ほうとう

2016年06月29日

食処笑処 ははは

最初に聞いたときは思わず聞き返してしまいました。

店名は『食処笑処 ははは』


店名だけでは何の店か判断がつきませんが、『ほうとう』の店で、カフェでもあるようです。

場所は八幡宮の裏手、旧巨福呂坂の奥とのこと。



写真左は、鎌倉十井(かまくらじっせい)のひとつ鉄の井(くろがねのい)になります。

小町通りは、ここで八幡宮の前を横切る横大路と出会います。




今回は、賑わう八幡宮の三の鳥居とは反対方向、鎌倉街道を北鎌倉方面に進みました。

まもなく左手に『里のうどん』、そして、その先に左へ曲がる道が見えてきます。

(くろがねの井)      (里のうどん)
ははは 鉄の井ははは 里のうどん

















写真左は、左折する路地の入口です。


『Pあり ほうとう』の大きな看板がありました。

右側に見える鳥居は八幡宮の鳥居で、その手前には『自動車お祓い所』が見えます。



看板に店名はありませんが、『ほうとう』とあるので『食処笑処 ははは』の案内看板に間違いないはずです。




まもなく左手に、風情ある冠木門と風にそよぐ暖簾の店を見つけました。


暖簾には笹竜胆の紋と『人力車&茶房』と『有風亭』の文字。


ここは鎌倉人力車の草分け青木登さんの店です。

人力車の他、着物レンタル、茶房などを営んでいます。

(案内看板)        (有風亭)
ははは 案内看板ははは 有風亭



















さらに奥へ歩いて行くと、道は二手に分かれていました。


右手は坂になっていて上にのぼっていきます。

左手の道はトンネルに繋がっていますが、トンネルの入口は鉄の柵で塞がれていました。


その前には車が2台止まっています。




トンネルの手前に高い石垣があり、その上に古い建物がありました。

石垣の横、階段の上り口は扉が開いていますが『支度中』となっています。


※『写真は商ひ中』と表示されていますがこれは帰りに撮ったものです。


上を見上げると大きな木の看板に、『食処笑処 ははは』と書かれていました。(写真右)


狭い石の階段を上がっていきます。


(入口の階段)       (店名看板)
ははは 入口ははは 看板

















古民家の中に入りました。

「あの、支度中になってるんですけど大丈夫ですか?」

「はい。大丈夫ですどうぞ。」


客室は畳敷きです。(写真左)


様々な形のテーブルが6つ置かれていました。

隅の方では1人の年配の男性客がすでに食事をしています。



一番奥のテーブルに席を取りました。

久しぶりの胡坐座りです。



男性スタッフが、向こうにあった細長い板をドンと窓際に立てかけました。


これがメニューになります。


--------------------------

ほうとう    900円

豆乳ほうとう 1000円

フォーとう  1200円

つけめーん   700円

黒ごま味噌
つけめーん   750円

麺大盛プラス100縁(ママ)

酵素玄米おむすび

甲州小梅    230円

おかか     230円

しぐれ味噌   250円


ははは定食

お好きなほうとう
冷たい麺に  +480円

おむすび  香の物

小鉢 ミニデザートをお付けします

※外税
--------------------------


定食なら小鉢やおむすびデザートなども付くとのことですが、ちょっとボリュームがありそうなので単品の『豆乳ほうとう』にしました。

小さ目という『おかかのおむすび』を追加します。




最初に大きなメニューを持って来てくれたのがオーナーとのことです。

オーナーに聞くと、ここは明治39年の建築で築111年になるそうです。


鎌倉には古民家カフェやレストランも多いのですが、明治の建築というのは初めてでした。




写真右が運ばれた注文の品。

ほうとうの鍋の横にあるのが、ちょっと色黒の酵素玄米のおむすびです。



小さな器に香の物もありました。

鍋の中には、定番のカボチャやジャガイのほか油揚げなどたくさんの具が見えます。


長い柄の付いた小さな柄杓でスープを掬いました。


なるほど、通常のほうとうより濃厚でコクがあります。


自然な甘味がする美味しいスープでした。

モチモチとした幅広の手打ち麺の食感もよかったです。


全体に身体によさそうなメニューでした。


オーナーの話では、飲食のほか古着や染色、ヨガなどもやっているようでさらに多彩な展開もあるとのことです。



支払いを終えて外で休憩していたスタッフに、入口横の店名看板のことを聞きました。


「この『ははは』ってどういう意味なんですか?」

「『はじめ』の『は』と『母』の『はは』で『ははは』です。」


「『はじめ』の『は』って?」

「ああ、『サトウハジメ』って言うんです。」


オーナーの名前でした。

ただ、なんで『母』が出てくるのかはわかりません。


鎌倉古道の行き止まりにある、畳敷きのほうとうの店。

胡坐が少々つらいのを除けば、長居したい場所の1つになりそうです。

(古民家の店内)       (豆乳ほうとう)
ははは 店内ははは 豆乳ほうとう








++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「食処笑処 ははは」(ほうとう屋・ごはん屋)
   鎌倉市雪ノ下2−6−11
   電話   0467−38−4504
   営業時間 12:00〜18:00
   ※今後営業時間の変更あり
   定休日  月曜日 

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>






chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい