Keisuke Yoshida, Ken-ichi Takao
Tetrahedron Letters 55 (2014) 6861–6863 DOI:10.1016/j.tetlet.2014.10.087

PPYO

 シリル基(R3Si-)は、1972年にCoreyによって報告されて以来、アルコールの保護基として最もよく用いられるものの一つです。ケイ素上の置換基のサイズによって、外しやすさを制御できる点が、この保護基の大きなアドバンテージでしょう。

 通常のシリル化は、イミダゾールを触媒として(あるいは当量)用い、塩基存在下で各種シリルクロリドをアルコールに作用させて導入します。ただし、tert-ブチルジフェニルシリル(TBDPS)基などのように大きな置換基を持つものでは、立体障害の大きいアルコールへの導入は難しくなります。こうした場合、シリル化剤としてシリルトリフラート(R3SiOTf)を用い、2,6-ルチジンを塩基として使用する方法がよく用いられます。

 今回著者らは、 触媒として4-ピロリジノピリジン-N-オキシド(PPYO)を用いると、スムーズにTBDPS化が行えることを報告しました。条件としては、TBDPSClを1.3当量、PPYOを0.2当量、ジイソプロピルエチルアミン(DIPEA)を1.5当量、塩化メチレン中室温で反応させる、というごく温和なものです。
silylation

 他の立体障害の大きな二級アルコール類も、スムーズにTBDPS化されています。PPYOでなく、4-ジメチルアミノピリジン(DMAP)を用いた場合は8%、4-ジメチルアミノピリジン-N-オキシド(DMAPO)を用いた場合は71%しか生成物が得られていませんから、その差は明らかです。他にも応用が利きそうですし、記憶に値する手法ではないでしょうか。