移転

2006年02月23日

J.J.MONKS(ジェイジェイ モンクス)

(注 この店は逗子に移転しました 移転先は記事の最後に記載)

藤沢から鎌倉方面にR134を進んでいくと、七里ガ浜あたりで、進行方向左側に白い建物を見つけます。

サーフボードが立てかけてあったり、外車がさりげなく止まっていたりして、とても湘南っぽいところです。

こういうところは、サーファーでもないただのオジサンにはちょっと入りにくい。

でも、季節はずれの冬なら何とかと思って入ってみました。


JJモンクス R134









数段の階段を上がって店に入りました。
海に沿って細長い店の正面にはカウンターがあって、左右にテーブル席があります。

今日は、入って左側の窓際に席を取りました。

店の前はR134、後ろには江ノ電が走っています。
道の向こうには、湘南の海が広がっています。
入って右側の席からは、江ノ島も見えるはずです。

オーダーを聞きにきたマスターは、丸刈りに半袖姿。
背筋を伸ばした颯爽とした歩き方は印象的でした。

メニューに迷っているとマスターは

「お腹が空いているようなら、ハンバーグとライスなんてどうでしょう。21年間変わらないメニューですよ。」

ということで、ハンバーグライスを注文しました。

JJモンクス 店JJモンクス 窓から













ポテトサラダと赤いトマトが添えられた皿の上には、丸い大きなハンバーグが乗っていました。

ナイフを入れるとハンバーグは思ったより柔らかく、簡単に崩れます。
そのハンバーグをフォークに取って、焦げ目が付くほどに炒められた玉葱のソースと一緒に口に運びます。

ひき肉は柔らかく、ほどよい酸味と塩加減。
ごはんとの相性もなかなかで、やはりオーソドックスな洋食のスタイルを残していました。


マスターと目が合いました。


「お味はどうですか。」

「玉葱のソースがおいしいですね。」

「玉葱を寝かせておくんです。」

「リンゴも入ってますよね。」

「ええ、でもリンゴだけじゃありません。」

21年変わらないメニューにはいろいろと秘密がありそうです。


さらに、右の写真コーヒーを追加しました。
ハンバーグとライスとコーヒーで2120円。


その後、地元の常連さんも来店してきました。
入ってみると、普通のオジサンでも落ち着けるなかなか素敵な店でした。

JJモンクス ハンバーグJJモンクス コーヒー







+++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ヶ浜「J.J.MONKS」 レストラン&バー
   鎌倉市七里が浜東2−2−2
   TEL0467−32−6675
   定休日  ?
   営業時間     12:00〜AM1:00
   http://www.jjmonks.com/   
+++++++++++++++++++++++++++++++

注)「J.J.MONKS」は下記に移転しました。

逗子市逗子1-4-12
TEL046−875−6765
定休日   月曜日
営業時間 11:00〜14:00
      18:00〜23:00


chefcomi at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月07日

ラプラタ

注)この店は鎌倉小町通りへ移転しました。


La Plataは大町の奥、つつじで有名な安養院の向かいにあります。



ちょっと派手な外観です。
レストランは2階。コック服の人形とメニューを書いた黒板の間を上がっていくと、カウンターの中に人形と同じような格好をした女性スタッフが迎えてくれました。

「ここでもいい?」

カウンターに座ろうとすると

「すみません。奥でお願いしたいんですが・・・。」


奥の席には、若い女性の二人連れがオーダーを待っています。


窓越しに安養院のつつじが迫っています。
つつじの季節にはこの2階席は特等席になるはず。
店内には、ここから写した満開のつつじの写真が飾ってありました。


ランチメニューは5つほどあります。


・半熟卵のオムライス    1200円
・メキシカンタコライス   1200円
・なすのアラビアータ    1500円
・ジェノベーゼ       1500円
・ボンゴレビアンコ     1500円

※スープ サラダ デザート ドリンク付

一番上の半熟卵のオムライスを注文しました。
「一番上が看板メニューなんですか?」

「いえ、そういうわけではありませんが、1度雑誌で取り上げられて
からなんとなくそんな形になっています。」

「オーダーはやはり半熟卵が多いんでしょう。」

「いえ、常連の方は自分の好みで選ばれますよ。」



ラプラタ 全景









レストランは階段を上がって2階です。

店内は2階と3階が吹きぬけになっています。
観葉植物が所狭しと置かれ、天井にはゆっくりと大きな扇風機が廻っています。

そして、その下の方に目を下ろしていくと白い梁に「プロジェクター」が設置されていました。


横を通ったスタッフに尋ねると

「コーラスのサークルの方がここで映画の上映会をするんです。お時間が合えばどうぞ。」


しばらくして、持ってきてくれたのが「映画会」のファイル。

なつかしの名画が丁寧に解説されています。




パンフレットを見ると、なつかしい歌を継承していくという「ふだんぎコーラス」というグループがこれも懐かしい映画を上映しているとのことで、第1第3の水曜5時〜7時ここが会場となるようです。

演目は洋画、邦画とも多彩で「ローマの休日」「慕情」などの洋画の名作から「七人の侍」などの邦画までファイルにびっしりと詰まっています。

※会費 年間2000円 1回100円
 

ラプラタ 店内









これが、名物の「半熟卵のオムライス」です。


オムレツの定番のラグビーボール型でなく、ここのものは丸い山型になっています。

白い大きなお皿にこんもりと盛られたオムライスはふんわりとした半熟卵に覆われて、その上に茶色いデミグラスソースがたっぷりとかかっていました。

まわりはこげ茶色のデミグラソース、上にはケチャップでなく、青海苔がかかっています。

甘さを抑えた、ソースとケチャップライスのマッチング。
中の玉葱の歯ざわりを味わいます。

これに、コーヒーor紅茶の飲み物とケーキが付いてランチセット。


「ところで、店名の『ラプラタ』ってどこからつけたんですか?」

「下で、貴金属の店をやっているので、ゴールドの上ということでプラチナということなんです。単純な発想です。」


「貴金属の店と一緒の経営なんですね。」

「ええ、1年を通してクリスマスグッズを扱ってます。ホームページもありますのでご覧下さい。」

ラプラタ HP
http://www.q-art.jp/laplata.html

ラプラタ オムレツ







+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「La Plata」(ラ・プラタ) レストラン&バー)
  鎌倉市大町2−9−2
  TEL 0467−60−5258
  営業時間  10時ごろ〜17時(ランチ11時30分〜15時)  
  http://www.q-art.jp/laplata.html


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++



































chefcomi at 20:55|PermalinkTrackBack(0)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい