February 01, 2006

催眠術について 「ハーレム占い師」とミルトン・エリクソン

最近のニュースで、どうやら催眠術が悪用(?)されたケースがあるということだ。催眠については、「うさん臭い」「オカルトっぽい」「洗脳に使われる」などと批判的なイメージがあるが、それをさらに助長させるような事件だ。

(引用開始)

ハーレム男「催眠術師になりたい」所持

東京都東大和市で女性11人と「ハーレム生活」を送っていた自称占い師渋谷博仁容疑者(57)が所持していた催眠術本は、95年刊の「催眠術師になりたい」だったことが27日、分かった。プロ催眠術師が書いた同書は初歩的内容から「他人改造」術など高度なものまで解説。

(中略)

この本には暗い部屋で光を見詰めさせる「光点凝視法」など、渋谷容疑者が使っていた催眠技術も書かれている。「教祖」になるための集団催眠技術についても「誰にでもできちゃいます。これを繰り返せば完ぺきな宗教団体の完成となる」と言及。占い師が催眠術を使う例も解説しており、ハーレムを形成した「教科書」だった可能性もある。「催眠術師になりたい」の中で著者は「催眠術に不可能の文字はない。悪用するのは勝手ですがくれぐれもわれわれに迷惑のかからないようにしてください」「使用法を間違えたら最後、取り返しがつかない事態になること確実でしょう」と皮肉な警告もしていた。

(引用終了:日刊スポーツ 1/28

この事件(?)については、必ずしも「催眠術の利用(悪用)」とは判断できない。マインドコントロールかどうかさえ、確かなことはいえない。

もちろん、催眠を悪用するようなことは、法律に触れなくても、倫理上あってはならないと考える。

文中で紹介されているのは、次の本だ。現在は、絶版になっている。



「催眠術師になりたい/ダークヒロカズ」


---

なぜこの事件を取り上げたのか、理由を述べる。「催眠」に対する理解があまり得られていないようなので、催眠の利点についても述べてみたい。

小職は、このような事件の以前から、「能力開発」の手法として、催眠に着目している。そのきっかけとなったのが、大学生のときに知った「ミルトン・エリクソン」だ。ミルトン・エリクソンは、催眠を精神療法に用いて天才的な成果を挙げることに成功している。

(引用開始)

ミルトン・エリクソン(1901〜1980)は、天才的な催眠療法家として知られる精神科医、心理学者。 彼はアメリカ臨床催眠学会の創始者で、初代会長も勤めた。その他、アメリカ精神療法協会、アメリカ心理学会、アメリカ精神病理学会などのメンバー。精神療法にしばしば斬新な手法を用いたことで知られる。

(中略)

前述の様に,彼は催眠を独学で身につけた。大学時代にのべ2000人以上に催眠実験を行ったと言われる。彼の催眠技法は非常に広汎かつ独特なもので概説は困難であるが,その根本にある考え方は催眠はコミュニケーションの1つだというものであった。そこで,彼は自分が気づいたダブルテイクや,言葉の命令的側面,呼吸や抑揚に関する理解などを催眠誘導に持ち込むことで,催眠誘導を非常に巧みに行った。また,普通の会話と催眠誘導の境界を曖昧にした。つまり,普通の会話の中で自由に催眠誘導と行き来した。

「催眠誘導―エリクソン・メソード決定版/ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー」

グリンダーとバンドラーは、心理療法の一種である「交流分析(TA)」や、NLP(神経言語プログラミング)の創始者としても知られている。



「私の声はあなたとともに―ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー/シドニー・ローゼン」


(引用終了:ウィキペディア

催眠の平和的利用例として、
・依存症からの回復
・恐怖症の克服
・悩み(人間関係の悩み、悪癖、不眠症など)の緩和
・アレルギーや過敏性腸症候群の緩和
・ペイン・リリーフ(痛みの緩和)
・スポーツ選手の能力発揮
があげられるだろう。

催眠についてのわかりやすい本は、たとえば次の本があるだろう。写真が多用されており、読みやすい。(副題に「潜在能力を引き出し医学に取り入れる科学的解明」とあるが、それは少し言いすぎかもしれない。)



「催眠の謎―ヒプノシスの本質と活用/マイケル・ストリーター」


「なぜ催眠が有効なのか」についての、脳科学の観点からの解説は、日を改めて行う。

---

ランキング一日1クリックありがとうございます

人気ブログランキングのクリックをお願いします ライブドア&ヤプログランキングのクリックをお願いします
能力開発、右脳・アルファ波・潜在意識の活用、マインドマップ・フォトリーディング
コンサルティング、技術士受験指導、論理思考・クリティカルシンキング指導





ブログトップに戻るにはこちら
人気ブログランキング1日1クリックありがとうございます
ライブドア&ヤプログランキング1日1クリックありがとうございます

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chemconsulting/50321747
この記事へのトラックバック
激しくベタなオチですが、どうやらコレが真相だったみたいですね。 一夫多妻男:「夢の中で出た話をしただけ」57歳男供述自宅での集団生活に加わることを断った女性を脅したとして警視庁捜査1課に脅迫容疑で逮捕された渋谷博仁容疑者(57)=東京都東大和市芋窪2=が、...
一夫多妻ハーレム男の「もてる呪文」とは!?【WHAT'S NEW PUSSYCAT!?】at February 01, 2006 00:58
元記事は読売新聞をどうぞ。 こういうネタにはあまり反応したくないのですけど、催眠術の本が押収されたというだけで「これは催眠術だ」とメディアが断定的に騒いでいるのが気になるのでカウンターバランスを取るために記しておこうと思います。 催眠かマインドコントロー...
謎の共同生活と謎の呪文の謎に迫る【心理学の表と裏】at February 01, 2006 01:05
「一夫多妻」女性10人同居 57歳男性 (共同通信) - goo ニュース 何なんですかねぇ・・・{/face_ase2/} ここまで正面切って現世利益を唱えられると、ただ嘆息するしかないですけれども、たまにおりますね。おそらく、拙僧の考えとしては、まだ明るみに出てはいないだけ...
女性10人と同居の57歳男性逮捕(含・追記、含・続追記)【つらつら日暮らし】at February 01, 2006 05:50
女性10人と謎の同居…初老男性、結婚・離婚繰り返す  東京都内の民家で約10人の女性と集団生活を送っている50歳代の男性から、この集団生活に加わるよう誘われたうえ、「誘われたことを口外すると危ないことになる」と脅されたなどとして、若い女性が警視庁などの...
女性10人と謎の同居…初老男性【zaraの当方見聞録】at February 01, 2006 06:24
57歳のはげた男が10人の女性と同居生活。 女性10人はべらし生活…謎の結婚・離婚繰り返す 男性は、「夢の中で、ある呪文(じゅもん)を唱えると女性にもてるようになると知った。自宅で占いを始めると女性客が集まるようになり、現在は一夫多妻制のような共同生活をし...
女性10人とハーレム生活(・∀・ )【PUBLIC TALK】at February 01, 2006 08:23
しかし意味がわかりません。 東京・東大和市の自称占い師が恐喝の容疑で逮捕された事件。 なんと10人(一説には11人)の女性と (しかも年齢層は多様だがほとんどは20歳台!!) 同じ屋根の下で同居し いわゆる「一夫多妻制」をとっていたそうな。 これらの女性....
決して「うらやましい」なんて思いません(笑)【新「とっつあん通信」】at February 01, 2006 09:22
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - “一夫多妻”男 複数の催眠術本 「呪文唱えたら住みついた」 東京都東大和市で若い女性と集団生活をする男が集団生活への誘いを断った女性(20)を脅????b р
“一夫多妻”男 複数の催眠術本 「呪文唱えたら住みついた」【雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―】at February 01, 2006 09:40
取調官 「とりあえず呪文教えてくれ、話はそれからだ。」 “占い師”女性10人と集団生活 脅迫の疑いで57歳に逮捕状 警視庁 「ほれさせる呪文 数人居着いた」  東京都東大和
ほれさせる呪文使い、ハーレム崩壊【第3動画収集所】at February 01, 2006 11:57
東京都の多摩地区に居住する男性(57)が、若い女性と結婚・離婚を繰り返しながら 不自然な集団生活をしている問題で、男性は25日、集団生活の場となっている民家 で報道陣の取材に応じ、「12人で生活している。男は私だけだ」などと話し、女性らと の同居の事実を...
もてる呪文と集団生活【男40代サラリーマン日記】at February 01, 2006 21:02
人気ブログランキング1日1クリックありがとうございます ライブドア&ヤプログランキング1日1クリックありがとうございます 「妊娠した男 催眠セラピストの7つのカルテ/ディードリ・バレット」 内容(「MARC」データベースより) 「おれ、妊娠したかもしれ...
「妊娠した男 催眠セラピストの7つのカルテ」に見る、催眠治療の絶大な効果【技術士(化学部門)CANのブログ】at November 02, 2006 22:04
この記事へのコメント
TBありがとうございました。今回の事件を起こすのには催眠術なんか使う必要はないとマスコミが気づくまでには時間がかかりそうです(そう気づいていても報道しないでしょう)。
Posted by 釈田 at February 01, 2006 01:18
釈田さん
マスコミはどうしても好奇心を煽るような書き方になってしまいますので、ある意味仕方ないかもしれませんね。
催眠術では、本当に本人の意思に反することは強要できないと考えています。
Posted by CAN at February 03, 2006 00:32