりちょっとモダンな、黒いハンチング、白いポロシャツ、黒いエプロン姿です。


注文が来るまでの間、何気なくテーブルのメニューをめくっていると、ちょっと目を引くものがありました。


おつまみのところに『ながらみ』500円と書かれています。


食べたことはありませんが、以前、とんねるずの木梨憲武がうまいと絶賛していたテレビを見ていました。



「すみません。追加してもいいですか?」

スタッフがやってきます。


「はい。何でしょう?」

「この『ながらみ』はありますか?」


「はい。」

「じゃ、『ながらみ』とビールを。ところで、『ながらみ』ってこのあたりで採れるの?」

「ちょっとおまちください。確かめてまいります。」

「ああ、それなら・・・・・・。」


言い終わらないうちにスタッフが厨房へ向かってしまいました。


「このあたりでも採れるそうです。」

帰ってきたスタッフが報告してくれました。




先にビールと『ながらみ』が先に運ばれます。

塩茹でされた、『ながらみ』を1つ1つ、付いてきた長い楊枝で掬い出します。

はじめてですが、けっこう最後まで貝の中身が取れてきました。


旨みもわずかな苦みも後を引く味で、ビールとの相性は最高です!




食べ終わる頃に『おまかせ定食』が運ばれました。

「しらすにタレをかけてから、ごはんと一緒に召し上がってください。ご飯のおかわり自由です。」


盆の上には刺身3種、釜揚げしらす、鰆の焼き物にご飯と味噌汁。

そして、小鉢が3つ乗っていました。



まずは、しらすから。

大根の千切りの上に乗ったしらすに大根おろしと生姜を混ぜます。

言われた通り、この上にタレをかけました。


ほっこりとしたしらすに、さっぱりした大根がよく合います。


刺身はカンパチ、鯛、シマアジの豪華版。

江の島で獲れない、まぐろとウニといくらなどのほかは、魚も地元のものを使っているとのことでした。


ごはんもふっくらと炊き上げてあるので、新鮮な刺身もよりおいしく感じます。





満腹になったのでそろそろ帰ることにします。

禁漁の伊勢海老は、また今度の機会になりました。




スバナ通りはまだ、雨が降ったりやんだりしています。

少し寂しいこの景色も、まもなくギラギラと太陽が輝く夏の江の島に変わるはずです。



※忠兵衛も老舗だと思っていましたが、平成15年の開業でした。

(ながらみ)        (おまかせ定食)
忠兵衛 ながらみ忠兵衛 おまかせ定食












++++++++++++++++++++++++++++++++++

●片瀬海岸「しらすと伊勢海老の 忠兵衛」(魚介料理・海鮮料理)
   電話 0466−27−1455
   藤沢市片瀬海岸1−11−25 コングラッツ湘南 1F
   営業時間 11:00〜18:00(LO:17:00)
        11:00〜21:00(LO:20:00)
   定休日  木曜日(日祭日は振替)
   http://cyubei.com/
   
++++++++++++++++++++++++++++++++++









< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 09:00│Comments(0) 藤沢 | 海鮮・鮮魚料理

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい