苺の里から、メンタリスト行政書士日記

開業10周年を迎えた行政書士の日替わり日記。最近はメンタリズム修行中。

宇都宮といえば、カクテル

店員じゃないし、ダンディじゃないし、おとめが好きだし。

 私は、一時期、カクテルにはまろうとしたことがあり。

 でも、基本的に挫折・・・。

 いろいろなお酒がある中、カクテルに使うアルコール類、意外と飲めないものが多いです。

 基本、ウオッカベースが好きです。ソルティードック、スクリュードライバー、モスコミュールもかな??

 そこ! それは、ジュースだ!! とか言わないように!!!

 ああそうさ、女の子が飲むようなカクテルが好きなのさ!!!!

 ラムやテキーラ、ブランデーのように、洋酒!!! って香りのするものは、辛いです。

 ワインもダメ。

 ジンすら、なんとか飲めるレベルで・・・。

 カルーアや、イチゴ、ピーチのものは、ミルクとの組み合わせで、おいしく飲めますけど、そんなに飲まないから、ミルクの賞味期限が厳しくなります。

 ピーチは、ウーロン茶との組み合わせで、レゲェパンチになったりしますが・・・。

 スロージンやディタなども試したりしました。

 昔、大好きなコーラと、ウオッカとの組み合わせをチャレンジしたことありますが、大失敗。

 今売ってる「コーラショック」、どんな必殺技を使ったのかと、期待して飲みましたが、私が失敗した、と思った時と、同じ味がしました・・・。

 名前がかっこよかったので、本を見ながら作った「ラ・ディアブロ」だったかな。飲めませんでした・・・。

 一回、ちゃんと、プロが作った味を、確認しに行く必要を感じたりします。失敗して飲めないのか、もともとそういう味なのか、さっぱりわからないからです。

 宇都宮は、カクテルの街としても有名なので、行ってみたいです。

 年に1回、カクテル祭りみたいのがあったような・・・。

 ま、私が運転手で、嫁が飲む、って話になるから、一生、プロの味は味わえないかも。

 一人でショットバーに行けるほど、私、ダンディじゃないし。

 そんな中、嫁が突然、「カシスオレンジ」を作って、と言うようになり。

 ルジェカシスを購入。オレンジジュースは、しょぼいのを使うと、水っぽくてカクテルとして飲めなくなるから、100%ジュースの中でも、特に、自信満々な感じのオレンジジュースを購入。
本当は、100%どころか、濃縮されてて、薄めて使うようなオレンジジュースも存在はします。

 そしたら、この100%オレンジジュースがとても合うらしく。

 飽きっぽい嫁が、結構しっかり飲みます。

 カルーアも一時期、嫁がはまって、大きな瓶を買ったのですが、なかなか飲みきれなかった思い出があります。

 でも、ルジェカシスは、大瓶が、順調に、消費されていきます。

 ただ、私は、カシス、好きじゃないんですよね・・・。

 せっかくだから、私も、何か飲みたい・・・。

 このオレンジジュースシリーズで、グレープフルーツジュースがあるといいんですけど、無いみたい。
 パックならありますけど、大きなパックは一回使ったら、冷蔵庫の中で、横倒しにできないから、場所をとって、困ります。

 グレープジュースは売ってるみたいですね。そういえば、グレープジュースを使って、見た目がきれいなカクテルがあった気がするから、今度、やってみようかな。

 味はおいしくなさそうですけど、そのうち「レインボー」って、7色のカクテルを作ってみたいと思ったり。

 そして、嫁が、カシスオレンジをおかわりするのはいいんですけど、

私に、「店員さ〜ん、カシスオレンジおかわり!!」とかいう言い方をすることがあります。

 私が、嫁に、同じことをしたら、多分、嫁は、涙ぐんで怒るはずですが、なぜ、私には、そういう態度!?

 私がパソコンに向かっている時でさえ、そういう要求が飛びます。

 シェーカーを使うカクテルじゃないから、自分でも作れますよ〜〜〜。

 写真は、カシスオレンジ。なんとなく、2色にしますが、かき混ぜて飲むことになります。
 わざわざ家で作るんですから、こういうところでオサレっぽさを演出します。

 その下は、納得いかないカルピスを使ったカクテル。古い写真だから、もしかして、前にも載せたかな??

「あまおう」じゃなくて、「とちおとめ」、もっというなら「とちひめ(大きくておいしいけど、日持ちがせず、市場に出回りにくい)」を使わなきゃ、ダメじゃない??

 栃木県のスーパーでも、時々、「とちおとめ」を残念な雰囲気で、「あまおう」を高級な雰囲気で売る店が多く、イライラします。
 なので、とちおとめを買うときは、なるべく、近所の「デパート」で買います。
 高級風な「あまおう」もありますけど、きちんと、高級そうな大粒の「とちおとめ」も売ってるから。

 娘は、大粒の苺をガブリと食べるのが好きだから、スーパーでは、娘好みの「とちおとめ」になかなか出会えません。

 栃木県民として、そして、一人の健康な男子としては、「おう」より、「おとめ」や「ひめ」の方が、わくわくします。

 ちょっと、変態っぽい??
100202カシスオレンジ
090707カルピス苺

レゲエパンチ

 宇都宮といえば、餃子、と思う方も多いでしょう。

 しかし!

 カクテルもすごいのです!

 カクテルのコンテストで、日本一になった人が多いとか。
 それにちなんで、わたしも趣味でカクテルをつくりたいな、と。

 今回は、嫁の好物、レゲエパンチ。

 ピーチリキュールを、ウーロン茶で割ったもの。

 普段は、合同のレゲエパンチを買って飲むのですが、
今回は、自分で作ってみました。

 今回、ピーチリキュールはクレーム・ド・ペシェ、
 ウーロン茶は、ありふれたペットボトルのウーロン茶を使用。

 リキュール1、ウーロン茶3の割合で割る、と、販売店のPOPに
書いてありましたので、その通りに作ったら!

 甘い! 甘すぎる!

 嫁も、甘い! と吼えておりました。

 おそらく、1対5くらいに、ウーロン茶増やさないと、ダメっぽいでした。

 クレーム・ド・ペシェは、牛乳で割るのが一番かな。

 仕事の話をすると。

 今日は、運輸支局に行き、事務所では、明日の運輸支局の書類、
DM戦略の準備をしておりました。

 明日は、お客さんがフロン回収機の使い方がわからなくなった、
というので、説明をしに行きつつ、運輸支局に行って参ります。
記事検索
最新コメント
月別一覧
桜と私
Profile
恐妻家行政書士やなぎ
 昭和48年5月26日生。
 8年勤めたホームセンターを退職し、行政書士事務所を開業。
 特技のウッドデッキ作成、襖張り等は、全く行政書士業務に生かせないが、小売業で培った人当たりのよさで業務をこなしています。
 ブログでは、行政書士業務を紹介しつつ、嫁の影に怯えながら、私生活も赤裸々に綴っています。
QRコード
QRコード
メッセージ
  • ライブドアブログ