沖縄料理

2012年10月24日

くくる食堂

逗子に最近出来た沖縄料理の店が人気だと聞きました。
場所は逗子文化プラザの向かいあたりということです。

その場所は、『エルバルコ』という名前のスペイン料理店があったところです。
『エルバルコ』はずいぶん前になりますが、このブログでも取り上げたことがあります。

※2005年5月12日
http://blog.livedoor.jp/chefcomi/archives/2005-05.html


駅前ロータリーを市役所の方に進みます。(写真左)

道をわたって京急の踏切を越えると田越川に出ます。
写真右は田越川に架かる清水橋から京急の新逗子駅を写したものです。

 (逗子市役所)              (新逗子駅)
くくる食堂 逗子市役所くくる食堂 新逗子駅と田越川






【送料無料】京急 駅メロディ -オリジナルー [ (BGM) ]











清水橋を渡ると向こうに逗子文化プラザが見えます。(写真左)

写真右が『くくる食堂』です。

このエリアは特にグルメ街というわけではなく、割合に地味な場所です。



南欧風の白いアーチ型の入口が目印ですが、それより1階の『そば席 御清水庵 あん彦』を目標にする方がわかりやすいかもしれません。

(逗子文化プラザ)          (くくる食堂)
くくる食堂 逗子文化プラザくくる食堂 入口2






サンルイ島 葉山思い出チーズケーキ











写真左は『くくる食堂』の入口にかかる看板です。
訪問は10月でしたが、まだ『氷旗』がかかっています。


入口の下には小さなメニュー黒板が置いてありました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日のおすすめは


ソーキ丼    800円


やわらかーく煮込んであるソーキ(豚バラ軟骨)がごはんの上にのってます。


ごはんは白米かじゅーしー(かやくごはん)か選べます。もちろん石焼きも!!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



石焼きのソーキ丼・・・・なんだか美味しそうな気がします。



入口横にはそのほかのランチや単品、ドリンクなどが書かれたメニューが数枚貼ってありました。


写真右は入口から2階に上がる階段です。
ちょっと急ですね。

(くくる食堂の看板)          (階段)
くくる食堂 看板くくる食堂 階段






加工品 ご当地 お取り寄せ八重山そば[500g×3セット](沖縄そば お土産 麺 沖縄 お土産)(02P24A...












ドアが開いていたので、そのまま入っていきます。

道路際にテーブル席、そしてカウンター席。
奥が窓だけ開いたクローズのキッチンです。


まだ、11時を少し過ぎたところですが、窓際にはすでに女性のお客さんが1組座っていました。


先ほどの『おすすめメニュー』以外のランチメニューです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

ランチメニュー

そば

○沖縄そば定食    880円
○ソーキそば定食   980円
○ラフテーそば定食 1050円


チャンプルー

○ゴーヤチャンプルー定食  880円
○フーチャンプルー定食   980円




○タコライス    880円
○石焼きタコライス 980円
○ラフテー丼    850円
○石焼きラフテー丼 880円


−−−−−−−−−−−−−−−−−


沖縄そばの下には


−−−−−−−−−−−−−−−−−
くくる食堂のおそばの麺は、八重山諸島独特の丸麺を使用しております。
沖縄そばといえば平麺を思い浮かべる方も多いと思いますが、八重山そば
の丸麺も、また違ったおいしさです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−



と書かれていました。


沖縄そばと『おすすめ』のソーキ丼で悩みましたが、やはり第一印象を取ることにします。
ごはんは沖縄っぽい『じゅーしー』(かやくご飯)にしました。



さらに、メニューをよく見るとこう書かれています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
小鉢と漬物、スープ付
※スープをミニそばに変更すると+130円です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−


スープをミニそばに変えます。
こうすれば、沖縄そばも味わうことが出来そうです。


スタッフは3人。
ホールスタッフの若い女性が2人と、キッチンにいる頭に手ぬぐいを巻いた店長さんです。




写真右は『石焼きのソーキ丼』です。

気さくな女性スタッフが(後で店長の奥さんと判明)が説明してくれました。


「こちらのタレを掛けて召し上がってください。」

「辛いんですか?」

「いえ、辛くありません。辛いのでしたらこちらをお使いください。」


カウンターの上にいくつかの小さな瓶が置かれています。


「こちらから、一味唐辛子、胡椒、そしてこれがアカコーレーグース、島唐辛子を泡盛に漬けたものです。」


まずはタレをかけて一口。
柔らかいソーキは付いてきたスプーンでも簡単に切れました。


カリカリのお焦げが芳ばしく、甘辛いタレをかけた『かやくご飯』との組合せもぴったりです。

スタッフの女性が教えてくれた沖縄の香辛料も全部試してみることにしました。

・一味唐辛子
・ピパーツ(島の胡椒)
・赤高麗辛子(アカコーレーグース)

全部に石垣島のロゴが入っています。


恐る恐る試していくうちに、だんだん病みつきになってしまいました。

アツアツの石焼に香辛料の心地よい刺激。
額に汗も浮いてきます。


プラス130円の沖縄そばにも箸をすすめます。
ほんのり甘い出汁と丸麺のそばも旨い!!


「どうぞ、これを使ってください。」


スタッフが団扇(うちわ)を持ってきてくれました。


「みなさん、石焼きを食べると汗が出てくるんですよ。」

「おいしかった。ちょっと癖になりそうな味ですね。ところでソーキは沖縄ってことはわかるんだけど、石焼きにするというのは沖縄では当たり前なのかな?」

「いえ、そうじゃないです。」


これはこの店のオリジナルとのことでした。



この店にはほかにも『石焼きタコライス』や『石焼きラフテー丼』というのがあります。


ただ、残念なことにこの『石焼ソーキ丼』は定番ではありません。


近いものでは、『石焼きラフテー丼』がありますが、こちらの『石焼ソーキ丼』の方が脂っぽくないとのことです。


近いうちに定番に格上げされるような気がするのですが・・・果たして?



安くておいしい『沖縄ごはん』
平日は、近所の会社などからのお客さんが集中する12時から1時は避けた方がよさそうです。

(アカコーレーグース)        (石焼きソーキ丼)
くくる食堂 アカコーレーグースくくる食堂 石焼きソーキ丼






★沖縄県石垣島よりお届けします★★強烈な辛さの万能辛味調味料★  【ゴーヤカンパニー】赤...








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ





このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。



<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい