アフリカ理解プロジェクトは、今年もグローバルフェスタに参加します。

今年のテーマは、「Action for all ~ 小さなことから変わる明日へ ~」

「持続可能な開発目標(SDGs)」を切り口に日本の国際協力の取り組みを分かりやすく取り上げたイベントです。アフリカ理解プロジェクトも、毎年、厳重な審査を経て、NGOブースに出展しています。この機会に、ぜひ私たちの活動を見に来てください。9月30日は「ワークショップ」も開きます。

会場お台場・センタープロムナード公園
主催 グローバルフェスタJAPAN2018実行委員会
共催 外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)
公式ウェブサイトhttp://gfjapan2018.jp/

会場でワークショップを行います。
「特産品でハンドメイド商品を生み出そう:コーヒー豆でお土産をデザインするワークショップ」

いっしょに考える商品開発アフリカ理解プロジェクトは、エチオピアで 貧困に苦しむ生産者の所得向上を目的とした「商品開発プロジェクトCEHP」を行っています。2010年に始まったこのプロジェクトからは、 特産品のコーヒー豆や布をつかった雑貨、アクセサリーなどヒット商品が生まれています。

今回の体験ワークショップでは、エチオピアの特産品コーヒー豆をつかった商品づくり(作品は持ち帰りできます)を行うことで、参加者のみなさまの知恵やスキルをエチオピアでの商品開発に生かしたいと思います。

国際協力に関心のある方、ハンドメイドプロジェクトに関心のある方、起業に関心のある方、どなたでも参加できます。

日時:2018年9月30日(日)12:30-13:30 (1時間)
参加費:無料
<プログラム>
エチオピアの特産のコーヒー豆を使った「ハンドメイド商品の開発支援プロジェクト」お話の後で
1 コーヒー豆を使った新しい商品を考える
2 現地にある道具と材料で商品をつくる体験

会場:グローバルフェスタ2018 体験ワークショップテントhttp://gfjapan2018.jp/
参加方法:直接テントにお集まりください。 先着順で受け付けます。

GF2018WS