April 10, 2005

化学物質の安全性情報について

今回は、化学物質の安全性についての情報をいかにしてすばやく収集するかを述べる。 「ヒ素、カドミウム、セレンの急性毒性・慢性毒性」といわれても、普通の人は理解できないだろう。「ホルムアルデヒドへの化学物質過敏症」といわれても、同じだ。知らないことは、時として恐怖につながる。インターネットを使えば、ある程度であれば、正確な情報を無料で入手することが可能だ。

普通は、化学物質の安全性についての情報はMSDSで得ることが多いだろう。しかし、何らかの理由でMSDSが手元に無かったり、急に出先で確認したいことも全く無いわけではない。
また、(財)日本中毒情報センター・ホームページや、中毒情報リンク集なども場合によっては使えるが、特殊な薬品などの情報は無いことが多い。
今回は、ゴムの架橋促進などに使われる薬品である「イミダゾール 四国化成 キュアゾールOR−2MZ」を例に挙げる。

まず、四国化成のホームページを見て、キュアゾールOR−2MZの化学名「2−メチルイミダゾール」と、別のページでCASナンバー「693−98−1」、化審法番号「5−382」を確認する。
【補足】CASナンバーは世界で通用する、化学物質の識別番号だ。化審法番号は、日本の法律に基づいた、日本だけで通用する、化学物質の識別番号だ。
imz

次に、データベースから化学物質の安全性を調べる。データベースにはいろいろあり、このブログの左側のハシラの下の方にも掲載しているが、
既存化学物質安全性点検データ(製品評価技術基盤機構)
国際化学物質安全性カード (国際化学物質安全性計画)
化学物質毒性データベース(GINC 化学物質総合データベース)
などがメジャーだろう。

今回は「既存化学物質安全性点検データ」を見てみる。その他のデータベースにはこの物質の掲載が無いようだ。

番号名称検索からCAS番号を入力すると、物質情報・分解性データを見ることが出来る。
【補足】CASナンバーが分からない場合は、化合物の名前の一部を入力して検索することも出来る。
そこから一番下の「総合検索システムへ 693-98-1」をクリックすると、^貳名霾鶚国内法規制情報3胴颯ぅ鵐戰鵐肇蝓Φ制など情報こ胴駘害性評価情報ナ理化学性状情報Υ超毒性情報Х鮃毒性情報、といった広範な情報を見ることが出来る。
693981

人気blogランキングでの順位はこちら


人気ブログランキングのクリックをお願いします ライブドア&ヤプログランキングのクリックをお願いします
能力開発、右脳・アルファ波・潜在意識の活用、マインドマップ・フォトリーディング
コンサルティング、技術士受験指導、論理思考・クリティカルシンキング指導





ブログトップに戻るにはこちら
人気ブログランキング1日1クリックありがとうございます
ライブドア&ヤプログランキング1日1クリックありがとうございます

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chemconsulting/18546861
この記事へのトラックバック
数日前、朝日新聞に都市で使われる「農薬の危険性」についての記事がありました。 (
[93]化学物質過敏症2【Home-Room】at May 21, 2005 11:42
この記事へのコメント
全然関係ないコメントですが、地震雲が出たので関東に地震があるかもしれないという記事を見ました。
「7日以内にM6級地震が関東地方を直撃 (ゲンダイネット3/31)」
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story.html?q=03gendainet05115811&cat=30
というものですが、外れたようです。とは言うものの、地震雲とは関係なく、日本全体が地震の活動期に入ったような印象を受けますから、油断は禁物ですね。
Posted by CAN at April 10, 2005 21:35
製品名で言われると、解かりにくいんだよねー。化学名でも解りにくいのは確かだけど、ときどき「それってちと危ないんちゃうか?」と想像がつくときはあるから、まだましですね。
私はたまにですけど、安全衛生情報センターのHPの中にある化学物質情報http://www.jaish.gr.jp/anzen/html/select/ankg00.htmというのを見るときがあります。中央労働災害防止協会運営のHPなんですけど、総監の5つの管理のうちの、「安全性管理」の役にもたちそうなHPです。
Posted by ハングリー at April 11, 2005 12:13
コメントありがとうございます。ご紹介のサイト、見せてもらいますね!
Posted by CAN at April 15, 2005 22:25
私の記事をTBさせていただきました。

以前TBしていただきましたHoomRoomというブログのしだと申します。
遅くなりましたが、情報ありがとうございます。今後参考にさせていただきます。
Posted by しだ at May 21, 2005 11:46
しださま、
コメントありがとうございます。こういった安全性情報には、いわゆる「化学物質過敏症」についてのデータはまだありません。
解明にはまだ時間がかかるのでしょうね。
Posted by CAN at May 21, 2005 14:59