ダイニングバー

2019年02月27日

Rich Life

ここもまた鎌倉六弥太のタドコロさんから聞いた店です。

所在地は材木座とありました。

アクセスはあまりよくありません。

鎌倉駅からは徒歩20分以上かかります。


今日は朝からの雨。

もっといい日がありそうですが、却ってこんな日もいいような気がします。

鎌倉駅から逗子行きの京急バスに乗って、材木座のバス停で降りました。(写真左)



バス停からはすぐなのですが、ちょっと迷ってしまいました。

写真右が今回の店『リッチライフ』のある路地になります。


丸くて黄色い看板が目印です。


向こうにR134とわずかに材木座の海が見えます。

(材木座バス停)      (リッチライフの路地)
リッチライフ バス停リッチライフ 路地
















傘をたたんで、ウッドデッキの先の入口ドアを開けました。


正面がキッチンで中にオーナーの男性、その手前のカウンター席に若い男性客が座っています。(写真左)

「こんにちは。どうぞ、そちらのテーブルで。」


やさしそうな声のオーナーが、入口横のテーブル席を指します。



このテーブルの奥にも、小さなスペースがあり、外に向いた窓と3つのカウンター席がありました。(写真右)

そのほか、表のウッドデッキにも椅子が用意されています。




入口の横の小さな黒板にランチメニューがありました。

------------------------------

Lunch Menu

本日のパスタ    1000円

a)ベーコンとキノコ

b)小柱のクリームソース

c)ヤリイカと菜花

※(サラダ・ドリンク付き 1500円)


グラスワイン   300円

バニラアイス   300円

------------------------------

『c』の『ヤリイカと菜花』と白のグラスワインを頼みました。

(キッチン)        (店内)
リッチライフ キッチンリッチライフ 店内2




















ガラス越しに外を見ながらワインを飲みます。

オーナーは目の前のお客さんと話しています。


雨は相変わらずしとしとと降り続いています。

ありふれているようで、そうそうあるものではない貴重な時を過ごしているような気もします。



ワインに次いでサラダが運ばれました。(写真右)

「これ、桃の実なんです。ワインに合うかと思って。」

サラダには、小梅ほどの大きさで、芯の部分がほんのりと桃色の実が半分に切られて乗っています。


珍しい桃の実のピクルスは、その酸味が食欲を増進します。

(店内から外)       (サラダ)  
リッチライフ 店内からリッチライフ サラダ
















「お待たせしました。」

テーブルにパスタが置かれました。


白い皿に盛り上がったパスタの周りに、丸いイカリング。

上には鮮やかな緑色の菜花が乗っています。


イカは地元のものだそうです。

ぷりぷりとした食感のヤリイカと、ほのかな苦みの菜の花の野性味に春を感じました。

少し固めのパスタもシンプルですが、塩加減もよく美味です。



横に置かれたバゲット。

食感はさっくりしていますが、小麦の味わいを感じるパンです。



キッチンを見ると黒板に書かれたメニューがあります。

--------------------------------------

献立

・前菜の盛合わせ
・オリーブ
・nichinichiのパン
・ミックスナッツ
・生ハムとサラミ
・アンチョビとバターのクロスティーニ
・焼きりんごとベーコン
・鶏レバームース
・リコッタチーズとハチミツ
・砂肝のコンフィ
・色々キノコのタルティーヌ
・モッツアレラ(BeBe)のサラダ
・トマトとモッツアレラのカプレーゼ

--------------------------------------



「ずいぶん、アラカルトのメニューがあるんですね。」

「まだまだですが、だんだん地元の方がリピーターになってきたので、少しずつ増えてきました。」


オープンは昨年の9月とのことです。

オーナーはもともとはイタリアンの出身。


海辺の路地にある立地ながら、アラカルトが充実していくのも、その味とオーナーの人柄にありそうです。




最後はコーヒーです。

オーナーがドリップで淹れていました。


「へぇ、丁寧にドリップで淹れてるんですね。」

「こういう場所ですから、1つ1つきちんとやっていかないと。」


温かいコーヒーを飲んでランチを終わります。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。」

オーナーの友人という百合丘の『nichinichi』のショップカードと、黄色い『Rich Life』のショップカードを持って外に出ます。


外はまだ雨が降っていました。

(ヤリイカと菜花のパスタ) (食後のコーヒー)
リッチライフ パスタCP2061416










++++++++++++++++++++++++++++++++++

●材木座「Rich Life」(Cafe,bar&good meal)
   電話 0467−40−4880
   住所 鎌倉市材木座6−4−4
   営業時間 火曜〜日曜日 10:00〜19:00 
        金曜〜土曜       〜22:00
   定休日  月曜日
   https://www.instagram.com/collina.kamakura/

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>








chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)

2015年08月26日

The Gazebo(ザ・ガゼボ)

真夏の葉山は避けていたのですが、急に思い立って行ってみることにしました。

写真左はJR逗子駅とその前のROTARYにあるバスターミナルです。

写真だと空いているように見えますが、実際はもっと賑わっていました。


京急バスに乗って降りたのが『元町』というバス停です。

横浜や神戸の元町と違って、都会的なものは全くありません。(笑)

(JR逗子駅前)      (京急元町バス停)
ガゼボ 逗子駅前ガゼボ バス停















今日行こうとしているのは、このバス停の近くにある『The Gazebo(ガゼボ)』というフィッシュ&チップスの店です。

名前はよく聞く『フィッシュ&チップス』ですが、周囲にほとんどなかったので実は初めての体験です。



写真左はガゼボの建物、右隣には『仙宝』という中華料理の店が入っています。


入口の上に『The Gazebo Fish&Chips』の文字。

店頭にはサーフボードを積んだオートバイが1台止まっていました。

海辺のゆるい雰囲気がいいですね。


そして右の写真が店頭にあったメニューです。

(ガゼボの建物)      (店頭のメニュー)
ガゼボ 建物ガゼボ メニュー













少しサンオイルの匂いのする店内に入りました。


すでに先客は2組、大きなテーブルの席に座っています。


「カウンター席の方にどうぞ。」

キッチンの前のカウンター席に席を取りました。。


カウンターの中には2人の男性スタッフとホールに女性スタッフが1人。

席に着くと女性のスタッフがメニューを持って説明してくれます。


「フィッシュアンドチップス、これが当店の一番おすすめのメニューです。」



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Today’s Special

1.Fish&Chips/Special
 ※マヒマヒ(地物)   2P 970円
             3P1295円
2.本日のポキ→イナダ(地物) 970円
 ※ポキ丼→1295円

3.地魚のグリーンカレー    970円

4.フレンチフライwithチリ 810円

5.平日ランチ限定 
  フィッシュバーガー     860円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



「スタンダードはカレイですが、スペシャルは地魚のマヒマヒになります。マヒマヒはシイラですね。スペシャルもスタンダードも2ピースと3ピースがあります。」


手元のメニューにはスタンダードは2ピースで760円、スペシャルはマーケットプライスとありました。


そのほかポキ丼とかジンジャーポーク丼、フィッシュバーガーなどもあるようです。


『フィッシュ&チップスのマヒマヒ」とプラス210円でサラダを注文しました。



写真右は生ビール!

海辺の街で昼から『フィッシュ&チップス』とビールという理想?を思い描いていたので注文してしまいました。

(店内からテラス席)    (生ビール)
ガゼボ 中からテラスガゼボ 生ビール














冷えたビールで喉を潤していると、まもなくフィッシュ&チップスが運ばれました。

「こちらのモルトビネガーはコクのあるイギリスのもの、こちらが軽めのアメリカのものです。お好みでお使いください。」


写真左は2種のモルトビネガー、イギリスはサーソン、アメリカはハインツのブランドでした。


「地物ってあるけど、マヒマヒは佐島ですか?」

「佐島も近いんですが、小坪のものを使ってます。」


「昔、江ノ島で釣ったこともあるけど、シイラって魚屋では見ないよね。」

「そうですね。シイラは足が速いんで流通しないんです。」


2つのビネガーを少しかけてマヒマヒを食べます。


カリッとしたフリッターのような衣と淡泊な白身魚のマヒマヒ。

軽いのでいくらでも食べられそうです。



昼になると店内はさらに混んできました。

ビールからは泡が消え、皿のポテトもなくなります。


ほろ酔いの頭で少しボーっとしていると、女性スタッフがこちらを向いて話しかけてきます。


「お口に合いましたか?」

「ええ、軽くておいしかったですよ。」

「有難うございます。」


食べ慣れていない感じが出ていたのかもしれません。


「ところで、マヒマヒってフィッシュ&チップスによく使われるんですか?」

「はい。イギリスではタラがよく使われていますが、アメリカではオヒョウやサーモン、ハワイではマヒマヒなどを使っています。うちもマヒマヒはよく使いますね。」



時間も経ったのでレジに向かいました。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。1780円になります。」



海の近くでビールを飲みながらフィッシュ&チップスを食べる。

本場とはちょっと違うかもしれませんが、ちょっと贅沢した気分で外に出ました。

(モルトビネガー2種)   (フィッシュ&チップス)
ガゼボ モルトビネガーガゼボ フィッシュ&チップス









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山町「The Gazebo」
Fish&Chips+Beach Food Deli

   三浦郡葉山町堀内387
   電話   046−874−9663 
   営業時間 月〜土 ランチ  11:30〜15:00(LO)
            ディナー 17:30〜21:00(LO)
        日曜日 ブレックファースト9:00〜11:30
            ランチ  11:30〜15:00(LO)
            ディナー 17:30〜20:00(LO)
        土日のみ15:00〜17:30 cafetime営業
        ※変更有最新情報はHP参照
   定休日  水曜日・第三火曜日
        ※毎年2月は休業予定とさせていただきます。
   http://www.gazebo-hayama.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>











chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい