タイ料理

2016年09月07日

Baan Hua Don(バーン・フア・ドン)

鎌倉西口、鎌倉駅ホーム沿いの道が賑やかになってきました。

豆富ハンバーグの『鎌倉六弥太』や、定食&カフェの『Sahan』のある建物の並びに、最近2つの店がオープンしました。


1つ目はイタリアンの『オステリア ジョイア』、そして今回の『バーン・フア・ドン』という店です。





写真左は、鎌倉駅ホームから上りの線路越しに写したものです。


右側のビルに『鎌倉六弥太』と『Sahan』、その隣の建物に『オステリア ジョイア』、『バーン・フア・ドン』が入っています。



線路を越していけば30秒もかからない距離ですが、そうもいきません。

西口改札を出て、横浜銀行ATM横の路地に入っていきます。(写真右)

(鎌倉駅ホームから)    (西口からの路地)
タイの食堂 ホームからタイの食堂 鎌倉西口からの路地
















先ほど、ホームから見えていた道です。(写真左)


手前に赤・白・青の横じまのタイ国旗があります。


今日は朝から雨の降りそうな曇り空、サンドイッチ看板にはビニールが掛かっていました。




もう少し近づきます。

路地の入口には写真入りのメニュー看板がありました。


------------------------------

・ガパオライス
・カオマンガイ
・ガイ・パッ・ポンカリー
・パッタイ
・センレック・ガイ・ナーム・サイ
・センレック・トムヤム
・カオパット・トムヤム
・ゲーン・キィアオ・ワーン

------------------------------





看板の横を通って、ビルの横の狭い道を進みます。

途中『タイの食堂→』の案内板の所には胡蝶蘭の鉢が置かれていました。


『バーン・フア・ドン』は6月末にオープンしたばかりです。

(ホーム前の道)      (メニュー看板)
タイの食堂 ホーム前の道タイの食堂 メニュー看板
















突当りのドアの前に、大きな缶ビールを模したものがありました。(写真左)

『SINGHA』の文字と獅子のイラスト。

タイのビールのようです。




店内には、6つのカウンター席と、3テーブル10席が置かれていました。(写真右)


一番奥のカウンター席に座ります。




スタッフの女性がメニューを持ってきてくれました。

ランチはいずれも1000円です。





目の前にドリンクセットの表示も出ていました。

------------------------------

DRINK SET

Thai Beer Set   +550Yen


・Singha(シンハー)
・Chang(チャーン)
・Leo(リオ)

------------------------------


そのほかにSpyというワインクーラー(カクテル)が3種類、ハートランドの生、ソフトドリンクなども用意されています。




しばらく考えて、キッチンに声を掛けると今度は男性のオーナーが来てくれました。



ランチは、メニュー看板と同じ8種類の中からガパオライスに決めます。


そしてオーナーにこれに合うビールを聞き、Leoブランドのビールも頼みました。


リオビールの説明書きには『タイ国内ナンバーワンのシェア。爽快でライトな感じのビールです。」とあります。



ガパオライスは鶏肉と豚肉がありますが、今日は豚肉にしました。

(店の入口)          (店内から)
タイの食堂 入口タイの食堂 店内


















キッチンの中はカウンター席から見えそうなのですが、スパイスの瓶や器具などが並んで視界を阻んでいます。



エキゾチックな音楽が流れ、スパイスの香りも漂う店内は、以前一度だけ行ったタイの雰囲気もちょっと感じました。





『Leo』の保冷カバーに入った小瓶が出てきます。

ただ、グラスには『Singha』のロゴがありました。




冷えたビールをまずは一杯。

すっきりとした飲み心地のビールです。



まもなく、ボウルに入ったサラダが置かれました。

これはタイ風というのではなく通常のサラダです。



そして、最後にガパオライスがきます。

ガパオライスのプレートの他に、冬瓜のようなものが入ったスープが付いていました。



プレートの真ん中にジャスミンライスの丸い山。

上にはフライドエッグが乗っています。


その横に、豚の挽き肉と玉ねぎや唐辛子などの野菜と、ガパオ(タイホーリーバジル)を炒めたものが置かれていました。



甘辛のソースとガパオのスパイシーな香り。

少し濃いめのスースとさっぱりしたジャスミンライスとの組合せが、バンコクの屋台の
店を思い出させます。


次に、上の目玉焼きを崩して一緒に食べてみます。

安心できるB級グルメの味になりました。




女性グループが入ってきます。

こちらは残りのビールを飲んでランチを終ります。



レジには女性スタッフ。

「センコヒャクゴジュウエンデス。」


タイの人でオーナーの奥さんのようでした。

ちょっと聞いてみました。


「おいしかったです。ナンプラーが入ってるんですか?」


やり取りを聞いていたようで、答えはキッチンから返ってきました。

「はい。少し入ってます。」


鎌倉駅が見える場所で、真夏に食べるタイ料理も悪くありません。


※8月15日からは夜営業開始とのこと。
17:30〜21:30(LO21:00)

(タイビールとサラダ)   (ガパオライス)
タイの食堂 ビールとサラダタイの食堂 ガパオライス











++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「Baan Hua Don」(タイ料理)
   鎌倉市御成町13−40 ヒラソル鎌倉1F
   電話   0467−67−0967
   営業時間 11:30〜15:00
        17:30〜21:30(LO:21:00)
   定休日  フェイスブック参照
   https://www.facebook.com/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%A0%82-Kamakura-Baan-Hua-Don-1311304398886417/

++++++++++++++++++++++++++++++++++




< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>












chefcomi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい