アフリカ理解プロジェクトのイベント情報

アフリカ理解の促進を通じて地球市民の育成を目指すNGO、アフリカ理解プロジェクトが企画するイベント情報です。

29 3月

【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」

募集型企画支援プロジェクト

ガールスカウト東京都第36団 
アフリカ料理を作ってみよう!集会 報告
日 時 :2021321日(日)10301330

実施方法:オンライン(Zoom

参加者 :ガールスカウトの会員(中学生~成人)

参加人数:中学生12人 高校生年代1人 成人(指導者)13人 ARPスタッフ  2人 GS36 4人     合計:32

参加者の都道府県:北海道、宮城県、埼玉県、東京都、大阪府


【プログラム】
・主催者あいさつ、アフリカ理解プロジェクト活動紹介
・参加者自己紹介、アフリカの印象を一言
・エチオピアスタディツアー(スライド、動画)
・質疑応答
・アフリカ料理を作ってみよう!チキンザルマ、アボカドジュース

今回の料理動画は、YouTube「アフリカ理解チャンネル」で公開しています。IMG_20201119_073206

IMG_20201119_071236

ガールスカウト36団は、企画支援プロジェクトの支援を受け、動画制作や講座などをオンラインで開いています。
3EC5FFBF-D9FC-4433-A6F8-2786A05A3D46
IMG_20201011_121449t
IMG_20201119_090126_656

今回の講座は、ガールスカウトのメンバー向けに実施しました。
企画支援GS料理画像

 

○東京都第36団ふりかえり

・最初の自己紹介の時に聞いたアフリカの印象と、プログラム後のアフリカの印象が変わっていて、自分たちが伝えたいことを伝えられた感じがした。

・予測よりも多くの参加者があり、参加者の自己紹介の時間が予定より長くなってしまった。最終的な参加人数が決まった時点で、自己紹介にかかる時間を見直すべきだった。

・料理をつくりながら移している手元の画像を確認すること、説明を続けること、参加者に声をかけることについては、少しずつ慣れてきてこれまでよりもよくできたと思う。

 

○参加者からのフィードバック

<少女>

・オンライン集会自体が初めてで、慣れないところもあったんですけど、とても貴重な経験になったし、アフリカに持っていた偏見をなくすことができました。料理は簡単に作れておいしかったので、また作ろうと思います。

・今までの自分の少しマイナスなアフリカのイメージが今回の集会でガラリと分かりました。お料理は楽しく作れたし、家族にも褒めてもらえました。また、東京36団の方々の行動力がすごいなあと思いました。今回の集会を今後の活動に活かしていきたいです。

・私は、アフリカの事を全く知らなかったけど、東京36団との料理集会に参加してアフリカのことを知れて良かったです。アフリカは、貧しい国だと思っていたので医療の発展などが進んでいることが分かって良かったです。映像で見たアフリカの料理がとても美味しそうでした。今回、作ったチキンザルマとアボカドジュースはとても美味しかったです。東京36団との料理集会に参加出来て良かったです。ありがとうございました。

<成人>

・アフリカの現状、自分たちの実体験、そして、みんなで共有できるお料理と、とても楽しく勉強になる時間を過ごさせていただきました。何を伝えたいかもよく伝わってきました。

事前の準備、練習、打ち合わせなどオンラインではより綿密さが必要となります。さぞかし大変だったのではと思いますが、そんな素振りもなく楽しそうに進行されていく姿はとてもスムーズで分かりやすかったです。オンラインでの取り組み方の参考とさせていただきます。

・時間については、途中アナウンスがあってもよかったかとは思いましたが、ご予定のある方はチャットでその旨を伝えられて退室されていましたし、特に問題はなかったかなと思います。

 ・アフリカについて、情報不足、偏った情報がネガティブな固定観念をうむ。アフリカに限らず本当にそうだなと思いました。

大変有意義な時間でした。白鳥くるみリーダーのアフリカの多面性についてのお話、レンジャースカウトのスタディーツアー体験報告は、今までのアフリカに関する認識を新たにする内容がたくさんありました。アフリカと関わられて20数年とのこと、やはりその間の蓄積は貴重なものだと痛感しました。

・レンジャースカウトのプログラム進行もとてもスムーズで、事前の準備とそのためのご苦労がしのばれます。私にとって、リーダーとして貴重な学びの場を提供していただき、ありがとうございました。

2種類のお料理おいしかったです! レンジャーのお二人、ほんとうにありがとうございました。レシピの準備やオンラインでの作り方説明、きっと何度も練習されたのではないでしょうか。材料も集めやすく、わかりやすい作り方に、失敗もなく作ることができました。おかげで、フライアップ集会をしていたブラウニー(小学3年)とリーダーには大変喜んでもらえました。早速、今年キャンプではチキンザルマを作ってみます。すりおろしにんにくの威力はすごいですね。本当に複雑なうま味が出ました。アボガドジュース、丁寧にミキサーがない時も対応されて、これもキャンプでも作れますね。アフリカ料理をつくり、食べることから、アフリカのことを身近に感じ、関心を持つことができました。ありがとうございました。

これからも第2回、3回の開催を待っています。よろしくお願いします。


アフリカ理解プロジェクト企画募集型支援プロジェクトについて

昨年始動したこのプロジェクトは、現在3つの団体がプロジェクトを進めています。
・ガールスカウト東京都36団・・動画制作、講座の開催、カードゲームなどの制作
・SFCアフリカ研究会・・・・・フェアトレード
・ICUアフリカ研究会・・・・・アフリカ理解調査、講座開催


企画支援フライヤー

21 3月

【活動紹介2/28講演会】第28回 アジア・アフリカを知る集い


アジア・アフリカ図書館から依頼を受け、代表の白鳥くるみがオンライン講演を行いました。


28回 アジア・アフリカを知る集い

 
日時 
2021(令和3)228() 14001520


講師 NGOアフリカ理解プロジェクト代表 白鳥くるみ 


講演
人類生誕の地 アフリカの食と料理~料理本の出版で学んだアフリカの智慧~    

  
次 第

 

1345  受付開始

1400  主催者挨拶  アジア・アフリカ図書館 館長 小倉正雄

1405  講師 紹介  アジア・アフリカ図書館  司 書 佐藤万矢子

1410   講   演  NGO アフリカ理解プロジェクト 白鳥くるみ様

1450  質疑応答

1510  閉会の挨拶  アジア・アフリカ図書館  司 書 佐藤万矢子

【講演内容】
・アフリカ大陸の食と食材を訪ねて(スライド)
・プロフィル/アフリカ理解プロジェクトの活動
・今日のお話/アフリカの食文化の特徴、アフリカの人たちは何を食べているの?アフリカの食の智慧、伝えたいこと
・食文化の特徴/食文化の区分、食文化の共通性(気候、歴史、宗教、民族)
・何を食べているの?/主食スライド、主食と副食、加工と調理、調味料、アフリカ原産の食材
・食の智慧/共食・分かち合いの食卓
・本のなかで伝えたかったこと/にぎやかな食卓(多様性のある食文化、伝統食を大切にする智慧、人間関係を大切にする社会)、レジリエンス:復元力(環境に適応して生き抜く力)

【参加者アンケート回答】
・もともと興味があるアフリカの食材、現在のアフリカの生活、家族関係の変化などのお話、とても楽しいひと時、昨年とりやめになっていてがっかりしていたが今回実現して嬉しく思った。(60代女性)
・大変すばらしいプレゼンでした。内容的には私にとっては新鮮で楽しく拝見しました。(70代)
・とてもわかりやすかった。ビジュアルも近くで見られてよかった。(50代)
・「食文化」というわかりやすいテーマをもとにアフリカを解説いただき、とても勉強になった。また、たくさんの写真や事例をもとにした講演会のため。実際にアフリカのことが想像できる講演会だった。質疑応答では、経済発展による食文化のグローバル化や、経済格差などの課題も提起され、実態を知ることが出来た。(50代)
・ちょっと「手抜き」感あり。もうちょっと(せめて料理の仕方とか)insightがほしかった(60代)
・白鳥講師の説明はわかりやすかった。参加者数が意外に少なかったと思う。(70代)
※今回の講演はアジア・アフリカ図書館、初のオンライン講演ということで、参加人数は主催者の方で30名までとされました。今後は参加人数を増やしていかれると思います。
・アフリカの食事といっても地域が広くバラエティに富んでいるとは思っていたが、具体的な料理と料理法の紹介があり楽しめた。参加者がアフリカ大好き人間が多く少し驚きました。On lineでのプレゼンテーションだから、質疑があり面白かった。(70代男性)
・アフリカは遠い国なので、なかなか訪れることが叶わないので、実際に何年も現地で生活した方の生の声を聞き、珍しい映像を見せていただき、とても新鮮でした。三鷹市在住ですが、アジア・アフリカ図書館・言語学院は非常に貴重な存在であるので、これからも市民に(アジアも含め)アフリカ文化を発信してほしい。(60代女性)
・アフリカの食と料理について新しい知識を得られてとても新鮮で楽しい時間でした。専門家の白鳥先生から直接お話をうかがえて幸運でした。「わかちあう食卓、にぎやかな食卓」ということばが心に残っています。ZOOMの講演会はどんな感じかなと思っていましたが、とても和やかでアットホームなかんじでよかったです。(60代女性)
・興味深い楽しい講演会でした。旅行で訪れても、現地の食事を食することが少ないので、スライドだけでも見ることが出来てよかったです。経済状況、外国からの支援状況もお聞きしたかったです。(時間制約もあり難しいですが)(60代女性)
・アフリカの気候風土の多様性や、そこで生まれた料理についてわかりやすく包括的に説明されたのは良かった。情報量が多かったので、消化不良気味になったのが残念だった。お薦めの料理についてもう少し詳しい説明があればよかった。(60代男性)
・外出先で用事が出来てしまい、途中参加、途中退出(質問タイムの途中)になってしまったが、オンラインだったためそれでも視聴出来てよかった。アフリカの食をめぐる根柢のテーマ(白鳥さんの視点からの)が興味深かった。タジン料理は作ってみたい。(視聴後、白鳥さんによるレシピ本を購入しました、2冊)(50代)
・ホスト側から直接メールが届いて、その中に表記されているURLをクリックすればすぐ入室出来る形式になれているので、今回は自分でパスワード等を入力するのでとまどった。内容はとてもおもしろかった。講師も魅力的だった。もっと多くの人々に知らせたい。(70代)

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は今後の講演や活動に役立てていきます。
アンケート回答は一部を掲載しています。

セミナー/講座/講演会への講師派遣


 

 

1 2月

2/21 オンラインイベント:森のコーヒー勉強会スピンオフ企画 第2弾 「なにが変わった?コーヒーの村」&「伝説のコーヒートレイル」

2月21日スピンオフ企画第2弾どう変わったか?コーヒーの村フライヤー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オンラインイベント:森のコーヒー勉強会スピンオフ企画  第2弾
「なにが変わった?コーヒーの村」&「伝説のコーヒートレイル」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日 時]2月21日(日)13:30~16:30 
[会 場]オンライン会議システムのZoom使用
[定 員]40名
[お申込み]こちらのフォームからお申込みください。
[参加費]¥2,000(第一部+第二部、どちらか一方の場合は¥1,500)
[主 催]アフリカ理解プロジェクト http://africa-rikai.net
[問合せ] events@africa-rikai.net
------------------------------------------------------------------------
[プログラム]
 世界のコーヒー需要は、コロナ禍で伸びていると言われています。
アフリカ理解プロジェクトは、昨年JICAとの共催で「エチオピアの森林とそこに
自生するコーヒーの未来」を、あらゆる角度から探ってきました。
 
今回は、対談とバーチャルツアーの2部形式で行うスピンオフ企画の第2弾。
「コーヒーのはじまりの森とその未来」を、みなさんといっしょに考える3時間です。

◆第一部
「対談:何が変わった?コーヒーの村」
原種コーヒーを切り口に、エチオピアのコーヒーの森の保護と再生に取り組んだ、
最初のプロジェクト専門家と最後の専門家の「なにが変わったか?」をテーマにした対談です。

◆第二部
「参加者と楽しむバーチャルツアー:エチオピア原生林と伝説のコーヒートレイル」
昨年スピンオフ企画で行った「オンラインツアー」のアップデート版で、
スペシャリストたちが、本物のツアーさながらに、対談の舞台となる伝説の
「ベレテゲラの森」や神秘が宿る「バハルダールの森」、伝統とモダンコーヒー
文化が花咲く「アジスアベバ」をご案内します。

どちらの部も、ゲストに直接、質問や提案ができるコーナーを設けます。

報告書が公開されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年に行った勉強会の報告書はこちらでご覧になれます。
ギャラリー
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
  • 【活動報告3/21】企画支援プロジェクトガールスカウトアフリカ理解講座「アフリカ料理を作ってみよう!」
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード