アフリカ理解プロジェクトのイベント情報

アフリカ理解の促進を通じて地球市民の育成を目指すNGO、アフリカ理解プロジェクトが企画するイベント情報です。

24 5月

アフリカりかいメールマガジン号外 2017年5月24日

アフリカりかいメールマガジン 号外 2017年5月24日 

*(5/27)修正しました:メニューに誤りがありました。お詫びいたします。

アフリカで暮らし、アフリカ経験の長いスタッフたちが発行するメルマガです。
一歩先を行くア フリカと日本での活動・情報をお届けしています。

-----------------------------------------
●-〇-●体験!アフリカの昼ご飯:アフリカ食のお話&テーブルコーディネートと布あしらい〇-●-〇 

大好評販売中の『アフリカ料理の本』と地球ひろば『J’s Café』がコラボでアフリカの昼ご飯をつくりました!
 
「アフリカ各国の料理を食べてみたい」 「作り方や食材が知りたい」「アフリカの話が聴きたい」「家でつくってみたい」、そんなみなさんに最適
「人気のアフリカの昼ご飯」を食べながら、食材や調理方法、料理にまつわるお話を聴く、食べて学べるお得なワークショップです!
アフリカ料理はアフリカの人そのもの。個性的でエネルギッシュ。ぴりっとスパイスが効いて、素朴だけど忘れがたい味。
アフリカ料理には「食の知恵」がいっぱい!アフリカ布のあしらいとテーブルコーディネートも体験できます。

図2
イベント案内(PDF)はこちらからダウンロードいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2017年6月24日(土) 13:00~16:00(受付12:45~)

プログラム

・コラボメニュー「アフリカの昼ご飯」を体験
  Menu: 
 ウエルカムドリンク(冷たいハイビスカス・ティー)
 前菜(フムス: ガルバンゾー豆とゴマのディップ)、
 主菜(ウガンダ風牛肉と野菜のトマト煮/ライス)&(西アフリカヤッサプレ)、
 サラダ(東アフリカのカチュンバリ&西アフリカの海老とアボガドサラダ)、
 デザート(ココナッツミルクのフルーツカクテル)
 ※お好きなもの食べられるブッフェスタイルです。
・テーブルコーディネートと布あしらい
・本日のメニューにまつわるお話
・料理の食と食材、作り方

会場 JICA地球ひろば市ヶ谷6Fセミナールーム
東京都新宿区市谷本村町10-5
TEL:03-3269-2911

募集人数 25名(先着順)
参加費 ¥3,000(含ランチ&ドリンク、資料代)

お申し込み専用サイト https://goo.gl/forms/4h0RDVZ1YBUzaTPf2

メール、FAXでも受け付けております。
件名を「アフリカの昼ご飯」とし、お名前、メールアドレス、電話番号を下記あてにお送りください。 メール:events@Africa-rikai.net、FAX:03-3758-5665

-----------------------------------------
●-〇-●アフリカ理 解プロジェクトのFacebookとInstagram〇-●-〇 


アフリカ理解プロジェ クトは、以下のFacebookとInstagramでも、情報発信を行っています。
ご興味のあるかた是非ご 登録ください。

FBロ
ゴ-300x300 Instagram-v051916_200

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アフリ カ理解プロジェクトのメールマガジンはいかがでしょうか。
ご感想など info@africa-rikai.netまでお送りく ださい!! 

--------------------------------------- ----------- 
「 Do different Think different」 
アフリカ理解プロジェクト 
〒146-0093東京都大田区矢 口1-11-8 Tel/Fax 03-3758-5665 
info@africa-rikai.net
--------------------------------------- ----------- 
アフリカ理解プロジェクトのミッション
1. アフリカ理解を通して地球市民を育成する 
2. 世界に開かれ た日本社会を実現する 
3. 困難に直面するアフリカの人々を支援する 
4. アフリカと日本を結ぶ機会 を提供する。 
--------------------------------------------------- 
アフリカりかいメ ールマガジンのバックナンバー はこちら

7 5月

アフリカりかいメールマガジン号外:アフリカのテキスタイルを知る講座 民族布の魅力と手づくりインテリア

アフリカりかいメールマガジン 号外 2017年5月7日 

アフリカで暮らし、アフリカ経験の長いスタッフたちが発行するメルマガです。
一歩先を行くア フリカと日本での活動・情報をお届けしています。

-----------------------------------------
●-〇-●アフリカのテキスタイルを知る講座 民族布の魅力と手づくりインテリア〇-●-〇 

日常に生かそう!アフリカン・テキスタル
 
 東アフリカの民族布カンガや西アフリカのパーニュ布は、近年、欧米のファッションやインテリアに使われ世界的な注目が集まっています。
 アフリカのテキスタイルは日本ではほとんど知られていませんが、ざっとあげるだけでも「パーニュ(キテンゲ/ワックスプリント)」「カンガ(男性物はキコイと呼ばれる)」「手織りエチオピア綿(アベシャ・リブス)、ガーナ手織りケンテ絹布」、世界中のアーティストをインスパイアしてきた「クバ民族のラフィア、ショワ民族の草ビロード、ムブティ民族の樹皮布)」「染め布(泥染め・藍しぼり染め)」など、おどろくほど多彩です。
 講座では、この中から代表的な布をセレクトし、布の歴史や実際の使い方、ファッションへの活用法をご紹介します。
 また実習ではアフリカの布で「ファブリックパネル」のインテリアをつくります。参加者のみなさんと一緒に、アフリカ布の持つ可能性を考え、体験するワークショップです。


図1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2017年5月21日(日) 13:00~16:00(受付12:45~)
【内容】
・アフリカの代表的な民族布のお話
・ファッションへの活用
・民族布の使い方(巻き方・ヘッドスカーフの実習)
・ファブリックパネルづくりの実習
【会場】 JICA地球ひろば市ヶ谷6Fセミナールーム601/602
      東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)
   TEL:03-3269-2911
【人数】  25名(先着順)
【参加費】 ¥2,500(材料費を含む)
【お申し込み方法】
     専用サイト:https://goo.gl/forms/MhgPqroMlIjSv0yl1
     または
     メール・FAXでも受け付けております。
     件名を「アフリカのテキスタイルを知る講座」として、お名前・メールアドレス・電話番号・ご職業を下記あてにお送りください。
     events@africa-rikai.net またはFAX03-3758-5665

-----------------------------------------
●-〇-●2017年のワークショップ&教室案内〇-●-〇 

2017年のワークショップパンフレット(ダウンロードできます)

2017年は、以下のイベントを企画しています。
アフリカを知るワークショップ
6月24日 アフリカの料理:食べる!「アフリカの昼ご飯」&アフリカの食のお話
7月15日 体験!アフリカ料理:ビストロで食べる アフリカンランチ・お話&テーブルコーディネート・布あしらい
9月24日 アフリカの音楽:音楽で巡るアフリカ大陸の旅 ママドゥさんによる感動!コラのひき語り&西アフリカのお話
11月12日 エチオピア式コーヒーの楽しみ方:原木の森コーヒー・茶菓子体験
 
-----------------------------------------
●-〇-●アフリカ理 解プロジェクトのFacebookとInstagram〇-●-〇 

アフリカ理解プロジェ クトは、以下のFacebookとInstagramでも、情報発信を行っています。
ご興味のあるかた是非ご 登録ください。

FBロ
ゴ-300x300 Instagram-v051916_200

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アフリ カ理解プロジェクトのメールマガジンはいかがでしょうか。
ご感想など info@africa-rikai.netまでお送りく ださい!! 

--------------------------------------- ----------- 
「 Do different Think different」 
アフリカ理解プロジェクト 
〒146-0093東京都大田区矢 口1-11-8 Tel/Fax 03-3758-5665 
info@africa-rikai.net
--------------------------------------- ----------- 
アフリカ理解プロジェクトのミッション
1. アフリカ理解を通して地球市民を育成する 
2. 世界に開かれ た日本社会を実現する 
3. 困難に直面するアフリカの人々を支援する 
4. アフリカと日本を結ぶ機会 を提供する。 
--------------------------------------------------- 
アフリカりかいメ ールマガジンのバックナンバー はこちら

19 4月

アロマ&スパイス講座レポート

もうひとつの講座のレポートです。
----------------------------------------------------------------
4月9日(日)アフリカの有用植物を知る@地球ひろば
アロマ・スパイス講座&アロマクラフトトリートメント&クラフト実習
講師2名(川人紫・川人知美)スタッフ5名
図1
大きな画像をPDFでダウンロード) 
----------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
〇アロマテラピーは知っていましたが、医療にまで活用されつつあるというのは、興味深かったです。

〇最初は長いと思ったが意外に時間の経つのは早かった。途中に休憩があるのが有難い。話が初心者にも分かり易くて良かった。

〇知らないアロマ(フランキンセンス)を知ることができたので良かった。いろいろなエッセンシャルオイルを紹介して下さり、
 今後マッサージの時などに取り入れたいと思いました。

〇現代の西洋医療だけに頼らず薬草などによる補完代替医療についても知識を増やし取り入れて行きたいと思いました。
 効用重視の川人先生のお話、白鳥先生のご経験豊かなお話、とても興味深く伺いました。また、ハンドマッサージの
 先生に赤ちゃんの施術について教えて頂きたいへんためになりました。

〇大変愉しい時間をありがとうございます。アフリカのスパイスやハーブの文化、自然の恵みを人々がどう活用しているのかが
 理解でき嬉しいです。日本の土地でより良く効果が期待できるトリートメント方法などワクワクする気持ちになりました。
 オイルトリートメントを家族、友人にもやってみます!!

〇もりだくさんの内容で、とてもたのしめました。またためにもなりました。アフリカの薬草の可能性を知ることができ、
 今後もっと広まっていけばいいなと思いました。もともとアロマには興味はありましたが、専門的にお話を聞いたのは
 初めてだったので、これからすぐに生活に入れて役立てていきたいと思います。

〇日本では入手できないようなオイルの香りを体験できて良かった。

〇知識と実際の体験が半々に、上手に配分されていて充実したWSでした。

〇アフリカの植物と、おかれている現状(貿易の対象など)について知ることができた。アフリカを理解する入り口として、
今回のテーマは、入りやすい。実際に、お茶を頂いて味わい、トリートメントで香りとリラックス効果を得られて頭だけでなく、
全体で実感する事ができました。

〇専門的なお話の入口部分を享受頂き、新しい言葉も学べて良かったです。ワークショップの冒頭30分近くイントロの時間に
 なってしまったので、この部分をもう少し短くして、本題に入って頂けると良かった。ハーブ・スパイス講座 とても
 勉強になりました。ハンドマッサージは自宅でもでき良い実習でした。楽しいワークショップでした。ありがとうございました。

〇"アロマセラピーの概要から実習まで初めてのことで大変興味深かった。また、アロマオイルのお土産もあり
 とても楽しいワークショップでした。知らないことばかりですごく楽しかったです!アロマのこともっと知りたくなりました^ ^
 またアフリカにアロマのイメージがなかったので、すごく新鮮なお話ばかりでした。非常に勉強になりました。

〇楽しかったです。1つ1つが興味深く、もっと時間を持って、お伺いしたかった内容でした。
 アロマ講座もアフリカの地を中心にしたところがとてもよかったです。

<今後聴きたい講義>
〇抗がんに特化したエッセンシャルオイルの利用、アフリカの知恵、習慣
〇フェアトレード、アフリカの現地の生活の様子など。日本のアフリカコミュニティーや、アフリカを身近に感じる交流情報など。
〇聞香のお話もありましたので日本の古来からある香りの楽しみ方と合わせてワークショップがあると良いと思いました。

ギャラリー
  • アフリカりかいメールマガジン号外 2017年5月24日
  • アフリカりかいメールマガジン号外 2017年5月24日
  • アフリカりかいメールマガジン号外:アフリカのテキスタイルを知る講座 民族布の魅力と手づくりインテリア
  • アフリカりかいメールマガジン号外:アフリカのテキスタイルを知る講座 民族布の魅力と手づくりインテリア
  • アロマ&スパイス講座レポート
  • おしゃれなアフリカ ハンドメイド教室のレポート
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード