釜飯

2010年12月15日

多可邑

12月も半ばで、紅葉も終わりに近いのですが、竹の寺『報国寺』を訪れる人はまだけっこう多いようです。


竹林を見ていると、

「この竹は毎年伸びているんですか?」

と真面目に聞かれました。
北海道の人で、このような太い竹は見たことがないそうです。

右は『報国寺』近くにある『旧華頂の宮邸』です。
普段は建物の中には入れませんが、庭園に入ることは出来ます。


古い洋館と紅葉もなかなか素敵です。

(報国寺の門)             (華頂の宮邸)
多可邑 報国寺多可邑 華頂の宮邸













さて、浄明寺でよく雑誌などにも載っているのが、金沢街道沿いにある釜めしの『多可邑』

老舗なのですが、どうも店の休みと重なることが多く、訪れるのは今回が初めてです。
京急バス『浄明寺バス』のからすぐの場所にあります。

古い竹垣にある『多可邑』の看板もかなり年季の入っています。
店全体が静かな景色の中に溶け込んでいるようです。

(金沢街道と浄明寺バス停)      (多可邑の店)
多可邑 金沢街道多可邑 看板













メニューは看板の下にもありますが、これもなかなか味のあるものです。
よく見ると、薄くなった墨で『舌代』と書かれていました。

墨の字が読めなくなった後に、小さな木札が付けられています。
かなり字が小さいので、あまり目立ちません。

右は『多可邑』の入口です。

引き戸の上に貼り紙がありました。



お子様は
ご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
  (小学生 可)


        平成三年四月




日付は20年も前のものですが、意外にきれいです。

やはり、観光地の店らしい文面です。

(古い竹垣のメニュー)        (多可邑 入口)
多可邑 古い竹垣のメニュー多可邑 入口













左は店内の様子です。
入って左側に、椅子席のテーブルが2つ、その向かいの小上がりには3つのテーブル。
入って右側は厨房でそれを囲むようにL字に7席のカウンターがあります。

店内は禁煙です。
先に入った常連らしいおじいさんは、釜めしが出来上がるまで、外に出てたばこを吸っていました。

釜めしのメニューはカウンターテーブルの上にあります。


---------------

釜めし定食

多可邑(上)  2050
多可邑     1790
かに      1740
さけおや子   1470
さけ      1320
えび      1260
うなぎ     1250
とり      1210
山菜      1050

---------------


右は普通の(上でない)『多可邑』です。
五目釜めしということで、かに、貝柱、さけ、海老、鶏そぼろなどが入っていました。

『上』ではありませんが、具の量もたっぷり入っています。

それぞれの具材の質もよく、出汁が利いた薄味のご飯と混ぜていくと幸せの香りが鼻腔に入ってきます。

これに柚子の香りがするみそ汁とお新香、煮豆などが付きます。


昼を過ぎると、カウンター席を除いてほぼ満席に近い状態でした。

小さな茶碗に4~5杯のお替りでお釜は空になります。
最後のお焦げを食べて、満足の昼食を終ります。


『お会計はまとめてお願いします。』

これも観光地を表す貼り紙を見ながら、会計を終りました。


おかみさんに営業時間や休みを聞いてみると

「お休みは月曜日ですけど、明日からは休みになります。ときどき電話してくださいまし、お休みのこともありますんで。」


まとまった不定休などもあるようなので、行かれる方は電話してからにしてください。



(店内の様子)             (多可邑 五目釜めし) 
多可邑 店内多可邑 多可邑(五目釜めし)







+++++++++++++++++++++++++++++++++

● 浄明寺「釜めし 多可邑」釜めし
   鎌倉市浄明寺3-6-36
  TEL   0467-25-3219
   営業時間  11:30~14:30
         (不定休あり)
   定休日   月曜日  

+++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

~ メルマガの登録は下記からおねがいします!! ~

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月04日

鎌倉釜飯 かまかま

おなじみ鎌倉のメインストリート小町通りです。
この道はシーズンを通して賑わっていますが、最近は裏路地の方も人出が多くなりました。

今回はその裏路地にある釜飯店に行ってみることにしました。

小町通りを進んで、東洋食肉店の横を曲がると、源吉兆庵の横にたくさんの飲食店の看板があります。

その中に『釜飯』の看板もあります。


正直、これだけ派手に並ぶ観光地的な雰囲気はあまり好きではありません。

しかし、この店の評判はなかなかいいと聞きました。


(小町通り)             (源吉兆庵横に並ぶ飲食店看板)
かまかま 小町通りかまかま 源吉兆庵横














店の前に電飾看板があります。
鎌倉釜飯とかまかまの文字の間に〇があって、鎌の字が大きく書かれています。

入口に赤いテント、店頭にガーデンテーブルと椅子が置かれています。

浅草あたりにある老舗の釜飯屋さんとはちょっと違った雰囲気です。


店の中はテーブル席とカウンターに分かれていました。
テーブルが12席、カウンターは5席です。

カウンター席はフロアより少し高くなっていて、奥に行くに従い狭くなっていきます。
そのカウンター席の一番奥に座りました。

ちょっと椅子を下げると落ちそうになりますが、それも一興です。


鎌倉ビールの瓶が並んだ窓の向こうを、観光客や地元の人たちが通り過ぎていきます。

そのうちの何人かが中を覗いて行きました。

(『鎌倉釜飯かまかま』店頭)        (店内)
かまかま 店かまかま 店内














メニューは2種類あります。


------------------------

<かま飯ランチ>

A山菜釜    1000

Bシラス2色釜 1200

 ※生シラス+釜あげシラス

Dうなぎ釜   1500

五目釜     2000

ウニいくら

小鉢 香の物 ダシ茶漬けセット付き

------------------------


そしてこちらは赤い表紙がついています。

------------------------

もんざ!しらす
とり
山菜
とり        1000

もんざ!しらす☆たらこ
うな玉
カニ三色
カニ山菜
とりカニ
キノコ
えび☆シャケ    1500

うなとろろ
穴子
カニ☆シャケ    1800

うに☆いくら
うに
カニ☆いくら    2000

------------------------



釜飯のお茶漬けがあるというのでスタッフ(多分オーナー?)に聞いてみました。


「あの、お茶漬けにするのは?」

「どれでも大丈夫です。」


「そうですか。その中でも合いそうなのは?」

「・・・。とりが入っているのがいいかもしれませんね。」

「20分くらいかかりますがよろしいですか?」


テーブルの上にも書かれています。
☆-------------------------------------------☆

生のお米より炊き上げますので20分少々お時間をいただきます。
お急ぎの方は釜上げうどんなどご用意しておりますのでお申し付け下さい。

☆-------------------------------------------☆



その間、いい匂いが客席まで漂ってきます。

写真が注文した「とりカニ」です。

釜飯の蓋を取るとふんわりと湯気が上がります。


半分がほぐしたカニで、もう半分がとりそぼろ。
これをしゃもじで混ぜ、アツアツのご飯を用意された小さな器に取り分けます。

しっかりと炊き上がったご飯はダシが利いていて、味付けも濃すぎずあっさり目です。

さて、次にお茶漬けに入ります。

香の物を入れ、ワサビと三つ葉を乗せました。
刻み海苔をかけて、ポットの『お茶漬けダシ』を注ぎ込みます。


釜飯がお茶漬けに変身します。

1度で2度美味しい食べ方です!!


ポットのダシも釜飯のご飯を引き立てるちょうどよい濃さでした。
お茶漬けはするするとお腹に入っていきます。


茶碗が空になりました。

まだ少し足りないような気がしたので、出汁だけを注いで飲んでみます。

しっかりと旨みが伝わってきます。


食べ終わってレジに向かいました。


「有難うございます。1500円いただきます。」

「お茶漬けも美味しかったけど、あの出汁は昆布?」

「はい。昆布ももちろん入っていますが、あとは魚介系のものも・・・。」


詳細は企業秘密のようです。


(釜飯『とりカニ』)          (釜飯のお茶漬け)
かまかま カニとりかまかま 茶漬




++++++++++++++++++++++++++++++++

● 小町「鎌倉釜飯 かまかま 」釜飯
   神奈川県鎌倉市小町2−11−8
   TEL 0467−25−3590
   定休日 不定休 (未定)
   営業時間 ランチ 11:00〜22:00    
   http://ameblo.jp/kamakama-kamakura/
    
++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


< ブログランキング ↓>

1




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1)
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい