ChemASAP

有機化学を中心に、興味ある新着論文の情報を提供してゆきます。

カテゴリ:書籍

岡本太郎・著 光文社

◆芸術とは何か?
本書は、前衛芸術家として知られる岡本太郎 [1] 氏が1954年(おおよそ60年前)に記した著作である(1999年に文庫化)。芸術とは何か、をこれほどに明瞭に語った著作は他に類を見ないのではないかと思う。

 さて、芸術とは何であろうか?諸説あるが、芸術とは何らかのものづくりを介して、ものづくりをする者とそれを鑑賞する者との間で相互作用することで、何らかの精神的・物的な変動を得ようとする活動を示すものとされる。我々サイエンティストやエンジニアにとって、以上の定義は中々に難解なものである。

 例えば、誰もが知るであろうゴッホやピカソの創作物を見ると、何が良いのか分からない、我々の専門外の専門家と称する者が良いというのであれば(多分)良いものであろう、と思う者が多いのではないだろうか。ゲイジュツは難解で、天才的な人物(あるいは狂人)が、感性の赴くままに行うもの、一部の者にしか分からない深遠なもの、と思うのは無理もない。そもそも科学や工学といった体系と芸術の体系が目的とするものは異なるため(共通する点もあるかと思われるが)であろう。

 科学とは、我々を取り巻く世界を支配する理(ことわり)が何かを紐解く手法の開発と理論の構築が目的で営まれ、工学は科学で得られた知見を利用して何らかの利得を得ることを目的に営まれているのに対し、芸術は何のために営まれているかが明確に定義できないのである(定義すること自体が、自由をベースとする芸術の在り方に反するものであろう)。

 我々は芸術との向き合い方を学校では教わることは無かったし(本書にもあるが、学校における美術という教科で芸術を学ぶことは難しいし、そもそも芸術は教わったり、教える類のものではないかもしれないからである)、それを日常の生活で実践する場は非常に限られている。また、美を定量的に判断する明確な基準は現状では存在しない。定性と定量という概念を明確に使い分ける習慣があるサイエンティストやエンジニアにとって、芸術と相互作用することは難しいのである。

 本書は、そんな難解な芸術とは何かを清々しいほどに語り、言い切っている。それが何かであるかは、読者個々人によって様々な解釈があるであろうし、読者の解釈が岡本氏の考え(信念ともいえる)と一致するとも限らないため本書の記述にゆずるが、筆者(RouteYOSAKU)が本書を読んだ感想として、サイエンティストやエンジニアが芸術をどこか遠い国の話のように扱うことは非常にもったいない話ではないかと思った。以上から、本書評を書くに至った次第である。

◆美と科学・工学の関係
 かつて柳宗悦 [2] という美学者が民藝運動を提唱している。日常生活における生活道具を民藝といい、美術品に匹敵する美しさがあると提唱し、美は生活の中にあると語ったとのことである。以上をまとめて、「用の美」と表現したとのこと。

 私はこの話を聞いて、“工場萌え [3] ”であるとか空気抵抗を減らすための“流線形”の美しさなどに思いを馳せた。機能を突き詰め、無駄な部分を徹底して省くと、なぜか最終的には美しいものに仕上がるのである。その美しさは科学的、工学的理論に根差したものであるため普遍的なものであろう。そういった科学的、工学的創作物が人々に美しさという感情を惹起させるというのは実に興味深いことではないだろうか。

 さて、逆に「美の用」はあるのだろうか。色々と伝説的な話を聞くと、どうも「美の用」は存在するようである。例えば、BINAP触媒を開発した野依氏は、BINAP分子が非常に美しい分子構造であるために高い機能があるはずであると決めつけ、それにこだわって研究を進めた結果、ノーベル賞の受章に至るほどの高性能の触媒の開発に至ったとのことである [4] 。新幹線の開発にあたって、高性能な形状の車両は見た目に美しい流線形であるはずという信念があったとの逸話もある [5] (高性能なものが美しい形だった、ではなく、美しい形状のものが高性能なはず、という開発である)。

 これは個人的な話であるが、とある百戦錬磨のプラントエンジニアに聞いた話では、真に高機能的なプラントは見た目にカッコイイものになるはずであり、不格好なプラントを提案されたらその時点で再設計の検討を命ずるとのことであった。

 少し話は逸れたものとなるが、自然界においても、設計するという“意図・意志”があったかどうかは別にして、結果的に自然淘汰を経て、我々が見て美しいと感ずるポルフィリンやフラーレン [6] といった分子が何食わぬ顔で存在している。美は用たりうるのである。

 私は以上の事実を考えるに、サイエンティストやエンジニアであっても芸術的な素養は必要なものであると思う。科学や工学を利用した芸術といったものは以前よりみられた動きであるが [7] 、芸術的な感性に基づくセレンディピティを起点とした科学や工学があってもいいのではないか。現にそういったこだわりが画期的な成果を生んだことあったことは先述のとおりである。

 科学の発展には限界があるのではないかとの説 [8] があり、シンギュラリティ [9] に人類が直面するかもしれないという昨今、ものごとのとらえ方、考え方、感性はますます重要になりつつあるように思われる。 以上のような美的感性を醸成するという点において、本書は極めて有用なものと思う。是非とも本書を読み、美術館に行って難解な芸術品と格闘し、新たな感性を醸成して、研究に挑んでみてはどうか、と考える。

◆脚注
[1] “太陽の塔”などの創作で知られる芸術家。「芸術は爆発だ」といった流行語を残したことでも知られる
[2] 明治から昭和時代にかけて民藝運動を起こした思想家、美学家
[3] コンビナートや工場などの重厚な構造に美を見出す動きのこと。近年、観光等で注目されている
[4] 参考:時代を画した「美しい分子」(佐藤健太郎、「化学と工業」2012年2月号、PDFファイル) 
[5] 参考:プロジェクトX 挑戦者たち 執念が生んだ新幹線 〜老友90歳・飛行機が姿を変えた〜 [DVD]
[6] 参考:http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/65778
[7] 芸術の世界ではモダニズムやデザインといわれる領域。大学では芸術工学部などで学ぶことができる
[8] 参考:http://www.nature.com/nature/journal/v508/n7495/full/508186a.html
[9] 技術的特異点と訳される。狭義では、2045年にコンピュータが人類の知能を超えるということ

伊丹敬之 東京理科大学MOT研究会 編著,日本経済新聞社,2015年
ISBN978-4-532-31996-0

 ☆
 常識の先を行く,と銘打った「現場発の技術経営のメッセージ」をまとめたもので,著者らにとってシリーズ5冊目にあたるということです.大学組織から出たことのない筆者からみても,企業の方だけでなく多くの分野の組織人にとって役に立ちそうな指摘がいくつもあると思いましたので,そういった視点でご紹介してみたいと思います.本書の内容は以下のような構成になっています.

Kamitsubo62_fig1

特に2章で述べられている枯れた技術とは,すでにこなれている,比較的安価で誰でも調達しやすい技術のことを言っており,先端技術の特許の場合と下のような図で比較することができるとしています.

Kamitsubo62_fig2

現代では医薬品などを除いて,一つの製品を数件の特許権でカバーすることはまず不可能であり,複数社の特許権を互いに使い合うクロスライセンス契約を結ばないことには市場が成立しない.そのため,先端技術の開発によって基本特許がとれても,必ずしも「長期的な参入障壁」を構築できているとは限らない’という指摘などは筆者には興味深く思われました.枯れた技術の細かな特許は,それらを回避した商品づくりをすると価値を低下させてしまうため,そのような特許を束にして持つことでクロスライセンス材料となるような特許を取得できる余地をなくせる場合があるということで,「テプラ」をその例として説明しています.

第7章では研究現場などの組織統合について,研究もあくまで人間がやっていることだおいうことを大前提として,かなり現実的な視点で提案が列挙されています.大学などで研究室が統合されたというような話は聞いたことがありませんが,例えば同じグループ内で研究テーマが似通ってきてしまった場合などにどういう方向へ持っていくか,多様なラボ出身の研究者・技術者をどう生かすか,というようなことについては役に立つ部分もあるかもしれません.

以上,近いようで知らない世界の本も読んでみたいという気持ちから本書をご紹介させていただきました.何かご参考になればと思います.

シーラ・クリフ 著 中経出版,2012年 ISBN978-4-8061-4329-1


 ☆ニッポン案内のために
 今回は,唐突ながら荒川区立図書館のティーンズ本担当の方が選んだおすすめ本というものの中から選びました.留学するしないに関わらず,化学英語だけで外国の研究者や学生さんとの共同研究・共同生活がスムーズにできるわけではないので,自分自身の学生時代にこういった本があればよかったのにと思い(あっても目に留めなかった気もしますが),あえて取り上げました.

本書では,イギリス人の著者が日本に来てどのようなことを不思議に思ったか,尋ねたくなったかという話題を基にして英会話を教えてくれています.それぞれに質問に対する回答の仕方は色々あって,一概に言えないこともあると思うので,質問に対する回答例をそのまま覚えるばかりでなく,自分なりの答えや考えを考えておくのもよさそうです.何を不思議と感じるかは相手の出身国によっても異なるでしょう.また,相手の国のことを知りたいとき,尋ねたいときにも役に立ちそうな平易な表現も勉強になります.

「生け花」や「侍」などの古典的な言葉だけでなく,「森ガール」「ティッシュ配り」「もしもし」など,様々な言葉を網羅しているので,おすすめの一冊です.

<おまけ~息抜きに> 図解!生き残るためのやりかた 大百科 Joseph Pred著,和田侑子 訳・編 パイ インターナショナル,2012年 ISBN978-4-7562-4236-5


 エネルギー問題を解決すべく,さまざまな分野の研究者がしのぎを削る昨今ですが,逆にもしもすべてのエネルギーが使えなくなってしまったら,生き延びるために,人間にはどのような手だてが残されているのだろう?そのような逆方向からケミストリーが貢献できる可能性はあるのだろうか?と考えるきっかけになった本です.もちろん本書はその解を与えるものではありませんが,防災の専門家によって多岐にわたる手法が描かれているので,一見に値すると思います.研究者の皆さまが読めば,エネルギーを生み出すばかりでない方向からの何か新しいアイデアが湧いたり・・・しませんでしょうか?

道端齊 著 (NHK BOOKS 1197)2012年
 生元素という言い方そのものにあまり馴染みがないように思われますが,生物とそうでないものを分けるのは何か,という問いに宇宙の歴史とともに元素という切り口から問いかける内容です.

 動物学を専門とし,主にバナジウムを濃縮するホヤについて長年研究を行ってきた著者によるためか,化学全体を違和感なく纏められており,自然と読者の頭の中から“○○化学”といったジャンル分けを取り払ってくれます.

 1年半ほど前の著作なので,やや最新の情報をフォローしきれていない所もあるようですが,それはこの分野の進歩の速さや多様な学説の存在によるものだと推察されます.

Kamitsubo32_fig2
 上図では,周期表から特別な元素のみ浮き上がっているような絵を描きたかったのですが,うまくいっていないようです.ご容赦くださいませ.生元素30種のうち特に11元素を多量生元素(緑色),その他を微量生元素(黄色)と分けて図示しています.

 個人的には,人工合成細胞の話や,海水と生物の含有元素が似ているという話,生元素として選ばれるためにはいくつもの条件をくぐる必要があり,その重要なものとして酸化還元電位が挙げられる,という話など,面白いトピックスばかりでした.

 読み進めるうちに,まだ解明されていないことが多いことも分かり,著者が最後に述べているように,「われわれの知らない生き方をしており,思わぬ元素を生元素としている生き物がいるのかもしれない」という言葉に共感せずにいられません.

----目次-----------------
第一章 元素の誕生と宇宙の歴史
第二章 化学進化から初期生物進化へ
第三章 生命をかたちづくる物質・生元素
第四章 生元素がつくるヒトの体
第五章 生元素はなぜ選ばれたのか
第六章 物質を取り込む細胞のメカニズム
第七章 微量性元素のドラマ
-----------------------


鈴木仁美 著 丸善出版

 近ごろ、実験室や化学工場における火災や爆発事故が相次いでいるようです。ツイッターなどでリアルタイムに、生々しい情報が流れてくる機会が増えたためとも思いますが、それにしても多いと思わざるを得ません。おそらく、軽い事故でケガや健康被害が出たものの、表に出ていないケースはこの何倍かあることでしょう。

 化学実験のリスクは、他のジャンルに比べてはるかに大きく、事前の備えや予備知識が絶対に必要なはずですが、 残念ながらこれが軽視されているケースもあるのではないでしょうか。

 今回発売になった「化学実験の事故事例・事故防止ハンドブック」は、そうした事故事例の集大成というべきもので、A5判で厚さ5cmにも及ぶ大著です。目次は以下のとおり。
1 化学実験と事故
2 安全な実験のための基礎知識
3 酸化反応
4 還元反応
5 炭化水素
6 アルコールとフェノール
7 カルボニル化合物とカルボン酸
8 アルキル化とアシル化
9 有機金属化合物
10 アンモニアとアミン
11 不飽和窒素化合物
12 ニトロソ化合物とニトロソ化
13 ニトロ化合物とニトロ化
14 硝酸化合物と亜硝酸化合物
15 ハロゲン化合物とハロゲン化
16 硫黄と化合物
17 セレンおよびテルルとその化合物 
18 リン化合物
19 ケイ素化合物
20 ホウ素化合物
21 ヘテロ環化合物
22 有害元素
23 アレルゲンと発がん物質
24 光化学反応とマイクロ波の利用
25 錯形成の利用
事項索引 化合物索引
 という具合で、各ジャンルの化合物ごとに、物質そのものやその実験に伴う危険性・事故実例が集成されています。物質の化学的・物理的性質、毒性データなども掲載されており、化学実験に伴う危険について現在知りうる情報は、ほとんど網羅されているといってよいでしょう。

  事故の事例には、「えっ、こんなことで爆発するの」と思うようなもの、身の毛もよだつような実例も少なからずあり、知っているのと知らないのとで大変な違いが出ることと思います。セミナーなどの際、事故実例を毎回紹介していくだけでずいぶん意識が変わるのではと思います。

 ただ今回の本はあまりに充実していて、価格が21,000円にもなります。個人や研究室単位で購入するには、鈴木仁美先生の前著である「有機化学実験の事故・危険―事例に学ぶ身の守り方」(3,780円)でも十分ですし、化学研究者なら必携といえるでしょう。今回の本は、 研究所の安全担当者が、事例研究や緊急時対策のために一冊備えておくというような使い方になるかと思います。

  これらの本を活用し、少しでも実験に伴う事故を減らしていってほしいと願います。

松田勝彦 著 化学同人,2011年,ISBN-10: 4759814361


 シンプルな表紙のデザインからは想像できないほど(?),中身の濃い本で楽しめたのでご紹介したいと思います.日頃,専門的なことばかりについ目が向きがちですが,実際にスーパーやドラッグストアなどで見かける身近な商品を取り扱っているので,化学の“役に立つ”という側面をリアルに知ることができました.

 佐藤氏も述べていることですが,トリビア的な話題を取り入れる,というよりむしろ中心に据えて,分野外の人にも化学の面白さを伝えようとしています.カタログショッピングのように商品の載った口絵を眺めて興味を持った部分だけ読むことができ,かつ教科書らしく体系化もされています.

 個人的には「やきものの一酸化炭素中毒(釉薬を表現して)」「炭火焼がおいしいワケ」「バグダッド電池(説)」「火星の夕焼けは青い」といった話が特に面白いと思いました.一般的な教科書では簡潔に(悪く言えば味気なく)表現されることの多い化学式や法則に,まるで色がついたように感じられるのではないでしょうか.序文に述べられている通り,“Edutainment”を目指して幅広い読者を惹き付けようという意欲を感じます.

※これは面白い本で、たとえば学校の先生など、身近な話題から化学に興味を持たせるためのネタ本として、最適な本ではと思います。いろいろ参考にさせていただいてます(さとう)

渡辺正,中林誠一郎,朝倉書店,1994.

 ☆電子が動き、化学が動く
 化学とは「物質を対象とする学問です」,と高校時代に習った記憶がありますが,いろいろ見ていて思うのは,やはり結局は「電子」に興味の軸足を置いた分野だなあ,ということです.言うまでもないことではありますが,有機合成化学,分析化学,生物化学などにおいても,総じて化学的性質とは電子の状態,動きに依拠しているという前提に立っているようです.(余談ですが,核化学というのは物理学の分野で,放射化学は化学分野です:wikipediaより.)

 そんな風に考えてみると,電気化学という,やや地味目なテーマも大変に重要かつ化学の中心的ジャンルであると思えてきます.ここではそんな「電気化学」の考え方について知ることのできる入門書としてこの本をご紹介したいと思います.
目次
序章 むかし習った電気分解を忘れよう
第I部 平衡論
1. エネルギーと化学平衡
2. 標準電極電位
3. ネルンストの式
4. 光と電気化学
5. 光合成ー天然の光電気化学プロセス

第II部 速度論
6. 化学反応の道すじ
7. 電極反応の道すじ
8. 活性化エネルギーの正体
9. 分子・イオンの流れ
10. 表面反応の世界
 やはり序章の「むかし習った電気分解を忘れよう」に、他にはないこの本の良さが凝縮されており,読者を引き込みます.電気化学にご興味がなくとも,この序章だけでも,もっといえばや<参考>と銘打ったコラム欄だけでも覗いてみてはいかがでしょう.「エネルギー」という言葉を誰が,いつ言い始めたか,というお話など,読みものとしても楽しめる構成になっています.

 一方で、一筋縄でいかない複雑怪奇さについてもきちんと端々に述べられているので,電気化学のイメージをつかみ,親しむにはとても良い本です.・・・と紹介しておきながらなんですが,自分も100%理解しているわけではないので,これを機会にきちんと復習してみたいと思います.

宮田卓樹&山本亘彦(編) 化学同人


概略

脳は運動や感覚といった情報を処理し、また思考や感情を司る組織です。脳が形作られるメカニズムを解明することが出来れば、脳の機能を更に理解することが出来ると考えられ、世界中で盛んに研究が行われています。

この本は神経科学の第一線にいる研究者によって最新の知見が詳細に解説されており、これまで明らかにされてきた神経発生学の知識を体系的に学び、将来的には自ら新しい現象を解明することを目指す学部生・大学院生に適した教科書です。


目次

PartⅠ:神経系づくりの黎明
1章) 神経誘導,中枢神経系の形成とその領域化(仲村春和)
2章) 神経系前駆細胞(宮田卓樹)
3章) 細胞運命決定の分子機構)(伊藤靖浩・後藤由季子)

PartⅡ:細胞分化と組織構築
4章) ニューロンの移動と層および神経核の形成(仲嶋一範)
5章) ニューロンの分化・形態的成熟,樹状突起パターニング(榎本和生)
6章) ニューロンの極性化を担う細胞内シグナル経路(稲垣直之)


PartⅢ:ネットワークの形成

7章) 軸索投射のガイダンス,トポグラフィックマップ形成(新明洋平・田中英明)
8章) 神経活動依存的な神経回路形成(山本亘彦)
9章) シナプス形成 (岡部繁男)


PartⅣ:神経系発生の多様性 ――さらなる役者たち

10章) 末梢神経系の発生,神経堤とプラコード(若松義雄)
11章) 脳発生における細胞死(宮沢英延・山口良文・三浦正幸)
12章) グリア細胞の発生(小野勝彦・伊藤 啓)


PartⅤ:神経系発生の進化と展開 ――発生ドラマの来し方行く末

13章) 成体におけるニューロン新生(澤本和延)
14章) 脊椎動物の脳の進化(村上安則)
解説) ES細胞による「脳」形成(笹井芳樹)



神経細胞が誕生して機能的な回路を作るまで

1つの受精卵が個体へと発生していく過程で神経系の発生は段階的に起こります。まず神経前駆細胞から神経細胞が誕生し、次に分化した1つ1つの神経細胞が軸索と樹状突起を伸ばし、さらに神経細胞同士の軸索と樹状突起が接着して機能的な回路を作り、そして成熟することで脳として機能するようになります。

この本ではPartⅠからPartⅢを使って、受精卵から神経系が誘導されて機能的な神経回路を形成するまでに起こる現象について学びます



『脳』の発生学

脳を構成する細胞は神経細胞だけではありません。脳にはグリア細胞や血管と言った非神経細胞も非常に多く存在し、これらの細胞も神経回路の形成や神経細胞の情報伝達に影響することが分かって来ました。これら非神経細胞の発生について知ることは(12章)、脳神経系を研究するために避けては通れなくなってきています

脳の適切な発生には細胞の生と死のバランスが非常に重要です(11章)。また大人の脳でも新たに神経細胞が生まれ(13章)、この新生細胞が記憶や学習において持つ意義は神経科学のホットトピックの一つです。 大人の脳で誕生した神経細胞は脳内を移動して完成された神経回路に組み込まれる必要がありますが、これは発生過程で起こる神経細胞の移動とよく似ています。神経新生の章は『Part1. 神経系づくりの黎明』と合わせて読むことで理解がさらに深まるでしょう。

近年になってES細胞から網膜・下垂体などの組織を創り出す手法が確立されました。これらの仕事をなされた笹井先生によって解説されているES細胞による「脳」形成の章は本書の必読項目です。



終わりに

本書は学部生・大学院生のための神経発生学の入門書であるとともに、学会やセミナー後に教科書的な知識を復習したくなる人が今持っておきたい一冊であると思います。

Edited by Margaret Cargill & Patrick O'Connor


概要

この本は、国際的な科学雑誌に原著論文を投稿することを目指す、若手研究者のための教科書です。「科学者がどうやって自分の研究結果を文章にまとめ、レビュワーとのやり取りを経て論文という形にするか」という過程を細かく解剖して解説しています。


初めて論文を書く若者のための和書

英語が苦手で科学論文の書き方が全くわからない人は、まず”これから論文を書く若者のために”を手にとるべきでしょう。日本語で書かれた名著して知られるこの本は、初めての論文執筆を志す多くの学生の味方となってきました。 しかしこの本を読んで論文の書き方は理解できても、実際どうやって英語で論文を書いたらいいか分からず、具体的な文章例が欲しくなる人は多いのではないでしょうか (自分はそうでした笑)。


原著論文投稿の実践問題集

Writing Scientific Research Articlesはより実践的な教科書です。勿論全て英語で書かれていますが、裏を返せば優れた文章例がまとめられているということです。また各章には問題欄が設けられており、巻末にその解答欄が載っていることからも、この本が教科書としての性格が強いことが見て取れます。第三章に書かれているHow to respond to editors and reviewersと言う項目は、特に多くの人が読みたいところだと思います。

Writing Scientific Research Articles
1.A framework for success
2.When and how to write each article section
3.Getting your manuscript published
4.Developing your writing and publication skills further
5.Provided example articles

第二版になって新しくReview ArticleとFunding Proposalsの書き方が付け加わって更に実用性が増しました。大学院生や新米ポスドクだけでなく、広い意味での若手研究者必読の一冊だと思います。

Miguel A. Sierra, Maria de la Torre, Fernando P. Cossio


 ☆合成の落とし穴回避
 天然物全合成において、何らかの形で行き詰まりを経験しないわけには行きません。2004年に刊行された「Dead Ends and Detours」は、その行き詰まりと回避方法の実例をまとめたもので、非常に教育的な書籍として好評を博しました。

 その「Dead End」に、9年ぶりの続編が登場しました。目次は以下の通りです。
1 Introduction
2 The Inertia of Conventional Functional Groups
3 The Diels–Alder Reaction
4 The Aldol Condensation
5 Cyclizations: Concerted, Radical, or Polar?
6 Macrocycles: from Reluctant Ring Closure to Reluctant Ring Opening
7 Stereochemistry, Controlled or Uncontrolled?
8 Transition Metal-Mediated Transformations vs "Conventional" Reactions
9 When Metathesis Fails
10 Oxidations in C–C Bond Building
11 The Failure of Epoxide Ring Opening and the Limits of Cascade Reactions
 実例として、プラテンシマイシンやノルゾアンタミンなど有名な化合物の合成例を取り上げ、単に「こうしたらうまく行った」というだけでなく、反応のメカニズムや電子論にまで踏み込んだ詳細な解説がなされています。「メタセシスがうまく行かなかった時」「立体化学の制御」など、かゆいところに手が届くように例が盛り込まれているのはありがたいところです。

 個人的には、章末にある「Take-home Message」が教訓的で面白かったです。研究室でのセミナー用など、一冊置いておくべき本ではないでしょうか。 

このページのトップヘ