2019年09月25日

魚喰まつもと

『馳走かねこ』の金子さんから、店の斜め向かいに、鎌倉駅西口の『トラットリアイノウエ』の朝の部で人気だった『朝粥の店 叙序圓』が出来ると聞きました。


「同じ日に西川君の店もオープンしますよ。」

西川君とは、やはり『トラットリアイノウエ』で夜の部で和食を担当していた料理人で、金子さんの知り合いでもあります。



今度の店は、『鮨処まつ本』と言う鮨店の後に出来た店で、店名は『魚喰まつもと』

『朝粥の店 叙序圓』と同じ『味噌屋鎌倉INOUE』のグループになります。





落着いた頃行こうと思って、食べログを見てみました。

オープン直後なので、総合評価はそれほどではありませんが、個別の評価は高いようです。



『鮨処まつ本』には行ったことはありませんが、大きな店ではないようです。

混む前に様子を見に行ってきました。



『魚喰まつもと』は鶴岡八幡宮から50mほど手前の若宮大路にあります。


写真左は『魚喰まつもと』が入る津多屋ビルになります。


このビル1階には、クルミッコの『紅谷』や創作和料理の『近藤』、2階には『鎌倉のごはんやさん石渡』なども入っています。


『魚喰まつもと』がある地下には、『トラットリアイルシレーネ』というイタリアンもあります。




写真右は地下に降りる階段。

ちょっと狭いのですが降りていきます。

(津多屋ビル)       (地下への入口)
魚喰いまつ本 津多屋ビル魚喰いまつ本 地下入口















地下の通路も狭い!

ただ、少し奥に進むと胡蝶蘭の鉢が見えてきました。


白い暖簾をくぐって中に入ります。




店内はL字のカウンター席だけ。

その中に作務衣のような恰好の料理人が1人、この人が西川さんです。



「もうやってます?」

「はい。今、昼は穴子丼だけなんですが。」




西川さんは手書きの紙を差し出しました。


----------------------------------------------

ランチ

穴子丼(小鉢・羽二重・浅利素麺付き)

2000円

----------------------------------------------



昼は穴子丼だけとのことですが、丁寧なことです。


飲み物はビールを頼みました。

(魚喰いまつ本店頭)    (店内カウンター)
魚喰いまつ本 店頭魚喰いまつ本 店内1
















「何かアテを作りましょうか?」


鮎の焼き物が出来るとのことでそれを注文します。



まずはビールがきました。


「鮎が焼けるまで、ちょっと時間がかかりますが、何か簡単なものでよければ作りましょうか?」

『簡単なもの』も追加します。




写真左がその『簡単なもの』になります。

茄子すり流し、バイ貝、ミニトマトの含め煮 、くんせい醤油に漬けた枝豆とピーナッツ、モロヘイヤのお浸し、干した瓜の漬物。



最後の瓜の漬物は『カミナリ漬け』

噛むと『パリパリ』と音がするところからとも、長く干した形が稲妻に似ているところからとも言われています。


もみじなども添えられて、これはもうほぼ八寸です。



酒の進む醤油漬けのピーナツと枝豆をつまみました。

さっぱりとおいしい茄子すり流しを食べて、バイ貝を楊枝で殻から引き出します。





「キジハタとも言いますが、アコウの刺身です。その横はいくらになります。まだ出始めなので小粒です。だんだんコクは出てきますが皮が固くなってきます。私はこのくらいの方が好きですが。」



まずはアコウの刺身から。

食べる前に、まずは薄造りの半透明のほのかにピンク色の身が綺麗です。


ワサビをつけて、醤油を少し。

う〜ん。

フグと並び称されるアコウの、何とも言えないまったりとした食感とほのかな甘み。

なかなか食べられない高級魚に舌鼓。


いくらは舌の上で小さな粒が溶けていきます。

抵抗なくどんどんと溶けていくので、いつの間にかなくなってしまいました。

(前菜?各種)       (あこう&いくら)
魚喰いまつ本 前菜魚喰いまつ本 あこう刺身















「おまたせしました。鮎は半身にして骨の方から焼いています。」(写真左)


この方法は西川さん独特の焼き方とのこと。

適度な塩加減で、芳ばしさとホックりした身が同時に味わえます。




『簡単なもの』に、もうかなり満足しています。



そして、ここで本来のランチメニューが登場です。

「穴子丼と山芋豆腐です。」



ごはんの上にふっくらとした煮穴子が乗っています。

見た目は本当にシンプルです。



ご飯と穴子を一口分。

ほわっと香る山椒の後、わずかに甘辛の穴子がほどけていきました。

煮穴子とはこういう味だったんですね。



ワサビと青のりの乗った山芋豆腐を食べていると入口で声がしました。


後ろから「こんにちは。」と聞こえたようなので振り向くと見たような顔がありました。


入口の胡蝶蘭に付いた名札『鎌倉飲食おっさん組合』のメンバー、フレンチの人気店『ステレオ』のオーナーでした。


交際の広い人なので神出鬼没です。




しばらく雑談をしていると椀が出てきました。

「予約をしていただければ、もっとちゃんとしたものをお出し出来たんですが。」


椀の身は焼いた長ネギ。

これでも十分においしい。





会計を行います。

「3600円です。」

ビール1本と、ほぼコースの内容です。





8月23日のオープン。

ディナーの3800円コースは予約すれば昼でも可能とのこと。


まだまだ進化しそうな『魚喰いまつもと』もう料理の内容は変わっているかもしれません。

(鮎焼きもの)       (あなご丼)
魚喰いまつ本 鮎焼きもの魚喰いまつ本 あなご丼







++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「魚喰い まつもと」(和食)
   電話 0467−23−7777
   鎌倉市雪ノ下1−8−36 津多屋ビル B1F
   営業時間 ランチ   11:00〜14:00
         ディナー  17:00〜21:00
   定休日  月曜日(祝日の場合は翌火曜)     
   
++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 11:00│Comments(0) 鎌倉 | 和食

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい