サンドイッチ

2019年04月01日

フツウニフルウツ

鎌倉駅東口、東急ストアの近くに『丸七商店街』という昭和の名残のような一角があります。

ここに『フツウニフルウツ』というフルーツサンドイッチの店が出来たのは2018年の6月。

フルーツサンドイッチというお洒落な食べ物の店ですが、昭和33年創業とある『丸七商店街』にすっかり同化していたので個人店とばかり思っていました。


『ぶらぶらサタデー』という番組で『フツウニフルウツ』が取り上げられ、あらためて、ここのフルーツサンドイッチ
がちょっと食べたくなりました。


レトロな商店街の店ですが、フルーツサンドイッチの店はオジサンにはちょっと入りづらい。


とりあえず、現地の様子をみて決めることにしました。


写真左は、東急ストア(右側がそうです)から丸七商店街に向かう道になります。
※正面突き当たりが丸七商店街です。


そして、写真右が丸七商店街入口。(写真右)

狭いところに18の店が入っています。


丸七商店街の大きな看板の下に、『フツウニフルウツ』のサンドイッチ看板もありました。

(東急ストアの先)     (丸七商店街入口)
フツウニフルウツ 東急ストア前フツウニフルウツ 丸七入口















『いらっしゃいませ』と書かれた下をくぐり中に入ります。(写真左)

左側に花屋、正面におでんの提灯が見えます。


写真ではわかりづらいのですが、花屋さんの前が『フツウニフルウツ』の店になります。


写真右は反対側から店頭を写したものです。


ショーケースの上に小窓があり、横に紺色の戸があります。

紺色の引き戸の上は、モザイクのようなガラスがいくつか組み合さっていました。



店の上部が古びて字も消えかけている横長の看板がそのまま残っています。

よく見ると、

-----------------------------------------
雪印牛乳
鎌倉駅前販売所 江原牛乳店
-----------------------------------------

とあります。


ここにあったのは牛乳屋さんでした。

(丸七の中)        (フツウニフルウツ店頭)
フツウニフルウツ 丸七の中フツウニフルウツ 店頭














店に近づくいて、ショーケースを覗きます。

ショーケースにいっぱいのフルーツサンドイッチが入っていました。

キャラメルフジン、ミカンサン、コーヒーバナナ、チョコポン、冬イチゴ、レモンサン、ベーコンとハニーアップル、いちごみるみる、フツウニフルウツ。

独特なネーミングが面白い。


そのほか、イチゴギュウニュウ、コーヒー牛乳、ミックスフルーツの3種のドリンクもあります。



小窓から覗くと中にはお客さんは1人もいません。

チャンス!!




窓からスタッフに聞きました。


「中でも食べられるの?」

「はい。先にこちらで会計をお願いします。」

ショーケースをあらためて眺めます。

目移りしますが、迷っている時間はありません。


「これが基本だよね。」

「はい。」

基本とは、店名が付いた『フツウニフルウツ』というサンドイッチ。

飲み物は牛乳系も名物のようですが、今日は温かいコーヒーにしたいと思います。


「カプチーノにしよう。」

「あの、そちらの方は私は出来ないんで。」


「誰だったら出来るの?」

「もう、1人店長がいます。」


ということでカフェラテに変更します。


フツウニフルウツ380円とカフェラテ500円で880円を支払って中に入りました。



写真右が室内です。


左側がキッチン、剥き出しの板が無造作に打ち付けられている感じのシンプルな造り。

スタッフは、先ほど応対してくれた若い女性が1人だけでした。


このスタッフに聞くと、椅子は平均台、テーブルは古くなった学校の机だそうです。

10cm幅の平均台は長時間の滞在はちょっときついかもしれません。

(ショーケース)      (フツウニフルウツ店内)
フツウニフルウツ ショーケースフツウニフルウツ 店内















コーヒーがきたので『フツウニフルウツ』の包装を外します。

切り口にバナナ・キウイ・オレンジ・グレープフルーツが見えました。


ガブリとひと口。

みずみずしいフルーツとしっとりしたパン。

挟まるクリームは滑らかですが、それほど甘くはありません。


「もっと甘いかと思った。」

「クリームにマスカルポーネチーズが入っています。」


気さくなスタッフと話しているうちに『フツウニフルウツ』がなくなりました。

コーヒーはまだ少し残っています。

「女性でも2つくらいぺろっと食べちゃう方もいらっしゃいますよ。」


スタッフに最初に言われたことを思い出しました。


「追加してもいい?」

「有難うございます。」


「今だと、何がいい?」

「いちごですね。」


2種類のイチゴメニューから、求肥と餡の上にクリームといちごが乗っている『冬いちご』を追加しました。

450円を支払います。


いちご大福でありませんが、餡といちごが合うのは予想通り。

甘酸っぱいいちごで春を味わいます。



スタッフの話では、パンは系列の『パンとエスプレッソと湘南と』から仕入れているとのこと。

地域によってパンの味を変えているとも聞きました。


また、メニューも『フツウニフルウツ』は定番ですが、そのほかは店や季節で違うとのことです。


チェーンの各店のメニューが、各店舗の長に任されているという社風も面白いと思いました。



今日は思い切ってフルーツサンドイッチの店に入り、フルーツサンドイッチを満喫することが出来ました。

よかった!!

よく笑う楽しいスタッフが、オジサンの相手をよく務めてくれたことにも感謝して、そろそろ引き上げることにします。


「ごちそうさま。」

「有難うございました。また、いらしてください。」



店を出ると、20歳くらいの女の子たち3人が、この店を指しながらこっちへ向かってきます。


このグループが『フツウニフルウツ』の窓口に留まったのを見て丸七商店街を出ました

(フツウニフルウツ&ラテ) (冬いちご)
フツウニフルウツ フツウニフルウツ&ラテフツウニフルウツ イチゴ求肥餡









++++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所」(イタリア食堂)
   電話 0467−33−5835
   住所 鎌倉市小町1−3−4 丸七商店内
   営業時間 10:00〜18:00
   定休日  不定休

++++++++++++++++++++++++++++++++++








< にほんブログ村 ↓>

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ




このブログは日本でただひとつの湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ『オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉』の附属ブログです。
『湘南・鎌倉の食べ歩きメルマガ』は他にないので、多分「日本一」だと思います。(笑)

よろしければ合わせてお読みください。




<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>

〜 メルマガの登録は下記からおねがいします!! 〜

<オーナーシェフ&料理人ガイド 湘南・鎌倉>





chefcomi at 09:15|PermalinkComments(0)
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい