カフェ&バー

2019年02月13日

Potatis(ポタティス)

1月も半ばを過ぎると、鎌倉はひと段落。

今日の江ノ電も空いていました。


この時期の穴場はR134沿いです。

澄んだ空気の中、江の島の後ろに真っ白な富士がくっきりと浮かぶのは、厳冬期ならではの湘南の風景です。



写真左は、R134と七里の海、そして江の島です。

このとおり晴れてはいるのですが、今日は江の島の右に現れる富士山付近にだけ雲が出ていました。

残念!!


行合橋から世界一の朝食のキャッチフレーズで有名な『bills』を横に見て、江の島方面に進みます。


まもなく建物が密集したエリアが現れました。(写真左)

(R134と七里の海)   (飲食店などの店)
ポタティス R134ポタティス R134と建物群















今日行くつもりの店は『ポタティス』という店。

店名の次に『FRENCH FRIES&SHAKES』とあるとおり、フレンチフライとシェイクの専門店です。


緩い海辺の雰囲気を漂わせるおしゃれな店なので、オジサンが訪れるにはこんな季節が一番だと思いました。




写真左が『ポタティス』の入口です。

階段の左側、半地下の店になっています。


木箱に入ったジャガイモの横を抜けて中に入りました。



簡単なイートインとテイクアウトの店のようです。


若い女性が2人、店の中央の円形のテーブルに座っていました。

店内には、この円形テーブルと、壁に面した棚状のテーブルが2つ、そして左側のキッチンの前にもカウンター席があります。

いずれも高い椅子が付いていました。



入って左側のカウンター席に座ります。


写真右は、そこから外を写したものです。

階段の下で、古い形の石油ストーブが燃えていました。


「こんにちは。」

髪の毛を上に盛って、バンダナをウサギの耳のように巻いた可愛らしい女性スタッフが声をかけてきます。

席に荷物を置いてキッチンに向かいました。

(ポタティス 入口)    (店内から外)
ポタティス 入口ポタティス 店内















メニューを見ます。

-------------------------------------

食事

クラムチャウダー      750円

フィッシュアンドチップス  750円

フィッシュサンド      600円

コロッケサンド       450円

シンプルドッグ       450円

-------------------------------------


値段の高いものは、ボリューム的にも中高年には多いような気がします。



「『シンプルドッグ』と『ポテト』だと量はかなり多くなるかな?」

「そうですね。シンプルドッグもけっこうボリュームがあるので、ポテトをSにされたらいかがでしょう?」


ポテトのSは500円、Lは600円とありました。


『シンプルドッグ』とポテトは『ウエッジ』のS、そしてビールは『レーベンブロイ』を頼みます。


-------------------------------------

ポテト


ステック

ウエッジ

ミニ

ラティスカット

ポムドパン

-------------------------------------



メニューには、それぞれのポテトの内容の説明があったのですが、注文した『ウエッジ』だけ書いておきます。

-----------------------------------------------------

カリッカリッ!クリスピー仕立てだけど中はホクホク。食感と旨味を一緒に楽しめます!

-----------------------------------------------------


ジャガイモを中心から放射状に切っていくとこんな形になります。

昔よく食べていた懐かしい形です。




席に戻って周囲を見ました。

写真左は、近くに置かれていた旅行鞄?と何か船の備品のようです。

他の場所には操舵輪も飾ってありました。


後からの知識ですが、この店は『船乗りが世界中のおいしいフレンチフライを求めて旅に出た』イメージがコンセプトになっているそうです。


『フレンチフライ』という言い方は、主にアメリカなどで使われる呼び名です。

店の雰囲気もアメリカを感じます。



アメリカンな店内で、ホップの苦みと深いコクのレーベンを一口だけ飲んでポテトを待ちます。(写真右)

アメリカでなくドイツのビールですが、そこまでのこだわりはありません。

(アンティークな物)    (レーベンブロイ)
ポタティス 古いカバンポタティス レーベンブロイ



















カウンターテーブルに三角の袋に入ったポテトが置かれます。

ご覧のとおりちょっと変った形です。(写真左)


流木のような木の台にこれも同じ流木のような棒状の木が立てられています。

この棒に太めの針金で作った輪が結ばれており、その輪にポテトの袋がストンと入っていました。





最初は素揚げのポテトだけで食べます。

『ウエッジ』という名前は知らなかったのですが、昔から家庭で揚げられているくし切りのポテトフライです。


アイダホ産のポテトは典型的な『外はカリッと中はホクホク』

やめられないとまらないが続きます。



途中で明太マヨのディップを開けました。

もちろん明太マヨを付けても旨い!




そして『シンプルドッグ』が運ばれます。(写真右)


ホットドックはソーセージを細長いバンで挟んだものという先入観があるのですが、出てきたのは丸いパンをサイドから切ってありました。

前から見ると、パックマン風のドックです。



パンは鵠沼『ボヌール』の特注パンとありました。

かぶりつくと、プリっとソーセージが割れて肉汁がこぼれました。



ホントはもっとゆっくりしたかったのですが、椅子が高くて足が届きません。

足が短いわけではなく、椅子が高いんです。(笑)

宙に浮いた足がちょっと不安定です。


ビールもポテトもなくなったので、店を出ました。

この店のもう1つの看板メニュー『濃厚バニラシェイク』は次回に持ち越すことにします。

(ウエッジ)        (シンプルドッグ)
ポタティス ウエッジポタティス ホットドッグ









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●七里ガ浜「Potatis(ポタティス)」
   (FRENCH FRIES&SHAKES)
   電話 0467−32−1177
   住所 鎌倉市七里ガ浜1−3−12 
   KAMAKURA310ビル1F
   営業時間 9:30〜18:00(LO 17:30) 
   定休日  木曜日 第2・4水曜日
   https://potatis.blue/

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>









chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)

2018年05月09日

m'terrace kamakura(エムズテラス)

長谷大仏へ向かう道を左に入った奥に『鎌倉能舞台』という『能楽』の施設があります。

出来たのは昭和45年。

ただ、文化施設なので観光客が訪れることはあまりありません。



写真左は『鎌倉能舞台』に入る路地の入口です。

『鎌倉能舞台』の案内看板もありますが、手前の蕎麦店『土手長』を目印にするのがわかりやすいと思います。



参考までに鎌倉能舞台の写真を載せておきます。(写真右)

公演日は少ないのですが、能面・装束・楽器などを展示する『能楽博物館』もありますので興味ある方は是非行ってみてください。

(路地入口)        (鎌倉能舞台)
エムズテラス 路地入口エムズテラス 能舞台
















今回の店『m’terrace kamakura』は、この能舞台へ向かう道の途中にありました。


写真左は『エムズテラス』の建物です。

緑の多い静かな環境の中に、ウッディな2階のテラスが目立っています。



普通の住宅のようでもありますが、建物の前、2階入口に続く階段の前に看板が2つ立っているので、ここが飲食店なのがわかります。



ちょっと気になったのが、駐車場の上、テラス席からぶら下がっている木の板。

シンプルな大仏のイラストが描かれています。

-------------------------------

m’s 大仏焼
Daibutu-Shaped PANCAKE

-------------------------------


m’s 大仏焼って何?

(エムズテラスの外観)   (2階 入口)
エムズテラス 建物エムズテラス 入口
















写真左は2階の店内です。

モノトーンが基調の大人の雰囲気の店内には、テーブル席とカウンター席、テラス席合わせて30席ほどがありました。



エプロンを付けた男性スタッフに案内され、奥のテーブル席に座ります。

入口右側がキッチンで、こちらには垢抜けた若い女性が1人。




メニューを見ます。

-----------------------------------

Lunch Time Menu


本日のプレート 1200円

本日のパスタ  1100円

アジア風チキンライス 1200円

ハワイ風ロコモコ   1280円

+お飲み物をお選びください。

アメリカーノ

本日の紅茶 

ルイボスティー


<アルコール>

生クラフトビール  800円

グラスワイン    800円

-----------------------------------



本日のプレートはカレーとキーマカレー。

キーマカレーを注文しました。


そして2種類あるクラフトビールから、ルビー色が鮮やかな『ジャズベリー』を頼みます。




写真右が『ジャズベリー』です。


まずは冷えた『ジャズベリー』を一口。

思った以上にフルーティーなビール、初夏のような今日の陽気にも合っています。

(店内の様子)       (ジャズベリー)
エムズテラス 店内エムズテラス ビール
















店の知合いのように見える女性たちがテラス席に着きました。

男性スタッフが注文を取りに行きます。


余談ですが、キッチンにいる女性がオーナーで男性はスタッフとのことです。




こちらにはキーマカレーが運ばれました。(写真左)

「ニンジンは齧って召し上がってください。」


ご飯とキーマカレーを囲むように、長い緑の葉の付いた赤いニンジンが添えられています。


「葉っぱも食べられるんですか?」

「食べられないことはないと思いますが、生ではちょっと。」


キッチンからオーナーが答えました。




まずはキーマカレーとご飯を一緒にスプーンに掬いました。


スパイシーなカレーに挽肉の食感。

食べやすくシンプルで自然なおいしさです。


途中で、小ぶりなニンジンの葉の付け根を持って齧ってみました。

ほんのり甘く、ちょっぴり野性味も感じます。





来るときに気になっていたのが『m’s 大仏焼』です。


スタッフを呼んでもう一度、メニューを見せてもらいました。


『m’s Daibutu』は180円とあります。


大仏焼は抹茶とプレーンがありますが、プレーンを頼みました。

合わせて頼んだドリップコーヒーは480円です。






写真右がコーヒーと大仏焼です。

ほっこり温かい大仏焼は、鎌倉大仏をシンプルにデザインしてありました。

千切ると中から餡子が出てきます。


皮は芳ばしく餡も甘すぎず、これもシンプルながらおいしい!!





支払いをしにオーナーのいるレジに向かいます。


「大仏焼も皮が芳ばしくて美味しかったですよ。ここの名物なんですね。」

「はい。私が絵を描きました。これがそうなんです。」


レジの後ろのキッチンに金属の大仏の型が見えました。

「型を作ってもらいました。これから流行らせますよ。」(笑)



面白そうなオーナーは料理教室もやっていて、金曜日と土曜日はBARタイムもあるそうです。

(キーマカレー)      (名物 大仏焼)
エムズテラス キーマカレーエムズテラス 大仏焼









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「m’terrace kamakura」(カフェ&バー)
   鎌倉市長谷3−2−9−1 
   電話 0467−795−1162
   営業時間
   11:30〜Sunset
   11:30〜22:00(金・土曜日)
   定休日  月・火曜日
   http://www.ms-terrace-kamakura.com

++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)

2017年06月07日

BEACH GLASS

鎌倉もだんだん夏モードになってきました。

そんなときにテレビで見たのが『アイスブリュードコーヒー』というコーヒーです。


ビールサーバーのようなところから、グラスに注がれるコーヒー。

ビールと同じように上の方は泡になっています。


まもなく、そのコーヒーが飲めるカフェが鎌倉にも出来たという話を聞きました。



場所は由比ガ浜とのこと。


写真左は江ノ電の和田塚駅です。

この道をそのまま最後まで行くと、写真右の『鎌倉海浜公園』に出ます。

(江ノ電和田塚駅)     (海浜公園)
ビーチグラス 和田塚ビーチグラス 海浜公園















『アイスブリュードコーヒー』のあるカフェ『ビーチグラス』は、和田塚駅から100mほど行った先の路地を右に曲がったところにありました。(写真左)

『由比ガ浜ホームズ』というマンションの前になります。




写真右は『ビーチグラス』の全景です。


海からは4〜500m離れてはいますが、ビーチパラソルのあるテラス席などもあって、ちょっとリゾートの雰囲気もします。

(ビーチグラスの路地)   (テラス席と店舗)
ビーチグラス 路地ビーチグラス 店














写真左は店頭のメニュー看板です。

ここには『アイスブリュードコーヒー』は出ていませんでした。



テラス席には男性客が2組。

こちらは建物の中に入りました。



キッチンには若い女性スタッフが1人。

奥のテーブルに座ってメニューを見ます。



-----------------------------------------

ICE BREWED COFFEE

鎌倉初上陸

鎌倉初上陸の『アイスブリュードコーヒー』は、
新感覚のアイスコーヒーです!

窒素とアイスコーヒーが撹拌されることでとってもなめらか、
クリーミーで飲みやすいアイスコーヒーに♪

中略

アイスブリュード
           600円

アイスブリュードオレ

-----------------------------------------




目的の『アイスブリュード』ですが、今日はまだ昼食を食べていません。




メニューをめくってフードメニューを見ます。


-----------------------------------------

FOOD MENU

本日のパスタ

・彩り野菜のトマトパスタ   900円

・きのこの濃厚クリームパスタ 900円 SOLDOUT

ごはんもの

・本日のカレー        800円

・タコライス         900円

ホットサンド

・特製チキンのホットサンド  800円

・カレーサンドマン      500円

本日のおつまみ     300円〜

・生ハム&チーズ    450円

-----------------------------------------



「本日のカレーって?」

「今日はキーマカレーです。」

「じゃ、そのキーマカレーと辛口のジンジャーエールをください。」


ドリンクは400円です。

(メニュー看板)      (店内)
ビーチグラス メニュー看板ビーチグラス 室内



















その後、キッチンに入った男性スタッフが注文を運んできました。

「キーマカレーとジンジャーエールです。」


フリスビーのように丸く盛られたご飯にキーマが乗っています。

上にかかったバジルの上にさらに一味唐辛子をかけました。


スパイスの利いたキーマの刺激と、ジンジャーエールのはじける泡が、初夏の気分を盛り上げます。

外の日差しも少し増したような気がしました。



キーマが残り少なくなったので、キッチンに声をかけます。


「『アイスブリュードコーヒー』お願いできますか?」

「はい。」



ちょっと近くに寄って見せてもらいます。



下のタンクに事前に落としたコーヒーが入っているそうです。

アイスコーヒーと窒素とが撹拌されサーバーからコーヒーが注がれました。

そして、最後にクリーミーな泡が乗ります。


今日はコロンビアの豆ですが、固定しているわけではないそうです。



泡の下のコーヒーを飲みました。

爽やかな風味とコーヒーの泡の感触。


最後にコーヒーの香りが残ります。




『アイスブリュードコーヒー』

演出効果もあって今年の夏にはブレイクするかもしれません。


果たして流行の先取りになったのでしょうか?

(キーマカレー)      (アイスブリュードコーヒー)
ビーチグラス キーマビーチグラス サーバー






++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「BEACH GLASS(ビーチグラス)」(カフェ&バー)
   鎌倉市由比ガ浜3−5−5
   電話   0467−67−1229
   営業時間 店内 11:00〜19:00
        店外 11:00〜17:00
   定休日  月・火曜日 
   https://www.cafe-beach-glass.com/
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++







< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>




chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい