とんかつ

2019年04月10日

勝牛

鎌倉駅西口の正面にあった甘味処が閉店し、牛カツの店が出来たのは昨年の6月でした。


目立つ場所なので、店のオープンは知っていましたが、外観は牛丼チェーンのように見えたので、そのままになっていました。


普通のとんかつに慣れていたので、メニュー写真にある切り口のレアな赤にも馴染めません。



その後、鎌倉のあるカフェオーナー(60代)から、「『勝牛』は碁会所の仲間がよく行ってますけど、美味しいという話ですよ。」と聞きました。

年配者にも食べられる『牛カツ』とは?

少し興味が出てきました。



写真左は江ノ電鎌倉駅付近です。

暖かくなってきたせいか、人出が増えてきたように感じました。


その前のロータリー越しに正面を写したのが写真右です。


すでに『勝牛』が見えています。

今回は駅から近い!!

(江ノ電鎌倉駅)      (西口ロータリー)
勝牛 江ノ電鎌倉勝牛 ロータリー
















駅西口から、店頭で待っていた女性の2人連れが中に入ったのが見えました。

開店時間になったようです。



祝日で車両通行禁止になっている御成通り商店街の入口から、ロータリーの反対側に回りました。(写真左)

このビルには2階に自家焙煎の『ヲガタ』、3階に半田麺の『AZEYA』などが入っています。



店の左側に『勝牛』『牛カツ』などの文字が書かれた大きな提灯がありました。(写真右)


下には『牛カツ』の写真の入ったメニュー看板。

牛カツの短い暖簾の横にも、飾り付けた牛車の絵が描かれた華やかな麻の暖簾があります。

(御成通りの休日)     (勝牛の店頭)   
勝牛 御成通りの休日勝牛 店頭














中に入ります。

細長い店舗は奥に行くに従って『く』の字に曲がっていました。


入って右に厨房があり、その前に4席のカウンター。


左側にテーブル席が16席。

奥の席には先に入った女性たちが座っていました。



こちらは入口近くのテーブルに座ります。

-------------------------------

お品書き

名物 牛カツ膳   1280円

みぞれ牛カツ京玉膳 1450円

京都勝重      1350円

国産 黒毛牛カツ京玉膳 1980円

特選 黒毛和牛サーロインカツ京玉膳 2480円

-------------------------------



ホールにいた若い女性スタッフに、まずは基本の『牛カツ膳』を頼みました。


テーブルの上には『牛カツの美味しい食べ方』が載っています。

1.わさび醤油
2.山椒塩
3.牛カツソース
4.和風カレーつけ汁
5.京玉
6.締めはご飯で贅沢に


そのほか、パン粉や米、キャベツ、タレやソースの説明や付け方など丁寧に写真付きで載っていました。

カツのお替わりは『追カツ』と言って1枚500円とあります。
 

テーブルにはいろんな情報が満載でした。

(勝牛店内)        (美味しい食べ方)
勝牛 店内勝牛 美味しい食べ方














テーブルには薬味が置かれています。

だし醤油、ドレッシング、牛カツソース、すりごま、七味。



説明を読んだり、テーブルを眺めたりしていると『牛かつ膳』が運ばれました。

まずは、備え付けのドレッシングをキャベツにかけます。

そして、牛カツは『わさび』と『だし醤油』でいただきました。


『衣を羽織った ステーキカツ』とありましたが、最近はステーキとワサビの組み合わせは王道になっています。

ほかの食べ方もひととおり試してみましたが、この組み合わせと山椒塩が個人的には一番好みでした。



牛カツは赤身なので、軽い感じで食べやすく、味も思ったよりも旨みを感じます。

ステーキと思えばレア感も気になりません。




最後はスタッフのすすめに従ってカレーのタレをご飯にかけてみました。

和風のカレーダレなので、そば屋のカレー風。


牛カツのほかにカレーを頼んだようなお得感もあります。


お昼で混み始める時間にはスタッフは3人になりました。




実はこの店、国内で50店舗を展開する、知らない方がおかしいくらいの有名店だったようです。

牛カツは思ったより食べやすいし、意外に重くありませんでした。

麦の入ったご飯もヘルシーです。


牛丼よりちょっと値が張りますが、気軽に利用出来そうです。

(豊富な薬味)       (牛かつ膳)
勝牛 薬味勝牛 牛かつ膳











++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「勝牛 鎌倉駅西口店 」(牛カツ専門店 )
   電話 0467−39−5629
   住所 鎌倉市御成町11−3 ウインズ駅前1F
   営業時間 11:00〜20:00
   定休日  無休
 https://www.instagram.com/kyoto_katsugyu_gyukatsu/

++++++++++++++++++++++++++++++++++









< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)

2014年10月01日

鎌倉かつ亭 あら珠 七里ヶ浜店

七里ヶ浜に、アマルフィーグループのとんかつ店が出来たようです。


『鎌倉かつ亭 あら珠』という名前なのですが、この名前のアマルフィーグループの店は、七里ガ浜のほかにも小田原や横浜、みなとみらいなど3ケ所あります。


ただ、ほかの店は大型店舗の中に入っているのに対しこちらは単独店です。

海のそばのとんかつ店というのは、全国的にもそう多くないと思います。



写真左は江ノ電七里ヶ浜駅です。

写真は人がいないところを待って撮ったので、閑散としていますが電車が着くと9月にも関わらず結構な数の人たちが降りてきます。



店は住所からすると、同じアマルフィーグループの懐石店『京七里』のあった場所。

近道は駅の臨時改札から向かいの路地を通るルートですが、今日はR134の行合橋を通って行くことにしました。


写真右は、『世界一の朝食』として有名な『bills』のある『ウィークエンドハウスアレイ』です。


2階の窓を見ると満席のようでした。

(江ノ電七里ヶ浜駅)    (世界一の朝食bills)
鎌倉かつ亭あら珠 七里ヶ浜駅鎌倉かつ亭あら珠 ビルズ













『bills』を過ぎてしばらく江の島方面に行くと、何やら人だかりがしています。

行列の先頭はカレーで有名な『珊瑚礁』のモアナマカイ店です。(写真左)


時刻を確認すると、ちょうど開店の10分ほど前でした。





今回の店は、この少し手前にありました。


この周辺はアマルフィイグループの店が密集していて、『アマルフィイカフェ&ピッツア』や『アマルフィイドルチェ』少し江の島寄りには『リストランテアマルフィイ』や『アマルフィイデラセーラ』などもあります。


『鎌倉かつ亭 あら珠 七里ガ浜店』は、やはり『京七里』のあった建物でした。(写真右)

キャッチフレーズは『海の見えるとんかつのお店』とあります。




引戸を開けて中に入ります。

ここで店は2階と地下とに分かれています。


さて、どちらに?

迷っていると、上から着物の女性スタッフが降りてきました。

(珊瑚礁と江の島)     (鎌倉かつ亭あら珠の建物)
鎌倉かつ亭あら珠 珊瑚礁と江の島鎌倉かつ亭あら珠 店













景色のよい2階を選びます。

写真左が2階の室内の様子です。



全部で20席弱。

清潔で落ち着いた雰囲気は『京七里』のときと変わっていません。


室内に先客は誰もいません。


写真右は室内から七里の海を見たところです。

R134と江の島がはっきりと見えています。



時折大きな波の立つ海には、たくさんのサーファーがぷかぷかと浮かんでいました。


着物を着た2階担当の女性スタッフがテーブルにメニューを置きます。


--------------------------------------


お品書き

ご飯、キャベツ、しじみ椀のお替り自由


ロースかつ御膳

                1480(1589)
               大1980(2138)

ヒレかつ御膳

                1480(1589)
               大1980(2138)


盛り合わせ御膳

ヒレ又はロースと車海老フライ御膳  

ヒレ又はロースとコロッケ御膳  


ヒレ又はロースとアジフライ御膳  

大山鶏かつとヒレ肉のチーズ巻御膳

                1780(1922)
                   

海鮮の盛り合わせ御膳      1680(1814)


                etc


--------------------------------------  



単独のロースかヒレも良さそうなのですが、最近、時々アジフライが食べたくなるので、アジフライの文字を見てこの盛り合わせに決めました。       

(あら珠の室内)      (室内からの景色)
鎌倉かつ亭あら珠 室内2鎌倉かつ亭あら珠 室内から














先にソースとドレッシングが運ばれました。

ブラッドオレンジをベースにノンオイルで仕上げたドレッシングと、ごまだれのドレッシングです。



「あの、お醤油もお願いしてもいいですか?」

「あっ、はい。ではお料理と一緒にお持ちしますね。」


写真左が『ロースとアジフライ御膳』です。


「お醤油はこちらに置きます。よろしければ、こちらのソースもお使いください。ご飯、味噌汁、キャベツはお替り自由ですのでご利用ください。」

勝手な注文を聞いてもらいましたが、ちょっと気が引けます。



そこで、最初の一つは自家製のソースで食べることにしました。


さらっとした爽やかなソースで、しつこくありません。

ただし、後はやっぱり醤油でいただきました。

やまゆりポークは脂っこくなくすっきりとした味です。


海の見えるとんかつの味?でしょうか。


キャベツにはブラッドオレンジのドレッシングをかけました。

真っ赤なドレッシングは甘酸っぱく、オレンジの風味がします。


御膳にはそのほか香の物と赤だしの椀、ご飯が付きます。


本当はしじみの椀もお替りしたかったのですが、今回はタイミングを外してしまいました。



写真右は『茶碗蒸し』です。

最後に茶碗蒸しを食べて、静かな海を見ながらのとんかつランチを終えました。

外を見ると来た時よりもだいぶ潮が満ちています。



支払いは階下で行います。

1780円が消費税込みで1922円になりました。


最近、消費税の重税感が強く感じます。


「ごちそうさま。」

店を出ようとすると2階担当の女性が追ってきました。


「パンフレットです。クーポンが付いているのでよろしければ。」


200円のクーポンです。


今度は近道の路地を進むと、店の裏に『お持ち帰り』のコーナーを見つけました。

お弁当を買って浜辺で食べることも出来そうです。

(ロースとアジフライ御膳) (茶碗蒸し)
鎌倉かつ亭あら珠 ロースとアジフライ鎌倉かつ亭あら珠 茶碗蒸し








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「鎌倉かつ亭 あら珠 七里ガ浜店」とんかつ
   住所 鎌倉市七里ガ浜1−3−18
   電話   0467−31−0021
   営業時間 11:00〜22:00 
   定休日  無休(元日を除く)
   http://www.be-value.co.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月13日

とんかつ しょうざん

逗子から湘南国際村へ向かう神奈川県道27号線です。(写真左)
葉山大道から、左折するこの道は葉山の『山』の風情が味わえます。

また、この沿道は人気のレストランが多いことでも知られています。

葉山の日常を感じる相鉄ローゼンは写真右の葉山郵便局信号のところにあります。

(神奈川県道27号線)         (葉山郵便局信号)
しょうざん 県道27号線しょうざん 葉山郵便局信号






体温で溶けると言う上質な脂の葉山牛。ちょっと高いですが旨い!
神奈川ブランドとろける葉山牛(黒毛和牛)!葉山牛サーロインステーキ 200g











写真左が相鉄ローゼン葉山店。
小さめの可愛らしい店舗が葉山らしいところです。

その先、27号線は坂になっていくのですが、右側にはスイーツの『サンルイ島』とパンの『ブレドール』が並んでいます。

両方とも人気店なので、平日でも駐車場は満車状態が続きます。

やっぱりお洒落な感じがしますよね。

(相鉄ローゼン葉山店)        (サンルイ島とブレドール)
しょうざん 相鉄ローゼンしょうざん サンルイ島とブレドール






逗子・葉山のセレブが通うサンルイ島の上質なチーズケーキ。
サンルイ島 葉山思い出チーズケーキ













さらに坂道を行った、今度は右側に今回の『とんかつ しょうざん』はありました。
沿道に看板があったのかもしれませんが気が付きませんでした。


事前に『とんかつ しょうざん』に行く時は、ペット用品のバッキーを目印にした方が分かりやすいという話を聞いていたので、見つけることが出来ましたが情報がなければ迷ったと思います。


写真左がしょうざんのある建物になります。

記憶する限り建物の外観にも、『しょうざん』という文字はなかったような気がします。


さきほどの『サンルイ島』や『ブレドール』に比べて、華やかさはありません。(笑)


※目印にしていたペット用品のバッキーが今年5月20日で閉店しました。
近い将来、看板がなくなるかもしれません。

その場合は反対側『ハックドラッグ 葉山店』を目印とするのがいいと思いますが・・・。



写真右がしょうざんの入口です。
こちらも目立ちません。
『営業中』とだけ書いてありました。

ドアを開けると急な階段があります。
この横の壁にはじめて『しょうざん』の文字を発見しました。

(しょうざんのある建物)         (しょうざん 入口)
しょうざん 建物しょうざん 入口






湘南にはレゲエが似合う。湘南乃風、“初”のBESTアルバム。
【送料無料】湘南乃風 〜Single Best〜 通常盤









ドアを開けて中に入ると、意外に広いスペースがあります。
階段横が厨房、その奥が30席ほどのテーブル席になっていました。


ホールの女性がメニューをもってきてくれます。

-----------------------------------------

特選海老フライ定食  1680円(1764円)
特選ヒレかつ定食   1680円(1764円)
特選ロースカツ定食  1400円(1470円)
海老フライ定食    1380円(1449円)
ミックスフライ定食  1380円(1449円)
ヒレかつ定食     1300円(1365円)
ロースかつ定食     980円(1029円)
ヒレ串かつ定食    1100円(1155円)
串かつ定食       980円(1029円)

-----------------------------------------


店内にはそのほかにも『ブリの照り焼き定食』や『サバの文化干定食』、ランチの『串かつ定食』などもありました。



「特選ロースと普通のロースはどこが違うんですか?」

「肉の量や質が違います。それから(特選には)・・奴(やっこ)が付きます。」



厨房からは肉をたたく音、そして油の跳ねる音が聞こえてきました。
しばらくして出てきたのが写真右の『特選ロースかつ定食』です。


たしかに大きな『かつ』です。
説明にあった奴、しらすおろし、お新香、そして味噌汁が付いています。



テーブルには特製ソースと醤油、辛子がセットされていました。
サクッと揚がったかつの半分にソース、半分にしょうゆをかけます。

どろっと濃いソースですが、味はフルーティな感じでしつこくありません。
でも、やはり醤油派なので、半分はしょうゆで食べてしまいました。



油ものなので、『しらすおろし』やたっぷりとネギや生姜などの薬味の乗った『冷奴』も有り難い箸休めになります。



お昼に近付くとどんどんお客さんが入店します。

2組の夫婦とセールス風の男の人を除いて、ほかはほとんど作業着のグループでした。


「すみません。ご飯のお替りください。」

髭面の男性がお櫃を差しだしています。


グループにはご飯はお櫃で出てきます。


こちらはお櫃ではありませんでしたが、もうお腹はいっぱいです。




「お待たせしました。『ロースかつ定食』です。

隣のテーブルに運ばれた『ロースかつ定食』をちらっと見ました。


肉の大きさは『特選ロースかつ定食』と目立った違いはないように思えましたが、たぶん中身の肉質での差があるのでしょう。


今度は、普通のロースかつ定食を試してみたいと思いました。


(店内)              (特選ロースかつ定食)
しょうざん 店内しょうざん 特選ロースかつ定食






葉山の人気店”げんべい”がリビエラ逗子マリーナとコラボしたビーサン。
コラボビーサンリビエラ逗子マリーナ×げんべいコラボビーチサンダル(オレンジ・デザインA)


++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 片瀬海岸「とんかつ しょうざん」とんかつ
   神奈川県三浦郡葉山町一色599
  TEL 0468−75−9677
   営業時間 11:30〜14:00 
        17:00〜21:00 
   定休日  水曜日

++++++++++++++++++++++++++++++++++





< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年01月11日

勝烈庵 鎌倉店

写真左は鎌倉駅の西口です。
江ノ電の駅はありますが、八幡宮に向かう若宮大路のある東口に比べずっと静かな雰囲気です。

それでも以前に比べると、紀伊国屋やスターバックスなどの店も増え賑やかになってきました。

写真右は駅前の通りです。
真ん中奥に小さく見えるのが紀伊国屋になります。

今回の『勝烈庵 鎌倉店』は手前右側にあります。

(鎌倉駅 西口)            (駅前の通り)
勝烈庵 鎌倉駅西口勝烈庵 駅前の通り






このあたりは昔皇室の御用邸があったことから御成と呼ばれています。
【送料無料】鎌倉御成町いまむかし











この店の総本店は横浜馬車道、昭和2年の創業だそうです。
『ハマの味』と謳っているように横浜の印象が強かったので、取り上げるのが遅くなってしまいましたが、味には定評があるようです。

入口にある大きな提灯と暖簾には、インパクトのある文字で『勝烈庵』とあります。
この店名書体は、版画家の棟方志功画伯の手によるものだそうです。(写真右)

(勝烈庵 店頭)            (入口の提灯)
勝烈庵 店頭勝烈庵 提灯






昔の鎌倉はもっと暗かったような気がします。
【送料無料】セピア色の鎌倉











入口の前にはピンクのテーブルクロスが敷かれたテーブルがあり、その上には『カツサンド』が置かれていました。
この『カツサンド』のほか『かつれつ弁当』はテイクアウト出来ます。


さて、年季の入った引戸を開け、中に入ります。

狭い入口ですが、中は意外に広くなっています。

テーブル席は3列になっていて30席ほど。
奥にキッチンとカウンター席、その右には小上がりも用意されています。


ホールの男性スタッフは、ネームプレートが付いた白い上着の下にきちんとネクタイを締め、折り目正しく働いていました。

白い天井は年季の入った木の桟で四角くデザインされています。(写真右)


『ヨコハマ』の老舗レストランの雰囲気を感じました。


(勝烈庵入口)             (勝烈庵 天井)
勝烈庵入口勝烈庵 天井






この付近にも昭和初年に建てられた洋館があります。
【送料無料】鎌倉洋館スケッチ帖











女性スタッフがメニューを持ってきてくれます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お定食(しじみ椀、ご飯、お新香付)
ご飯、キャベツ お替わり自由


勝烈定食        1470円
ロースかつ定食     1470円
若鳥フライ定食 1260円
えびフライ定食 2000円

大勝烈定食    2100円
大ロースかつ定食 2100円

静の舞ロース定食   1650円 (鎌倉店のみ)
かつれつ丼     1160円 (鎌倉店のみ)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



「『ロースかつ』と『静の舞ロース』というのがあるんですけど、違うんですか?」

「静の舞の方は『まごころ豚』を使っています。脂身が簡単にとろけてきます。」



『静の舞ロース』は、鎌倉店のみの取り扱いということもあってこれを注文しました。



注文が運ばれる前に、スタッフはソースの説明をしてくれます。(写真左)

左からキャベツ用のソース、真ん中がかつれつ用のソースです。


秘伝のソースは新鮮な野菜と果物を2日かけて煮込み、さらに1日寝かせて作ったものだそうですが、醤油党のD級グルメは醤油を持ってきてもらいました。゜゜(´□`。)°゜

※鎌倉店には『かつれつ丼』というソースかつ丼もあります。


まずはみそ汁をいただきます。
この店は赤だし系のシジミのみそ汁です。

たっぷり入ったしじみの旨みが出ていました。



揚げたてのロースは脂身がとろりと溶けて、赤身とのバランスも良く上品な味です。
ロースですが脂っぽさがありません。


合間にキャベツを食べながら浜の味をゆっくりと味わいます。

さきほど隣のテーブルのお客さんが『12時を過ぎると混んでくるよ。』と話していましたが、そのとおりだんだん席が埋まっていきます。

お茶のおかわりをして会計に向かいます。


鎌倉で食べるハマの味。
懐かしい店も雰囲気も含めてまた気楽に暖簾をくぐりたくなる店です。

(ソース類)               (静の舞ロース定食)
勝烈庵 ソース類勝烈庵 静の舞定食






湘南高級干物の店ですがこのひじきもおいしいです。
食物繊維たっぷり!湘南ひじき湘南100%!栄養豊かな湘南ひじき







++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 常盤「勝烈庵 鎌倉店」とんかつ
   鎌倉市御成町12−10
  TEL 0467−23-2772
   営業時間 11:00〜20:00
   定休日  無休
   http://www.katsuretsuan.co.jp/restaurant/p0300.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>


chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月20日

銀屋

ハイランドの方においしいトンカツ屋があると聞いてはいましたが、ここは車がないとちょっと不便です。

浄明寺から朝比奈に向かうにつれて山が深くなってきます。
(とは言っても、鎌倉の山ですからたかが知れてはいますが・・・・)

バスは鎌倉駅から出ていて、ハイランド入口で降りるのが近いようです。

山沿いの店なので、ひっそりと営業しているものと勝手に思い込んでいたのですが、
駐車場は広く規模は小さくありません。

ちなみに隣はそばの「ちくあん」
ここもよくグルメ特集に出てきている店です。


銀や 全景銀や 入口












昼前ではありましたが、駐車場には10台ほどの車が止まっていました。
周囲にあまり人通りはありませんが、店の中は賑わっています。



店内の天井は高く、奥には坪庭などもあって落ち着いた雰囲気です。
厨房は、鉄平石の張られた壁の向こうにあり、客席からは見えません。


さて、ランチのメニューです。

-----------------------------

<LUNCH>

ロース・カキフライ
一口ヒレ・メンチ
あじフライ・メンチ
各1260円

16穀米 数量限定


ロースカツ膳
80g  1100
120g 1450
170g 1890

ひれかつ膳
80g  1100
120g 1450
170g 1890

-----------------------------



とんかつに使われる豚肉はやまゆり豚とのこと。

<やまゆり豚> メニューから
赤身が柔らかい豊かな風味の肉、よい飼料で時間をかけて
熟成されたビタミンEの大変多い豚肉です。




トンカツだけでもいいのですが、セットメニューにはデザートが付くということと
トンカツの質は変らないとのことで旬のカキフライとのセット「半ロース・カキフライ」を注文しました。(写真 左)


キャベツには「ワサビ」と「胡麻」のドレッシング。
トンカツには「ソース」と「塩」が付きます。

カキフライはタルタルソースでした。


まずはとんかつ。
やまゆり豚の口上書きのとおり、ロースにしてはあっさりと軽く柔らかく揚がっています
上品な味には塩も良く合うように感じました。



キャベツわさぴにかけるドレッシングも、ピリッとした辛さが程よい刺激で食欲を増します。

そしてカキフライ。
(多分自家製の)タルタルソースをつけたカキはまさに旬、濃厚なミルクのような味わいでした。


口直しのデザートはアイスクリームです。(写真 右)


昼を過ぎると満席になります。
ただ、回転はいいようで、行列をつくるということはありませんでした。
(ただし、今回は平日の訪問です)




銀や ロースカツ銀や デザート






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●十二所「銀屋」 とんかつ
   鎌倉市十二所963−2(ハイランド入口)
   TEL  0467−24−4611
   定休日  木曜日
   営業時間 11:30〜15:00   
        17:00〜20:30
+++++++++++++++++++++++++++++++++


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ



ランキングジャパン<br>
<br>
<br>
<br>
<br>
<a href=
フレーバー・プーアールの専門店 黒麗茶館





chefcomi at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい