アフリカ理解プロジェクトのイベント情報

アフリカ理解の促進を通じて地球市民の育成を目指すNGO、アフリカ理解プロジェクトが企画するイベント情報です。

31 5月

森のコーヒー勉強会2020・報告書

図1

森のコーヒー勉強会2020

今、世界中で愛飲されているコーヒーは、エチオピアの森がふるさとです。オロミア州から南部諸民族州にかけて、原種コーヒーノキの自生する森が広がっています。この森や原種コーヒーノキは、私たちと無縁ではありません。「環境」「生物多様性」「文化」をキーワードに、エチオピア、森林、コーヒー、そして私たちが考えるべき課題について勉強してみましょう。

アフリカ理解プロジェクトはJICA がエチオピアで実施している「森林コーヒープロジェクト」との共催で、森のコーヒー勉強会を4 回にわたって開催します。

第1 回:導入編 1 月12 日 駐日エチオピア大使館
第2 回:経済編 2 月9 日 JICA 地球ひろば
第3 回:環境編 3 月8 日 5月17 日に延期JICA 地球ひろば
※新型コロナウィルス感染拡大防止対策を受けて(2020/2/26 現在)
第4 回:行動編 4 月19 日 JICA 地球ひろば

各回の報告書を以下に掲載しますので、どうぞご覧ください。

2020年1月12日
第1回勉強会「導入編 私たちにとって大切な森の原種コーヒー」
 報告書 資料1 資料2 資料3

2020年2月9日
第2回勉強会「経済編 コーヒーの流通」
 報告書 資料1 資料2
25 1月

【5/17に延期となりました】3/8→5/17 森のコーヒー勉強会:環境編:気候変動、生物多様性、環境保全について

図8


コーヒーが生まれたエチオピアの森

今、世界中で愛飲されているコーヒーは、エチオピアの森がふるさとです。オロミア州から南部諸民族州にかけて、原種コーヒーノキの自生する森が広がっています。この森や原種コーヒーノキは、私たちと無縁ではありません。「環境」「生物多様性」「文化」をキーワードに、エチオピア、森林、コーヒー、そして私たちが考えてみるべき課題について勉強してみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月17日(日)14:00-16:00 (受付13:45から)

共催:アフリカ理解プロジェクト・
   JICAエチオピア森林コーヒープロジェクト

プログラム
講義1:「地球規模の課題に向けた取組み」阪口法明(JICA)
講義2:「森と人々の暮らしを守る」高橋康夫(IGES:地球環境戦略研究機関)

質疑応答

参加費:¥1,000(当日払い)
募集人数:100名(定員になり次第締め切ります。) 

会場:JICA地球ひろば市ヶ谷
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町10−5
電話:03-3269-2911
  
申込みサイト:https://forms.gle/CST5c6aiSjkSC8uE8
お問い合わせ:events@africa-rikai.net またはFAX03-3758-5665

第3回勉強会のフライヤーをダウンロードいただけます。
http://africa-rikai.net/flyers/ForestCoffeeSeminar_3.pdf
---------------------------------

第4回の予は以下の通りです(会場:JICA地球ひろば市ヶ谷)。

4月19日(日)第4回 行動編(消費者から見た森林コーヒーについて)
講師:池上甲一(近畿大学)、若林茜(スターバックス)、日比保史(CIジャパン)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
共催 アフリカ理解プロジェクト 
    146-0093 東京都大田区矢口1-11-8
      http://africa-rikai.net 
   JICAエチオピア森林コーヒープロジェクト
      https://www.jica.go.jp/project/ethiopia/006/index.html 
4 1月

2/9 森のコーヒー勉強会 経済編:コーヒーの流通

図1

コーヒーが生まれたエチオピアの森

今、世界中で愛飲されているコーヒーは、エチオピアの森がふるさとです。オロミア州から南部諸民族州にかけて、原種コーヒーノキの自生する森が広がっています。この森や原種コーヒーノキは、私たちと無縁ではありません。「環境」「生物多様性」「文化」をキーワードに、エチオピア、森林、コーヒー、そして私たちが考えてみるべき課題について勉強してみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
満席となりました。

2月9日(日)14:00-16:00 (受付13:45から)

共催:アフリカ理解プロジェクト・
   JICAエチオピア森林コーヒープロジェクト

プログラム
14:00 あいさつ、趣旨説明
14:10 講義1:「認証制度の森林保全効果と消費者の購買行動」 高橋 遼(早稲田大学)
15:00 講義2:「零細コーヒー輸入業者の苦労と幸運、そして役割」 牛尼恭史(アフリカンスクエアー)
15:40 質疑応答

参加費:¥1,000(当日払い)
募集人数:40名(定員になり次第締め切ります。) 

会場:JICA地球ひろば市ヶ谷
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町10−5
電話:03-3269-2911
  
申込みサイト:https://forms.gle/csURkra21EkjZjRe6
お問い合わせ:events@africa-rikai.net またはFAX03-3758-5665

第2回勉強会のフライヤーをダウンロードいただけます。
http://africa-rikai.net/flyers/ForestCoffeeSeminar_2.pdf
---------------------------------
1/12の第1回勉強会は満席でキャンセル待ちとなっています。

第3回、第4回の予は以下の通りです(会場:JICA地球ひろば市ヶ谷)。

3月8日(日)第3回 環境編(気候変動、生物多様性、環境保全について)
講師:高橋康夫(IGES)、阪口法明(JICA)

4月19日(日)第4回 行動編(消費者から見た森林コーヒーについて)
講師:池上甲一(近畿大学)、調整中(CIジャパン、スターバックス)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
共催 アフリカ理解プロジェクト 
    146-0093 東京都大田区矢口1-11-8
      http://africa-rikai.net 
   JICAエチオピア森林コーヒープロジェクト
      https://www.jica.go.jp/project/ethiopia/006/index.html 
ギャラリー
  • 森のコーヒー勉強会2020・報告書
  • 【5/17に延期となりました】3/8→5/17 森のコーヒー勉強会:環境編:気候変動、生物多様性、環境保全について
  • 2/9 森のコーヒー勉強会 経済編:コーヒーの流通
  • 【7/6ワークショップレポート】アフリカ布でつくるスカート@and Made
  • 【7/6ワークショップレポート】アフリカ布でつくるスカート@and Made
  • 【7/6ワークショップレポート】アフリカ布でつくるスカート@and Made
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード